全身の土台である足の3本のアーチをサポート

「足の骨ってこれだけたくさんの骨からなっているんですよ」と、ハッチェリー代表・広瀬勇人さん。オーダーインソールの店「ハッチェリー」は、ウォーキングからスポーツのあらゆるシーンまで足にこだわり、足元から体のバランスを整えて、体への負担軽減やケガを抑止するさまざまな商品やサービスを提供しています。

広瀬さんは小学4年生からスキー競技をはじめ、スキー競技の名門日本大学を卒業後、プロレース界へ活動の場を移してプロスキーヤーとして活躍しました。

スキーをする上で、足と直接触れるスキーブーツは重要なマテリアルで、選手時代、広瀬さんは足とブーツを合わせることに非常に苦労したそうです。そして、スキーヤーとしての自身の経験から“足と体のバランス”に着目し、自らインソールをつくりはじめ、理想のインソールを追求すべく試行錯誤を重ねました。

やがて広瀬さんは、選手とインソール開発者という2足のわらじを履き、オーダーインソールのお店「ハッチェリー」をオープン。スキーブーツのチューンナップをはじめ、さまざまな競技で活躍するアスリートのためのインソールをつくりはじめました。

そして現在「ハッチェリー」には、誰もが知るさまざまなスポーツの有名アスリートが来店するようになり、「ハッチェリー」のインソールを愛用する証として、店内にはサインや実際にとった足型がずらりと並んでいます。日本屈指のアスリートたちが信頼を置くインソールとは、いったいどのようなものなのでしょう。

「人の足は片側だけで28個の骨があります。これらの骨は筋肉や腱、靭帯によってゆるい弧を描く3本のアーチを構成しています。1本目が“内アーチ”と呼ばれる親指の付け根からカカトに向かって走る縦のラインです。2本目が、足の外側のアーチで、小指の付け根からカカトに向かって走る縦のライン。3本目が小指の付け根から親指の付け根をつなぐ横のラインです」と広瀬さん。

この3本のアーチがドーム型にゆるい弧の状態に保たれていると、親指の付け根と小指の付け根、カカトの3点に重心が分散され、しっかりと安定した姿勢を保つことができるのだそうです。そして3本のアーチには、クッション(バネ)の役割、バランスをとる役割があるのだと広瀬さんはいいます。

「足の裏は直立時の体を支える唯一の支点です。そのため、体の全体重や、動いたときの衝撃が足の裏にかかってきます。日常生活のさまざまな動きの衝撃や負担を受け止め、和らげるのが3本のアーチです。また、人は歩くときや走るとき、まずカカトで地面に着地してカカトから前に体重が移動し、足の指を使って地面を蹴り出すという一連の流れを行なっています。足裏の3本のアーチは、このときバネのように動き、体を前に運ぶ前進力になっているのです」

しかしこの足裏の3本のアーチがきちんとした状態で保たれているという人は少ないのだそうです。「生まれ持った立ち方で完璧なバランスを保持できている人はまずいません。昔の人と比べると、現代の人は歩くことが少なくなり、足裏の筋肉が発達しにくいということがあります。そのことによって足裏は“弱まっている”状態にあり、それはつまり、足裏のアーチ形状は崩れやすいということなのです。3本のアーチはセットなので、どれかひとつでも崩れると、他のアーチにも影響がでてきてしまいます」

「たとえば“扁平足”というのは、内アーチが崩れ、土踏まずが少なくなった状態です。それがさらに疲労や筋肉の緩みなどでアーチが落ちこむと、カカトの骨が内側に倒れ“外反扁平足”と呼ばれる状態になります。外反扁平足になると、浮き指になってしまったり、土踏まずの側面に靴があたりやすくなり靴擦れが起きてしまったりします」

このように、崩れてしまった3本の足裏のアーチを、補正するように開発したのが「ハッチェリー」のインソールです。「このインソールを使用すると、足裏の3本のアーチの動きが安定し、足元のすべての骨の隙間がバランスよく配列されるようになります。そうすることで足本来の機能である衝撃吸収=クッション、蹴り出す力=バネ、安定=バランスを取り戻すことができるようになるのです」

