日本の革靴の祖 日本が誇るシューズメーカー「リーガル」の誕生

リーガルへの揺るぎない信頼感。父から子へ、会社の上司から部下へ。そんなシーンが容易に目に浮かぶほど、「リーガル」は私たち日本人が良質な革靴をイメージするときのお手本のような存在です。そんな日本が誇るシューズメーカーが誕生したのは1902(明治35)年のこと。やがて日本の靴の祖とよばれる西村勝三氏と大倉喜八郎氏によって、現リーガルコーポレーションの前身となる「日本製靴株式会社」が創業されました。

「当時は陸軍からの注文を受け、軍靴製造を生業にしていました。軍靴に求められたのは堅牢さと修理が可能ということ。さらに軍需拡大により量産体制も整える必要がありました。そこで欧米から取り入れたのが “グッドイヤーウエルト式製法”です」

そうお話しくださったのは、リーガルコーポレーション業務統括部広告宣伝課の深澤順一さん。グッドイヤーウエルト式製法とは19世紀初頭、それまで手縫いで行われていた靴製造を、アメリカのチャールズ・グッドイヤー2世が機械化し、確立した製造法です。この製法での大きな特徴は、アッパー部分とアウトソール部分が直接つながっていないため、アウトソール単体の交換が可能という点。機械を導入以来、一貫してグッドイヤーウエルト式製法を屋台骨としています。

「戦後、軍需産業がなくなり、販路拡大を図り一般向けの靴の製造・販売を始めます。軍靴で靴作りの基礎を確立した当社はやがてアメリカントラディショナルに注目し、1961(昭和36)年に、米・ブラウン社(現クラレス社)と業務提携を結びます」。

実は、リーガルは1990年に商標を譲り受けるまではアメリカのブラウン社のブランドでした。1961年の業務提携から、本国アメリカより木型を取り寄せ、日本人の足に合う木型の改良や製造を重ねた現リーガルコーポレーション。その弛みなき探究心は正統な後継者にふさわしいものでした。

アパレルブランド「VAN」とのダブルネームが話題に。「VAN REGAL」の誕生

「REAGAL」を発展した「日本製靴株式会社」は、アパレルブランド「VAN」とタッグを組んだ「VANREGAL」を1963年に発表します。当時のストリートファッションの嚆矢である「みゆき族」に熱狂的に支持されたことにより、リーガルは靴をファッションに押し上げた立役者としてもその名を歴史に刻むことになります。

「ブラウン社と業務提携をした当初は、アメリカントラディショナル、いわゆるアイビースタイルは先鋭的なファッションだったため、日本では惨憺たる結果だったそうです。それが、「VAN」とタッグを組んだことにより爆発的にヒットし、「VAN REGAL」の靴を履くことは一種のステイタスのようになっていたようです」。

同社は、1971(昭和46)年にローファー、ウイングチップ、サドルシューズなど、今もなお、根強い人気を誇る以上のモデルを発表。これらは半世紀当時の姿のまま現在も作られています。また、アイビーブームによる反響から「リーガル レディース」が誕生したのも1972年のこと。その後、ニュートラブームにのって、アメリカンスタイルのローファーなどが日本に定着しました。

世界のドレスコードに通用するシューズメーカーとして

トラディショナルという文化を継承しながら、日本人の足を知り抜き、たどり着いた製造法や木型。「リーガル」は、世界に誇るブランドバリューを備えていると言っても過言ではありません。

「長く履いていただくために、お手入れ方法など、私たちスタッフも知識と技術を身につけ、お客様にお伝えする責任があると感じています」。

リーガルシューズ銀座数寄屋橋店店長の飯干晃一さんは、ただお売りするのではなく、フィッティングやメンテナンスも含めた価値をお客様に提供することが大切であると語ります。

なぜ「リーガル」はこれほど長く多くの人に愛されているのか。その理由は、長い歴史のなかで守り続けたモノづくりへのこだわりなのかもしれません。「The pride to share」、同社が掲げるこの言葉には、リーガルというブランドへの誇りと、その誇りを多くのお客様と共有し続けるという揺るぎない信念がこめられています。

