毎日のお手入れ・軽い汚れのお手入れ方法

毎日履いた後のケアもしくは少し汚れた程度であれば、靴用のやわらかいブラシ・スポンジなどでやさしくこすって汚れ・ホコリを落としましょう。ブラッシングだけで汚れが落ちなければ、新しい消しゴムでこすってみましょう。
「毎日ブラッシングするのは無理!」という場合は、週に1~2回ブラッシングするだけでもかなり違います。

購入後すぐはもちろん、月に1回くらい防水スプレーをかけて保護しましょう。スプレーをかけるときはブーツから十分に離して、左右にまんべんなくかけます。

内側のお手入れが重要

ムートンブーツの最大の魅力は、ふわふわで暖かい履き心地ですよね。ムートンブーツの内側には分厚いファーが貼られていますが、このファー部分に湿気がたまりやすく、汗や雨をどんどん吸ってしまいます。ブーツの中の湿気をそのままにしておくということは、高温多湿な環境を好むカビや雑菌に「どうぞ繁殖してください」と言っているようなものです。その結果イヤなニオイが取れなくなったり、もっとひどければ水虫になってしまったりする恐れもあります。

新聞紙とタオルで、内側の湿気を取る

新聞紙とタオルで、内側の湿気を取る

不快なトラブルを防ぐためには、やはり履き終わった後のこまめなケアが重要です。
まず古新聞紙を丸め、乾いた薄いタオルでくるんでからブーツの内側に入れて2~3時間置きましょう。すると、新聞紙とタオルが内側の湿気を吸ってくれます。新聞紙をじかにブーツに入れるとインクの色がファーに移るので、必ずタオルでくるみましょう。新聞紙をきれいに折りたたむのではなくグシャグシャに丸めることで表面積を大きくし、吸湿性を上げることができます。数あるブーツの中でもムートンブーツは特に湿気がこもりやすいので、片方あたり最低2かたまり(つま先とかかとに1つずつ)は入れましょう。
湿気がひどい場合は、新聞紙とタオルを新しいものに変えてもうしばらく置きましょう。

内側が十分乾燥したら、消臭・除菌用スプレーをかけましょう。

最後に、シューズ用乾燥剤を内側に入れてから収納します。
ムートンブーツをしっかり乾燥させるには、ふつうのブーツ用乾燥剤だけではちょっと足りません。新聞紙を入れるときと同じように、乾燥剤もつま先・かかとに1個ずつ入れるのがベストです。シューズ用乾燥剤がなければ、古い靴下やストッキングに重曹を詰めて口を結んだものでも代用できます。

全体の汚れがひどいときは丸洗い

どうしても汚れが落ちない場合や汚れの範囲が広い場合は、家庭で丸洗いすることもできます。

水かぬるま湯(お湯はNG!)に中性洗剤を混ぜてよくかき混ぜ、そこにブーツを漬けてから柔らかいスポンジ・ブラシなどでやさしく揉み洗いします。毛並みを整えるイメージで、一定方向にこすりましょう。強い力でごしごしこすると、スエードやファーが傷むので注意しましょう。
洗っているうちにブーツの染料が落ちますが、ある程度はやむを得ないので割り切って洗いましょう。
ひどい汚れがある場合は、水で薄めた専用クリーナーを使用します。
汚れが落ちたら、洗剤が残らないよう水でしっかりすすぎます。

十分すすげたら、乾いた大判タオルでブーツを押さえて水分を吸わせます。このとき、染料の色が移ってもいいタオルを使いましょう。
洗濯機の脱水機能を使う時は、ブーツ全体をバスタオルなどで包んでから洗濯機に入れます。できるだけやさしい脱水モードを選び、短時間(1~2分くらい)で脱水しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

靴を磨く布は着古しのTシャツでも大丈夫?オススメの素材を解説

靴のお手入れの定番である「靴磨き」!特に考えることなく、とにかく磨けばいいと考えていませんか?実は磨く布によ…

polskamii / 1294 view

チューブタイプのクリーナーを使おう!しみこみのいい革靴のお手入れで注意すること

しみこみのいい革靴は、普通の革靴とお手入れ方法が違いますので、そこをしっかりと押さえておけばOK!では、どの…

mayuripon / 1023 view

長~く履きたい!ロングブーツのお手入れ方法

これからのシーズンは、コーデ全体をまとめてくれるロングブーツが大活躍します。素材にあわせたお手入れが必要にな…

papilio / 2283 view

ちょっとキツいかも?そんな時は早めにポイントストレッチャースプレーを使ってみよう

革のシューズの場合は、履き続けることである程度伸ばすことができますが、どうしても時間はかかります。そこで、ポ…

pointow / 1353 view

つや出しとして最適なシューポリッシュ(油性)が何故オススメなの?

つや出しとしてよく用いられるのがシューポリッシュ(油性)ですが、何故シューポリッシュがお勧めであるかについて…

pointow / 2015 view

緑色シューズのメンテナンスはどうすればいいの?ここに注意が必要です!

革靴は総じてデリケートなものですが、その中でもカラー物はメンテナンスの難しさがあります。そんなカラー革靴の人…

mojisan / 2084 view

男性用革靴にカビが生えてしまった時の自分でできる対処法

使い込むほど味が出る素敵なフットウェアの革靴ですが、こまめなケアをしないとすぐにカビが生えてしまいます・・・…

sunsun / 1914 view

靴のサイズ困っていませんか?レザーストレッチャースプレーで革靴を上手く伸ばせます!

レザーストレッチャースプレーは、革靴を簡単に引き延ばすことができる便利なアイテムです。サイズがキツて履けなか…

pointow / 640 view

革靴をカッコ良く長持ちさせる!靴クリームの種類や正しい塗り方のポイント

その人の人間性を表すともされている革靴。 そんな革靴はできるかぎりカッコ良く長期間愛用したいものですよね?…

hamunida / 2830 view

たった5分で終了!面倒くさがりだからこそ知っておきたい靴のお手入れ術

身だしなみの中でも特に靴の印象が大切。頭では分かっているけど、なかなか行動にうつせない面倒くさがりなそこのあ…

kirakira / 950 view

靴を長く愛用するには?靴は毎回少しづつ、靴を乾燥させることが大切!

美人の靴でも1日履き続ければ雑菌は繁殖します。それを手っ取り早く退治する方法は、こまめに乾燥させること。水虫…

mashroomcat / 761 view

軽くて丈夫でも傷に弱い。。カンガルー革のお手入れには、お手入れ用品「デリケートクリー…

カンガルー革のお手入れ用品には「デリケートクリーム」が必須です。カンガルー革の美しい光沢をいつまでも保ちたい…

polskamii / 1032 view

毎日履くから知っておきたい!革靴の正しいメンテナンス手順を徹底解剖

お仕事などでも毎日履く方が多い革靴。どんな革靴でも、日々のメンテナンスの基本は同じです。正しいメンテナンス方…

mayuripon / 736 view

雨に濡れると型くずれする!?革靴が濡れてしまった時にするべき応急処置は?

突然の雨に大事な革靴が濡れてしまったら、そのままにしないですぐに応急処置が必要です。まずは新聞紙で水気を吸い…

hamunida / 1198 view

忙しい人へ!宅配も登場!便利な靴磨きサービス

ビジネスマンの必須アイテムは、ピカピカの靴です。今回は忙しい人でも気軽に利用できる、宅配靴磨きサービスをまと…

sunsun / 1076 view

関連するキーワード