赤ちゃんがつかまり立ちをはじめたら、そろそろファーストシューズを選びはじめたい時期。とはいえ、赤ちゃんの足は大人が予想しているよりもはるかに速いスピードで大きくなりますから、購入時期を間違えると「履くことがないままサイズアウトしちゃった…」なんて事態が起こってしまうことも。ちなみに我が家では、娘の1歳の誕生日の記念にファーストシューズを贈りましたが、これが大失敗。つかまり立ちからはじめの一歩を踏み出すまでとても時間がかかり、歩きはじめたのは1歳3ヵ月の終わりごろ。たった3ヵ月のあいだにサイズアウトしてしまい、外で履くことがないまま押し入れの肥やしになってしまったのでした。この反省を生かしつつ、ベストなファーストシューズの選び方と買い替えタイミングについてレクチャーします。

いつ買う?ファーストシューズ導入のタイミングは?

ファーストシューズを購入するタイミングは、つかまり立ちの時期をすぎて、ひとりで数歩よちよちと歩けるようになってから。つかまり立ちをはじめてすぐに購入してもいいのですが、外歩きデビューをすることがないままサイズアウトしてしまうリスクがありますので、しっかりと踏み出せるようになってから買うのがベター。

ただし、赤ちゃんがシューズを嫌がってしまわないよう慣れさせるのが目的なら、早い時期から履かせる練習をするのもいいですね。歩きだすのが早い子だと8ヵ月頃からファーストシューズデビューがはじまりますが、周りのスピードに合わせる必要はありません。子どもの発達の様子を観察しながら、しっかりと踏み出すのを確認してから検討しはじめましょう。

赤ちゃんのシューズ選びのコツ

小さな子どものシューズはどれもかわいくて、いったいどんなものを選べばいいのか迷ってしまいますね。とはいえ、デザイン性が高くてかわいいものを…という理由で赤ちゃんのシューズを選んでしまうのは避けたいところ。赤ちゃんの足は、まだ骨や土踏まずが発達しきっていません。軟骨や骨のあいだにすき間も多く、年齢があがっていくにつれてしっかりと形成されていくのです。だからこそ、乳幼児期のシューズはしっかりとサポートしてくれるものを選ぶのが正解です。赤ちゃんに履かせたいシューズの条件にはいったいどんなものがあるのでしょうか。

1. 足首までしっかりサポートしてくれるハイカット

歩きやすいベビーシューズの条件は、まず「ハイカットタイプ」であること。これは、まだ柔らかい赤ちゃんの骨を保護し、内側に倒れてしまいがちな赤ちゃんのくるぶしを、まっすぐと支えてあげるという役割があります。また、ハイカットタイプであっても、かかとの部分の支えが弱いものはNG。しっかりと芯がとおり、かかとをすっぽりとサポートしてくれるシューズがおすすめです。個人差はありますが、足の骨がしっかりとしてくるのは3歳を過ぎてから。外を駆けたり、階段を上り下りするようになったり、活発に動くようになったら、関節の動きを妨げないローカットスニーカーに切り替えていきましょう。

2. よく曲がりクッション性のある靴底

赤ちゃんのシューズを選ぶなら、シューズを実際に手に取り、靴底をぐっと曲げてみましょう。選びたいのは、靴底を曲げてみたときに、土踏まずのあたりで曲がるのはもちろん、指の付け根の部分がしっかりと曲がるもの。よく動く部分がきちんと曲がるシューズはとても歩きやすいのです。また、クッション性の高さも大切。小石やアスファルトなど、硬いものから赤ちゃんの足を保護するためにも、ふかふかとクッションが効いたシューズを選ぶのがベターです。

3. 厚み、広さ、反りのあるつま先

素足で立っている赤ちゃんの足の指をよく見てみてください。地面をぎゅっとつかむような動きや、足を広げて踏みしめるような動き…と、さまざまな動きをするのが見てとれると思います。赤ちゃんに限ったことではありませんが、しっかりと歩くためには、つかむ、踏ん張る、蹴りだすといった動きが自在にできるよう、つま先が自由に動かせるだけのゆとり(厚み・広さ)が必要です。

また、つま先が上に反ったかたちになっているかどうかも重要なポイント。反りには、蹴りだしをスムーズにし、つまづきにくくするという役割があります。多くのベビーシューズにはきちんと反りがありますが、ときどき反りの弱いものを見かけることもあります。つま先にゆとりがあり、反っていること。ベビーシューズ選びで大切にしたい条件のひとつです。

4. 季節を問わず通気性がいいものを

新陳代謝が活発で汗をかきやすい赤ちゃんのシューズは、通気性がよく蒸れにくいものを選びたいもの。夏はもちろんですが、冬であっても同様です。ベビーカーの日の足元の防寒対策を目的としているなら、もこもことしたあったかブーツを取り入れるのもいいのですが、歩きやすさの面ではいまひとつ。よく歩く日の靴は、軽くて通気性がいいものを選ぶのがおすすめです。

