こんにちは、ライターのあおい陽です。2013年2月生まれの娘をもつ、シングルマザーでもあります。みなさんには、子育てと引き換えに諦めたものはありますか。わたしが大切なひとり娘と引き換えに諦めたもの―それは、ハイヒールのパンプスでした。

大好きだったハイヒールを封印した日。

それに気づいたのは、2012年5月のこと。まだ妊娠がわかる時期でもないのに、なんとなく予感はありました。どうしても待ちきれず、正確に判定ができない時期に使った検査薬は「陰性」。なのに、どうしても妊娠への期待がぬぐえず、何度も何度も、繰り返し検査薬を使っていました。

「もしかしたら、妊娠かもしれない」

陽性を示すラインに赤い線が入ったのは、最初に検査薬を使ってから一週間以上が経過した日のこと。産婦人科で、まだ赤ちゃんの姿さえ見えないほど小さな袋が見えました。この子を、守らなければ―。その日わたしは、それまで毎日履いていたハイヒールのパンプスを封印したのでした。

履き慣れないフラットシューズは、足の裏が痛かった。

妊娠をするまで、何年もハイヒールばかりを履いてきたわたしの足。靴ずれだってなんのその、ハイヒールのパンプスで歩き回り、ヒールの底が擦り切れるまで、ハイヒールを履きつぶすのが常でした。そんななか、妊娠を機に購入したフラットシューズ。履き慣れないフラットシューズは、ただただ「足の裏が痛かった」という記憶しかありません。ハイヒールに慣れすぎているわたしの足は、フラットシューズを履いたときにうまく体重を分散できなかったのでしょう。指の付け根がヒリヒリと痛み、ハイヒールで起こしやすいかかとの靴ずれとはまた違う悩みを抱えたのでした。

もうどれぐらい、靴を買っていないんだろう。

2013年2月、無事に娘を出産しました。重症妊娠悪阻(おそ)にはじまり、切迫早産、癒着胎盤…とトラブルばかりに見舞われた妊娠中。出産後も、娘の検査入院ではじまり、付き添いのため布団で眠ることができない日々。とても穏やかとは言えない産後生活がスタートしました。やっとの思いで迎えた生後1ヵ月のお宮参り。お宮参りの直前まで入院生活を送っていたため、素敵な着物を選ぶ時間の余裕はありません。妊婦のときにきていたぶかぶかのブラウスと、体の大柄な母に借りたサイズの合わないパンプスでお参りに行かなければなりませんでした。

待ちに待ったはずの娘との生活は、思うようにいかないことばかりです。赤ちゃんは、ミルクとおむつの時間以外は、ほとんど眠って過ごすものだとばかり思っていた当時のわたし。けれど実際は、ちっとも眠らない娘を前に、睡魔に抗いながらやり過ごすだけの毎日です。娘を連れて近所を歩くのがやっとで、自分の服装を気にする余裕などまったくありませんでした。

そんなある日、すっかり底が擦り切れてかかとが外れてしまったパンプスと目が合いました。妊娠中から履き続けている、あのフラットシューズです。もうどれぐらい、靴を買っていないんだろう。けれど、自分の靴を買うには、試し履きをしなければいけない。試し履きをするには、店に行かなければいけない。店に行くには、電車に乗らなければいけない。よそいきの服を着て、娘がぐずってしまわないよう、たくさんの準備をしなければいけない…。とにかくもう、外へ出るのが億劫でなりませんでした。そんな時間があるのなら、眠ってしまいたかった。

気がつくと、ハイヒールのパンプスを封印してから、二年が経っていました。

産後のシューズは、履きやすさと歩きやすさでしか選べなかった。

先日、Twitterで親しくしてくれているママさんたちに向けて、こんなアンケートをとってみました。

333名の方にご回答いただいたアンケートを見てみると(ご協力ありがとうございます!)、7割の人がフラットシューズ派であるのに対し、普段からハイヒールを履く習慣がある人はわずか3パーセントほどしかいないことがわかります。

