見た目のよさなら、レザーソール

足元のオシャレと履き心地の柔らかさにこだわるなら、見た目のよいレザーソールはいかがですか?

レザーソールのメリット

最大のメリットは、なんといっても見た目のオシャレさです。光沢のあるレザーソールがチラッと見えると、「この人は身だしなみに気を使ってるな」と好印象を与えることができます。
またレザーソールはラバーソールに比べて通気性が良く、足が蒸れたり臭くなったりする心配も少ないです。
さらにレザーソールはラバーソールより柔らかいため、足にしっくりなじむソフトな履き心地を楽しめます。

レザーソールのデメリット

水に弱いのが難点

水に弱いのが難点

レザーソールのデメリットは、水に弱いことです。湿気・水分の多い環境に長時間おくと革が水分を吸ってしまい、雨の日などは靴の中に水がしみこみます。濡れた後はすぐにメンテナンスしないと、カビが生えたり変形したりしてラバーソールより早く傷んでしまいます。またラバーソールよりすべりやすく、雨の日の石畳やデパートのようにつるつるした場所では危険です。
もうひとつのデメリットは、メンテナンスに手間がかかることです。キレイな見た目を保つには、定期的に靴用オイルを塗り込む必要があります。そのうえ小石がめり込むとゴム底より目立ってしまい、取るのも一苦労です。

コスパのよさと耐水性なら、ラバーソール

コスパと機能性重視なら、ラバーソールがおすすめです。

ラバーソールのメリット

滑りにくくて安心

滑りにくくて安心

ラバーソールのメリットは、レザーソールにくらべてコスパが良いことです。リーズナブルな革靴はたいていラバーソールですし、張り替えにかかる費用もより安くすみます。ラバーソールにはある程度の凹凸がついているので、小石などがめり込んでも取りやすく目立ちにくいです。
また、水に強く滑りにくいのも特徴です。「雨の日には革靴を履かないほうがよい」とも言われますが、スーツで仕事しているとそうも言っていられませんね。普段はレザーソールの靴、雨の日はラバーソールの靴というふうに使い分ける人もいます。

ラバーソールのデメリット

「水がしみ込みにくい」というラバーソールの長所は、すなわち「通気性が悪い」ということです。そのため長時間履きっぱなしでいると足が蒸れやすく、嫌なニオイの一因になってしまいます。
あまりにも安い革靴だと、ソールを張り替えられないことがあります。使い捨てと割り切って履くならよいですが、長く履きたいなら安すぎる靴は避けたほうがよいでしょう。
また、レザーソールに慣れた人がラバーソールの靴を履くと「硬くて足になじみにくい」と感じるようです。

ハーフソール貼り付け?それともオールソール交換?

ソールを修理する際、一部だけを修理する方法とソールそのものを取り替える方法があります。自身の好みや修理にかけられる時間・費用を考えて、好きな方法で修理しましょう。

ハーフソール貼り付け

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

意外に多いかかとの内側の破損!すべり口や履き口の難しい修理はプロに任せて再生!

ビジネスシューズなど長時間、長期間に渡って履き続ける靴は、どうしても靴履き口の破損が起きてしまいます。一見、…

森山まなみ / 6673 view

脱いだ時の靴が残念。すべり革・すべり口だって修理できる!

すべり革・すべり口とは、かかとの内側部分のこと。ここが汚いと、靴を脱いだ時非常に残念なことになってしまいます…

mayuripon / 13708 view

ちょっとくらいなら自分で直せるかも?靴底が切れた場合の補修方法

お気に入りの靴はついヘビロテで履いちゃうけど、ふと気づけば「靴底が切れちゃってる…」なんてこともしばしばです…

papilio / 2229 view

靴がもっとオシャレに丈夫になる!?小物金具修理の定番〈レディース靴〉ハトメ交換とは?

小物金具修理の定番!〈レディース靴〉ハトメの交換で靴を守り、オシャレを楽しめます。ハトメ交換の基礎知識をご紹…

polskamii / 2597 view

つま先の修理はラバーや革で修復できる!ヴィンテージスチール補強も効果的

減ってしまったつま先の補修や減り防止に、ラバーや革などを張る方法があります。また、新品の靴にヴィンテージスチ…

森山まなみ / 3676 view

ハードに足元を演出してくれるドクターマーチン!つま先にできてしまった「革靴の傷」を修…

キュートなファッションのアクセントに、そのままハードなイメージのまま履きこなすのにもピッタリのドクターマーチ…

Ringo / 12395 view

まだまだ長く愛用したい!思い入れのある靴の摩耗した靴底もオールソール修理で甦る!

ブランド物に限らず、大切にしている靴が誰にでもあるでしょう。多少くたびれてしまっても、壊れても捨てられない靴…

森山まなみ / 2920 view

靴のファスナーが壊れた!そんな時自分でできる応急措置は?

ファスナータイプのシューズも存在しますが、ファスナーは布を噛んで壊れてしまうことも多いです。破損した場合、自…

pointow / 1594 view

なんかゆるいかも?!歩きにくいと思ったらすぐゴム交換しよう!

靴でゴムを使用している靴がありますが、その部分がゆるんでしまうと歩きにくく感じてしまいます。そんな時はゴム交…

mayuripon / 1490 view

細いので故障注意!ストラップが壊れたら修理に出そう!

サンダルやパンプスのストラップは壊れたら全く履けなくなってしまいますよね。そんな時はストラップの修理をお願い…

mayuripon / 2180 view

ロングブーツをショートに。厚底靴を低く。靴のリメイクも修理の作業で実現可能!

おしゃれ度の高い靴は、どうしてもデザイン優先で履きやすさは二の次になりがちですよね。でも、それでもお気に入り…

森山まなみ / 4604 view

メンズ用の革靴に付いた傷の補修はどのようにすればよいの?

基本的に頑丈にできている革靴ですが、流石にどんな傷も付かないわけではありません。また、細かな擦傷もどうしても…

redwall / 4010 view

〈レディース靴〉冬場にお勧め!ハーフソールのリペア/修理で快適な歩きを実現

靴を長く持たせるには、ハーフソールのケアが不可欠です。 今回はレディース版、ハーフソールの修理/リペアの基礎…

polskamii / 2963 view

靴のかかとの内側汚れてませんか?脱いだ時に恥ずかしいトップラインとライニングを修理し…

長く履き続けていた靴の踵があたる内側の部分が擦れてボロボロになっている!踵だけ擦れているだけだから処分はした…

cororoizm / 2868 view

この道60年。靴を知り尽くした靴職人のこだわりと仕事を知る

街角にたたずむ一軒の工房。人ひとり入るといっぱいになってしまうその小さな工房に、靴を抱えたお客さんがひっきり…

シューズボックス編集部 / 866 view

関連するキーワード