名実ともに私たち日本人の足を支えてきたリーガル。日本が誇るシューズメーカーは、伝統と革新を取り入れながらこれからも進化し続けることでしょう。

DATA

リーガル シューズ 銀座数寄屋橋店 
住所:東京都中央区銀座4-2-12 銀座クリスタルビル1F
電話: 03-5250-7426
営業時間:10:30-20:30

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ビジネスシューズなのに遊び心たっぷり!カルバンクラインのメンズシューズ

カルバンクラインといえば、超一流のブランドとして有名ですよね。その中でも、最近は遊び心たっぷりなビジネスシュ…

kazumin / 1532 view

おしゃれなビジネスマンの基本 ユーチップを知る

ユーチップは狩猟やゴルフを起源とし、堅牢で機能的な靴です。アクティブな印象を与えるため、冠婚葬祭には向きませ…

shoes_helper / 3391 view

春のキャンパスデビューに向けて用意しておきたい!必須カラーはこの3色♡

キャンパスデビューの備えて、パンプスの準備はできていますか?おすすめの色は「ブラック」「ベージュ」「ネイビー…

kirakira / 3359 view

ストレートチップは美意識の高い男性が履く!こだわりのある大人の男性の見分け方

ビジネスマンの革靴にはディテールへのこだわりが詰め込まれているものが多いんです。その一つの種類、ストレートチ…

mashroomcat / 3142 view

エスパドリーユやスニーカータイプも!サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore …

サルヴァトーレ フェラガモ、老舗有名ブランドなので優等生的なイメージで敬遠していませんか? 優等生なのに、遊…

kirakira / 2994 view

あなたは靴で自分を表現できてますか!?靴を見て経済力や地位を判断されている事実が意外…

「靴」が、その人の性格や、経済力や地位をはかるアイテムとして世界の常識となっていること。あなたはご存知でした…

kojihei / 1800 view

モカシンシューズといえばこのブランド⁉︎クオッディーの注目すべきポイント。

モカシンシューズの歴史は意外と長く、既に100年以上も前に誕生しています。そのモカシンシューズの第一人者とも…

pointow / 1047 view

サラリーマンの必需品ビジネスシューズ!ビジネスシューズはどうやって誕生した?

ビジネスシューズといえば基本的に革靴ですが、その起源は中世のゲルマン人が履いていたという革のブーツに遡ります…

mojisan / 1045 view

スニーカーのようなクッション性が心地よい!ローランドストュリーニのイケてるポイントと…

最近のシューズは、見た目と履き心地を両立したアイテムが多く存在しています。その中でも、ローランドストュリーニ…

pointow / 1167 view

ビジネスシューズはどこが違うの?モンクストラップやユーチップ、ホールカットなどビジネ…

ビジネスシューズを履く機会は結婚式やビジネス、冠婚葬祭や就活など意外とたくさんあります。 ひと言でビジネス…

hamunida / 5366 view

完成まで8週間の時間をかけるグレンソン。高級感あふれるビジネスシューズの決定版

職人気質でハンドクラフトな靴を展開する“グレンソン”のおすすめビジネスシューズを3選ピックアップ!

little flower / 1485 view

ビジネスシューズを選ぶために!おさえておきたいポイントをまとめました

ひとくちにビジネスシューズといっても、様々なタイプやデザインがあり、どれにするか迷ってしまいますよね。そこで…

ももぷに / 876 view

どっちが好き!?ファッショニスタたちのカラーパンプスコーデ 対決に注目

フェミニンなフォルムで、思わず履いただけなのに女性らしい気分になれるパンプス。中でもカラーパンプスは存在感が…

mashroomcat / 1633 view

高レベルの製法なのにレザーの張替えが簡単!グッドイヤーウェルト製法のジェニット(GE…

今ではメジャーになっているグッドイヤーウェルト製法ですが、特にジェニットの製品でその良さを実感できます。そん…

pointow / 3192 view

実は東京のお店が一号店だった!?トスカーナ生まれの「ブッテロ(BUTTERO)」の魅…

「ブッテロ」は乗馬用ブーツなどを作っていたブランドでした。今ではスタイリッシュなラインナップを取り揃えている…

mokona- / 1366 view

関連するキーワード