靴屋であって靴屋ではない「WFG」のこだわり

Footwear Gallery(以下、WFG)の創業は1979年。ヨットが趣味だったオーナーが研修で渡米した際、当時まだ日本になかった「デッキシューズ」に出会い、輸入したことがはじまりなのだとか。

「当時、日本のヨットスタイルといえば、ゴムつなぎに長靴だったのに対し、アメリカではチノパンにデッキシューズと洗練されたスタイルでヨットを楽しんでいたそうです。それをきっかけに欧米、特にヨーロッパの靴文化に感銘を受けました。靴を輸入するだけではなく、ブランドや工房が発するアイデンティティを掘り起こしてきたのです。私たちは単なる靴屋ではなく、その靴が生まれた国の歴史や文化と革製品の魅力を伝えることを創業以来大切にしています。WFGの取り扱うすべての靴には物語が存在しているんですよ」

そうお話くださったのは、WFG取締役の日高竜介さん。靴先進国といわれるフランス、イタリアなどの国々はその歴史の長さはもちろん、文化と革製品には密接な関係にあると言葉を続けます。

「例えば料理を作ったり、掃除をしたりするときにも彼らは靴を履いていますよね。いわば、ベッドに入る直前まで共にあるわけです。それほど長い時間を過ごす靴へのこだわりが強いのは当たり前のことなのかもしれません。物語にはそんな日常も含められているんです」。

「靴」は意思の伝達に欠かせないもの

当たり前にように靴を履き、外出している私たちですが、もし靴がなかったら?夏の焼け付くようなアスファルト、冬の凍てつくアスファストを裸足で歩くことはできませんよね。そんな生きる上で欠かせない靴を、WFGはさらに深く追求しています。

「靴を変えると人生が変わるというのは決して大げさなことではありません。共に人生を歩む靴があれば、どこにだって行くことができます。「生きるとは意思を持って移動すること」。それが私たちが考える「靴」の存在価値です。だからこそ、靴選びはもっと慎重になるべきですし、こだわりを持っていただきたいですね」

良い靴の選び方

履いているうちに足に痛みを感じたり、違和感を感じたりするようでは共に歩むにはちょっと不安。また、いくら気に入っていても流行遅れではとちょっと恥ずかしい……。WFGが提案する「良い靴」とはどんなものなのでしょう。

「ジャケットやネクタイなど、身につけるものは下着も含めたくさんありますが、中でも靴は体に一番密着しています。そして唯一、痛みを感じるアイテムでもあります。良い靴というのはまず、そのようなストレスがないこと。靴は、制作過程で人の手が入れば入るほど足にフィットし、痛みのリスクが減るという特徴があります。機械任せではなく、熟練の職人たちの手によって作り出される靴には、感覚や感触など、数字では表せないものが宿っているのではないでしょうか」

機械による大量生産では微調整が難しいのに対し、靴職人たち熟練の技による丁寧な靴作りは、パーツひとつひとつを丁寧に仕上げて行きます。素材となる皮も、柔らかすぎず、硬すぎない、生まれて2歳前後の仔牛の革を使用するなど、ヨーロッパの職人たちは、すべてにおいて妥協がありません。

「気に入った靴は何度も修理をして長く履き続けたいもの。つまり、良い靴というのは、愛着が持てる靴だと思います。靴が人生の相棒だとしたら、できるだけ長く共に歩みたいですよね。靴をはじめ、良い革製品というには経年変化を味わえる「嗜好品」ともいえます。共に歳を重ね、時にメンテナンスを繰り返しながら靴を楽しんでいただきたいですね。

また、デザインにおいては、流行に左右されない普遍的なデザインをおすすめします。長く愛され続けてきたのには理由があり、先人たちが守り続けてきた靴の歴史でもあります。そうした背景も味わっていただけたら嬉しいですね」。

世界中の靴マニアが絶賛するジャパン クオリティー

創業以来、イタリア・フランス・イギリスなどヨーロッパの著名なブランドの日本デビューに貢献してきたWFG。2006年からは国産の靴の販売にも力を入れています。

「日本の靴産業は危機的状態にあります。靴職人の後継者問題や新興国での機械による大量生産などがその理由です。靴に携わる者の使命として、現状を変えたいというのが取り扱いをはじめた一番の理由です。
面白いのは、そうした状況にありながら、世界中の靴マニアたちは日本にわざわざ靴を作りにきていること。それは、ひとえに日本の職人たちの丁寧な仕事が高く評価されているからです。ヨーロッパに比べると日本の靴の歴史は浅いのですが、ものづくりに対する真摯な姿勢は、今や靴先進国のヨーロッパに勝るといっても過言ではありません」

