130年以上の歴史を誇る英国の老舗シューメーカー、JOSEPH CHEANEY(ジョセフ チーニー)

1886年に靴の聖地ノーザンプトン州のデスバラで創業したJOSEPH CHEANEY。現在でもカッティングからファイナルポリッシュの全ての工程をノーザンプトンで行なう「PURELY MADE IN ENGLAND」の靴作りを貫いています。高いスキルを持つ職人が1足8週間もの時間をかけて、160以上の工程を経て完成させます。英国を代表するシューメーカーとして、伝統や自分たちの職人を大切にするだけでなく、常に新しい素材の商品化や木型の開発などに挑戦し、新しいスタンダードを作り出しています。

イギリス伝統のグッドイヤーウェルト製法で作られるシューズは、丈夫で履き続けるほど自分の足に馴染んできます。この製法はアッパーとインソールをアウトソールに直接縫い付けずに、ウェルトと呼ばれる1枚革を挟んで接合するので、ソール交換も容易です。いいものを長く大切に使い続けるというイギリスのライフスタイルをよく表すプロダクトです。

JOSEPH CHEANEYは、英国の良心や伝統を大切にしながらも、新しいスタイルにも挑戦しています。長く蓄積された技術やモノづくりに対する姿勢はもちろん、保有する多くのアーカイブをそのまま復刻するのではなく、時代にあったシューズを生み出しています。伝統的な英国グッドイヤーウェルトシューズ界に、全く新しい感覚とトレンドを吹き込むメーカーとして、大きく注目を集めています。

作り手の想いを伝える、BRITISH MADE(ブリティッシュメイド)

渡辺産業株式会社が展開するStories of British Life をコンセプトに「英国のストーリーあるライフスタイル」をお届けしている、BRITISH MADE。渡辺産業株式会社は、英国のクラフトマンシップから生まれた、ブランドストーリーを語り伝える会社です。英国のストーリーあるライフスタイルを通じ、使い続ける喜び、育てる楽しみ、そして心の豊かさを提供します。

新しいものが次々と生み出される現在、英国のブランドはクラシックで、少しベーシックに映るかも知れません。しかし、流行に左右されず、定番でどこか懐かしく、作り手の想いや様々なストーリーが溢れています。

暮らし続けることで価値の増す家屋、何代にも亘って使われている家具、親から受け継いだコートやアンティークのアクセサリー、リペアを重ねて身体の一部のように馴染んだ靴、自分のキャリアをいつも見つめてきた革手帳……。

永い人生をさりげなく、誇りを持って一緒に生きるパートナーとして相応しい“もの” を作りだす英国ブランド。彼らのストーリーテラーとして、作り手の想いを込めて紹介しています。

JOSEPH CHEANEY STOCK ORDER SERVICE (ジョセフ チーニーのストックオーダーサービス)とは

JOSEPH CHEANEYのストックオーダーサービスでは、ドレスシューズの定番ラスト(木型)「125」や、世界的なベストセラーモデルである「TWEED C」「AVON C」にも使用されているブリティッシュカントリーな佇まいのラスト「12508」、ロングノーズでチゼルトゥが印象的なラスト「205」などの、日本国内で未展開モデル・カラーをアップチャージ無しで本国よりお取り寄せいただけます。
また、BRITISH MADE 銀座店の店頭では一部モデルを実際にご覧いただけるほか、ラスト「205」「12508」のフィッティング用サンプルをご用意しています。

BRITISH MADEにて取扱のないモデルやカラーを本国(イギリス)在庫よりお取り寄せいたします。

納期:オーダーから1〜2カ月
価格:メーカー小売価格に準ずる(*オーダー手数料およびアップチャージ料金無し)
ラスト125:EDMUND ¥59,000 / GODFREY D ¥61,000 / ARTHUR III ¥58,000
ラスト12058:TEIGN II ¥60,000 / AVON R ¥60,000
ラスト205:EDINBURGH ¥59,000 / CAMBRIDGE ¥59,000

開催店舗

BRITISH MADE 銀座店(Drake’sのShop in Shopを併設)
東京都中央区銀座6丁目10番1号 GINZA SIX 5F
営業時間:10:30 ~ 20:30

