レザーシューズを履く文化を日本に定着させる 提案型セレクトショップ「Trading Post」のこだわり

今回ご紹介するのは、靴にこだわりを持つ人々に絶大な信頼を得ているセレクトショップ「Trading Post(トレーディングポスト)です。1984年、まだ日本に知られていない海外の優れた靴を紹介するセレクトショップ」をコンセプトにスタート。以来、アメリカ、ヨーロッパなど世界各国の優れた靴をいち早く取り入れ、“レザーシューズを履く文化を日本に定着させる 提案型セレクトショップ”として愛され続けてきました。

「時代と共に進化する革製品をご紹介するとともに、ライフスタイルやフィティング、購入後のリペア、メンテナンスまでお客様のご要望に寄り添った提案をさせていただくこと。それが“提案型セレクトショップ”と位置付ける所以です」

そう話してくださったのは、Trading Post青山店の村井久哲さん。

良い靴とは単に値段に比例するのではなく、その価値を理解し、愛着が持てることだと村井さんは言葉を続けます。

「例えば、トレンドを重視したデザインは長く履くことは難しいですよね。昔から愛され続けているクラシカルなデザインは、10年経っても飽きることはなく、価値が増します。飽きがこないということは、それだけ愛着を持てるということ。そして、10年履き続けることができるという靴は、自ずとして良質な素材、丁寧な仕上がりになるというわけです」

長く履ける靴は、アッパーだけではなく、中底やソールなど、見えないところにまで丁寧な仕上がりが施されているといいます。ケミカルな素材ではなく、天然素材を使用することで5年、10年と長い時間を共に過ごすことができるー。結果、やや値が張っても、ランニングコストを考えれば決して高い買い物ではないと言えますね。

良い靴と長く付き合うために メンテナンスの必要性

とはいえ、いくら良質な素材の靴でも革は生き物。普段からのメンテナンスがなければ長く履き続けることはできません。正しいレザーシューズのお手入れ方法を村井さんに教えていただきました。

「まず、靴も洋服と同じと考えることがポイントです。ジャケットを脱ぐ時、ハンガーにかけてクローゼットにしまうように、靴もシューキーパーを入れて保管することをおすすめします。砂埃で汚れているときは柔らかいブラシや布でさっと落とすことも忘れずに。また、足は想像以上に汗をかき、革はそれを吸収しています。そのため、1日履いたら2〜3日は休ませてあげてくださいね」

仕事で常にレザーシューズを履くという人はローテーションを考え、5〜7足、プラス、雨の日用を揃えるのが理想なのだとか。1日履いたら休ませる習慣を繰り返すことで、10年後も履き続けられるとうわけですね。

「天然素材である革は人間の肌と同じように繊細です。肌に保湿クリームで潤いを与えるように、靴もクリームで保湿をする必要があります。頻度は最低でも月に1度を目安にされると良いでしょう」

ステップアップを楽しむ、靴との付き合い方

こうして大切に靴を扱い、身につけることで、靴も育ち、自分自身も成長すると村井さん。

「靴とは不思議なもので、良い靴と出会うことでそれに見合う自分になろうと人は成長します。そして、靴もまた、成長するその人に合わせて育っていきます。お客様のなかには、会社の先輩に教えてもらってご来店いただく方も多く、ステップアップを楽しみながら選ばれているようです」

長く履くことできる靴の価格の最低ラインは3万円を目安にすると良いと教えてくださった村井さん。そこから徐々にステップアップをして、自分にとっての最高の一足に出会うのも、靴選びの醍醐味なのかもしれません。

「世界各地の良質なレザーシューズを展開するなかで集積されたノウハウを最大限に生かしオリジナルシューズの開発も行なっています。国産のレザーシューズには、日本人の気質ならではの丁寧なものづくりの真髄が宿っています。国内外問わず、レザーシューズや、それにまつわる文化をお伝えすることで、「本当に良い靴」を見つけることができるセレクトショップを目指していきます」

5年、10年、さらにその先の未来。あなたの人生に寄り添う一足がきっと見つかるTrading Post。「進化するクラシック」と共に、自身の成長を実感できることでしょう。

DATE

Trading Post 青山店
住所:東京都渋谷区神宮前3-1-30 HSビル1F
電話:.03-5474-8725
営業時間:11:00~20:00
定休日:不定休

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

伝統のシューズメーカー コールハンってどんなメーカー?

