おしゃれなレッドウィングのブーツ!

憧れのブランド!

憧れのブランド!

ブーツ界の中でも、おしゃれなブーツを続々と誕生させてフォロアーが多いブランドとしてレッドウィングがあります。1893年に誕生して以降、圧倒的なノウハウを蓄積して、それをブーツ作りにつぎ込んできています。よって、おしゃれでありながらも頑丈なブーツが多いのが特徴です。

そんなレッドウィングのブーツですが、手入れをしっかりしてあげないと劣化してしまうものなのです。逆に言えば、手入れを適切に実施すれば一生もののブーツとして使用することもできます!

そこで今回は、レッドウィングブーツの手入れ方法について紹介していきます。しっかり手入れして、いつまでもイケてるブーツとして愛用しましょう。

シュークリームでお手入れ!

ブラッシングが重要!

ブラッシングが重要!

ブーツ表面に艶を出すためには、シュークリームを使用することが重要です。シュークリームと言っても、勿論食べるシュークリームではなくシューズのクリームのことを言います。ここで重要なのは、革の材質です。革に合わないクリームを使用すると、逆に劣化させてしまう恐れが有るので要注意です。

まずは、靴紐を丁寧に外して、ブラッシングで汚れを払いとります。その後、適度に湿らせた布で汚れを拭き取っていき、日陰で一度干します。

クリームを塗りこむ

クリームを塗りこむ

乾燥したら、綺麗な布にシュークリームを付けて、ブーツ全体にしっかり伸ばすようにして塗っていきます。ポイントは綺麗で乾いた布を使用する点です。汚れた布ですと、逆に汚れが付着してしまいます。

全体的にクリームを塗布したら、乾燥しないうちにブラシで全体をブラッシングしていきます。最後に、縫い目などに入り込んだシュークリームがないかをチェックしていき、入り込んでいる場合は布で除去して完成です。

これにより、つややかな状態をキープすることができますよ。

保革オイルで撥水効果を得る!

オリジナルオイルもあり!

オリジナルオイルもあり!

良く水がかかるようなシチュエーションでレッドウィングのブーツを履く場合には、撥水性の高いお手入れをした方が、より長持ちさせることができます。そんな時に使えるのが、保革オイルによるお手入れです。

保革オイルについては、レッドウィングオリジナルのアイテムもあり、力を入れているジャンルなのです。まずは、クリームと同様に靴紐を外した状態でブラッシングして汚れを落とし、湿らした布で汚れを落としていきます。

オイルを塗りこんでいく

オイルを塗りこんでいく

乾燥した状態で、今度は保革オイルを布にとり、ブーツ全体に染み込ませていきます。特定の箇所にたっぷりオイルを塗ると、色ムラが発生する恐れが有るので、全体的にまんべんなく広げていくことが重要です。

一度塗りこんだら、一旦日陰で1日程度干して乾燥させます。乾燥したら、再度保革オイルをしっかりと塗りこんで下さい。塗りこんだら、乾いたタオルでオイルを拭き取っていき、完成です。

これにより、撥水効果だけでなくレザーの柔軟性もキープすることができます。

起毛革の場合は起毛革クリーナーでお手入れ!

専用ブラシで綺麗にする!

専用ブラシで綺麗にする!

スエード地のシューズがブームとなっていますが、もちろんレッドウィングでも起毛革のブーツを販売しています。起毛革の場合は、クリームやオイルでのお手入れができないので、起毛革専用のブラシで手入れしていきます。

まずは、ブーツの靴紐を解いてから作業を行います。その後、ブラシで汚れた箇所を中心に、掻きだすようにして汚れや異物を除去していきます。あまり力を入れずに、丁寧にブラッシングすることが重要になります。起毛革は決して丈夫な素材ではないので、強くブラッシングしてしまうと傷などが発生するためです。

頑固な汚れはラバーでこする!

頑固な汚れはラバーでこする!

起毛革クリーナーの場合は、ブラシの柄の部分にラバーが付いているケースが殆んどです。ラバーが消しゴムのような効果を発揮するので、頑固な汚れが付いている箇所があれば、このラバーでこすると綺麗に取れます。ラバーがけするとカスが発生するので、最後の仕上げとしてブラッシングしてカスを取り除いて下さい。

最後に、防水スプレーをまんべんなく塗布して下さい。起毛革は水に弱いので、撥水性を持たせることが重要になりますし、汚れ自体がレザーにつきにくくなります。車で言うワックスがけしたような状態になりますよ。

しっかり手入れしていつまでも履き続けよう!