子育てをはじめると、子どものことばかりに目がいきがちで、自分のことは二の次、三の次。服を買いにいっても、つい子ども服ばかりに目がいってしまう…なんて経験、もしかすると誰もがあるものかもしれません。靴を選ぶときだってそう。子どもと過ごす時間ありきで考えますから、選ぶ靴は子どもを抱っこしながらでも履けて、歩きやすいのが条件です。それってきっと、当たり前のことなのかもしれませんが。

「母親らしさ」と「自分らしさ」のあいだで苦しむ日々

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

突然の豪雨に慌てない!靴の上から履くレインシューズがあった

レインシューズというと、靴単体をイメージしがちですが、実はその歴史を紐解くと普通のシューズの上から履くタイプ…

redwall / 3389 view

新品の靴で水ぶくれができた!外出先でもできる靴擦れの応急処置

新しい靴を履いてでかける時に、しばしば起きてしまうのが靴擦れ。新しい靴のワクワクもどこへやら痛い足をひきずっ…

pointow / 1643 view

圧倒的な品ぞろえと豊富な知識で靴の修理を下支えする。靴修理材の卸売店「サーパス浅野」

“あのお店に行けば、欲しいものが必ず見つかる”。リペアショップの職人さんたちからよく耳にする「サーパス浅野」…

シューズボックス編集部 / 664 view

梅雨時期には必須!靴箱の消臭グッズはどんなものがあるの?

梅雨時期は何かとジメジメして、不快な感じがしますよね。雨だけでなく、室内でもカビの生えやすい季節なので、衛生…

kazumin / 1835 view

靴下をプラスするだけでトレンド感♪パンプス×靴下コーデ

スニーカーやパンプスなどのアイテムに靴下を合わせるコーディネートはもはやトレンドに欠かせません。靴下をプラス…

sunsun / 1127 view

念のためバッグの中に常備したい!靴擦れ防止グッズを紹介します。

発生すると歩くのもままならない靴擦れに対して、未然に靴擦れ発生を予防できる携帯グッズを紹介しています。

pointow / 997 view

日本人と外国人、足の形がこんなに違う!あなたはエジプト型、ギリシャ型、ポリネシア型の…

足の形は日本人と欧米人で大きく異なります。足の形は大きく3つに分けて、エジプト型、ギリシャ型、ポリネシア型が…

cocotan / 16317 view

見られてます!靴をフィッティングする時のマナーと注意点について

靴というアイテムはフィッティングが大事になってきます。なぜなら合わない靴を履くことで足を痛める場合があるから…

sunsun / 2045 view

デオドラントスプレーはNG?夏の子どもの足の臭いをしっかりガードする方法

かわいい子どもの足が臭う、悲しいけれど現実です。その臭いは雑菌が原因です。臭いの原因、足の洗い方などケア方法…

みっちー / 2655 view

クリエイター同士が切磋琢磨する製靴工房「シェアファクトリー・アサクサ」

「靴の生産地、浅草に物作りを残し、次の世代にもつなげていきたい」。創業70余年の歴史を持つ「武田製靴」が新た…

シューズボックス編集部 / 506 view

機能性もおしゃれもいいとこ取り!靴の中にしのばせたいかわいいインソールブランド3選♡

かわいくておしゃれなインソールが沢山売られています。中でもおしゃれな3つのブランド「SOKO」「Danke」…

kirakira / 2365 view

春に染まる優しいカラーが魅力!ベージュパンプスコーデ

3・4・5月は春の季節。気温も暖かくなっている今日この頃は春らしい装いでお出かけしましょう。春のやさしさにぴ…

sunsun / 1931 view

かかとは脱げるのが当たり前?そんな「幅狭甲低」の足にぴったりな靴ブランドは?

「かかとが脱げる」「靴の中で足がすべる」などのお悩みありませんか?それはあなたの足が「幅狭甲低」だからかもし…

kirakira / 105902 view

機能性いろいろな安全靴!ワークマンだけではなく、あの人気ブランドアディダスも販売中!

数多くの有名ブランドが参入している安全靴の中で、機能性から見た時に選ぶポイントについて紹介しています。実はあ…

pointow / 5688 view

海外メーカーはサイズにこだわってない?靴を選ぶときのサイズについての考え方について

靴のサイズが同じでも、提供するメーカーによってサイズ感が違うことはありませんか?その理由は海外メーカーは特に…

hamunida / 1322 view

関連するキーワード