大正時代に皮革の卸業からスタート

「サーパス浅野」の創業は大正時代までさかのぼります。「私の祖父が、浅草の地に皮革関連の仕事を起こしたことが『サーパス浅野』のはじまりです。それが何年だったかというのは不明なのですが、父は大正8年の生まれで、父が生まれたときすでに祖父はこの仕事をしていたので、100年ほど続いていることになります」と3代目・浅野哲雄さん。

東京・浅草は、今なお革靴の生産量日本一を誇る“靴の町”です。その歴史は、明治時代の初期に軍靴の製造からはじまり、戦後は、注文靴(オーダーメイド靴)へと移行して、飛躍的に発展していきました。注文靴の一大産地だったため、靴を作る職人や加工業者をはじめ、靴の卸問屋、底やヒールなど靴の材料を扱う販売店、靴の品質を調査する検査所や研究機関など、革靴に関するものはすべてそろっていたのだそうです。

戦時中、浅野さんのお父さんも兵隊にとられ、物資の供給もストップしたため、一時、休業することもあったそうですが、戦後、焼け野原だったこの地に再び店を構えて、皮革の卸売業を再スタートしました。

昭和40年代に入ると、それまで職人の手によって1足ずつ作られていた靴は、機械によって製造されるようになり、大量生産の時代へ入っていきます。合成ゴムの技術の進歩によって性能が著しく向上し、安くて耐久性のある靴底を大量に作ることができるようになりました。

その結果、高価で扱いが難しい革底よりも、安価で機械的製造に向く合成底へととって代わっていきました。皮革の卸売業を中心に行なっていた「サーパス浅野」でも、合皮の本底やパーツ、それにまつわる道具などを扱いだし、業態は変化していったのだそうです。

「父に聞いた話では、この頃は、機械によって靴を作るメーカーと、ハンドメイドの職人さんとが混在していた時代だったようです。そのような時代に合わせて、当社は、メーカーと職人さんのどちらの要望にも応えられるよう、一気にいろいろな材料やパーツなどを扱いだしたのだそうです」

リペア時代の到来

その後も、靴製造の機械化はますます進み、靴職人の数は減少の一途をたどりました。昭和47年(1972年)には靴修理サービスのチェーン「ミスターミニット」が日本に上陸。三越日本橋店と高島屋日本橋店に修理スタンドをオープンしました。

「私が入社した昭和50年代では、リペアの会社が多く立ち上がっていました。そしてそのような時代の流れとともに、当社のお客さんにも“リペア”へのニーズは高く、『サーパス浅野』もリペアを柱とする業態へと変わっていきました」と浅野さん。

リペアの材料としては、本底(オールソール)、半張り(ハーフソール)、中敷(インナーソール)、ヒール(紳士かかと)、リフト(婦人かかと)、シートといったものがメインとなり、それらを使うための接着剤や釘などが必要となってきます。

「家電や自動車の修理とはちがって、靴の修理にはマニュアルがありません。靴の修理には知識や経験が必要であり、職人さんのクリエイティブな部分も要するのです」と浅野さん。たとえば10のうち7は、基本的な修繕方法によって修理ができるのだけれど、残りの3は、それができない。その3の部分は、修理をする職人さんの経験がものをいう部分であり、いかにして直すかを想像して行うクリエイティブな部分であったりするのだそうです。

「その部分に対して、既存の材料で対応できるようであれば既存の材料で直します。でもそういった材料がない場合、職人さんに『こういう修理をしたいのだけれど、なにかないか?』と。われわれの方に投げかけてくれるんです。そのとき、職人さんが必要としているモノに当てはまるものがなければ探しに行きます。探してもなければ作ることもあります」

お客さまからのリクエストに一つひとつ応えていき、その必要とする材料をそろえていく。新たにそろえた材料は、お客さまがまたいつ必要とするときのために在庫を用意しておく。「サーパス浅野」の店内には、膨大な材料が並んでいますが、さらにお店の裏には大きな倉庫があり、そこには数え切れないほどの材料が在庫されています。