いかがでしたでしょうか?レッドウィングは、単にシューズを販売しているだけでなく、メンテンナンスアイテムも販売しています。これは、ただ販売して終わり!ではなく、いつまでもレッドウィングのブーツを愛用して欲しいという意志の現れでしょう。

少し手間がかかる作業になりますが、しっかりブーツの手入れを行って、いつまでも美しいレッドウィングのブーツを履き続けてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

革靴に付いたシワの取り方ってあるの?

薄いレザーを使用した革靴の場合はどうしてもシワが発生してしまいます。シワはなるべく無い方がスマートで綺麗にみ…

redwall / 44021 view

スエード靴のお手入れにはこの3アイテムが必須!まずはこれを揃えよう!

スエードの革の靴の毎日のお手入れに欠かせないのが、スエード用ブラシ、スエード専用の栄養スプレー、防水スプレー…

nyaon / 1129 view

男が憧れる靴!馬尻革はシューツリーを使って磨く

牛の革よりも高級とされる馬の革の存在を知っていますか?馬のお尻の革を使った馬尻革はシューツリーを使って綺麗に…

mashroomcat / 976 view

厄介な存在!ブーツのカビはしっかり除去しよう

ブーツは厚い素材でできているので、高い防寒性と頑丈性を誇るアイテムです。一方で、防寒性が高いので通気性という…

redwall / 1450 view

インソールを替えて、ビジネスシューズの悩みを解消しよう

ビジネスシューズを履くとき、「足が疲れやすい」「ムレて気持ち悪い」「どうしてもニオイが取れない」などの不満を…

papilio / 1900 view

大切な靴のメンテナンス領域、革靴のお手入れ用品にふさわしいのはどんな布?

革靴は丁寧なメンテナンスが必要なデリケートな靴です。そのメンテナンス領域は多岐に及び、出来るだけ最良のメンテ…

mojisan / 1366 view

臭いがこもりやすい靴の脱臭方法!蒸れた靴をしっかりお手入れしませんか?

通気性の悪い靴は特に蒸れて雑菌や臭いのもとになります。いつでも清潔に保つために、しっかりとお手入れ方法を学ん…

mayuripon / 949 view

起毛皮革のケア方法とは一体何?ヌバック素材の基本的なお手入れの仕方まとめ

ヌバックと呼ばれる起毛皮革のことをご存知でしょうか? ちょっと革に詳しい方でも革の表面部分が起毛している…

hamunida / 1267 view

大切な革靴を10年履くための心がけとは!?愛着のある靴をしっかり長持ちさせよう

革靴はしっかりメンテナンスを行うと驚くほど長持ちしてくれます。そして、手入れだけではなく、買う際やふだんのち…

ゆか / 1402 view

靴箱を占領しちゃう!ブーツの保管サービス5選

秋冬に大活躍するブーツですが、シーズンが終わるとシューズクローゼットを占領しがち・・・すっきりさせたいならブ…

sunsun / 1072 view

靴のニオイには乾燥と殺菌!かんたんお手入れで「うわ!臭っ」とサヨナラしよう

思わず「クサっ!」と言ってしまう靴のニオイ。この記事では靴のニオイを防ぐためのお手入れ方法をお伝えしています…

shibaken17 / 1287 view

高級品だからお手入れも入念にしよう!馬尻革のメンテナンス方法とは?

馬尻革のような天然皮革はお手入れをする時には特に注意が必要です。その革にあったお手入れ方法をしっかりと身につ…

mayuripon / 1027 view

スエード靴のお手入れどうしてますか?どうにもならない汚れは「丸洗い」で落とそう!

しなやかな毛並みが特徴的なスエード素材。そんなスエード素材を採用した靴には汚れが付着しやすい傾向が見られます…

hamunida / 3084 view

靴を伸ばしたい!でもシューズストレッチャーってどうやって使うの?

靴のサイズが合わない時に使うシューズストレッチャー。でも使い方が分からない!そんな方のために、シューズストレ…

mayuripon / 6644 view

面倒くさがり屋のあなたでも大丈夫!革靴用のお手入れ用品のオススメはこれだ!

革靴はメンテナンスをしっかりしてあげなければならないシューズの定番ですが、面倒くさがりの方からすればどうして…

tadacy / 1175 view

関連するキーワード

albirexxx

最近はサンダルをよく履いています!是非シューズの良さを伝えていきたいです。