靴を知っているからこそ修理ができる

宮戸さんの手にかかると、靴がどんどん生まれ変わっていきます。「靴は手入れがいいと、ちゃんと恩返ししてくれる」と宮戸さんは言います。手入れをするということは、その物を大事にし、愛着を持って向き合っている証しなのだと。

「靴は裏こそが大事なんですよ。布を指に巻いてクリームをつけて、ピッカピカに磨いてあげるんです。昔は、電車などで座って足を組んだときに、このピッカピカの裏が見えるとかっこいいっていうのがあってね。唾をピッピッってつけながら磨いであげるとものすごくツヤが出ますよ」。ソールがみるみるうちにピカピカに磨き上げられていきます。

こちらは丁稚の頃から使っているというロウ。指先で“適量”をとり、靴に擦り込み磨いていきます。「靴に傷がついちゃっているときは、その部分を色で染めてあげて、最後にロウで磨いてあげて照りとツヤを出してあげるんです。お客さんもびっくりしますよ。“傷があったのに消えてる”って。傷がついていることにぜんぜん気がつかないお客さんもいらっしゃいますけど、私は修繕の依頼がカカトの修理だけであっても、もし靴に傷をみつけたらこうして直して差し上げます」

「この靴は、つま先をすっちゃったんだね。“こすれて白くなっちゃって履けないからどうにかできないか”って僕のところに来たんすが、こういうのは、あっという間に直っちゃいますよ」と、宮戸さんが奥から小瓶を持ってきました。

「これは“早染めインキ”というものです」。一般的に、こすれた部分は、塗料をつけて上から吹き付けるという方法で修繕をするのだそうです。

「この早染めインキは、革のなかに塗料が入りこんでいくので、黒く染めたところがこすっても白くならないんですよ。でも、これは、シンナーが入っていて揮発性が高いので染めたままにしておくとよくない。すぐに栄養クリームをつけてあげるんです」。

こういったことも、知っているからこそ対応ができることで、知らなければ、靴を傷めてしまいかねないのです。

次から次へと手際よく、靴を修理していく宮戸さん。工房には、あふれんばかりのたくさんの靴が、所狭しと宮戸さんに修理をしてもらうのを待っています。今度は、ソールのすり減りの修繕依頼のあった靴の修理をはじめました。

かかとのトップリフトを外し、ヒールを外していきます。「うちではぜんぶ一度、糸を抜いてしまいます。そして補修パーツをつけたあと、さらにその部分に新たに出し縫いをかけていきます。そうすると何度でも修繕して、ずっと履き続けることができるんです」。

次は、ソールの縫われている糸を切り、ソールを外していきます。このとき、宮戸さんが手にしているのは包丁。握りしめた包丁に力を込め、ザクザクザクザクザと、一息でステッチを切っていきます。

宮戸さんは基本的な作業はこの包丁で行うのだそう。「昔はみんなこうして包丁で作業をしていましたが、今は包丁を使って作業する人はほとんどいないと思いますよ。ハサミでパチパチとやるんじゃないですかね。それだと時間がかかる。包丁だと一気に切ることができるので作業が圧倒的に早いんです」。

以前に、宮戸さんに師事して店を訪れた靴のスピード修理店の人が、この包丁を手にしたとき、手が震えてしまい、作業をすることができなかったことがあったのだそうです。宮戸さんの包丁捌きを見ていると、迷いがまったくない。まるで包丁を入れる線が見えているかのように、一気に切っていく。これも靴の構造を熟知しているからこそできる熟練の技なのでしょう。

また、工房には年代物のミシンや、長年使いこまれた道具が並んでいます。このミシンは昭和40年製で、知人から譲り受けたもの。靴やカバンを縫うのに使うのだそう。「みんな現役ですよ」と宮戸さん。

宮戸さんは、お客さんとの会話のなかで「まだまだ履けますよ」「長く履いてあげてください」という言葉をよく口にしています。手入れをしながら長く使うということ。工房に並ぶ、現役の道具たちからも、宮戸さんの“長く大事に使う”という気持ちが表れているように感じました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

細いので故障注意!ストラップが壊れたら修理に出そう!

