毎日のお手入れ・軽い汚れのお手入れ方法

毎日履いた後のケアもしくは少し汚れた程度であれば、靴用のやわらかいブラシ・スポンジなどでやさしくこすって汚れ・ホコリを落としましょう。ブラッシングだけで汚れが落ちなければ、新しい消しゴムでこすってみましょう。
「毎日ブラッシングするのは無理!」という場合は、週に1~2回ブラッシングするだけでもかなり違います。

購入後すぐはもちろん、月に1回くらい防水スプレーをかけて保護しましょう。スプレーをかけるときはブーツから十分に離して、左右にまんべんなくかけます。

内側のお手入れが重要

ムートンブーツの最大の魅力は、ふわふわで暖かい履き心地ですよね。ムートンブーツの内側には分厚いファーが貼られていますが、このファー部分に湿気がたまりやすく、汗や雨をどんどん吸ってしまいます。ブーツの中の湿気をそのままにしておくということは、高温多湿な環境を好むカビや雑菌に「どうぞ繁殖してください」と言っているようなものです。その結果イヤなニオイが取れなくなったり、もっとひどければ水虫になってしまったりする恐れもあります。

新聞紙とタオルで、内側の湿気を取る

新聞紙とタオルで、内側の湿気を取る

不快なトラブルを防ぐためには、やはり履き終わった後のこまめなケアが重要です。
まず古新聞紙を丸め、乾いた薄いタオルでくるんでからブーツの内側に入れて2~3時間置きましょう。すると、新聞紙とタオルが内側の湿気を吸ってくれます。新聞紙をじかにブーツに入れるとインクの色がファーに移るので、必ずタオルでくるみましょう。新聞紙をきれいに折りたたむのではなくグシャグシャに丸めることで表面積を大きくし、吸湿性を上げることができます。数あるブーツの中でもムートンブーツは特に湿気がこもりやすいので、片方あたり最低2かたまり(つま先とかかとに1つずつ)は入れましょう。
湿気がひどい場合は、新聞紙とタオルを新しいものに変えてもうしばらく置きましょう。

内側が十分乾燥したら、消臭・除菌用スプレーをかけましょう。

最後に、シューズ用乾燥剤を内側に入れてから収納します。
ムートンブーツをしっかり乾燥させるには、ふつうのブーツ用乾燥剤だけではちょっと足りません。新聞紙を入れるときと同じように、乾燥剤もつま先・かかとに1個ずつ入れるのがベストです。シューズ用乾燥剤がなければ、古い靴下やストッキングに重曹を詰めて口を結んだものでも代用できます。

全体の汚れがひどいときは丸洗い

どうしても汚れが落ちない場合や汚れの範囲が広い場合は、家庭で丸洗いすることもできます。

水かぬるま湯(お湯はNG!)に中性洗剤を混ぜてよくかき混ぜ、そこにブーツを漬けてから柔らかいスポンジ・ブラシなどでやさしく揉み洗いします。毛並みを整えるイメージで、一定方向にこすりましょう。強い力でごしごしこすると、スエードやファーが傷むので注意しましょう。
洗っているうちにブーツの染料が落ちますが、ある程度はやむを得ないので割り切って洗いましょう。
ひどい汚れがある場合は、水で薄めた専用クリーナーを使用します。
汚れが落ちたら、洗剤が残らないよう水でしっかりすすぎます。

十分すすげたら、乾いた大判タオルでブーツを押さえて水分を吸わせます。このとき、染料の色が移ってもいいタオルを使いましょう。
洗濯機の脱水機能を使う時は、ブーツ全体をバスタオルなどで包んでから洗濯機に入れます。できるだけやさしい脱水モードを選び、短時間(1~2分くらい)で脱水しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

たった5分で終了!面倒くさがりだからこそ知っておきたい靴のお手入れ術

身だしなみの中でも特に靴の印象が大切。頭では分かっているけど、なかなか行動にうつせない面倒くさがりなそこのあ…

kirakira / 1126 view

革底も普段のお手入れが必要?みんな知らないキレイを保つやり方!

革底は普段目につかない部分なので見落としがちです。ですが、しっかりお手入れしないと怪我をしてしまうかも?今回…

mayuripon / 1575 view

初めてのシュ―ケアにもぴったり!靴ブラシの名品5ブランド

靴のお手入れには靴用ブラシは必須です。今回はあなたの靴を綺麗にしてくれる、靴用ブラシの名品を5ブランドご紹介…

sunsun / 1986 view

革靴はごく浅い傷なら靴クリーム(乳化性)でメンテナンスしておくと大きく広がらない!

店頭で高級な革靴にひとめ惚れ。大金をはたいて購入したのはいいのだけど履いて3日で小さい傷が!そんな時は靴クリ…

mashroomcat / 1528 view

ひと手間で長持ち!意外と知らない新品のスニーカーのお手入れ方法

新しいスニーカーを購入すると、すぐにでも履きたくなりますよね。確かにすぐにでも履ける状態ではあるのですが、実…

albirexxx / 3438 view

嫌な臭いをシャットアウト!靴の消臭グッズ10選

スメルハラスメントという言葉が一般的になっていますよね。臭いは目に見えないものなのですが、発生させるだけでも…

albirexxx / 2551 view

キレイな状態のまま10年以上愛用できる!?革靴の型くずれを防止する方法

お気に入りの革靴は愛用する期間が長ければ長いほど良いものですよね。 そんな革靴を10年以上キレイな状態のま…

hamunida / 3341 view

男が憧れる靴!馬尻革はシューツリーを使って磨く

牛の革よりも高級とされる馬の革の存在を知っていますか?馬のお尻の革を使った馬尻革はシューツリーを使って綺麗に…

mashroomcat / 978 view

ちょっとキツいかも?そんな時は早めにポイントストレッチャースプレーを使ってみよう

革のシューズの場合は、履き続けることである程度伸ばすことができますが、どうしても時間はかかります。そこで、ポ…

pointow / 1703 view

基本中の基本!スエード靴お手入れ初心者必見のお手入れ方法

冬らしい素材で男女共に人気のスエード革。あまり靴にくわいsくない方でも使用している方もいるのではないでしょう…

mayuripon / 1185 view

靴好きなら外せないアイテム!靴を長持ちさせるシューズドライヤーのメリットとは?

靴は何かと消耗しやすいアイテムですが、しっかり手入れしてあげれば長持ちさせることができます。そんな靴のケア商…

albirexxx / 1055 view

エナメル革をいつもピカピカに!キレイを保つ“お手入れ用品”!

光沢感が特徴的なエナメル革。いつもキレイな状態にしておくには、お手入れの仕方が重要になります。今回はエナメル…

mayuripon / 1458 view

実は一番痛んでる!長く履くならインソールのメンテナンスが大切です!

インソールは足と接触している時間が長いため、蒸れてしまった時はすぐにメンテナンスをしましょう!インソールが取…

mayuripon / 1276 view

合成皮革の靴のお手入れは小さいブラシで細かい汚れがとれる!

合成皮革の靴はお手入れがとっても楽ちん。「本革じゃないから何もしなくていいや」と思う方も多いのですが、小さい…

mashroomcat / 3961 view

もうクサイなんて言わせない!靴専用のおすすめ消臭・殺菌スプレーをご紹介

冬場のブーツや夏の蒸れなど、足の臭いが気になる時がありますよね。いざという時に困らない靴のオススメ消臭グッズ…

mayulu / 1268 view

関連するキーワード