ワークブーツとは?

存在感抜群!

存在感抜群!

ブーツにも様々な種類がありますが、ワークブーツとはどのようなブーツなのかについて紹介します。ワークは仕事と訳すことができ、その名の通り仕事で使用する上で適合したブーツのことを言います。例えば、外で力仕事をする際には、危険も伴いますし頑丈さも必要です。

そのニーズを満たしたブーツのことをワークブーツというのです。明確な定義はないですが、仕事で使用すればそれがワークブーツとなるのです!ブームとなっているエンジニアブーツもワークブーツの一種となります。また、ペコスブーツやアイアンレンジもワークブーツに分類されることがあります。

基本的に、ミドルカットで足首もしっかりガードするものをワークブーツとするのが一般的です。では、具体的にワークブーツにはどのような特徴があるのでしょうか?

特徴①:耐久性が抜群!

ワークブーツは、仕事で酷使することを想定してデザインされています。よって、ちょっとしたダメージで破損するようではだめなのです!非常に頑丈で、長年履き続けることを意識した素材で出来ているのです。本皮でデザインされているものが殆どで、経年劣化が発生しにくいもの特徴です。

また、製法についても普通のブーツとは異なるものを採用しています。グッドイヤー・ウェルト製法などのほどけにくく交換しやすいものが多くなっています。どうしてもソール部は摩耗してしまいますので、交換し易さも確保する必要があるのです。

牢屋のような見た目!

牢屋のような見た目!

このブーツも、まるで牢屋のような無骨で耐久性の高いイメージがありますね。製法だけでなく、糸も頑丈なものを採用していますので、その分だけゴツさもあります。そこが、またワークブーツの魅力的な点となっています。

これなら、安心して作業ブーツとして使用できますし、過酷な山道でも大活躍します。この特徴を活かしつつ、各ブランドではおしゃれさも追求しているのです。

特徴②:防水性に優れている!

外仕事をする上で、防水性というのも重要なテーマになります。また、アウトドアシーンでは尚更重要なファクターになります。ワークブーツの場合、まずは撥水する材質を使用してデザインされているものがほとんどです。水を弾くことで、内部への水分の侵入を防ぐようにしています。

これは、単純に濡れるのがイヤ!というだけでなく、革に水分が吸収されすぎて耐久性が落ちるのを防止しているのです。頑丈性にも関わるポイントに対処しているというわけです。

ステッチダウン製法!

ステッチダウン製法!

防水性を確保するために、ステッチダウン製法を用いているブーツが多いのも特徴です。ステッチダウン製法により、気密性の高さをキープしているので、水の侵入を防ぎます。このブーツでは、アッパーにウェルトを重ねることにより、抜群の防水性能を示すのです!

また、副効果として軽さが出るというメリットもあります。これならば、降り積もった雪道でも、気にすることなく歩くことが出来ますね。

特徴③:滑りにくい!

ワークブーツの場合、悪路を歩くケースも想定されます。特にスリップしやすい凍った路面での作業も想定されますので、滑りにくさも重要なファクターです。その点で、ワークブーツはまるでスタッドレスタイヤのような溝が付いたソールを採用しているのです。

ソールは各ブランドで個性が出やすいものですよね。代表的なソールとして、ビブラムソールがあります。抜群のグリップ力と寒冷地でも耐える頑丈性を誇っています。それでいて、摩耗にも強いのですから驚くことばかりなのです!

シャークソールで滑らない!

シャークソールで滑らない!

こちらもビブラムソールの一種ですが、どう見ても滑らない!と言い切れるほどのデザインとなっています。これなら、雪道だけでなくぬかるんだ場所でも安心して履くことが出来ますね。

また、デザイン的にも個性的で他とは違うデザインであります。気になるのが履き心地ですが、クッション性も確保しています。また、安定性も高いので安心感を得ることができます。

ワークブーツは真冬の必需品!

