赤ちゃんがつかまり立ちをはじめたら、そろそろファーストシューズを選びはじめたい時期。とはいえ、赤ちゃんの足は大人が予想しているよりもはるかに速いスピードで大きくなりますから、購入時期を間違えると「履くことがないままサイズアウトしちゃった…」なんて事態が起こってしまうことも。ちなみに我が家では、娘の1歳の誕生日の記念にファーストシューズを贈りましたが、これが大失敗。つかまり立ちからはじめの一歩を踏み出すまでとても時間がかかり、歩きはじめたのは1歳3ヵ月の終わりごろ。たった3ヵ月のあいだにサイズアウトしてしまい、外で履くことがないまま押し入れの肥やしになってしまったのでした。この反省を生かしつつ、ベストなファーストシューズの選び方と買い替えタイミングについてレクチャーします。

いつ買う?ファーストシューズ導入のタイミングは?

ファーストシューズを購入するタイミングは、つかまり立ちの時期をすぎて、ひとりで数歩よちよちと歩けるようになってから。つかまり立ちをはじめてすぐに購入してもいいのですが、外歩きデビューをすることがないままサイズアウトしてしまうリスクがありますので、しっかりと踏み出せるようになってから買うのがベター。

ただし、赤ちゃんがシューズを嫌がってしまわないよう慣れさせるのが目的なら、早い時期から履かせる練習をするのもいいですね。歩きだすのが早い子だと8ヵ月頃からファーストシューズデビューがはじまりますが、周りのスピードに合わせる必要はありません。子どもの発達の様子を観察しながら、しっかりと踏み出すのを確認してから検討しはじめましょう。

赤ちゃんのシューズ選びのコツ

小さな子どものシューズはどれもかわいくて、いったいどんなものを選べばいいのか迷ってしまいますね。とはいえ、デザイン性が高くてかわいいものを…という理由で赤ちゃんのシューズを選んでしまうのは避けたいところ。赤ちゃんの足は、まだ骨や土踏まずが発達しきっていません。軟骨や骨のあいだにすき間も多く、年齢があがっていくにつれてしっかりと形成されていくのです。だからこそ、乳幼児期のシューズはしっかりとサポートしてくれるものを選ぶのが正解です。赤ちゃんに履かせたいシューズの条件にはいったいどんなものがあるのでしょうか。

1. 足首までしっかりサポートしてくれるハイカット

歩きやすいベビーシューズの条件は、まず「ハイカットタイプ」であること。これは、まだ柔らかい赤ちゃんの骨を保護し、内側に倒れてしまいがちな赤ちゃんのくるぶしを、まっすぐと支えてあげるという役割があります。また、ハイカットタイプであっても、かかとの部分の支えが弱いものはNG。しっかりと芯がとおり、かかとをすっぽりとサポートしてくれるシューズがおすすめです。個人差はありますが、足の骨がしっかりとしてくるのは3歳を過ぎてから。外を駆けたり、階段を上り下りするようになったり、活発に動くようになったら、関節の動きを妨げないローカットスニーカーに切り替えていきましょう。

2. よく曲がりクッション性のある靴底

赤ちゃんのシューズを選ぶなら、シューズを実際に手に取り、靴底をぐっと曲げてみましょう。選びたいのは、靴底を曲げてみたときに、土踏まずのあたりで曲がるのはもちろん、指の付け根の部分がしっかりと曲がるもの。よく動く部分がきちんと曲がるシューズはとても歩きやすいのです。また、クッション性の高さも大切。小石やアスファルトなど、硬いものから赤ちゃんの足を保護するためにも、ふかふかとクッションが効いたシューズを選ぶのがベターです。

3. 厚み、広さ、反りのあるつま先

素足で立っている赤ちゃんの足の指をよく見てみてください。地面をぎゅっとつかむような動きや、足を広げて踏みしめるような動き…と、さまざまな動きをするのが見てとれると思います。赤ちゃんに限ったことではありませんが、しっかりと歩くためには、つかむ、踏ん張る、蹴りだすといった動きが自在にできるよう、つま先が自由に動かせるだけのゆとり(厚み・広さ)が必要です。

また、つま先が上に反ったかたちになっているかどうかも重要なポイント。反りには、蹴りだしをスムーズにし、つまづきにくくするという役割があります。多くのベビーシューズにはきちんと反りがありますが、ときどき反りの弱いものを見かけることもあります。つま先にゆとりがあり、反っていること。ベビーシューズ選びで大切にしたい条件のひとつです。

4. 季節を問わず通気性がいいものを

新陳代謝が活発で汗をかきやすい赤ちゃんのシューズは、通気性がよく蒸れにくいものを選びたいもの。夏はもちろんですが、冬であっても同様です。ベビーカーの日の足元の防寒対策を目的としているなら、もこもことしたあったかブーツを取り入れるのもいいのですが、歩きやすさの面ではいまひとつ。よく歩く日の靴は、軽くて通気性がいいものを選ぶのがおすすめです。