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

上質レザーシューズを買うならここ!ローランドストュリーニの中でもおすすめのシューズを…

レザーシューズは簡単には製造できないことで知られていますが、ローランドストュリーニはまるで魔法をかけているか…

pointow / 649 view

小柄さん必見!ファッショニスタはこう着る!オリビア・パルレモの厚底パンプスコーデ

この仕上がりで身長約160センチのオリビア・パルレモさん。スーパーモデルの身長が約180センチの海外において…

mashroomcat / 1323 view

スニーカーのようなクッション性が心地よい!ローランドストュリーニのイケてるポイントと…

最近のシューズは、見た目と履き心地を両立したアイテムが多く存在しています。その中でも、ローランドストュリーニ…

pointow / 934 view

ラクに歩けて、美しい。ムーンスター「SUGATA(スガタ)」シリーズより、 初夏のコ…

働く女性が「毎日履きたい靴」。女性の足にやさしく、正しい歩行と姿勢をサポートするパンプスの第2弾が2018年…

kirakira / 111 view

高レベルの製法なのにレザーの張替えが簡単!グッドイヤーウェルト製法のジェニット(GE…

今ではメジャーになっているグッドイヤーウェルト製法ですが、特にジェニットの製品でその良さを実感できます。そん…

pointow / 2884 view

靴好きの間で革靴のトップと称される「GRENSON(グレンソン)」の魅力を知る

佇まいはあくまでベーシックな種類。自らを目立たせるのではなく、スーツを品よく、かつ効果的に引き立ててくれる名…

mashroomcat / 10450 view

靴の製法を解説!グッドイヤー製法とマッケイ製法の違いとは?

靴といえば革靴!ビジネスシーンからカジュアルシーン、フォーマルな場面にも幅広く対応できる便利な靴ですよね。そ…

shoesman / 2026 view

カジュアルだけどビジネスシューズとしても活躍するUチップ

国により呼び方から主な利用シーンまで異なる発展をしてきたUチップについて紹介します。カジュアルですが、日本で…

kutsukutsu / 3363 view

見かけはビジネスシューズ、でも機能はスニーカー⁉︎コールハーンはビジネスマンの強い味…

ビジネスシューズと言うとお堅いイメージがあるものですが、このコールハーンブランドのビジネスシューズはスポーテ…

mojisan / 1536 view

お父さんへのプレゼントにも最適!歩きやすいビジネスシューズとは?

日頃お世話になっているお父さんへのプレゼントって結構難しいですよね。定番といえばネクタイやハンカチーフですが…

mayuripon / 1181 view

英国王室御用達 いつか履いてみたい「John Lobb(ジョンロブ)」

革靴の王様と言われるジョンロブはエルメス傘下にあり、最高品質の靴を提供します。革靴にこだわる方なら誰もが憧れ…

shoes_helper / 4111 view

「明治の工業の父」西村勝三。日本で初めて西洋靴を作った男は東京駅の赤煉瓦も作っていた…

皆さんは1870年日本初の西洋式の靴工場が出来たことをご存知ですか?今自分たちが自由に靴が履けるようになった…

mashroomcat / 2632 view

トゥで印象が変わる!いつもと違うトゥの形に挑戦したい♡おすすめ4選

パンプスを選ぶ時、トゥの形をなんとなく選んでいませんか?トゥを変えれば印象もガラリとかわりますよ。おすすめの…

kirakira / 5051 view

ウィングチップの派手さに注意!ビジネスシューズを履きこなす為の大人の流儀

デザインの素敵さで思わず柄の意味を知らなくても買ったことがあると言う方が多いかもしれません。ビジネスシューズ…

mashroomcat / 1521 view

ロイヤルワラントの称号を持つ老舗ブランド「トリッカーズ」 人気のカントリーコレクショ…

イギリス伝統の革靴Tricker’s(トリッカーズ)。ロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を持ち、150…

mayulu / 1028 view

kirakira

ファッション・コスメ・旅行が大好き。大人かわいい女子になりたい!