HOSHINO BESPOKE SHOESのはじまり

東京・上野、繁華街の喧騒を離れた住宅街に佇む複合施設「ROUTE89 BLDG」。カフェや工房などが入る、その一角に「HOSHINO BESPOKE SHOES」(以下HOSHINO)のアトリエがあります。HOSHINOでは、こちらのアトリエでカウンセリング、採寸を行い、フルオーダーとセミオーダーの2種のオーダーシステムからひとつを選択してデザインやヒール、素材などを決めていきます。

アトリエを訪れ、中をのぞくと天井に吊るされたたくさんの“木型”にまず驚くことでしょう。実にたくさんの木型が所狭しと並んでいます。木型という言葉は、靴好きなら聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。木型とは靴の元になる“型”のこと。

この木型にアッパー(甲革)と呼ばれる革を縫い合わせたものをかぶせて、木型に添わせながら留め、革を叩きながらシワにならないように木型になじませていきます。その後も、いくつもの工程を経て、最後にヒールを釘を打ち、靴底を貼って靴はできあがります。

「ここには200足ほどの木型があります」とHOSHINO BESPOKE SHOESの代表・星野俊二さん。世の多くの女性は、たとえばパンプスを買おうと靴屋さんへ行ったとき、気に入ったデザインがあれば、自分のサイズのパンプスを出してもらい、試着する。そして、大きすぎず、小さすぎず、きつくなければお買い上げ、という靴選びをするのではないでしょうか。

23cm、23.5cm、24cm、24.5cm……。0.5cm刻みで用意された靴。そのなかから、なるべく自分の足に合う靴を選び、履く。人の足は、大きさがちがえばかたちも違い、人それぞれ。それなのに、6種類くらいのサイズ展開のなかから、自分の足のサイズに近いものを選ぶ。「それって、雑じゃないかなと思ったんです」と星野さん。それをなんとかできないものかと考え、立ち上げたのがHOSHINO BESPOKE SHOESのはじまりでした。

他にはない婦人靴のオーダーシステム

星野さんは靴職人としては少々、異色のキャリアをもっています。大学卒業後、星野さんは公認会計士として監査法人に就職。公認会計士の道を邁進するのかと思いきや、2年半ほど経った頃、浅草の工房で靴職人になるべく修行をはじめました。公認会計士の仕事のかたわら、アフターファイブや休日に靴づくりを学びに行ったのだそうです。

公認会計士という仕事をもちながら、なぜ靴職人という道も歩みはじめたのでしょう。「もともと物を作る仕事をしたいと思っていたんです。でも、物を作ることを仕事にするというのはとても難しいことだとも思っていたので3、4年、ずっとアンテナを張っていました」と星野さん。「なにかおもしろいことはないか」とアンテナを張り続ける日々のなかで、通勤時に目にする女性の靴が気になったのだそう。

「言葉が悪いんですけど、女の人の靴ってちょっと汚いなと思ったんです。歩いているときに、かかとがパカパカしていたり、サンダルみたい、つっかけて履いていたり、ヒールの装飾が剥がれてベリベリになっていたり……。それで、婦人靴について調べてみたら、実はみんな靴に関してはいろいろと悩みを抱えていることを知りました」

そこからさらに調べを進めてみると、女性たちは、6種類ほどしかサイズの用意がない靴に、自分の足を合わせて履いているということを知り「これはとても興味深い」と思い、浅草の靴職人さんのもとを訪ねて修行を申し入れたのだそう。そして約3年の修行を終えた星野さんは「HOSHINO BESPOKE SHOE」を立ち上げ、婦人靴のオーダーメイドをスタートさせました。

「ひとつのデザインあたり、90種類の設計を用意することにしました」と星野さん。多くの既製の婦人靴は、22cmから24.5cmまでのサイズが0.5cm刻みで用意され、幅は統一、履く人が靴に足を当てはめるというのがオーソドックスなかたち。

一方、HOSHINOでは21cmから26cmまでのサイズを0.5mm刻みで用意し、さらに幅を9段階まで用意しています。10段階のサイズ×9段階の幅=90種類。「長さ、幅の違いを、碁盤の目のようにもち、アトリエには試着できる靴をすべて用意しています。アトリエでお客さまの足を見て、まず履いていただきます」