サンダルやパンプスのストラップは壊れたら全く履けなくなってしまいますよね。そんな時はストラップの修理をお願い…

mayuripon / 2187 view

まだ捨てないで!閉まらなくなったファスナーを交換すれば諦めていたブーツがまた履ける!

大切な靴や足に合った靴はできるだけ長く履きたいもの。ブーツのファスナーが傷んでしまった時「修理できるかな?」…

mashroomcat / 993 view

履き続けていたら靴底全部がぼろぼろになってしまった!まだ履きたいオールソールの修理と…

長く履き続けていたら靴底全体が消耗して傷んでいる!?修理できるの?今回はオールソール修理についてご紹介してい…

cororoizm / 2112 view

なんかゆるいかも?!歩きにくいと思ったらすぐゴム交換しよう!

靴でゴムを使用している靴がありますが、その部分がゆるんでしまうと歩きにくく感じてしまいます。そんな時はゴム交…

mayuripon / 1492 view

雑踏の中で靴が壊れたら!そんな緊急事態を助けてくれる新宿駅近くの靴の修理店

普段から靴が突然壊れることを予想してる方はいません。困ったときに駆け込める新宿駅チカの靴修理店をご紹介します…

kirakira / 4910 view

トップリフトは大丈夫?メンズ物もしっかりリペアが大切です

メンズシューズのトップリフトとは、かかと部分のことを指します。すり減ってしまったら修理をしましょう!

mayuripon / 1576 view

リペアで雪対策も!レザーシューズのハーフソールにラバーが最適な3つの理由

レザーシューズだからハーフソールのリペアもレザー?いえいえ実は…ハーフソールにはラバーがお勧めなんです!リペ…

shoesest / 1300 view

通勤途中に靴が壊れた!そんな緊急事態に駆け込める靴の修理店(汐留・新橋編)

普段から靴が突然壊れることを予想してる方はいません。困ったときに駆け込める新橋駅チカの靴修理店を3軒ご紹介し…

kirakira / 3583 view

つま先の修理はラバーや革で修復できる!ヴィンテージスチール補強も効果的

減ってしまったつま先の補修や減り防止に、ラバーや革などを張る方法があります。また、新品の靴にヴィンテージスチ…

森山まなみ / 3680 view

靴がもっとオシャレに丈夫になる!?小物金具修理の定番〈レディース靴〉ハトメ交換とは?

小物金具修理の定番!〈レディース靴〉ハトメの交換で靴を守り、オシャレを楽しめます。ハトメ交換の基礎知識をご紹…

polskamii / 2610 view

大事なレディース靴、ピンヒールトップリフトのリペアを知っておきましょう

ファッションにおいて靴はとても重要な役割を担っています。レディースファッションにおけるピンヒールは足元と姿勢…

mojisan / 6875 view

履きすぎて低くなった…。折れた!ヒールのトラブルはヒール本体の交換で元通り!

お気に入りの靴ほど使用頻度が高くなって、靴のトラブルも多くなります。小さい傷ならともかく、ヒールが折れたり、…

森山まなみ / 2900 view

古くなると臭いの原因にも!インソールをカラーチェンジして靴の印象も変えちゃおう♡

傷みやすいインソール。履いてくうちに黒ずんだり、破れたり、臭くなったりとインソールの傷みを避けることはできま…

mayulu / 1591 view

ヒールが高すぎて歩けない!買ったのは良いけれど高すぎるならヒールカット修理でお気に入…

高いハイヒールでさっそうと歩いてみたい!そう思って高いヒールの靴を買った経験はありませんか?でも、高すぎるヒ…

森山まなみ / 13817 view

破れた、めくれたヒールもリペアで元どおり!ヒールは修理して長く履こう!

階段などでぶつけてヒールの革が破れたり、めくれたりした経験ありませんか?そんな傷もリペアで綺麗に直せます!

mayulu / 6537 view

関連するキーワード