美しく、力強く 靴に込められた思い

銀座ワシントンの創業は1933年(昭和8年)のこと。創業者である東條タカシ氏によって銀座5丁目に「靴専門店」として開業。以来、銀座とともに歴史を刻んできました。

「創業のきっかけは創業者である東條タカシが18歳から25年間過ごしたアメリカでの暮らしだったと聞いています。見聞を広げている中、最後に立ち寄ったオレゴン州のポートランドにあるワシントン街で成功させた食料品店“ワシントングロセリー”が社名の由来です。当時の日本の履物といえば草履や下駄が主流。老若男女が当たり前のように靴を履く文化を日本で広げたいという思いがあったようです」

お話しくださったのは、同社営業部長の東條聡さん。祖父にあたる先代の武勇伝は今もなお、家族の間で語り継がれているようです。

「1930年(昭和5年)に帰国し、銀座の地を選んだ理由は、人の流れがあり、活気付いている印象を受けたからではないでしょうか。また、アメリカの靴店のイメージは常に繁華街の角に位置を占める、高級で清潔な専門店であったため、銀座通りに店を構えることは商売にぴったりであるという確信もあったようです」

創業の7年後の1940年(昭和15年)には、靴専門店として自らの手で思い通りの靴を作り、大勢の人に履いてもらいたいと、新小岩に直営工場を建設。銀座ワシントンは今日まで靴一筋に歩んできました。

銀座ワシントンが考える「心からのおもてなし」とは

銀座ワシントン本店で展開する靴のラインナップは約1000足。見ているだけで思わず笑顔になってしまうような美しいフォルムの靴には、女性なら誰しもが高揚感を覚える不思議な魅力があります。

「私たちの経営理念に“LOVE PEOPLE”という言葉があります。そこには、お客さまをお迎えするとき、親しい人を心からのおもてなしの気持ちを込めて自宅にお迎えするのと同じという思いが込められています」

靴を選ぶ時、どんな心境でいるかをイメージして見ましょう。女性にとって靴は、自分を表現する大切なアイテムの一つでもあります。歩きやすさ、履きやすさはもちろんのこと、デザインやヒールの高さ、足を通した時の自分の姿、そして靴に合わせてどんな服をコーディネートしようか……。銀座ワシントンにとっての接客とは、そんな感性を持った人との楽しい語らいのひとときでもあると東條さんは言葉を続けます。

「例えば嫌なことがあった日、悲しいことがあった日、ふと立ち寄った靴店で、靴をきっかけに楽しい会話ができたとします。販売に結びつかなくてもお客様との対話こそが私たちの財産だと考えています。人生に物語があるように、靴にもまた、それを選んだ時のエピソードがあります。そんな思い出を銀座ワシントンで共有していただけたら嬉しいですね」

銀座ワシントンのすべての店舗では、スタッフが人と人との出逢いから広がるコミュニケーションを大切にしています。「単に靴を売るだけではないおもてなし」。その出会いこそが、老舗靴店が守り続けてきた“LOVE PEOPLE”なのです。

上品さ、美しさ、履き心地、トレンドをほどよく取り入れた魅惑のラインナップ

国内外のブランドを幅広く取り扱う銀座ワシントン。なかでも現代女性にニーズに応え、進化し続けているのがオリジナルブランドです。その名も「Foot Happy」。エレガントなフォルムはそのままに、履き心地を追求したアイテムは、本革でありながら雨の日にも履くことができます。

「アッパー革は撥水加工を施したレイン対応の本革になっていて、雨の日でもおしゃれを楽しんでいただけます。他にも、トップラインには甲革と同色のグログランゴムを入れてフィット感をアップ。本底は弾力性と返りのよさが特徴のモールドソールを使用し、機能面も充実したアイテムです」

履きやすさを追求すると、デザイン面で妥協しなければならない……。そんな靴選びは悲しいこと。常に女性とともにある銀座ワシントンならではの美しさと機能性を兼ね備えたラインナップは、すべての世代に愛されるアイテムになっています。

「デザインやフィット感、素材など良い靴の条件はさまざまですが、良い靴とは、笑顔になれる靴ではないでしょうか。その靴を履くと気分が上がる、楽しくなる。そんな靴選びのお手伝いさせていただくことが銀座ワシントンの使命です」。

