この記事を読んだ人におすすめの記事×

デザインが多いパンプスはこうやって保存!日常&長期で分ける保存方法

パンプスはデザインの種類が多くオシャレアイテムとして活躍するフットウェアです。今回はそんなパンプスを日常と長期で保存する方法をまとめました。

パンプスはデザインの種類が多くオシャレアイテムとして活躍するフットウェアです。今回はそんなパンプスを日常と長期で保存する方法をまとめました。

目次

低いヒールはシューハンガーを使用

大量収納できる

大量収納できる

ヒールが低いパンプスなら100円均一などで購入できるシューハンガーがオススメです。パンプスを縦のシルエットで並べることができるのでかなりのスペースを確保できます。何がシューズクローゼットの中に入っているのか一発でわかり、パンプスを取り出しやすいのもポイントですね。

型崩れ防止にシューキーパー

女性用のフットウェアは男性用に比べ一つ一つのパーツが小さく、体重による負荷がかかり気味です。数回使用するだけで履き口が数センチ横に広がることもあります。足の成長は成長期が終わるとある程度は止まりますが、足の幅が広くなるなど変化することもあるんです。そうすると購入時にせっかく自分の足に合ったパンプスでも、履いている内に負荷によってシルエットが崩れて、足を痛める原因になります。

そこで登場するのがシューキーパー(シューツリー)です。靴本来の形をキープするため型崩れを防止します。特に革製のパンプスなどは皺が寄るなどのトラブルもあるのでそれを防ぐ上でも有効です。

シューズラックでデットスペースを活用

縦のスペースを利用

縦のスペースを利用

シューズクローゼットに余裕があれば良いですが、種類が増えることで入りきらないことがありますよね。そういう時にオススメなのがシューズラックです。100均で購入することができるこのアイテムは、靴をペアで縦に保存することができます。シューズラックには穴も開いているので通気性も安心です。

突っ張り棒を有効活用

これも縦のスペースを使える

これも縦のスペースを使える

ヒールがあるパンプスなら突っ張り棒を保存アイテムとして利用できます。シューズクローゼットに装着し、棒部分にヒールを引っ掛けるだけでOKです。パンプスのデザインもわかりやすく、見た目もオシャレに保存できますよ!

長期保存方法・紙箱

来シーズンに使用するためや、子育てでパンプスが履けないなどの場合は長期間保存しますよね。そういう時の保存方法をご紹介します。

【準備するもの】
・紙箱(購入時の箱)
・シューキーパー
・乾燥、除湿剤
・キリ(穴あけ用)

まずは購入時にパンプスが収まっていた紙箱を利用します。パンプスに合わせて作られているのでサイズもぴったりになります。

・紙箱の側面に等間隔で穴を開けます。こうすることで湿気がこもるのを防ぎます。

・パンプスにシューキーパーを装着します。

・紙箱に乾燥剤と一緒に入れて蓋をしたら終了です。

長期保存方法・シューズボックスやクリアケース

何が入っているかわかりやすい

何が入っているかわかりやすい

靴を保存するためのシューズボックスを使用するのも良いでしょう。ボックスの前面に蓋が付いているので、紙箱よりも取り出しやすい仕様になっています。ある程度透明感もあるので何のパンプスを収めていたかがわかりやすいです。

またクリアケースを使う手もあります。こちらも靴を保存する用に作られたアイテムもあるのでパンプスもすっぽりと収まります。全方位透けているのでクリアケースを重ねても中身が見やすくなります。

どちらもシューキーパーを装着して乾燥剤と一緒に保存してあげましょう。

長期保存方法・不織布袋

不織布袋はいろんなものを長期保存するのに使えるアイテムです。布なので箱よりも通気性がよくパンプスの保存にも適しています。また箱のように四角ばらずにフレキシブルに保存できるので省スペースで活用できます。部屋やシューズクローゼットに余裕がないような場合はとても便利なアイテムになるでしょう。

日常&長期保存で使い分ける

今回はパンプスの保存方法をまとめてみましたが、いかがでしたか?

パンプスは女性の足を彩る素敵なフットウェアです。しかしヒールが低めやハイヒールタイプなど様々あり、保存方法に困る場合があります。デザインによって使い分けると良いですね。また長期間履かない場合は、箱や不織布袋に入れて丁寧に保存しておきましょう。2~3か月に1度開封して風に当てるとパンプスの寿命を延ばすこともできます!

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Casual新着

      Casualランキング

      総合新着

      総合ランキング