これまで、Shoes-boxの取材で数々の靴職人さんたちとお会いしましたが、お話のなかで職人さんたちから「サーパス浅野に行けばなんとかなる」という声をよく耳にしました。

「常備、在庫として持っておき、お客さまからリクエストをいただいたら『今日、出荷できますよ』という体制を整えていなければいけないと思っています。そのためには、半年分の在庫をもっておき、欠品を起こさないように努めています」と浅野さん。

「お客さまを目の前にして『ありません、3ヶ月先です』とは言えませんよ」と浅野さんは言います。「今日だしますよ」と言いたい。そのためには膨大な在庫をもっておく。

「職人さんたちは、お客さんから大事な靴を預かり『いつまでにお渡しできます』という中で仕事をしています。それなのに『部品がない』のではどうにもなりません。それだけは避けたいのです」

またリペア職人さんたちからこんな声も聞きました。「サーパス浅野に行けば、靴に関する知識や情報を得ることができる」と。職人さんたちは、お客さまから預かった靴をサーパス浅野へ持って行き、「これに合うものが欲しい」「これはどうすればいいんだろう?」とスタッフの方に相談することがあるのだそうです。

「当社のスタッフは全員、お客さまから『これはどうすればいい?』と問いかけがあったとき、『こうしてみたらいかがですか?』と応えることができます。お客さまの問いかけに応えられないと、お客さまには満足していただけません。お客さまの要望に応えられないと、我々がここで『サーパス浅野』をやっている意味がないのです」

「サーパス浅野」のスタッフは、たとえばお客さまから「コレとコレがくっつかないのだけど」と聞かれたら、接着剤のメーカーに即座に相談し、くっつく接着剤を用意するのだそうです。「リクエストを持って来たお客さまに、商品をお出しする、それが我々の仕事です」と浅野さん。

「サーパス浅野」では、材料の仕入れはスタッフそれぞれが自由に行なっているのだそうです。「スタッフがお客さまとのコミュニケーションのなかで、お客さまのために必要で、それを仕入れたいと思ったら仕入れて良いとしています。お客さまからいただく要望は、そのお客さまと接しているスタッフがいちばんわかることなので、それを大事にしなければいけないと思っています」

浅野さんがお話のなかで繰り返し口にしていた「欠品をしない」ということ。それが実現できているのは「サーパス浅野」が浅草のこの地で、長い年月をかけて築いて来たお客さまや取引先の方々との信頼関係、そして「サーパス浅野」のスタッフ1人1人のおかげだと言います。

浅野さんは店内を見回し「材料があふれてごちゃごちゃとしているでしょ」と言いますが、それは取り扱い数が多いゆえにあふれているように見えるだけで、店内を1周すると、材料ごとにビシッと分類され、商品の数がひと目でわかるように整理整頓されていることがわかります。

欠品を防止するために大事なことは「在庫の管理」といわれていますが、在庫管理に関しては、自分のお客さまが必要とするであろうものを用意してあるかというのをスタッフひとりひとりが日々、確認をしているのだそうです。また、材料を納品する取引先の方が、在庫が少なくなってきているのを見て、補充をしてくれるということもあるのだとか。

お客さまとのコミュニケーションや、日々のさまざまな取引先の方々との会話のなかで、スタッフの方々は、市場の需要予測や外部環境の変化を敏感にとらえているのでしょう。欠品をなくし、お客さまの満足度を向上して、機会損失をなくす。物を単に右から左へ移動させるだけではない、物流業の本質が「サーパス浅野」にはありました。

データ

※サーパス浅野は小売はしていません。個人の方の問い合せ及び店舗への訪問はご遠慮ください。

サーパス浅野
住所:東京都台東区花川戸2-12-10
営業:8時30分~17時30分(月曜は9時~)
定休:第3土曜、日祝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

日本人と外国人、足の形がこんなに違う!あなたはエジプト型、ギリシャ型、ポリネシア型の…

足の形は日本人と欧米人で大きく異なります。足の形は大きく3つに分けて、エジプト型、ギリシャ型、ポリネシア型が…

cocotan / 15778 view

機能性いろいろな安全靴!ワークマンだけではなく、あの人気ブランドアディダスも販売中!

数多くの有名ブランドが参入している安全靴の中で、機能性から見た時に選ぶポイントについて紹介しています。実はあ…

pointow / 5505 view

靴の中から甘い香りが⁉︎スペインから来た「VICTORIA(ヴィクトリア)」は遊び心…

ヴィクトリアはスペインでは知らない人はいないというほどの人気ブランドです。そんなヴィクトリアの魅力に迫ってみ…

shibaken17 / 2185 view

子供だって履き心地にこだわりたい!インソールのある子ども靴を紹介

子供向けのシューズでも、履き心地を重視したいものですよね。特に、子供の場合は成長に伴い数年経たないうちにサイ…

redwall / 1201 view

クリップでつけるだけ!靴の印象をがらりと変える魔法のシューズアクセサリー

ステキなパンプスもハイヒールも、お店で見てるとついあれもこれも欲しくなっちゃいますよね。 そんな沢山買えるわ…

kirakira / 2683 view

ミュウミュウ(MIU MIU)のスニーカーショップが期間限定で伊勢丹新宿店にオープン…

ミュウミュウ(MIU MIU)は2017年12 月6日〜19日まで、伊勢丹新宿店本館2 階の婦人靴プロモーシ…

kirakira / 401 view

ガウチョパンツの進化系スカーチョとは?!今季注目のスカーチョ×パンプスコーデ

去年大流行となったガウチョパンツ。今年はさらに進化してスカート×ガウチョの「スカーチョ」が登場!今最も注目を…

mayulu / 2104 view

最高級のシープスキン使用で暖かい!冬には欠かせないアグオーストラリアの魅力って?

今回はアグオーストラリアについて紹介します。海外セレブにも人気。日本でも冬定番であるのブーツの魅力は一体どの…

shibaken17 / 1487 view

華やかなイテムを続々誕生させる!スポルティバが人気の秘密とは?

山ガールブームもすっかり定着していますが、その中でも続々とおしゃれなアウトドアアイテムが増えています。また、…

kazumin / 994 view

靴をつくり続けて60余年。失われた製靴技術を知る靴職人。

日本の靴づくりにおいて、80年代は靴の製造が機械化、量産化が進んだ時代。その潮流には乗らず、一足、一足、職人…

シューズボックス編集部 / 917 view

雨の日でもお洒落がしたい!雨の日でも安心のレインパンプスは頼もしい♡

レインパンプスは雨の日にもお洒落ができる優秀アイテム。その人気は上昇中。レインパンプスについてまとめました。

mokona- / 982 view

北欧の風を感じる!ホグロフスのシューズにはどんな特徴があるの?

最近は北欧系のブランドが人気を博していますよね。その中で注目しているのがスウェーデンのホグロフスです。では、…

kazumin / 4980 view

シーズンオフとなったシューズはどのように片付けるのが正解?

靴の種類によって、着用するシーズンがはっきりしているものがあります。代表例として、夏に履くサンダルがあります…

redwall / 2702 view

もう簡単に脱げない?パンプスの別売りストラップを買ってみた

パンプスのウィークポイントとして、脱げやすいという点があります。その対策として有効な別売りストラップを使用し…

pointow / 1722 view

急増中!?子どもの足のトラブルの原因と対策を考えよう

扁平足や浮き足など。今まで大人の病気だった症状が子どもの足にも増えています。その原因と対策について考えてみま…

kirakira / 1088 view

関連するキーワード