私たちは今日も靴を履く。足元を見るたびに笑顔になれるなんて、こんな素敵なことはありませんよね。いつだって自分の足で歩いてきた人生。エレガントさと機能性を兼ね備えた銀座ワシントンの靴とともに、これからも歩んでいきましょう。

DATA

銀座ワシントン銀座本店 / ギンザワシントギンザホンテン
住所:東京都中央区銀座5-7-7 B1F
電話: 03-3572-5911(代表)
営業時間:11:00-20:30

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

見かけはビジネスシューズ、でも機能はスニーカー⁉︎コールハーンはビジネスマンの強い味…

ビジネスシューズと言うとお堅いイメージがあるものですが、このコールハーンブランドのビジネスシューズはスポーテ…

mojisan / 1818 view

新人営業マン必見!新規営業にオススメのビジネスシューズのタイプとは?

営業、特に新規営業では第一印象がとても大切になります。少しでも外してしまうと営業自体が失敗しかねません。第一…

little flower / 1824 view

定番靴♪アメリカの老舗ブランド「ジーエイチバス」のオックスフォード★

あらゆる靴の中でも定番中の定番といえるオックスフォード。今回は、ジーエイチバスのオックスフォードをまとめてい…

tjgatjga / 1150 view

Trading Post(トレーディングポスト)で自分を成長させる靴との出会う! 「…

Trading Post(トレーディングポスト)には出会いがある。レザーシューズに初めて足を通したとき。大人…

シューズボックス編集部 / 953 view

シンプルイズベスト!突然の冠婚葬祭もプレーントゥの靴があれば大丈夫!

プレーントゥはシンプルで使いまわしの効く、優れたシューズです。シンプルだからこそ、手入れをしっかりして、良い…

shoes_helper / 2865 view

「足元を飾る宝石」と称賛される、クリッシー・モリス(Chrissie Morris)…

クリッシー・モリス(Chrissie Morris)の靴は、「足元を飾る宝石箱」と称賛されています。そんなク…

kirakira / 1851 view

美しいフォルムで履く人を美しく見せる!オルティーニ(ORTIGNI)の特徴を紹介。

履く人を美しく見せるシューズを製造していることで名高いブランドである、オルティーニにはどんな特徴があるのかに…

pointow / 2929 view

ヒールの高さは何センチがオススメ?TPOに合わせたヒールの選び方

ヒールは足を長く細く見せることできて大変人気ですよね。高さも本当にさまざまですが、場面にあったヒールの高さと…

nyaon / 2856 view

ビジネスシューズなのに遊び心たっぷり!カルバンクラインのメンズシューズ

カルバンクラインといえば、超一流のブランドとして有名ですよね。その中でも、最近は遊び心たっぷりなビジネスシュ…

kazumin / 1487 view

GG柄は永遠の憧れ!高級ブランドGUCCI(グッチ)のシューズ

誰もが知る高級ブランドといえば「GUCCI」ですよね。GUCCIといえば、バッグや財布、時計という印象が強い…

mashroomcat / 2083 view

おしゃれなビジネスマンの基本 ユーチップを知る

ユーチップは狩猟やゴルフを起源とし、堅牢で機能的な靴です。アクティブな印象を与えるため、冠婚葬祭には向きませ…

shoes_helper / 3236 view

シンプルなビジネスシューズのプレーントゥ!内羽根と外羽根は何が違うの?

プレーントゥはビジネスシューズの中で最もシンプルな靴です。強い個性を持たないがゆえに多用途に使える靴でもあり…

mojisan / 2645 view

クラシックでオトナな雰囲気。定番から変わり種までクラークスの魅力とは

アメリカ発のシューブランド、クラークスについてご紹介していきます。 クラシックな雰囲気は、オトナの色気タップ…

tjgatjga / 2240 view

美を求める全ての女性に 大人女性のためのエレガントな一足を 銀座かねまつ

女性の足を美しく演出するパンプス。時に、洋服以上にそのこだわりを持つ女性も多いことでしょう。しかし、デザイン…

シューズボックス編集部 / 775 view

同じ靴ひもがついている方が格上!?ビジネスシューズの常識を歴史から読み取る

スーツと並んで男性のビジネス・フォーマルシーンに欠かせないビジネスシューズの歴史、そして正しいフォーマルシィ…

papilio / 2505 view

関連するキーワード