レザーシューズを履く文化を日本に定着させる 提案型セレクトショップ「Trading Post」のこだわり

今回ご紹介するのは、靴にこだわりを持つ人々に絶大な信頼を得ているセレクトショップ「Trading Post(トレーディングポスト)です。1984年、まだ日本に知られていない海外の優れた靴を紹介するセレクトショップ」をコンセプトにスタート。以来、アメリカ、ヨーロッパなど世界各国の優れた靴をいち早く取り入れ、“レザーシューズを履く文化を日本に定着させる 提案型セレクトショップ”として愛され続けてきました。

「時代と共に進化する革製品をご紹介するとともに、ライフスタイルやフィティング、購入後のリペア、メンテナンスまでお客様のご要望に寄り添った提案をさせていただくこと。それが“提案型セレクトショップ”と位置付ける所以です」

そう話してくださったのは、Trading Post青山店の村井久哲さん。

「時代と共に進化する革製品をご紹介するとともに、ライフスタイルやフィティング、購入後のリペア、メンテナンスまでお客様のご要望に寄り添った提案をさせていただくこと。それが“提案型セレクトショップ”と位置付ける所以です」

そう話してくださったのは、Trading Post青山店の村井久哲さん。

良い靴とは単に値段に比例するのではなく、その価値を理解し、愛着が持てることだと村井さんは言葉を続けます。

「例えば、トレンドを重視したデザインは長く履くことは難しいですよね。昔から愛され続けているクラシカルなデザインは、10年経っても飽きることはなく、価値が増します。飽きがこないということは、それだけ愛着を持てるということ。そして、10年履き続けることができるという靴は、自ずとして良質な素材、丁寧な仕上がりになるというわけです」

長く履ける靴は、アッパーだけではなく、中底やソールなど、見えないところにまで丁寧な仕上がりが施されているといいます。ケミカルな素材ではなく、天然素材を使用することで5年、10年と長い時間を共に過ごすことができるー。結果、やや値が張っても、ランニングコストを考えれば決して高い買い物ではないと言えますね。

良い靴と長く付き合うために メンテナンスの必要性

とはいえ、いくら良質な素材の靴でも革は生き物。普段からのメンテナンスがなければ長く履き続けることはできません。正しいレザーシューズのお手入れ方法を村井さんに教えていただきました。

「まず、靴も洋服と同じと考えることがポイントです。ジャケットを脱ぐ時、ハンガーにかけてクローゼットにしまうように、靴もシューキーパーを入れて保管することをおすすめします。砂埃で汚れているときは柔らかいブラシや布でさっと落とすことも忘れずに。また、足は想像以上に汗をかき、革はそれを吸収しています。そのため、1日履いたら2〜3日は休ませてあげてくださいね」

仕事で常にレザーシューズを履くという人はローテーションを考え、5〜7足、プラス、雨の日用を揃えるのが理想なのだとか。1日履いたら休ませる習慣を繰り返すことで、10年後も履き続けられるとうわけですね。

「天然素材である革は人間の肌と同じように繊細です。肌に保湿クリームで潤いを与えるように、靴もクリームで保湿をする必要があります。頻度は最低でも月に1度を目安にされると良いでしょう」

ステップアップを楽しむ、靴との付き合い方

こうして大切に靴を扱い、身につけることで、靴も育ち、自分自身も成長すると村井さん。

「靴とは不思議なもので、良い靴と出会うことでそれに見合う自分になろうと人は成長します。そして、靴もまた、成長するその人に合わせて育っていきます。お客様のなかには、会社の先輩に教えてもらってご来店いただく方も多く、ステップアップを楽しみながら選ばれているようです」

長く履くことできる靴の価格の最低ラインは3万円を目安にすると良いと教えてくださった村井さん。そこから徐々にステップアップをして、自分にとっての最高の一足に出会うのも、靴選びの醍醐味なのかもしれません。

「世界各地の良質なレザーシューズを展開するなかで集積されたノウハウを最大限に生かしオリジナルシューズの開発も行なっています。国産のレザーシューズには、日本人の気質ならではの丁寧なものづくりの真髄が宿っています。国内外問わず、レザーシューズや、それにまつわる文化をお伝えすることで、「本当に良い靴」を見つけることができるセレクトショップを目指していきます」

