おしゃれなレッドウィングのブーツ!

憧れのブランド!

憧れのブランド!

ブーツ界の中でも、おしゃれなブーツを続々と誕生させてフォロアーが多いブランドとしてレッドウィングがあります。1893年に誕生して以降、圧倒的なノウハウを蓄積して、それをブーツ作りにつぎ込んできています。よって、おしゃれでありながらも頑丈なブーツが多いのが特徴です。

そんなレッドウィングのブーツですが、手入れをしっかりしてあげないと劣化してしまうものなのです。逆に言えば、手入れを適切に実施すれば一生もののブーツとして使用することもできます!

そこで今回は、レッドウィングブーツの手入れ方法について紹介していきます。しっかり手入れして、いつまでもイケてるブーツとして愛用しましょう。

シュークリームでお手入れ!

ブラッシングが重要!

ブラッシングが重要!

ブーツ表面に艶を出すためには、シュークリームを使用することが重要です。シュークリームと言っても、勿論食べるシュークリームではなくシューズのクリームのことを言います。ここで重要なのは、革の材質です。革に合わないクリームを使用すると、逆に劣化させてしまう恐れが有るので要注意です。

まずは、靴紐を丁寧に外して、ブラッシングで汚れを払いとります。その後、適度に湿らせた布で汚れを拭き取っていき、日陰で一度干します。

クリームを塗りこむ

クリームを塗りこむ

乾燥したら、綺麗な布にシュークリームを付けて、ブーツ全体にしっかり伸ばすようにして塗っていきます。ポイントは綺麗で乾いた布を使用する点です。汚れた布ですと、逆に汚れが付着してしまいます。

全体的にクリームを塗布したら、乾燥しないうちにブラシで全体をブラッシングしていきます。最後に、縫い目などに入り込んだシュークリームがないかをチェックしていき、入り込んでいる場合は布で除去して完成です。

これにより、つややかな状態をキープすることができますよ。

保革オイルで撥水効果を得る!

オリジナルオイルもあり!

オリジナルオイルもあり!

良く水がかかるようなシチュエーションでレッドウィングのブーツを履く場合には、撥水性の高いお手入れをした方が、より長持ちさせることができます。そんな時に使えるのが、保革オイルによるお手入れです。

保革オイルについては、レッドウィングオリジナルのアイテムもあり、力を入れているジャンルなのです。まずは、クリームと同様に靴紐を外した状態でブラッシングして汚れを落とし、湿らした布で汚れを落としていきます。

オイルを塗りこんでいく

オイルを塗りこんでいく

乾燥した状態で、今度は保革オイルを布にとり、ブーツ全体に染み込ませていきます。特定の箇所にたっぷりオイルを塗ると、色ムラが発生する恐れが有るので、全体的にまんべんなく広げていくことが重要です。

一度塗りこんだら、一旦日陰で1日程度干して乾燥させます。乾燥したら、再度保革オイルをしっかりと塗りこんで下さい。塗りこんだら、乾いたタオルでオイルを拭き取っていき、完成です。

これにより、撥水効果だけでなくレザーの柔軟性もキープすることができます。

起毛革の場合は起毛革クリーナーでお手入れ!

専用ブラシで綺麗にする!

専用ブラシで綺麗にする!

スエード地のシューズがブームとなっていますが、もちろんレッドウィングでも起毛革のブーツを販売しています。起毛革の場合は、クリームやオイルでのお手入れができないので、起毛革専用のブラシで手入れしていきます。

まずは、ブーツの靴紐を解いてから作業を行います。その後、ブラシで汚れた箇所を中心に、掻きだすようにして汚れや異物を除去していきます。あまり力を入れずに、丁寧にブラッシングすることが重要になります。起毛革は決して丈夫な素材ではないので、強くブラッシングしてしまうと傷などが発生するためです。

頑固な汚れはラバーでこする!

頑固な汚れはラバーでこする!

起毛革クリーナーの場合は、ブラシの柄の部分にラバーが付いているケースが殆んどです。ラバーが消しゴムのような効果を発揮するので、頑固な汚れが付いている箇所があれば、このラバーでこすると綺麗に取れます。ラバーがけするとカスが発生するので、最後の仕上げとしてブラッシングしてカスを取り除いて下さい。

最後に、防水スプレーをまんべんなく塗布して下さい。起毛革は水に弱いので、撥水性を持たせることが重要になりますし、汚れ自体がレザーにつきにくくなります。車で言うワックスがけしたような状態になりますよ。

しっかり手入れしていつまでも履き続けよう!

