こんにちは、ライターのあおい陽です。2013年2月生まれの娘をもつ、シングルマザーでもあります。みなさんには、子育てと引き換えに諦めたものはありますか。わたしが大切なひとり娘と引き換えに諦めたもの―それは、ハイヒールのパンプスでした。

大好きだったハイヒールを封印した日。

それに気づいたのは、2012年5月のこと。まだ妊娠がわかる時期でもないのに、なんとなく予感はありました。どうしても待ちきれず、正確に判定ができない時期に使った検査薬は「陰性」。なのに、どうしても妊娠への期待がぬぐえず、何度も何度も、繰り返し検査薬を使っていました。

「もしかしたら、妊娠かもしれない」

陽性を示すラインに赤い線が入ったのは、最初に検査薬を使ってから一週間以上が経過した日のこと。産婦人科で、まだ赤ちゃんの姿さえ見えないほど小さな袋が見えました。この子を、守らなければ―。その日わたしは、それまで毎日履いていたハイヒールのパンプスを封印したのでした。

履き慣れないフラットシューズは、足の裏が痛かった。

妊娠をするまで、何年もハイヒールばかりを履いてきたわたしの足。靴ずれだってなんのその、ハイヒールのパンプスで歩き回り、ヒールの底が擦り切れるまで、ハイヒールを履きつぶすのが常でした。そんななか、妊娠を機に購入したフラットシューズ。履き慣れないフラットシューズは、ただただ「足の裏が痛かった」という記憶しかありません。ハイヒールに慣れすぎているわたしの足は、フラットシューズを履いたときにうまく体重を分散できなかったのでしょう。指の付け根がヒリヒリと痛み、ハイヒールで起こしやすいかかとの靴ずれとはまた違う悩みを抱えたのでした。

もうどれぐらい、靴を買っていないんだろう。

2013年2月、無事に娘を出産しました。重症妊娠悪阻(おそ)にはじまり、切迫早産、癒着胎盤…とトラブルばかりに見舞われた妊娠中。出産後も、娘の検査入院ではじまり、付き添いのため布団で眠ることができない日々。とても穏やかとは言えない産後生活がスタートしました。やっとの思いで迎えた生後1ヵ月のお宮参り。お宮参りの直前まで入院生活を送っていたため、素敵な着物を選ぶ時間の余裕はありません。妊婦のときにきていたぶかぶかのブラウスと、体の大柄な母に借りたサイズの合わないパンプスでお参りに行かなければなりませんでした。

待ちに待ったはずの娘との生活は、思うようにいかないことばかりです。赤ちゃんは、ミルクとおむつの時間以外は、ほとんど眠って過ごすものだとばかり思っていた当時のわたし。けれど実際は、ちっとも眠らない娘を前に、睡魔に抗いながらやり過ごすだけの毎日です。娘を連れて近所を歩くのがやっとで、自分の服装を気にする余裕などまったくありませんでした。

そんなある日、すっかり底が擦り切れてかかとが外れてしまったパンプスと目が合いました。妊娠中から履き続けている、あのフラットシューズです。もうどれぐらい、靴を買っていないんだろう。けれど、自分の靴を買うには、試し履きをしなければいけない。試し履きをするには、店に行かなければいけない。店に行くには、電車に乗らなければいけない。よそいきの服を着て、娘がぐずってしまわないよう、たくさんの準備をしなければいけない…。とにかくもう、外へ出るのが億劫でなりませんでした。そんな時間があるのなら、眠ってしまいたかった。

気がつくと、ハイヒールのパンプスを封印してから、二年が経っていました。

産後のシューズは、履きやすさと歩きやすさでしか選べなかった。

先日、Twitterで親しくしてくれているママさんたちに向けて、こんなアンケートをとってみました。

333名の方にご回答いただいたアンケートを見てみると(ご協力ありがとうございます!)、7割の人がフラットシューズ派であるのに対し、普段からハイヒールを履く習慣がある人はわずか3パーセントほどしかいないことがわかります。

