この記事を読んだ人におすすめの記事×

バレエ用品から始まった軽くて履き心地良いタウンシューズを展開するパリの名門ブランド「レペット」

フランス・パリの名門ブランド「レペット」。ダンスシューズから生まれた優雅で美しいそのシューズの歴史についてご紹介します。

  • はてな
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • LINE
Original.jpg?jp.co

目次

フランス・パリの名門ブランド「レペット(Repetto)」。ダンスシューズから生まれた優雅で美しいそのフォルムは世界中の女性の憧れの的です。そんなレペットのの歴史についてご紹介します。

振付師の息子が助言したことから始まった!?

フランス・パリで誕生したレペット

フランス・パリで誕生したレペット

1947年フランス・パリでローズ・レペットが創業したことから始まりました。
創業当初はバレエ用品を扱っていませんでしたが、息子で振付師のローラン・プティからの助言によってダンスシューズを作り始めたのがきっかけでバレエ用品を展開するようになります。
以来、レペットはバレエ用品の老舗の名門ブランドとして知られていきます。

サンドリオンの誕生

ダンスシューズをデザインしたのがレペットの始まり

ダンスシューズをデザインしたのがレペットの始まり

創業して以来、レペットは一流のダンサーが買いに訪れるダンス用品の名店として愛されるようになりました。
また、1956年女優ブリジット・バルドーの依頼でレペットがシューズをデザインしました。
サンドリオンと言う名前のバレリーナシューズを制作しました。
ブリジット・バルドーはサンドリオンを映画でも履いていた影響でサンドリオンは大人気の靴となりました。


レペットのシューズの特徴とは!?

一度履いたらやみつき!?

一度履いたらやみつき!?

レペットのシューズは職人達が手作業で製造しています。
創業者のローズ・レペットが、外から縫い目が見えないように内側から縫う、スティッチ&リターン製法と言う技法で製造されています。
この技法で作る事によって一度履いたらやめられない軽い履き心地のシューズになります。
しかし、デリケートで耐久性に弱く水にも弱いので扱いには注意が必要です。

いかがでしたか?

レペットにはバレリーナシューズやダンスシューズ以外にも、ショートブーツやローファーなどのシューズも展開しています。
また、
軽くて履き心地の良い、気品溢れるレペットのシューズを靴のコレクションのひとつにしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人におすすめの記事

    合わせて読みたい

      Others新着

      Othersランキング

      総合新着

      総合ランキング