シューフィッターってどんな仕事?

photo by writer

photo by writer

シューフィッターって聞いたことはあるけれど具体的にはどんな仕事?どこに行けば会えるの?そんな疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。そこで今回、創業85年を迎える「銀座ワシントン本店」のシューフィッター山本等さんに、シューフィッターについて詳しくお話をうかがいました!

「シューフィッターとは、「足と靴と健康協議会(FHA)」が養成・認定している「足に靴を正しく合わせる」技術者の名称です。仕事内容はお客様の足にフィットした靴を選ぶことが基本となります」

山本さんをはじめ、現在75名のシューフィッターが活躍する銀座ワシントン。全店舗に有資格者が常駐しており、フィティングのほか、さまざまな足の悩みの相談に応えています。

「靴は履く人の全体重を支えて歩くための道具であり、極めてシビアな要件を満たしていなければならない商品です。しかも、それに合った足の人に履かれてはじめて完成するアイテムでもあります。私たちシューフィッターの仕事は靴に携わるすべての工程の「仕上げ」とも言えるのではないでしょうか」

photo by writer

photo by writer

デザインが気に入っているのに、履いているうちに痛みが出たり、違和感を感じたりでその靴を諦めてしまった経験、誰でも一度はありますよね。それはもしかすると、シューフィッターによる最後の「仕上げ」がなされていなかったことが原因の一つかもしれません。

合う靴がないと諦める前に!シューフィッターさんに相談しよう

photo by writer

photo by writer

右はぴったりなのに、左はなんだか窮屈に感じる。どうしてもこのデザインの靴が欲しいのに小指が当たる……。既成靴に悩みはつきものといっても過言ではありません。こんなものかと諦めるその前に、ぜひシューフィッターに相談をして欲しいと山本さんはお話くださいました。

「シューフィッターは足の長さや甲の高さなどを測定させていただき、何が痛みや違和感の原因になっているかを探ります。そして、器具を使って調整をしていきます」

人間の体は左右非対称であり、利き足がどちらかによっても足のサイズや形は変わってきます。そのため、オーダメイドの靴以外、既成の靴でトラブルがない靴を見つけるのは難しいとのこと。シューフィッターは、そんな既成の靴を、その人の足に合う靴の仕上げる職人とも言えます。

「靴の調整だけではなく、足だこや魚の目、外反母趾など足に関わるお悩みにも可能な限り対応させていただいております。靴選びの際はぜひ、お気軽にシューフィッターに声をかけてくださいね」

確かに、シューフィッターという言葉は知っていても、靴を購入する際、シューフィッターさんを探して状態を診てもらうという人は少ないかもしれません。また、なかには自分の足の正しいサイズがわかっていないという人も……。

「接客に当たったスタッフがシューフィッターの資格を持っている場合ももちろんありますが、少しでも足のお悩みがある場合や、選ばれた靴が合わないと感じた場合、シューフィッターにご相談ください。足長、足幅などを簡易計測する「フットゲージ」で測定し、左右の足の形を確認させていただくことでフィットした靴をご提案させていただきます。測ってみると自分が思っていたサイズと実は違っていたということもあります。また、履いているうちに合わなくなって来た場合も再度調整させていただくことも可能です」

靴を選ぶときはシューフィッターの相談を!覚えておきましょう。

自分の足に合った靴で歩く喜びを

photo by writer

photo by writer

靴がなければどこにも行くことができないわたしたち。体の一部といっても過言ではない靴なのに、外出する際、デザインを選ぶか、履きやすさを選ぶかで靴を選んではいませんか?それってよく考えるとちょっと悲しいこと。せっかくおしゃれをしたのに、デザイン重視で選んだことで足が痛くなったり、靴擦れを起こして絆創膏のお世話になるなんて、テンションが下がってしまいますよね。かといって履きやすさだけで選んだ結果、服のコーディネートにそぐわないともなると、その日の気分が台無しに……。体の一部である靴は、もっとこだわるべきアイテムであって良いはず!