靴先進国であるイタリアでは、気に入った靴は何度も修理して長く履きたいという気持ちと、何十年もメンテナンスして履いている靴に対する自負や愛着心が根付いています。その思いを継承すべく、WFGでは同店で購入した靴はもちろんのこと、他店で購入したものもリペアを行なっています。

「修理は人様の愛着や思い入れのあるものに私たちが手を加えることによって可能な限り蘇らせることができ、そしてそれを喜んでいただける醍醐味があります。時を超えて存在するものの価値を共感いただけたらこんな嬉しいことはありません」

最後に、イタリアのことわざをひとつ、ご紹介しましょう。

“その人が履いている靴は、その人の人格そのものを表すものである“

共に歩む最高の一足がきっと見つかるWorld Footwear Galleryもまた、長い人生のよき理解者であり、「相棒」なのかもしれません。

DATA

World Footwear Gallery GINZA SIX
東京都銀座6-10-1-5F
電話 03-6263-9991
営業時間:10:30〜20:30
定休日:無休

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

どのブランドがおすすめ?丈夫なビジネスシューズを提供するブランドや選び方とは

ビジネスシューズってどのブランドが良いか分からない・・・。なんて迷っている方はいませんか?身だしなみは足元か…

hamunida / 1788 view

日本の革靴の祖が贈る「トラディショナル」というプライド 「リーガル」

アメリカントラッドシューズを初めて国内へ持ち込んだとされる「リーガル」。その名前から日本の企業であることは意…

シューズボックス編集部 / 491 view

もとはシャツブランドだった!?ビジネスシューズに人気のテッドベイカー(TED BAK…

元々はシャツのメーカーとして有名であったテッドベイカーですが、最近ではビジネスシューズのブランドとして名高い…

albirexxx / 911 view

ブラジル発のラバーシューズ!メリッサのコラボ商品から目が離せない♡

軽くて汚れがついてもサッと拭き取るだけで綺麗になっちゃうキュートな靴メリッサをご存知ですか?大物デザイナーが…

mashroomcat / 801 view

ビジネスシューズのトレンドをチェック!ストレートチップの人気ブランド3選

冠婚葬祭から就職活動まで活躍してくれるビジネスシューズの王道“ストレートチップ”。あなたもお気に入りの一足を…

little flower / 1791 view

ウィングチップの派手さに注意!ビジネスシューズを履きこなす為の大人の流儀

デザインの素敵さで思わず柄の意味を知らなくても買ったことがあると言う方が多いかもしれません。ビジネスシューズ…

mashroomcat / 1628 view

キトゥンヒールの意味は可愛い子猫!?「ヒール」の種類がこんなにあるって知ってた?

細いヒール、太いヒール、ヒールの形にも色々ありますよね。あなたが好きな形はどんなヒールですか?好きなタイプを…

kirakira / 13081 view

カジュアルだけどビジネスシューズとしても活躍するUチップ

国により呼び方から主な利用シーンまで異なる発展をしてきたUチップについて紹介します。カジュアルですが、日本で…

kutsukutsu / 3514 view

まるで月面を歩いているような履き心地!コールハーンが採用するこだわりのクッションとは

ビジネスブラントとして人気を誇るアメリカのファッションブランド“コールハーン(Cole Haan)”からおす…

little flower / 2274 view

コールハーンやグレンソン、バーカーなどビジネスシューズの代表的メーカーの歴史や靴の特…

普段のスーツ姿をより格上げするためにはスーツ選びを重視するのではなく、着用するビジネスシューズにもこだわる必…

hamunida / 2187 view

ワコール サクセスウォークのパンプスで、足元からキレイを目指しませんか?

一見優雅に見える女子の足だけど、ヒールのある靴をずっと履いていると足にかなりの負担がかかるんです。足元からキ…

papilio / 1756 view

2016年秋冬新作決定版!人気ブランドのメンズシューズ一挙見せ

おしゃれは足元できまります。2016年秋冬メンズシューズの新作を一挙にご紹介します。

kirakira / 2022 view

新人営業マン必見!新規営業にオススメのビジネスシューズのタイプとは?

営業、特に新規営業では第一印象がとても大切になります。少しでも外してしまうと営業自体が失敗しかねません。第一…

little flower / 1581 view

今年もやっぱり素敵だった!クリスチャンルブタン2016春夏新作パンプス

女性なら生涯一足は欲しい靴のブランド、クリスチャン・ルブタン。定番のパンプスはヒールが高いのに楽に履けて、か…

mashroomcat / 1101 view

社会人には欠かせない!ビジネスシューズが生まれた背景とは

紳士のたしなみであるビジネスシューズ。ビジネスシューズとはそもそもどのようにして生まれたのでしょうか?

mayuripon / 2829 view

関連するキーワード