アメリカ発祥のブランド、コールハンは靴だけではなくさまざまなファッションアイテムを取り扱います。ぜひこの記事…

shoes_helper / 1542 view

スーツにもデニムにも!モンクストラップは着こなしの幅の広さが自慢

モンクストラップは着こなしの幅が広い靴です。デニムに合わせるなら真っ先に考えたいもの。この記事ではモンクスト…

shoes_helper / 4773 view

ワコール サクセスウォークのパンプスで、足元からキレイを目指しませんか?

一見優雅に見える女子の足だけど、ヒールのある靴をずっと履いていると足にかなりの負担がかかるんです。足元からキ…

papilio / 2082 view

コーディネートや履く靴が異なる!日本と海外のファッションの違いをチェックする

日本人は男女問わずオシャレや流行に敏感な方が多い傾向がありますが、海外ではどのようになっているのでしょうか?…

hamunida / 2123 view

30代から履きたい憧れの大人レディースブランド7選

大人の靴に憧れ続けた10代。ようやく手が届くようになった20代。そして30代が目指すのはどんな靴なのでしょう…

mashroomcat / 3760 view

靴作りの工程が250も! 英国の良心と呼ばれたブランド CHURCH’S(チャーチ)

チャーチはイギリスの最高級靴ブランドの一つです。その靴作りは250の工程からなり、機能・デザインともに秀逸な…

shoes_helper / 2544 view

英国の老舗シューメーカー「JOSEPH CHEANEY」のストックオーダーサービスが…

「英国のストーリーあるライフスタイル」をお届けしている、BRITISH MADE(ブリティッシュメイド)にて…

kirakira / 542 view

靴好きの間で革靴のトップと称される「GRENSON(グレンソン)」の魅力を知る

佇まいはあくまでベーシックな種類。自らを目立たせるのではなく、スーツを品よく、かつ効果的に引き立ててくれる名…

mashroomcat / 11795 view

カンペールのパンプスは洗練されてエレガントなので毎日履きたくなる上品靴

カンペールのパンプスは、デザインが洗練されていてお洒落です。 機能性も高く、痛くならないパンプスとして人気が…

nyaon / 1980 view

ペニーローファーの元祖といえばこのブランド!ジーエイチバスの特徴に迫る。

あのマイケルジャクソンが愛したブランドとして知られている、ジーエイチバスはペニーローファーの元祖としても知ら…

pointow / 1960 view

靴で知っておきたい基礎知識!靴は大きく分けて3つに分類される

毎日履いているのに、実はよく知らない靴のこと。実はあまり知られてない分類方法があるのです。この分類を知ってお…

cocotan / 3072 view

高レベルの製法なのにレザーの張替えが簡単!グッドイヤーウェルト製法のジェニット(GE…

今ではメジャーになっているグッドイヤーウェルト製法ですが、特にジェニットの製品でその良さを実感できます。そん…

pointow / 3192 view

エルメスが資本を注入するほどの魅力を持つ、ジョンロブというブランド。

誰もが憧れるエルメスが資本を注入していることで知られているのが、ジョンロブというブランドです。そのジョンロブ…

pointow / 2192 view

足元でライバルに差をつける!就活にオススメのメンズ革靴ブランドはこれ

おしゃれで人気の高いレザー系のシューズの中でも、就職活動で主に使えるオススメのブランドについて紹介しています…

pointow / 1356 view

一番大事なのはフォーマルさと清潔感!就活で選ばれる男性の靴とは?

就職活動でスーツと同じくらいこだわって厳選したいのが靴!デザインもさることながら、履き心地も重要視して選びた…

kirakira / 2948 view

関連するキーワード