「足の悩みにとことんお付き合いをするー。それが銀座ワシントン・シューフィッターの共通の思いです。お選びいただいた靴が足に合わない場合、調整をさせていただくことはもちろんですが、同じサイズでもメーカーによって多少変わることがあります。その場合はお客様のお好みのデザインをお聞きした上でおすすめさせていただくことも。体の一部である靴を最初から妥協するのではなく、可能な限り足にフィットした靴をお選びいただきたい。わたしたちはシューフィッターの専門知識を持って、お手伝いさせていただきます」

お気に入りの一足が見つかったら、シューフィッターさんにぜひ相談を。その靴は、きっとあなたの足を支える、大切な宝物になってくれることでしょう。

DATE

銀座ワシントン銀座本店 / ギンザワシントギンザホンテン
住所:東京都中央区銀座5-7-7 B1F
電話: 03-3572-5911(代表)
営業時間:11:00-20:30

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

新品だからこそ重要!新品の革靴のお手入れ法を紹介

新品の革靴って何処か新鮮でついつい履きたくなってしまいますよね。頑丈なこともあり、履き続けることで味が出るわ…

tadacy / 1421 view

馬尻革の靴のお手入れには、靴クリームやシューポリッシュの使用がオススメ

馬尻革の靴のお手入れ用品には靴クリームやシューポリッシュを上手に取り入れて、履くほどに美しい靴を手に入れまし…

polskamii / 1103 view

靴の臭い対策できてますか?ジメジメの日に特に注意したい臭い対策

靴の臭いって結構気になりますよね。長時間履いていて蒸れたときや梅雨時のジメジメした時期などは特に注意したいと…

cocotan / 1119 view

スエード靴のお手入れにはこの3アイテムが必須!まずはこれを揃えよう!

スエードの革の靴の毎日のお手入れに欠かせないのが、スエード用ブラシ、スエード専用の栄養スプレー、防水スプレー…

nyaon / 1129 view

男性用革靴にカビが生えてしまった時の自分でできる対処法

使い込むほど味が出る素敵なフットウェアの革靴ですが、こまめなケアをしないとすぐにカビが生えてしまいます・・・…

sunsun / 2691 view

チューブ入りと瓶入りで役割が違う?乳化性靴クリーナーの正しい使い方

乳化性靴クリーナーは革靴のお手入れにとっても重要なアイテムです。このクリーナーを使いこなせれば、革靴を綺麗に…

shoesest / 1757 view

エナメル革をいつもピカピカに!キレイを保つ“お手入れ用品”!

光沢感が特徴的なエナメル革。いつもキレイな状態にしておくには、お手入れの仕方が重要になります。今回はエナメル…

mayuripon / 1456 view

靴底のメンテナンスに最適な大ブラシのオススメはどれ?

意外と見落としがちなのが、靴底のメンテナンスです。そんな靴底のメンテナンス用品として最適な大ブラシについて紹…

pointow / 2945 view

長~く履きたい!ロングブーツのお手入れ方法

これからのシーズンは、コーデ全体をまとめてくれるロングブーツが大活躍します。素材にあわせたお手入れが必要にな…

papilio / 2914 view

毎日5分のお手入れで変わる!ビジネスマンの黒い革靴メンテナンス方法とは

ビジネスマン毎日履く黒の革靴は、綺麗な状態を保ちたいですよね。 忙しいから毎日する時間が無いという方でも、簡…

nyaon / 964 view

ごく浅い傷ならこれでOK!靴クリームを使った革靴のかんたんお手入れ術

革靴の場合、小さな傷であっても目立つため、気になってしかたありませんよね。しかし、ごく浅い傷であれば靴クリー…

shibaken17 / 1483 view

この一手間で長く愛用できる!革靴(男性用)の保存方法

ビジネスシーンなどで欠かせない革靴ですが、他の素材と違って放置するとすぐにダメージを受けてしまいます。今回は…

sunsun / 1122 view

大切な革靴を長持ちさせるために!ミンクオイルの上手な使い方

せっかく買った革靴ですからいつまでも綺麗に保ちたいもの。そこで革靴の定番お手入れ用品である「ミンクオイル」の…

shibaken17 / 4523 view

革靴は湿気に弱い?湿気からシューズを守り長持ちさせる方法とは?

日本は、湿気が多い国だからこそ靴のメンテナンスはマメに行う必要があるもの。実は、家の中で靴を脱ぐことにより靴…

Ringo / 3624 view

泥や砂でジャリジャリ。覚えておきたい子どもの靴の洗い方

どうしてこんなに汚してくるんだろうと思ってしまう子どもの靴。はきつぶして捨てていませんか?きちんと洗って大事…

kirakira / 3079 view

関連するキーワード