日本の革靴の祖 日本が誇るシューズメーカー「リーガル」の誕生

リーガルへの揺るぎない信頼感。父から子へ、会社の上司から部下へ。そんなシーンが容易に目に浮かぶほど、「リーガル」は私たち日本人が良質な革靴をイメージするときのお手本のような存在です。そんな日本が誇るシューズメーカーが誕生したのは1902(明治35)年のこと。やがて日本の靴の祖とよばれる西村勝三氏と大倉喜八郎氏によって、現リーガルコーポレーションの前身となる「日本製靴株式会社」が創業されました。

「当時は陸軍からの注文を受け、軍靴製造を生業にしていました。軍靴に求められたのは堅牢さと修理が可能ということ。さらに軍需拡大により量産体制も整える必要がありました。そこで欧米から取り入れたのが “グッドイヤーウエルト式製法”です」

そうお話しくださったのは、リーガルコーポレーション業務統括部広告宣伝課の深澤順一さん。グッドイヤーウエルト式製法とは19世紀初頭、それまで手縫いで行われていた靴製造を、アメリカのチャールズ・グッドイヤー2世が機械化し、確立した製造法です。この製法での大きな特徴は、アッパー部分とアウトソール部分が直接つながっていないため、アウトソール単体の交換が可能という点。機械を導入以来、一貫してグッドイヤーウエルト式製法を屋台骨としています。

「戦後、軍需産業がなくなり、販路拡大を図り一般向けの靴の製造・販売を始めます。軍靴で靴作りの基礎を確立した当社はやがてアメリカントラディショナルに注目し、1961(昭和36)年に、米・ブラウン社(現クラレス社)と業務提携を結びます」。

実は、リーガルは1990年に商標を譲り受けるまではアメリカのブラウン社のブランドでした。1961年の業務提携から、本国アメリカより木型を取り寄せ、日本人の足に合う木型の改良や製造を重ねた現リーガルコーポレーション。その弛みなき探究心は正統な後継者にふさわしいものでした。

アパレルブランド「VAN」とのダブルネームが話題に。「VAN REGAL」の誕生

「REAGAL」を発展した「日本製靴株式会社」は、アパレルブランド「VAN」とタッグを組んだ「VANREGAL」を1963年に発表します。当時のストリートファッションの嚆矢である「みゆき族」に熱狂的に支持されたことにより、リーガルは靴をファッションに押し上げた立役者としてもその名を歴史に刻むことになります。

「ブラウン社と業務提携をした当初は、アメリカントラディショナル、いわゆるアイビースタイルは先鋭的なファッションだったため、日本では惨憺たる結果だったそうです。それが、「VAN」とタッグを組んだことにより爆発的にヒットし、「VAN REGAL」の靴を履くことは一種のステイタスのようになっていたようです」。

同社は、1971(昭和46)年にローファー、ウイングチップ、サドルシューズなど、今もなお、根強い人気を誇る以上のモデルを発表。これらは半世紀当時の姿のまま現在も作られています。また、アイビーブームによる反響から「リーガル レディース」が誕生したのも1972年のこと。その後、ニュートラブームにのって、アメリカンスタイルのローファーなどが日本に定着しました。

世界のドレスコードに通用するシューズメーカーとして

トラディショナルという文化を継承しながら、日本人の足を知り抜き、たどり着いた製造法や木型。「リーガル」は、世界に誇るブランドバリューを備えていると言っても過言ではありません。

「長く履いていただくために、お手入れ方法など、私たちスタッフも知識と技術を身につけ、お客様にお伝えする責任があると感じています」。

リーガルシューズ銀座数寄屋橋店店長の飯干晃一さんは、ただお売りするのではなく、フィッティングやメンテナンスも含めた価値をお客様に提供することが大切であると語ります。

なぜ「リーガル」はこれほど長く多くの人に愛されているのか。その理由は、長い歴史のなかで守り続けたモノづくりへのこだわりなのかもしれません。「The pride to share」、同社が掲げるこの言葉には、リーガルというブランドへの誇りと、その誇りを多くのお客様と共有し続けるという揺るぎない信念がこめられています。