いかがでしたでしょうか?レッドウィングは、単にシューズを販売しているだけでなく、メンテンナンスアイテムも販売しています。これは、ただ販売して終わり!ではなく、いつまでもレッドウィングのブーツを愛用して欲しいという意志の現れでしょう。

少し手間がかかる作業になりますが、しっかりブーツの手入れを行って、いつまでも美しいレッドウィングのブーツを履き続けてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

スニーカー汚れをキレイにするための布製・皮革製それぞれの汚れ落しノウハウとは?

スニーカーが汚れてしまったとき、あなたはどうしていますか? とにかく洗剤でこすって洗う、分からないから放置…

kojihei / 851 view

デリケートな革はデリケートケアが大切!ダチョウ革を大切にしよう

天然皮革は、合成の皮革よりもお手入れが少々デリケートです。素材によって変わるお手入れの仕方をしっかり覚えてお…

mayuripon / 853 view

男が憧れる靴!馬尻革はシューツリーを使って磨く

牛の革よりも高級とされる馬の革の存在を知っていますか?馬のお尻の革を使った馬尻革はシューツリーを使って綺麗に…

mashroomcat / 1069 view

しみこみのいい革(緑色の革)のお手入れ用品で靴本来のツヤを取り戻しましょう!

しみこみのいい革(緑色の革)靴のお手入れ用品と、ケアの工程ポイントをご紹介します。

polskamii / 1137 view

たった5分で終了!面倒くさがりだからこそ知っておきたい靴のお手入れ術

身だしなみの中でも特に靴の印象が大切。頭では分かっているけど、なかなか行動にうつせない面倒くさがりなそこのあ…

kirakira / 1208 view

靴クリームは3ステップある!お手入れクリームそれぞれの役割を学ぼう

お手入れで使用する靴に使うクリームですが、汚れ落とし、栄養補給、つや出しとそれぞれに3つの種類があります。ど…

mayuripon / 1531 view

甲高幅広で外反母趾ならシューストレッチャー!靴を伸ばせばとんでもなく良くなる技

お店で履いて試した時は平気だったのに、家に帰って来たら「きつくて履けなかった(涙)」泣く泣く諦めた靴ってあり…

mashroomcat / 3861 view

革ならお任せ♪靴以外のお手入れにも使える「タピール」のミンクオイル!!

靴のお手入れには欠かせない定番アイテム「ミンクオイル」。今回は、ドイツで生まれた「タピール」のミンクオイルを…

tjgatjga / 1178 view

洗濯後には必ず使おう!カンガルー革のシューズにはシューキーパーが重要

意外と保管方法に困るのが、カンガルー革のシューズです。そんなカンガルー革のシューズを上手に保管する方法を紹介…

pointow / 1193 view

靴の臭い対策できてますか?ジメジメの日に特に注意したい臭い対策

靴の臭いって結構気になりますよね。長時間履いていて蒸れたときや梅雨時のジメジメした時期などは特に注意したいと…

cocotan / 1301 view

ストッキングや新聞紙でいいの?身近なもので靴はこんなにも綺麗になる!

靴のつや出しというと専用のものを使わないと出せないと思っていませんか?実は新聞紙やストッキングなど家にあるも…

mayuripon / 4289 view

長くて困る?!ニーハイブーツのお手入れ方法を調べてみました

より女性らしいスタイルを実践できるシューズとして、ニーハイブーツがあります。膝まであるようなブーツですので、…

tadacy / 1985 view

あなたは大丈夫?メンズサンダルを履くときの注意点

女性用にくらべて男性用のサンダルは履き心地重視のものが多いですが、サンダルや足のお手入れを怠ると思わぬトラブ…

papilio / 1546 view

カンガルー革の靴にはシューキーパーを使ってメンテナンスするともっと美しくなる!

大変軽量で薄手なのに丈夫なカンガルー。一度履くと虜になる魅力がある反面、薄くて形が崩れやすいという弱点が。そ…

mashroomcat / 1873 view

まずい!パンプスにカビが発生した時の対処法は?

女性なら一足は持っているシューズの一つであるパンプスですが、おしゃれでありながらもメンテナンス性の高さも魅力…

albirexxx / 11945 view

関連するキーワード

albirexxx

最近はサンダルをよく履いています!是非シューズの良さを伝えていきたいです。