子育てをはじめると、子どものことばかりに目がいきがちで、自分のことは二の次、三の次。服を買いにいっても、つい子ども服ばかりに目がいってしまう…なんて経験、もしかすると誰もがあるものかもしれません。靴を選ぶときだってそう。子どもと過ごす時間ありきで考えますから、選ぶ靴は子どもを抱っこしながらでも履けて、歩きやすいのが条件です。それってきっと、当たり前のことなのかもしれませんが。

「母親らしさ」と「自分らしさ」のあいだで苦しむ日々

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

この冬も必見!ガウチョパンツ×ブーツの合わせ方をご紹介

ファッションの世界には特定の組み合わせでよりおしゃれに見せることができます。今シーズンのトレンドとして、ガウ…

redwall / 1123 view

山ガール必見!履きやすくて可愛いトレッキングシューズの選び方

山登り用のトレッキングシューズを購入する時のポイントはなにでしょうか?チェックするべきポイントは自分のレベル…

pointow / 2379 view

素足感を実感できる!イノヴェイトのシューズの特徴をご紹介

トレイルランニングのブームに伴い、多くのブランドが新規参入している印象があります。まだ一般知名度は低いものの…

kazumin / 1068 view

意外と簡単!パンプスのインソールを交換する方法をご紹介

女性らしいシューズの代名詞、パンプス。様々なシーンで活用できるシューズであり、持っていると何かと便利でヘビー…

redwall / 1752 view

靴の中から甘い香りが⁉︎スペインから来た「VICTORIA(ヴィクトリア)」は遊び心…

ヴィクトリアはスペインでは知らない人はいないというほどの人気ブランドです。そんなヴィクトリアの魅力に迫ってみ…

shibaken17 / 1931 view

イージートーンがブームの火付け役!ダイエットシューズは本当に履くだけで痩せるの?

ダイエットの方法はさまざまですが、歩くだけで痩せられたら本当に嬉しいですよね。そんな女性の強い味方「ダイエッ…

kirakira / 5266 view

春に染まる優しいカラーが魅力!ベージュパンプスコーデ

3・4・5月は春の季節。気温も暖かくなっている今日この頃は春らしい装いでお出かけしましょう。春のやさしさにぴ…

sunsun / 1678 view

日本人の魂が乗り移る!きねや足袋の魅力とはどんな点?

日本人の心を感じるシューズといえば、下駄が思いつきますよね。他にも日本らしいシューズとして、足袋があります。…

kazumin / 1493 view

圧倒的な品ぞろえと豊富な知識で靴の修理を下支えする。靴修理材の卸売店「サーパス浅野」

“あのお店に行けば、欲しいものが必ず見つかる”。リペアショップの職人さんたちからよく耳にする「サーパス浅野」…

シューズボックス編集部 / 87 view

ダイエットにおすすめの有酸素運動のウォーキング!せっかくやるなら靴選びから慎重に!

有酸素運動であるウォーキングはダイエットに何よりも効果的と言われています。そんなにダイエット効果があるのなら…

ゆか / 805 view

靴をつくり続けて60余年。失われた製靴技術を知る靴職人。

日本の靴づくりにおいて、80年代は靴の製造が機械化、量産化が進んだ時代。その潮流には乗らず、一足、一足、職人…

シューズボックス編集部 / 166 view

日本人と外国人、足の形がこんなに違う!あなたはエジプト型、ギリシャ型、ポリネシア型の…

足の形は日本人と欧米人で大きく異なります。足の形は大きく3つに分けて、エジプト型、ギリシャ型、ポリネシア型が…

cocotan / 14266 view

靴を大事にする為に気をつけるべきポイント5点を紹介!

シューズって意外と軽視されがちなアイテムですが、目につきやすいアイテムでもあります。靴が汚いと、その人自体が…

albirexxx / 2837 view

華やかなイテムを続々誕生させる!スポルティバが人気の秘密とは?

山ガールブームもすっかり定着していますが、その中でも続々とおしゃれなアウトドアアイテムが増えています。また、…

kazumin / 852 view

最高級のシープスキン使用で暖かい!冬には欠かせないアグオーストラリアの魅力って?

今回はアグオーストラリアについて紹介します。海外セレブにも人気。日本でも冬定番であるのブーツの魅力は一体どの…

shibaken17 / 1369 view

関連するキーワード