意外な形でスウェーデンがCO2対策を!

恐ろしいことに!

恐ろしいことに!

全世界的に地球温暖艦が深刻な問題となっています。昨今の異常気象は日本でも大きな影響を及ぼしています。ゲリラ雷雨や台風の異常発生は、気候の変化がもたらすものとして実感できますね。各国では、そんな状況に手を拱いている状態ではなく、様々な対策を講じています。

そんな中で、北欧のスウェーデンで面白い試みをしていると話題になっています。その試みとは、ものを修理する場合にかかる付加価値税を25%から12%に下げようとしているのです。大量生産大量消費の社会であるが故に、CO2が大量に発生していることに目を付けたのです。

では、世界的に注目されているスウェーデンのこの施策は、具体的にどのようなものなのでしょうか?

靴の修理にかかる税金を優遇!

今回の施策をもう少し詳しく解説すると、スウェーデンでは靴だけでなく、車や衣類などを修理に出す時に、付加価値税(VAT)がかかります。VATは、生活する上での重要度に応じて変動します。嗜好品などはあまり必要でないというジャッジで、税率は高く設定されています。

逆に生活必需品の場合は税率を低く抑えて、バランスをとっています。この施策の他に、白物家電を修理した業者について、人件費の最大半分を所得税から還付される予定です。要約すれば、必要なものにはお金をかけやすい環境を整えるということです。

靴の場合は、身近で毎日使用するものとなっているので、今回の施策の趣旨に合うアイテムであります。靴の場合も、壊れてしまうとどうしても新しいものに手を伸ばしてしまいまいがちですが、修理という選択肢も視野に入ります。

これにより、靴の修理会社もここぞとばかりに新しいビジネスと考えていることでしょう。雇用の創出という効果も期待できますね。

一時的には税収が減ることも覚悟

仕方ない・・・

仕方ない・・・

基本的に、今回の施策は税制の優遇という側面がありますので、税収が減少するのは覚悟しての対応となります。試算では、7億4000万スウェーデン・クローナ(約87億円)の税収が減ると見られています。決して経済的に裕福でないスウェーデンで、この減収は大きなインパクトがあります。

ただ、これにより新しい分野での需要が増えると試算されています。例えば、オーガニック食品の売り上げについては年間40%のペースで増えると見られています。また、フェアトレード製品の売上アップも期待されるなど、良い側面も見えているのです。

この施策の根底にあるのはCO2削減ですが、今までよりも多少高くても長持ちして、修理して使用できる靴が流行ることでしょう。例えば、ソールを交換しやすいブーツなどの需要は、確実にアップするものと見られています。各ブランドも、その点に着目してデザインするのではないでしょうか?

ショップも新しい動きを見せる!

H&Mはすぐに動いた!

H&Mはすぐに動いた!

今回の施策について、各ショップやブランドからも賞賛の声が上がっています。真っ先に対応を表明したのが、スウェーデンの誇るファストファッションブランドであるH&Mです。古くなった靴などの衣類の回収と引き換えに、割り引きを行っているのです。

靴を作る上でも、多くの環境影響要因が発生します。例えば、化学繊維を作り出すにも多くの薬品を使用し、機械を稼働させます。これにより、CO2が発生しますし、薬品により多少なりとも環境汚染が進みます。

長く愛用できるシューズ

長く愛用できるシューズ

今までの大量生産を否定するのは容易いことではありません。靴作りにおいても、一度に大量の靴を生産した方が効率が良いという側面があります。それを投げ打ってでも、国策として打ち出したものに対応を表明する姿には、頭が下がる思います。

この流れは、スウェーデンだけでなく全世界的に発展すると良いですね!

心から拍手を贈りたい!