名実ともに私たち日本人の足を支えてきたリーガル。日本が誇るシューズメーカーは、伝統と革新を取り入れながらこれからも進化し続けることでしょう。

DATA

リーガル シューズ 銀座数寄屋橋店 
住所:東京都中央区銀座4-2-12 銀座クリスタルビル1F
電話: 03-5250-7426
営業時間:10:30-20:30

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

靴を変えると人生が変わる――。 アルチザンたちが手がける確かな「一足」を求めて Wo…

靴を選ぶとき何を基準に選んでいますか?デザイン、価格、履き心地……。靴を身につけるだけで私たちはどこにだって…

シューズボックス編集部 / 351 view

足元に輝きを!メンズのおすすめエナメルシューズ3選

美しい光沢が素敵なシューズといえば、エナメルシューズですよね。エナメルシューズといえば、女性物のイメージが強…

nyaon / 2838 view

靴の製法を解説!グッドイヤー製法とマッケイ製法の違いとは?

靴といえば革靴!ビジネスシーンからカジュアルシーン、フォーマルな場面にも幅広く対応できる便利な靴ですよね。そ…

shoesman / 2021 view

新人営業マン必見!新規営業にオススメのビジネスシューズのタイプとは?

営業、特に新規営業では第一印象がとても大切になります。少しでも外してしまうと営業自体が失敗しかねません。第一…

little flower / 1403 view

世界では靴を見ると経済力や地位が分かるとされている!日本人もついていけてるのか?

いい靴を履いている男性は経済力があって女性からもモテる?靴を見ると経済力や地位が分かるのか?世界と共通する日…

mashroomcat / 936 view

英国王室御用達 いつか履いてみたい「John Lobb(ジョンロブ)」

革靴の王様と言われるジョンロブはエルメス傘下にあり、最高品質の靴を提供します。革靴にこだわる方なら誰もが憧れ…

shoes_helper / 4100 view

イングランドのノーサンプトン発のおしゃれブランド!サンダースのシューズが欲しくなるの…

イギリスの紳士たちがこぞって履きそうなシューズを多く製造しているのが、サンダースというブランドです。そのサン…

pointow / 881 view

結婚式が終わっても使える!ベニル(BENIR)のウェディングシューズが可愛い♡

ドレスもウェディングシューズもレンタルで済ませるのは当たり前の時代。でもせっかくのお気に入り、ウェディングシ…

kirakira / 4852 view

色気のある大人の男性を目指すなら!モンクストラップは抑えておきたい万能アイテム

スーツを着こなす時モンクストラップを合わせられるようになれば一人前。カジュアルさを持ち合わせながら身だしなみ…

mashroomcat / 2314 view

トゥで印象が変わる!いつもと違うトゥの形に挑戦したい♡おすすめ4選

パンプスを選ぶ時、トゥの形をなんとなく選んでいませんか?トゥを変えれば印象もガラリとかわりますよ。おすすめの…

kirakira / 5033 view

ビジネスシューズはどこが違うの?モンクストラップやユーチップ、ホールカットなどビジネ…

ビジネスシューズを履く機会は結婚式やビジネス、冠婚葬祭や就活など意外とたくさんあります。 ひと言でビジネス…

hamunida / 4381 view

男の色気たっぷり♡ジュゼッペ ザノッティオムの個性的なメンズシューズ10選

女性に人気のGIUSEPPE ZANOTTI DESIGN(ジュゼッペ ザノッティ)。メンズラインのGius…

kirakira / 3088 view

Pippichic(ピッピシック)の定番、エレガントなラッフルリボンシューズ5選♡

エレガントなラッフルリボンが定番の、Pippichic(ピッピシック)。パーティでもデートでも履けるラッフル…

kirakira / 3351 view

シンプルなビジネスシューズのプレーントゥ!内羽根と外羽根は何が違うの?

プレーントゥはビジネスシューズの中で最もシンプルな靴です。強い個性を持たないがゆえに多用途に使える靴でもあり…

mojisan / 2096 view

一番大事なのはフォーマルさと清潔感!就活で選ばれる男性の靴とは?

就職活動でスーツと同じくらいこだわって厳選したいのが靴!デザインもさることながら、履き心地も重要視して選びた…

kirakira / 2516 view