「お客さまからいろんなニーズをいただいて、それを形にする。それが我々の生命線だと思っているので、お客さまのニーズに合わせて、どんどん取り扱い商品が増えていくという結果になります。修理を依頼するお客さんがいれば、修理をする側の方は、それに応えなければいけないわけです。私たちはそこに敏感に反応していかなければいけないと思っています」

豊富な品ぞろえと欠品を起こさないこと

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

自転車との相性抜群!本格的にサイクリングを始めるならティアドラを準備しよう

サイクリングを競技としてする人も趣味で走る人もオススメのシューズはやっぱりディアドラ!自転車で走ることを想定…

tadacy / 857 view

靴をつくり続けて60余年。失われた製靴技術を知る靴職人。

日本の靴づくりにおいて、80年代は靴の製造が機械化、量産化が進んだ時代。その潮流には乗らず、一足、一足、職人…

シューズボックス編集部 / 893 view

シーズンオフとなったシューズはどのように片付けるのが正解?

靴の種類によって、着用するシーズンがはっきりしているものがあります。代表例として、夏に履くサンダルがあります…

redwall / 2698 view

機能性いろいろな安全靴!ワークマンだけではなく、あの人気ブランドアディダスも販売中!

数多くの有名ブランドが参入している安全靴の中で、機能性から見た時に選ぶポイントについて紹介しています。実はあ…

pointow / 5497 view

外国で靴を買う時に困らない!あなたにぴったりの靴は何”インチ”?

海外で迷わず自分の靴のサイズが分かる、靴のインチ表記について知っていますか?海外で迷わないように、メモしてお…

mo_mo / 936 view

美しいヒール姿を保つために女性が気をつけるべきこととは?

美しくヒール靴を履きこなすためには何が必要か。ボディメイクの専門家に綺麗な姿勢の女性になるための秘訣をお伺い…

シューズボックス編集部 / 758 view

柔らかく軽くはき心地が良い!履けば健康になるオッツィシューズ(OTZSHOES)

健康シューズメーカーとして有名な「OTZSHOES(オッツィシューズ)」。そんなオッツィシューズの魅力をお伝…

shibaken17 / 1446 view

北欧の風を感じる!ホグロフスのシューズにはどんな特徴があるの?

最近は北欧系のブランドが人気を博していますよね。その中で注目しているのがスウェーデンのホグロフスです。では、…

kazumin / 4971 view

機能性もおしゃれもいいとこ取り!靴の中にしのばせたいかわいいインソールブランド3選♡

かわいくておしゃれなインソールが沢山売られています。中でもおしゃれな3つのブランド「SOKO」「Danke」…

kirakira / 2241 view

選ぶ時は1サイズ大きいものを!ダイエット効果が期待できるリーボックのイージートーン

ダイエット効果が期待できるとして発売当初から体重が気になる女性の心をつかんできたリーボックのイージートーン。…

hamunida / 6719 view

子供だって履き心地にこだわりたい!インソールのある子ども靴を紹介

子供向けのシューズでも、履き心地を重視したいものですよね。特に、子供の場合は成長に伴い数年経たないうちにサイ…

redwall / 1194 view

あなたは何型?自分の足の形を知って指が痛くならないパンプスを見つけちゃおう♡

パンプスを履いて足の指が痛くなるのはサイズのせいだと思っていませんか?足の指の形でパンプスを選べば、そのお悩…

kirakira / 7509 view

突然の豪雨に慌てない!靴の上から履くレインシューズがあった

レインシューズというと、靴単体をイメージしがちですが、実はその歴史を紐解くと普通のシューズの上から履くタイプ…

redwall / 3286 view

ダイエットにおすすめの有酸素運動のウォーキング!せっかくやるなら靴選びから慎重に!

有酸素運動であるウォーキングはダイエットに何よりも効果的と言われています。そんなにダイエット効果があるのなら…

ゆか / 911 view

念のためバッグの中に常備したい!靴擦れ防止グッズを紹介します。

発生すると歩くのもままならない靴擦れに対して、未然に靴擦れ発生を予防できる携帯グッズを紹介しています。

pointow / 927 view