おしゃれなレッドウィングのブーツ!

憧れのブランド!

憧れのブランド!

ブーツ界の中でも、おしゃれなブーツを続々と誕生させてフォロアーが多いブランドとしてレッドウィングがあります。1893年に誕生して以降、圧倒的なノウハウを蓄積して、それをブーツ作りにつぎ込んできています。よって、おしゃれでありながらも頑丈なブーツが多いのが特徴です。

そんなレッドウィングのブーツですが、手入れをしっかりしてあげないと劣化してしまうものなのです。逆に言えば、手入れを適切に実施すれば一生もののブーツとして使用することもできます!

そこで今回は、レッドウィングブーツの手入れ方法について紹介していきます。しっかり手入れして、いつまでもイケてるブーツとして愛用しましょう。

シュークリームでお手入れ!

ブラッシングが重要!

ブラッシングが重要!

ブーツ表面に艶を出すためには、シュークリームを使用することが重要です。シュークリームと言っても、勿論食べるシュークリームではなくシューズのクリームのことを言います。ここで重要なのは、革の材質です。革に合わないクリームを使用すると、逆に劣化させてしまう恐れが有るので要注意です。

まずは、靴紐を丁寧に外して、ブラッシングで汚れを払いとります。その後、適度に湿らせた布で汚れを拭き取っていき、日陰で一度干します。

クリームを塗りこむ

クリームを塗りこむ

乾燥したら、綺麗な布にシュークリームを付けて、ブーツ全体にしっかり伸ばすようにして塗っていきます。ポイントは綺麗で乾いた布を使用する点です。汚れた布ですと、逆に汚れが付着してしまいます。

全体的にクリームを塗布したら、乾燥しないうちにブラシで全体をブラッシングしていきます。最後に、縫い目などに入り込んだシュークリームがないかをチェックしていき、入り込んでいる場合は布で除去して完成です。

これにより、つややかな状態をキープすることができますよ。

保革オイルで撥水効果を得る!

オリジナルオイルもあり!

オリジナルオイルもあり!

良く水がかかるようなシチュエーションでレッドウィングのブーツを履く場合には、撥水性の高いお手入れをした方が、より長持ちさせることができます。そんな時に使えるのが、保革オイルによるお手入れです。

保革オイルについては、レッドウィングオリジナルのアイテムもあり、力を入れているジャンルなのです。まずは、クリームと同様に靴紐を外した状態でブラッシングして汚れを落とし、湿らした布で汚れを落としていきます。

オイルを塗りこんでいく

オイルを塗りこんでいく

乾燥した状態で、今度は保革オイルを布にとり、ブーツ全体に染み込ませていきます。特定の箇所にたっぷりオイルを塗ると、色ムラが発生する恐れが有るので、全体的にまんべんなく広げていくことが重要です。

一度塗りこんだら、一旦日陰で1日程度干して乾燥させます。乾燥したら、再度保革オイルをしっかりと塗りこんで下さい。塗りこんだら、乾いたタオルでオイルを拭き取っていき、完成です。

これにより、撥水効果だけでなくレザーの柔軟性もキープすることができます。

起毛革の場合は起毛革クリーナーでお手入れ!

専用ブラシで綺麗にする!

専用ブラシで綺麗にする!

スエード地のシューズがブームとなっていますが、もちろんレッドウィングでも起毛革のブーツを販売しています。起毛革の場合は、クリームやオイルでのお手入れができないので、起毛革専用のブラシで手入れしていきます。

まずは、ブーツの靴紐を解いてから作業を行います。その後、ブラシで汚れた箇所を中心に、掻きだすようにして汚れや異物を除去していきます。あまり力を入れずに、丁寧にブラッシングすることが重要になります。起毛革は決して丈夫な素材ではないので、強くブラッシングしてしまうと傷などが発生するためです。

頑固な汚れはラバーでこする!

頑固な汚れはラバーでこする!

起毛革クリーナーの場合は、ブラシの柄の部分にラバーが付いているケースが殆んどです。ラバーが消しゴムのような効果を発揮するので、頑固な汚れが付いている箇所があれば、このラバーでこすると綺麗に取れます。ラバーがけするとカスが発生するので、最後の仕上げとしてブラッシングしてカスを取り除いて下さい。

最後に、防水スプレーをまんべんなく塗布して下さい。起毛革は水に弱いので、撥水性を持たせることが重要になりますし、汚れ自体がレザーにつきにくくなります。車で言うワックスがけしたような状態になりますよ。

しっかり手入れしていつまでも履き続けよう!