5. 履かせやすく脱げにくいものを

赤ちゃんはまだ自分でシューズを履くことができないので、パパやママが履かせやすいものを選びたいもの。一見、履かせやすそうなスリッポンタイプですが、赤ちゃんのふっくらとした足に履かせるには意外とコツが必要で、脱げやすいためあまりおすすめはできません。選ぶなら、履き口ががばっと大きくひらき、ワンタッチで留められるマジックテープタイプのものがおすすめ。また、マジックテープは太いものや、二ヵ所で留めるタイプのものがしっかりと留められて安心です。

赤ちゃんのシューズはどこで買う?

いざファーストシューズを用意しようと思い立っても、どんなところで買えばいいのか迷ってしまう…という人も多いもの。では、実際に世の中のママたちは、どこでファーストシューズを買っているのでしょうか。子どものいるパパ・ママを対象に、Twitterで簡単なアンケートをとってみました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

自転車との相性抜群!本格的にサイクリングを始めるならティアドラを準備しよう

サイクリングを競技としてする人も趣味で走る人もオススメのシューズはやっぱりディアドラ!自転車で走ることを想定…

tadacy / 560 view

ランニングシューズブランドの王者!ナイキの人気アイテム

ランニングはいつの日もブームに。ジョガーと言われるランニングを趣味にした女子も急増中です♪今回はハイセンスな…

sunsun / 636 view

外国で靴を買う時に困らない!あなたにぴったりの靴は何”インチ”?

海外で迷わず自分の靴のサイズが分かる、靴のインチ表記について知っていますか?海外で迷わないように、メモしてお…

mo_mo / 536 view

ガウチョパンツの進化系スカーチョとは?!今季注目のスカーチョ×パンプスコーデ

去年大流行となったガウチョパンツ。今年はさらに進化してスカート×ガウチョの「スカーチョ」が登場!今最も注目を…

mayulu / 1378 view

これでシャットアウト!夏のニオイ対策に絶対欲しい便利グッズ3選

夏に向けてサンダル履きが中心になるのですが、やはりシューズがやめられない!と言う方も多いことでしょう。そんな…

kazumin / 830 view

最高級のシープスキン使用で暖かい!冬には欠かせないアグオーストラリアの魅力って?

今回はアグオーストラリアについて紹介します。海外セレブにも人気。日本でも冬定番であるのブーツの魅力は一体どの…

shibaken17 / 1009 view

見られてます!靴をフィッティングする時のマナーと注意点について

靴というアイテムはフィッティングが大事になってきます。なぜなら合わない靴を履くことで足を痛める場合があるから…

sunsun / 1146 view

これハイヒールじゃないの?ソフィアウェブスターとマキアージュがコラボして作ったコスメ…

ソフィアウェブスターとマキアージュがコラボレーションしたコスメBOXが大人気となっています。具体的にどのよう…

tadacy / 898 view

クリップでつけるだけ!靴の印象をがらりと変える魔法のシューズアクセサリー

ステキなパンプスもハイヒールも、お店で見てるとついあれもこれも欲しくなっちゃいますよね。 そんな沢山買えるわ…

kirakira / 1838 view

なんとか予防したい痛~い靴擦れ!事前チェックと保護パッドで靴擦れとはサヨナラ☆

新しい靴のウキウキ感を台無しにする痛い靴擦れ。違和感を感じた部分を事前に予防することが大切です。保護パッドを…

kirakira / 2265 view

この冬も必見!ガウチョパンツ×ブーツの合わせ方をご紹介

ファッションの世界には特定の組み合わせでよりおしゃれに見せることができます。今シーズンのトレンドとして、ガウ…

redwall / 662 view

サンダルでもつま先をしっかりプロテクト!独自技術をもつキーン(KEEN)の魅力とは

つま先を保護できるサンダルで有名なKEEN(キーン)。今回はそんなキーンの魅力をお伝えしています。

shibaken17 / 1357 view

ついに旗艦店も日本OPEN!ブラジル生まれの「メリッサ(Melissa)」レインシュ…

ブラジル生まれのラバーシューズブランド『メリッサ』についてまとめました。多彩なラインナップのラバーシューズを…

mokona- / 1117 view

1足売れたら1足寄付!トムスの実践するOne for One(ワン フォーワン)とは…

トムスが標榜するOne for One(ワン フォーワン)という考え方があります。シューズが一足売れたらギビ…

albirexxx / 720 view

実は種類豊富なインソール!機能性インソールをご紹介!

靴の重要部分の1つであるインソール。足に直接触れる部分であり、歩いた際の衝撃を受ける部分。インソールがダメだ…

nyaon / 1144 view