「履き心地というのは、お客さまが履いて心地よいかどうかという、お客さまの感覚なんですよね。だから、履かないとわからない」と星野さん。カウンセリング時に、お客さまの足を見て、その人がふだん履いているサイズや靴にまつわる悩みを聞き、星野さんは一旦シュミレーションするのだそうです。

「この方の足の特徴はこうで、普段こういう靴を履いていて、こういったトラブルを抱えている。それはどうしてか、というのを頭で考えます。そのうえで“これを履いたなら、そのトラブルはなくなるんじゃないか”という靴を割り出して、いくつか履き試していただきます」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ウイングチップの別名は「おかめ飾り」!?意外に知らないビジネスシューズの正しい知識

新しく社会人になる方や大学入学する方など、革靴を要する機会が増えるときは革靴の種類をきちんと認識する必要があ…

hamunida / 4575 view

ラクに歩けて、美しい。ムーンスター「SUGATA(スガタ)」シリーズより、 初夏のコ…

働く女性が「毎日履きたい靴」。女性の足にやさしく、正しい歩行と姿勢をサポートするパンプスの第2弾が2018年…

kirakira / 308 view

クラシックでオトナな雰囲気。定番から変わり種までクラークスの魅力とは

アメリカ発のシューブランド、クラークスについてご紹介していきます。 クラシックな雰囲気は、オトナの色気タップ…

tjgatjga / 2033 view

大切な予定には英国老舗の靴を。伝統に裏付けされたバーカーのビジネスシューズが美しい

特別な予定には、100年以上の歴史ある老舗ビジネスシューズブランド“Barker(バーカー)”のビジネスシュ…

little flower / 924 view

履きこなして一人前!?ビジネスシーンでオススメの紐なし革靴モンクストラップ

今回はモンクストラップについて紹介します。モンクストラップはカジュアルなスタイルに非常にあう種類の靴です。

kutsukutsu / 4406 view

世界中の女性が熱狂!『SEX and the CITY』で登場するマノロ・ブラニクの…

全世界の女性が熱狂したアメリカの人気連続テレビドラマ『SEX and the CITY』。主人公キャリーが愛…

kirakira / 17389 view

「明治の工業の父」西村勝三。日本で初めて西洋靴を作った男は東京駅の赤煉瓦も作っていた…

皆さんは1870年日本初の西洋式の靴工場が出来たことをご存知ですか?今自分たちが自由に靴が履けるようになった…

mashroomcat / 2968 view

小柄さん必見!ファッショニスタはこう着る!オリビア・パルレモの厚底パンプスコーデ

この仕上がりで身長約160センチのオリビア・パルレモさん。スーパーモデルの身長が約180センチの海外において…

mashroomcat / 1481 view

伝統のシューズメーカー コールハンってどんなメーカー?

アメリカ発祥のブランド、コールハンは靴だけではなくさまざまなファッションアイテムを取り扱います。ぜひこの記事…

shoes_helper / 1378 view

色気のある大人の男性を目指すなら!モンクストラップは抑えておきたい万能アイテム

スーツを着こなす時モンクストラップを合わせられるようになれば一人前。カジュアルさを持ち合わせながら身だしなみ…

mashroomcat / 2668 view

足元に翼を!ジャケットスタイルに合わせてかっこいい種類の靴!ウィングチップ

今回はよりカジュアルな場面で活躍する種類の靴「ウィングチップ」について紹介します。

kutsukutsu / 709 view

社会人には欠かせない!ビジネスシューズが生まれた背景とは

紳士のたしなみであるビジネスシューズ。ビジネスシューズとはそもそもどのようにして生まれたのでしょうか?

mayuripon / 2896 view

2016年秋冬新作決定版!人気ブランドのメンズシューズ一挙見せ

おしゃれは足元できまります。2016年秋冬メンズシューズの新作を一挙にご紹介します。

kirakira / 2092 view

春のキャンパスデビューに向けて用意しておきたい!必須カラーはこの3色♡

キャンパスデビューの備えて、パンプスの準備はできていますか?おすすめの色は「ブラック」「ベージュ」「ネイビー…

kirakira / 2961 view

お父さんへのプレゼントにも最適!歩きやすいビジネスシューズとは?

日頃お世話になっているお父さんへのプレゼントって結構難しいですよね。定番といえばネクタイやハンカチーフですが…

mayuripon / 1302 view

関連するキーワード