HOSHINO BESPOKE SHOESのはじまり

東京・上野、繁華街の喧騒を離れた住宅街に佇む複合施設「ROUTE89 BLDG」。カフェや工房などが入る、その一角に「HOSHINO BESPOKE SHOES」(以下HOSHINO)のアトリエがあります。HOSHINOでは、こちらのアトリエでカウンセリング、採寸を行い、フルオーダーとセミオーダーの2種のオーダーシステムからひとつを選択してデザインやヒール、素材などを決めていきます。

アトリエを訪れ、中をのぞくと天井に吊るされたたくさんの“木型”にまず驚くことでしょう。実にたくさんの木型が所狭しと並んでいます。木型という言葉は、靴好きなら聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。木型とは靴の元になる“型”のこと。

この木型にアッパー(甲革)と呼ばれる革を縫い合わせたものをかぶせて、木型に添わせながら留め、革を叩きながらシワにならないように木型になじませていきます。その後も、いくつもの工程を経て、最後にヒールを釘を打ち、靴底を貼って靴はできあがります。

「ここには200足ほどの木型があります」とHOSHINO BESPOKE SHOESの代表・星野俊二さん。世の多くの女性は、たとえばパンプスを買おうと靴屋さんへ行ったとき、気に入ったデザインがあれば、自分のサイズのパンプスを出してもらい、試着する。そして、大きすぎず、小さすぎず、きつくなければお買い上げ、という靴選びをするのではないでしょうか。

23cm、23.5cm、24cm、24.5cm……。0.5cm刻みで用意された靴。そのなかから、なるべく自分の足に合う靴を選び、履く。人の足は、大きさがちがえばかたちも違い、人それぞれ。それなのに、6種類くらいのサイズ展開のなかから、自分の足のサイズに近いものを選ぶ。「それって、雑じゃないかなと思ったんです」と星野さん。それをなんとかできないものかと考え、立ち上げたのがHOSHINO BESPOKE SHOESのはじまりでした。

他にはない婦人靴のオーダーシステム

星野さんは靴職人としては少々、異色のキャリアをもっています。大学卒業後、星野さんは公認会計士として監査法人に就職。公認会計士の道を邁進するのかと思いきや、2年半ほど経った頃、浅草の工房で靴職人になるべく修行をはじめました。公認会計士の仕事のかたわら、アフターファイブや休日に靴づくりを学びに行ったのだそうです。

公認会計士という仕事をもちながら、なぜ靴職人という道も歩みはじめたのでしょう。「もともと物を作る仕事をしたいと思っていたんです。でも、物を作ることを仕事にするというのはとても難しいことだとも思っていたので3、4年、ずっとアンテナを張っていました」と星野さん。「なにかおもしろいことはないか」とアンテナを張り続ける日々のなかで、通勤時に目にする女性の靴が気になったのだそう。

「言葉が悪いんですけど、女の人の靴ってちょっと汚いなと思ったんです。歩いているときに、かかとがパカパカしていたり、サンダルみたい、つっかけて履いていたり、ヒールの装飾が剥がれてベリベリになっていたり……。それで、婦人靴について調べてみたら、実はみんな靴に関してはいろいろと悩みを抱えていることを知りました」

そこからさらに調べを進めてみると、女性たちは、6種類ほどしかサイズの用意がない靴に、自分の足を合わせて履いているということを知り「これはとても興味深い」と思い、浅草の靴職人さんのもとを訪ねて修行を申し入れたのだそう。そして約3年の修行を終えた星野さんは「HOSHINO BESPOKE SHOE」を立ち上げ、婦人靴のオーダーメイドをスタートさせました。

「ひとつのデザインあたり、90種類の設計を用意することにしました」と星野さん。多くの既製の婦人靴は、22cmから24.5cmまでのサイズが0.5cm刻みで用意され、幅は統一、履く人が靴に足を当てはめるというのがオーソドックスなかたち。

一方、HOSHINOでは21cmから26cmまでのサイズを0.5mm刻みで用意し、さらに幅を9段階まで用意しています。10段階のサイズ×9段階の幅=90種類。「長さ、幅の違いを、碁盤の目のようにもち、アトリエには試着できる靴をすべて用意しています。アトリエでお客さまの足を見て、まず履いていただきます」