心臓部はコントロールカップ

ハッチェリーが作るインソールには「石膏型オーダーインソール」「クイックオーダーインソール」「バネインソール」の3種あります。「石膏型オーダーインソール」は、石膏で足型をとり、用途に応じてパーツ(補強材やクッション材など)をとりつけるオーダーメイドのインソールです。「クイックオーダーインソール」は、専用の成形マシンで作るヨーロッパの素材をベースとしたクイックオーダー仕様。「バネインソール」は、用途や厚さの異なる全9種をラインナップする既成のインソールです。

「バネインソールはサイズに合わせてカットするだけでご使用いただけます。費用対効果でいえばこのバネインソールが一番です。プロ野球選手などもこのインソールをシューズに使用してプレイしている方もいます」と広瀬さん。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

圧倒的な品ぞろえと豊富な知識で靴の修理を下支えする。靴修理材の卸売店「サーパス浅野」

“あのお店に行けば、欲しいものが必ず見つかる”。リペアショップの職人さんたちからよく耳にする「サーパス浅野」…

シューズボックス編集部 / 8 view

スリッポンだけじゃない!本場オーストラリアではスニーカーやレースアップサンダルが人気

オーストラリアはおしゃれなシューズブランドが多いことはあまり知られていません。そのオーストラリアでは、最近ス…

albirexxx / 954 view

今季注目の春パンプスとは?!春パンプスにぴったりなトレンドコーデ

何もかも新しくしたくなる季節といえば、やっぱり春!服や小物、靴などいろいろな物をついつい買い揃えたくなっちゃ…

mayulu / 1065 view

新品の靴で水ぶくれができた!外出先でもできる靴擦れの応急処置

新しい靴を履いてでかける時に、しばしば起きてしまうのが靴擦れ。新しい靴のワクワクもどこへやら痛い足をひきずっ…

pointow / 1327 view

うっかり購入しちゃった!サイズの合わない靴をどのように履けば良いの?

よくある事例として、サイズの合わないシューズを購入してしまうことがあります。足のむくみなどが発生した場合にも…

albirexxx / 1115 view

ダイエットにおすすめの有酸素運動のウォーキング!せっかくやるなら靴選びから慎重に!

有酸素運動であるウォーキングはダイエットに何よりも効果的と言われています。そんなにダイエット効果があるのなら…

ゆか / 782 view

突然の豪雨に慌てない!靴の上から履くレインシューズがあった

レインシューズというと、靴単体をイメージしがちですが、実はその歴史を紐解くと普通のシューズの上から履くタイプ…

redwall / 2740 view

キャンプに履いて行きたいアウトドア系靴ブランドはこれだ!

これからの季節、外でキャンプに出かけるケースが増えてきますよね。そんな中で最も困るのが靴選びです。そこで今回…

albirexxx / 2775 view

自転車との相性抜群!本格的にサイクリングを始めるならティアドラを準備しよう

サイクリングを競技としてする人も趣味で走る人もオススメのシューズはやっぱりディアドラ!自転車で走ることを想定…

tadacy / 746 view

海外メーカーはサイズにこだわってない?靴を選ぶときのサイズについての考え方について

靴のサイズが同じでも、提供するメーカーによってサイズ感が違うことはありませんか?その理由は海外メーカーは特に…

hamunida / 1052 view

かかとは脱げるのが当たり前?そんな「幅狭甲低」の足にぴったりな靴ブランドは?

「かかとが脱げる」「靴の中で足がすべる」などのお悩みありませんか?それはあなたの足が「幅狭甲低」だからかもし…

kirakira / 94393 view

見られてます!靴をフィッティングする時のマナーと注意点について

靴というアイテムはフィッティングが大事になってきます。なぜなら合わない靴を履くことで足を痛める場合があるから…

sunsun / 1626 view

東京マラソンに向けて!おすすめしたい人気スポーツシューズ

毎年2月頃に行われる「東京マラソン」。年々人気が高まっているこのイベントに向け、ジョギングを始める人も多くい…

sunsun / 1142 view

なんとか予防したい痛~い靴擦れ!事前チェックと保護パッドで靴擦れとはサヨナラ☆

新しい靴のウキウキ感を台無しにする痛い靴擦れ。違和感を感じた部分を事前に予防することが大切です。保護パッドを…

kirakira / 2838 view

子供だって履き心地にこだわりたい!インソールのある子ども靴を紹介

子供向けのシューズでも、履き心地を重視したいものですよね。特に、子供の場合は成長に伴い数年経たないうちにサイ…

redwall / 928 view

関連するキーワード