5年、10年、さらにその先の未来。あなたの人生に寄り添う一足がきっと見つかるTrading Post。「進化するクラシック」と共に、自身の成長を実感できることでしょう。

DATE

Trading Post 青山店
住所:東京都渋谷区神宮前3-1-30 HSビル1F
電話:.03-5474-8725
営業時間:11:00~20:00
定休日:不定休

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

シンプルだから差がつく!プレーントゥを買う時におさえておきたい定番ブランド

今回はビジネスでもカジュアルでもマッチするバランス感ある種類のビジネスシューズ「プレーントゥ」のオススメブラ…

kutsukutsu / 863 view

こだわり派も納得!オトコをあげるオロビアンコのメンズシューズ

近年若いビジネスマンを中心に国内で人気上昇中の、イタリア発のブランドオロビアンコ。イタリア国旗のリボンが目印…

papilio / 775 view

セレブに大人気!ジニー・キムの靴が最先端ハリウッドスタイルと呼ばれる理由は

最近は韓国のファッションブランドが台頭してきています。その中でも勢いのあるジニーキムのシューズの特徴について…

tadacy / 2519 view

海外の人はヒールを滅多に履かない!?靴ファッションの日本と海外の違いとは

靴のサイズ表記は日本と海外では違う…!? 海外の人はヒールを滅多に履かない…!? 意外と知らなかった!靴のフ…

little flower / 4774 view

男の色気たっぷり♡ジュゼッペ ザノッティオムの個性的なメンズシューズ10選

女性に人気のGIUSEPPE ZANOTTI DESIGN(ジュゼッペ ザノッティ)。メンズラインのGius…

kirakira / 3484 view

足元に翼を!ジャケットスタイルに合わせてかっこいい種類の靴!ウィングチップ

今回はよりカジュアルな場面で活躍する種類の靴「ウィングチップ」について紹介します。

kutsukutsu / 725 view

テニスをしている時に履ける靴の種類は決められているの?

テニスのグランドスラム大会、選手の服装はますますオシャレになるばかりですが、この公式戦、服装に厳しいルールが…

mashroomcat / 1676 view

レディースのビジネスシューズは何を履けばいい?お仕事中もキレイ魅せ♡

女性はお仕事の時、どんなシューズを履いていますか?できるなら、仕事中でも足元はキレイに魅せたいですよね。今回…

mayuripon / 2295 view

完成まで8週間の時間をかけるグレンソン。高級感あふれるビジネスシューズの決定版

職人気質でハンドクラフトな靴を展開する“グレンソン”のおすすめビジネスシューズを3選ピックアップ!

little flower / 1394 view

洗濯機で洗える革靴がある!?汚れを気にせず履けるビジネスシューズ特集

ビジネスシューズの手入れというとなかなか面倒くさいイメージが大きいですよね。ブラッシングしてクリーナーを使っ…

kojihei / 3554 view

クラシックでオトナな雰囲気。定番から変わり種までクラークスの魅力とは

アメリカ発のシューブランド、クラークスについてご紹介していきます。 クラシックな雰囲気は、オトナの色気タップ…

tjgatjga / 2109 view

ウィングチップの派手さに注意!ビジネスシューズを履きこなす為の大人の流儀

デザインの素敵さで思わず柄の意味を知らなくても買ったことがあると言う方が多いかもしれません。ビジネスシューズ…

mashroomcat / 1720 view

靴で知っておきたい基礎知識!靴は大きく分けて3つに分類される

毎日履いているのに、実はよく知らない靴のこと。実はあまり知られてない分類方法があるのです。この分類を知ってお…

cocotan / 2532 view

「明治の工業の父」西村勝三。日本で初めて西洋靴を作った男は東京駅の赤煉瓦も作っていた…

皆さんは1870年日本初の西洋式の靴工場が出来たことをご存知ですか?今自分たちが自由に靴が履けるようになった…

mashroomcat / 3087 view

良い靴を前にすると、人は笑顔になれる 靴と共に人生の喜びを 銀座ワシントン

日本随一の目抜き通り「銀座」。その街に銀座ワシントンが誕生したのは今から約80年前のこと。銀座とともに歴史を…

シューズボックス編集部 / 606 view

関連するキーワード