いかがでしたでしょうか?ワークブーツは作業用のブーツですが、もはやファッション界でも欠かせないものとなっています。おしゃれに磨きをかけていますが、その中でも頑丈性や防水性をしっかり確保しています。

これから雪が降るシーズンに突入しますので、早めにワークブーツを確保して、安全にストリートを闊歩してみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ブーツの発祥は乗馬のため?乗馬用として作られたブーツの歴史

乗馬には乗馬用ブーツが欠かせません。歴史においてもブーツは乗馬と共にありました。ブーツの歴史について調べてみ…

mokona- / 3651 view

昔はオシャレと無縁だった?ブーツの歴史を振り返ってみよう

ブーツはいつの時代からあるかご存知ですか?昔のブーツはどのようなものだったのか、歴史の中でのブーツのあり方を…

mayuripon / 4097 view

今年も旬♡ストライプスカート×ブーツの合わせ方

毎年トレンドは変化していますが、今年はストライプも来ているんです!今回はみんなの、ストライプスカートとブーツ…

sunsun / 1163 view

1000マイル歩いても壊れない!?丈夫で長持ちする「ウルヴァリン(Wolverine…

丈夫で頑丈な靴を作ることで有名な、ウルヴァリンのアイテムが優れているポイントについて解説しています。

pointow / 13273 view

ライダーに人気の靴!メンズエンジニアブーツには紐のないかっこよさがある

今回は労働者を守るために発展してきた種類の靴であるエンジニアブーツについて紹介します。実は紐がないデザインに…

kutsukutsu / 1018 view

皮革ではなく藁で作られた?日本には昔から藁沓(わらぐつ)というブーツがあった

現代はオシャレアイテムとして多くの人に愛されるブーツですが、もともとは実用目的で生まれた靴だったんです。

papilio / 2444 view

かっこ良いロックなブーツの代名詞「ドクターマーチン」。今期オススメの新作をご紹介!

ちょっと大人でロックな印象の強いドクターマーチンは、今でも人気が高いブランドの一つ。そんなドクターマーチン2…

mayuripon / 1667 view

シープスキンであったかなアグ(UGG)♡オーストラリアが発祥の高いデザイン性で人気の…

その昔羊飼い達が無造作に履いていたアグ オーストラリアはその高い保温性が認められサーファー達に愛されるブラン…

mojisan / 890 view

定番はトリッカーズでキマリ!カントリーブーツは貴族のたしなみだった!?

今回は実用性とデザイン性を両立させた種類の靴でカントリーブーツについてみていきたいと思います。 カジュアルス…

kutsukutsu / 2030 view

パリコレでも冬アイテムの定番「ブーツ」はブリティッシュ馬術と関係が深いって本当?

冬の足元の定番と言えば、そうもちろん「ブーツ」。毎年新たなブーツが流行しますが、ここでブーツの歴史をおさらい…

mo_mo / 1423 view

アメリカで大ヒット!デザートブーツが全世界に広まったきっかけとは

今回はチャッカブーツの一種である「デザートブーツ」について紹介します。カジュアルファッションにアクセントとし…

kutsukutsu / 906 view

雨の日が待ち遠しい!?海外セレブ愛用のHUNTER(ハンター)のレインシューズ

オシャレセレブから火がついて、日本のオシャレさんたちの間でも人気のHUNTERのレインシューズ。カラバリ豊富…

erin / 1307 view

1980年代にブーム!時が過ぎてまた履きたくなる靴デザートブーツ!流行りのノームコア…

1980年代山下達郎のクリスマスソングとともに街にあふれたデザートブーツ。サイドゴアブーツの次のトレンドはこ…

mashroomcat / 1487 view

どんな日にもおでかけOK!コロンビアのブーツで寒さなんて吹き飛ばせ♡

幅広い世代の方から人気を誇るシューズブランド“コロンビア”から、おすすめレディースブーツ3選をピックアップし…

little flower / 3558 view

ガーリーなレースワンピにも◎ティンバーランドのブーツでオシャレにコーディネート

一足は持っていたい『ティンバーランド』のブーツ。その『ティンバーランド』のブーツのオススメのコーディネートを…

mokona- / 5973 view

関連するキーワード

albirexxx

最近はサンダルをよく履いています!是非シューズの良さを伝えていきたいです。