いかがでしたでしょうか?レッドウィングは、単にシューズを販売しているだけでなく、メンテンナンスアイテムも販売しています。これは、ただ販売して終わり!ではなく、いつまでもレッドウィングのブーツを愛用して欲しいという意志の現れでしょう。

少し手間がかかる作業になりますが、しっかりブーツの手入れを行って、いつまでも美しいレッドウィングのブーツを履き続けてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

しっかりお手入れして長持ちさせよう!靴のお手入れ用品10選

靴はこまめにメンテナンスしてあげれば長持ちするものですが、逆にメンテンナンスしないとすぐに劣化してしまいます…

tadacy / 1785 view

普段から防水スプレーをかけておく!キャンバススニーカーの効果的なケア方法まとめ

カジュアルで普段使いに活躍するキャンパススニーカーですが、日常のケアをせずに履きつぶしていたりしませんか?毎…

hamunida / 1972 view

シューズメンテナンスの基本!ブラッシングの重要性とは?

シューズメンテナンスといえば、面倒でなかなか行わない方も多数存在しています。しかし、ちょっとしたメンテナンス…

hamunida / 1296 view

自分で靴を伸ばすグッズがあった!シューストレッチャーを使えば足の指のトラブル知らずに…

靴を履いていたら指や踵があちこち痛くなっている!? そんな時にどういうクッズを使ったらいいの?

cororoizm / 2889 view

ちょっとキツいかも?そんな時は早めにポイントストレッチャースプレーを使ってみよう

革のシューズの場合は、履き続けることである程度伸ばすことができますが、どうしても時間はかかります。そこで、ポ…

pointow / 1787 view

靴箱を占領しちゃう!ブーツの保管サービス5選

秋冬に大活躍するブーツですが、シーズンが終わるとシューズクローゼットを占領しがち・・・すっきりさせたいならブ…

sunsun / 1153 view

汚れやすいオイルレザーをしっかりお手入れ!いつもキレイで清潔に

オイルレザーとは、油分を多く含んだレザー靴。ホコリや汚れがつきやすいため、お手入れをしっかりと行うことが大切…

mayuripon / 1050 view

靴のニオイには乾燥と殺菌!かんたんお手入れで「うわ!臭っ」とサヨナラしよう

思わず「クサっ!」と言ってしまう靴のニオイ。この記事では靴のニオイを防ぐためのお手入れ方法をお伝えしています…

shibaken17 / 1352 view

革靴をカッコ良く長持ちさせる!靴クリームの種類や正しい塗り方のポイント

その人の人間性を表すともされている革靴。 そんな革靴はできるかぎりカッコ良く長期間愛用したいものですよね?…

hamunida / 3526 view

大切な革靴を雨から守る!靴屋さんから聞いた防水スプレーの賢い使い方

普段からきちんと手入れしている革靴なら、突然雨が降っても大丈夫!防水スプレーは水分だけでなく汚れも防止してく…

mashroomcat / 2128 view

インソールを替えて、ビジネスシューズの悩みを解消しよう

ビジネスシューズを履くとき、「足が疲れやすい」「ムレて気持ち悪い」「どうしてもニオイが取れない」などの不満を…

papilio / 2021 view

種類も豊富でやっぱり気になる!100円ショップの靴のお手入れグッズ、正直どうなの?

靴が好きでこまめにお手入れされている方以外にとっては面倒な靴のお手入れ。多くの方は手軽に簡単に済ませたいとい…

kirakira / 47309 view

男が憧れる靴!馬尻革はシューツリーを使って磨く

牛の革よりも高級とされる馬の革の存在を知っていますか?馬のお尻の革を使った馬尻革はシューツリーを使って綺麗に…

mashroomcat / 1029 view

実は重要!新品パンプスの意外と知られていない最初のお手入れ方法

どんなものでも、新品と聞くとテンションが上っちゃいますよね!特に、シューズの新品はどこか新鮮な気持ちになれる…

redwall / 1729 view

ごく浅い傷ならこれでOK!靴クリームを使った革靴のかんたんお手入れ術

革靴の場合、小さな傷であっても目立つため、気になってしかたありませんよね。しかし、ごく浅い傷であれば靴クリー…

shibaken17 / 1556 view

関連するキーワード

albirexxx

最近はサンダルをよく履いています!是非シューズの良さを伝えていきたいです。