「履き心地というのは、お客さまが履いて心地よいかどうかという、お客さまの感覚なんですよね。だから、履かないとわからない」と星野さん。カウンセリング時に、お客さまの足を見て、その人がふだん履いているサイズや靴にまつわる悩みを聞き、星野さんは一旦シュミレーションするのだそうです。

「この方の足の特徴はこうで、普段こういう靴を履いていて、こういったトラブルを抱えている。それはどうしてか、というのを頭で考えます。そのうえで“これを履いたなら、そのトラブルはなくなるんじゃないか”という靴を割り出して、いくつか履き試していただきます」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

結婚式が終わっても使える!ベニル(BENIR)のウェディングシューズが可愛い♡

ドレスもウェディングシューズもレンタルで済ませるのは当たり前の時代。でもせっかくのお気に入り、ウェディングシ…

kirakira / 5353 view

定番靴♪アメリカの老舗ブランド「ジーエイチバス」のオックスフォード★

あらゆる靴の中でも定番中の定番といえるオックスフォード。今回は、ジーエイチバスのオックスフォードをまとめてい…

tjgatjga / 1125 view

カジュアルだけどビジネスシューズとしても活躍するUチップ

国により呼び方から主な利用シーンまで異なる発展をしてきたUチップについて紹介します。カジュアルですが、日本で…

kutsukutsu / 3714 view

妊婦さんはドライビングシューズが一番?マタニティでも履けるフォーマルシューズの選び方

マタニティ中のフォーマルな靴選び、どうしてますか?トゥの形と素材、飾りを選べばヒールがなくても大丈夫!ヒール…

みっちー / 2283 view

シンプルで気品のある靴!北欧出身のアクネ(Acne)は履くだけで気高くなれる

高級ブランドの一つとして知られているのが、アクネ(Acne)です。そのアクネ(Acne)は履くだけで気高くな…

kazumin / 1312 view

コールハーンやグレンソン、バーカーなどビジネスシューズの代表的メーカーの歴史や靴の特…

普段のスーツ姿をより格上げするためにはスーツ選びを重視するのではなく、着用するビジネスシューズにもこだわる必…

hamunida / 2351 view

羽根の形で利用シーンも変わる!ストレートチップをマスターしてビジネスシューズの基本を…

ストレートチップはつま先(トゥ)に一文字が入った靴でフォーマルな会合からビジネスシーンまで幅広く使えます。ビ…

shoes_helper / 3341 view

ペニーローファーの元祖といえばこのブランド!ジーエイチバスの特徴に迫る。

あのマイケルジャクソンが愛したブランドとして知られている、ジーエイチバスはペニーローファーの元祖としても知ら…

pointow / 1848 view

実は東京のお店が一号店だった!?トスカーナ生まれの「ブッテロ(BUTTERO)」の魅…

「ブッテロ」は乗馬用ブーツなどを作っていたブランドでした。今ではスタイリッシュなラインナップを取り揃えている…

mokona- / 1296 view

社会人には欠かせない!ビジネスシューズが生まれた背景とは

紳士のたしなみであるビジネスシューズ。ビジネスシューズとはそもそもどのようにして生まれたのでしょうか?

mayuripon / 3046 view

春のキャンパスデビューに向けて用意しておきたい!必須カラーはこの3色♡

キャンパスデビューの備えて、パンプスの準備はできていますか?おすすめの色は「ブラック」「ベージュ」「ネイビー…

kirakira / 3150 view

Trading Post(トレーディングポスト)で自分を成長させる靴との出会う! 「…

Trading Post(トレーディングポスト)には出会いがある。レザーシューズに初めて足を通したとき。大人…

シューズボックス編集部 / 909 view

ワコール サクセスウォークのパンプスで、足元からキレイを目指しませんか?

一見優雅に見える女子の足だけど、ヒールのある靴をずっと履いていると足にかなりの負担がかかるんです。足元からキ…

papilio / 1942 view

30代から履きたい憧れの大人メンズブランド7選

新入社員として働き始めてから早数年で到達する30代。この30代を迎えた男性の心境は複雑なものが多いのではない…

mashroomcat / 2533 view

世界では靴を見ると経済力や地位が分かるとされている!日本人もついていけてるのか?

いい靴を履いている男性は経済力があって女性からもモテる?靴を見ると経済力や地位が分かるのか?世界と共通する日…

mashroomcat / 1176 view

関連するキーワード