いかがでしょうか?スウェーデンの新しい試みは、一時的には税収のダウンなど痛みを伴う施策です。ただ、CO2を削減しようという心意気が感じられて、遠い日本に住む私たちも感化されるものがあります。

自分でできることは数少ないかもしれませんが、このような施策を通じていま自分たちがおかれている現実を把握すべきですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

アメリカ人は朝起きたら必ず靴ひもを結ぶ!?海外の靴に関する興味深い風習とは?

欧米では靴を履いた状態で家に出入りするのが一般的ですが、何故そのような土足文化が根付いたのでしょうか。 こ…

hamunida / 1431 view

欧米人は足が長く、幅が細い人が多い!靴づくりにも反映されているの?

欧米人は足が長く、足の甲も細身中田が多いのが特徴です。当然、その点を意識してシューズ作りがされているわけです…

pointow / 740 view

どんな場所でも履ける!驚きの耐久性を誇るブランド「キーン(KEEN)」がすごい!

足を守ることができるサンダルとして有名なブランド、キーン。その耐久性にはびっくりです!

mayuripon / 905 view

サンダルは3500年前の古代人も使っていた!人類とサンダルの長い関係を知ろう

古代オリエントではすでにサンダルが使われていました。3500年前、それはシュメール人の高い技術によって作られ…

mokona- / 756 view

子ども靴専門店ができたのはいつ?子ども靴の歴史について掘り下げてみる

日本に革靴の文化がはいってきたのが明治時代と言われています。では子ども靴はいつから一般化したのでしょうか?子…

kirakira / 508 view

同じセンチ表記でも日本とヨーロッパでは大きさが違う!?靴のサイズの謎を解説!

海外でいい靴を見つけたとき、サイズを確認しようとして戸惑ったことはありませんか?また輸入物を扱うお店でも同じ…

ゆか / 3617 view

靴についてもっと詳しくなりたい方へ。1870年代の靴の歴史

日本ではどのようにして靴が伝わったのか、1870年代の靴の歴史を学んでみませんか?

mayuripon / 1580 view

靴ひもの結び方は種類豊富!目的に合わせた結び方を覚えよう!

靴の結び方って実際普段あまり気にしていませんよね?既に紐が結んである靴を買った場合は、それをそのまま使用した…

nyaon / 1753 view

トコロ変われば習慣も!?家の中でも靴を履くアメリカの習慣はその高い美意識が原因だった…

靴を脱いで家に入る、これは日本人にとってあたり前のことですよね。 しかし、海外では靴を履いたまま生活をするス…

little flower / 523 view

靴を脱ぐと失礼にあたることも!?国が変われば靴に関する風習も変わる

日本では家に入るときは靴を脱ぐことが当たり前ですが、海外では失礼だとされることもあります。国によって文化は大…

bontaku / 758 view

スニーカーブームの火付け役ジャックパーセル!現代でも人気のモデル特集

1980年代 スニーカーブームの火付け役となった、歴史的スニーカーが今でも人気となっています。そんなレジェン…

pointow / 1323 view

もう靴選びで失敗しない!まずは自分の足の形を知る事から始めよう!

今回は足の形についてお話します。日本人は「甲高・幅広」といわれますが、当てはまらない人も沢山します。自分の足…

kutsukutsu / 719 view

世界で一つのスニーカーも!?「リーボック(Reebok)」はつねに時代の一歩先を行く…

スポーツ愛好家に人気!機能性の高いランニングシューズやウォーキングシューズなどを展開するスポーツブランドとし…

cororoizm / 658 view

靴の試着で気を付けるポイントは?足に合ったシューズを見つけるために必要なこととは!

シューズ選びをする際、皆さんはどのようにしますか?ただサイズを見るだけではなく、実際に履いてみて確かめるとい…

kutsukutsu / 649 view

なんで日本文化では脱いだ靴を端に寄せるのか?

子供の頃から脱いだ靴を端に寄せるとは言われていましたが、なぜそのような文化になったのかなど世界と違う日本の靴…

kutsukutsu / 528 view

関連するキーワード

redwall

レインブーツの魅力にハマりつつあります!