5. 履かせやすく脱げにくいものを

赤ちゃんはまだ自分でシューズを履くことができないので、パパやママが履かせやすいものを選びたいもの。一見、履かせやすそうなスリッポンタイプですが、赤ちゃんのふっくらとした足に履かせるには意外とコツが必要で、脱げやすいためあまりおすすめはできません。選ぶなら、履き口ががばっと大きくひらき、ワンタッチで留められるマジックテープタイプのものがおすすめ。また、マジックテープは太いものや、二ヵ所で留めるタイプのものがしっかりと留められて安心です。

赤ちゃんのシューズはどこで買う?

いざファーストシューズを用意しようと思い立っても、どんなところで買えばいいのか迷ってしまう…という人も多いもの。では、実際に世の中のママたちは、どこでファーストシューズを買っているのでしょうか。子どものいるパパ・ママを対象に、Twitterで簡単なアンケートをとってみました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

これハイヒールじゃないの?ソフィアウェブスターとマキアージュがコラボして作ったコスメ…

ソフィアウェブスターとマキアージュがコラボレーションしたコスメBOXが大人気となっています。具体的にどのよう…

tadacy / 975 view

東京マラソンに向けて!おすすめしたい人気スポーツシューズ

毎年2月頃に行われる「東京マラソン」。年々人気が高まっているこのイベントに向け、ジョギングを始める人も多くい…

sunsun / 783 view

え?これ履けるの?変形ヒールはアールアンドイーやユナイテッドヌードが有名

アールアンドイーやユナイテッドヌードなどが手掛ける変形ヒールが、奇抜ながらも履きやすくて大人気なのです。この…

albirexxx / 1113 view

素足感を実感できる!イノヴェイトのシューズの特徴をご紹介

トレイルランニングのブームに伴い、多くのブランドが新規参入している印象があります。まだ一般知名度は低いものの…

kazumin / 781 view

春の明るさはカラーで表現♡イエローパンプスコーデ

花々や草木など新しい命が芽生える春は周りの景色も明るくなります。そんな季節にはコーディネートにも明るい色を取…

sunsun / 1096 view

意外と簡単!パンプスのインソールを交換する方法をご紹介

女性らしいシューズの代名詞、パンプス。様々なシーンで活用できるシューズであり、持っていると何かと便利でヘビー…

redwall / 1108 view

日本人と外国人、足の形がこんなに違う!あなたはエジプト型、ギリシャ型、ポリネシア型の…

足の形は日本人と欧米人で大きく異なります。足の形は大きく3つに分けて、エジプト型、ギリシャ型、ポリネシア型が…

cocotan / 11453 view

シューズバンドでお悩みお手軽解決♡靴のパカパカ対策もイメチェンもできちゃう!

靴がパカパカしてしまって困っていませんか?いつも履いてる靴に飽きていませんか?「シューズバンド」を使えばそん…

kirakira / 3424 view

ついに旗艦店も日本OPEN!ブラジル生まれの「メリッサ(Melissa)」レインシュ…

ブラジル生まれのラバーシューズブランド『メリッサ』についてまとめました。多彩なラインナップのラバーシューズを…

mokona- / 1191 view

靴の履き間違いを防げる、かわいいペネロペの絵合わせステッカーが発売!

右と左を逆に履いてしまったり、上履きなど似たような靴が並んだときにお友達の靴を間違えて履いてしまうなど、小さ…

kirakira / 313 view

春に染まる優しいカラーが魅力!ベージュパンプスコーデ

3・4・5月は春の季節。気温も暖かくなっている今日この頃は春らしい装いでお出かけしましょう。春のやさしさにぴ…

sunsun / 1179 view

100円ショップで見つけた便利な靴関連グッズ10選

日々進化してどんどん便利になる100円ショップ。中でも靴関連グッズは思わず「おおお」と声が出てしまう程、すぐ…

mashroomcat / 11524 view

外国で靴を買う時に困らない!あなたにぴったりの靴は何”インチ”?

海外で迷わず自分の靴のサイズが分かる、靴のインチ表記について知っていますか?海外で迷わないように、メモしてお…

mo_mo / 587 view

靴の中から甘い香りが⁉︎スペインから来た「VICTORIA(ヴィクトリア)」は遊び心…

ヴィクトリアはスペインでは知らない人はいないというほどの人気ブランドです。そんなヴィクトリアの魅力に迫ってみ…

shibaken17 / 1447 view

ハイヒールを何度でも。母親になっても自分らしさを保つためには

赤ちゃんを産むと、ママを取り巻く環境は大きく変化するもの。ひとりの時間、着たい服、履きたい靴…諦めていません…

あおい陽 / 754 view