美しい姿勢の女性になるには

颯爽とハイヒールで街を歩く、そんな姿に憧れます。でもいくら高価で美しい靴を買っても、肝心の脚元が機能していないと意味がありません。美しくヒール靴を履きこなすために女性はどのようなことに気をつければいいのでしょうか。六本木のパーソナルジム「メイクボディラボ」で数多くのスポーツ選手や格闘家のパーソナルトレーナーを務める小原史也さんに美しい足元を作る秘訣について聞いてきました。

足の接地面を意識する

「ハイヒールで立つ時に人はやや前傾姿勢になり、足の親指に過度に体重がかかってしまいます。この姿勢は非常にバランスが悪い状態です。

親指の付け根、小指の付け根、かかとの3点で着地した状態が最も足に負担がかからず、安定した状態です。この3点で立つことによって、内くるぶしに骨盤が乗って、足裏のアーチが機能して、動きに安定感が出るのです。」

小原さんの指導のもと、実際に意識してこの3点で立ってみると、ストンと身体がおさまる感覚があります。

「私たちは手と違って足の末端を意識して動かしません。普段から足の接地位置がどこにあるか意識して立つことが大切です。建物と同じで土台がしっかりしていれば、上はぐらつかないのです。」

脚の筋力アップ

アンバランスな歩き方や立ち方は美しくないだけではなく、疲れやすく、腰への負担も増えてしまいます。足裏だけでなく脚全体の筋肉を鍛えていくことが大切だと小原さんは力説します。
足裏を安定させるためには、脚全体の筋力アップが大切です。そのためにできる小原さんオススメのストレッチを二つ紹介します。

大腿四頭筋のストレッチ

「ハイヒールを履くと足の親指に過度に負担がかかってしまいます。前傾になっても美しく立つためには脛の前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチが効果的です。まず右脚前面と脛の前の筋肉を伸ばします。足を後ろに曲げて伸ばします。この時立ったままの左脚よりも右脚をもっと後ろに引っ張る形を意識してください。脚だけではなく、肩も同時に反って、右半身全体を伸ばすイメージが理想です。立ったままだと厳しい人は、寝た姿勢でやっても大丈夫です。」

タオルストレッチ

次にタオルを使ったストレッチを紹介します。仰向けに寝転び、片足を伸ばして、もう一方の足の裏にタオルを使って伸ばします。横に寝ている脚の膝は曲げずに、伸ばした足の膝を伸ばしていきます。タオルを引っ張って、かかとを上にあげることで、脚の背面の筋肉を十分に伸ばすことができます。

どちらも手軽にできるストレッチですが、毎日続けることで着実に脚の筋肉が柔らかくなり、綺麗に重心が3点に乗るようになるそうです。

扁平足なども矯正できる

小原さんは鍼灸按摩マッサージ指圧師、機能訓練技師の資格を持つパーソナルコンディショニングトレーナーです。普段はけが人の治療や鍼灸やマッサージをしたり、スポーツ選手のパフォーマンスの向上のサポートをしています。


「体重移動はかかとから着地して、小指から親指に重心に移動するのが理想の流れです。しかし扁平足の人の場合は、足裏がアーチになっていない分、足全体がペタッとついてしまってバランスが取れません。バランスが取れないので転びやすかったり、ちょっと歩いただけで疲れやすく、運動不足になりやすい傾向にあります。」

扁平足は遺伝や子供の時の運動不足などの要因でできて、治らないものという固定概念があったのですが、小原さん曰く、扁平足も直すことができるそうです。

「扁平足の人は意識してアーチを作ってあげる必要があります。足の裏に手を入れて引き上げて、片足立ちすると、アーチが生まれます。この動作を繰り返し矯正することで、大人になってからでも十分アーチを作ることができるのです。」

体づくりの基本は食生活から

美しくヒールを履くということは何も脚だけの問題ではありません。脚だけではなく、全身の筋肉が必要です。特に身体づくりには食生活を見直すことも大切なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

高すぎるヒールってやっぱり足に負担がかかる?気になるハイヒールの高さの最適解とは?

高いヒールは美脚効果があると、ついついヒールの高い靴を選んでいませんか?しかし、高すぎるヒールを履くと足に負…

ゆか / 1931 view

海外メーカーはサイズにこだわってない?靴を選ぶときのサイズについての考え方について

靴のサイズが同じでも、提供するメーカーによってサイズ感が違うことはありませんか?その理由は海外メーカーは特に…

hamunida / 908 view

ハイヒールを何度でも。母親になっても自分らしさを保つためには

赤ちゃんを産むと、ママを取り巻く環境は大きく変化するもの。ひとりの時間、着たい服、履きたい靴…諦めていません…

あおい陽 / 897 view

外国で靴を買う時に困らない!あなたにぴったりの靴は何”インチ”?

海外で迷わず自分の靴のサイズが分かる、靴のインチ表記について知っていますか?海外で迷わないように、メモしてお…

mo_mo / 648 view

機能性いろいろな安全靴!ワークマンだけではなく、あの人気ブランドアディダスも販売中!

数多くの有名ブランドが参入している安全靴の中で、機能性から見た時に選ぶポイントについて紹介しています。実はあ…

pointow / 4219 view

歩いて健康を維持するために・・・リハビリシューズの選び方

怪我や介護などで必要となってくるリハビリシューズ。歩くことは体を元に戻したり健康を維持する上で大切です。そこ…

sunsun / 635 view

あなたは何型?自分の足の形を知って指が痛くならないパンプスを見つけちゃおう♡

パンプスを履いて足の指が痛くなるのはサイズのせいだと思っていませんか?足の指の形でパンプスを選べば、そのお悩…

kirakira / 5696 view

急増中!?子どもの足のトラブルの原因と対策を考えよう

扁平足や浮き足など。今まで大人の病気だった症状が子どもの足にも増えています。その原因と対策について考えてみま…

kirakira / 809 view

かかとは脱げるのが当たり前?そんな「幅狭甲低」の足にぴったりな靴ブランドは?

「かかとが脱げる」「靴の中で足がすべる」などのお悩みありませんか?それはあなたの足が「幅狭甲低」だからかもし…

kirakira / 84667 view

子供だって履き心地にこだわりたい!インソールのある子ども靴を紹介

子供向けのシューズでも、履き心地を重視したいものですよね。特に、子供の場合は成長に伴い数年経たないうちにサイ…

redwall / 779 view

シーズンオフとなったシューズはどのように片付けるのが正解?

靴の種類によって、着用するシーズンがはっきりしているものがあります。代表例として、夏に履くサンダルがあります…

redwall / 1626 view

華やかなイテムを続々誕生させる!スポルティバが人気の秘密とは?

山ガールブームもすっかり定着していますが、その中でも続々とおしゃれなアウトドアアイテムが増えています。また、…

kazumin / 675 view

春の明るさはカラーで表現♡イエローパンプスコーデ

花々や草木など新しい命が芽生える春は周りの景色も明るくなります。そんな季節にはコーディネートにも明るい色を取…

sunsun / 1217 view

これでシャットアウト!夏のニオイ対策に絶対欲しい便利グッズ3選

夏に向けてサンダル履きが中心になるのですが、やはりシューズがやめられない!と言う方も多いことでしょう。そんな…

kazumin / 1012 view

意外と簡単!パンプスのインソールを交換する方法をご紹介

女性らしいシューズの代名詞、パンプス。様々なシーンで活用できるシューズであり、持っていると何かと便利でヘビー…

redwall / 1274 view

関連するキーワード