見た目のよさなら、レザーソール

足元のオシャレと履き心地の柔らかさにこだわるなら、見た目のよいレザーソールはいかがですか?

レザーソールのメリット

最大のメリットは、なんといっても見た目のオシャレさです。光沢のあるレザーソールがチラッと見えると、「この人は身だしなみに気を使ってるな」と好印象を与えることができます。
またレザーソールはラバーソールに比べて通気性が良く、足が蒸れたり臭くなったりする心配も少ないです。
さらにレザーソールはラバーソールより柔らかいため、足にしっくりなじむソフトな履き心地を楽しめます。

レザーソールのデメリット

水に弱いのが難点

水に弱いのが難点

レザーソールのデメリットは、水に弱いことです。湿気・水分の多い環境に長時間おくと革が水分を吸ってしまい、雨の日などは靴の中に水がしみこみます。濡れた後はすぐにメンテナンスしないと、カビが生えたり変形したりしてラバーソールより早く傷んでしまいます。またラバーソールよりすべりやすく、雨の日の石畳やデパートのようにつるつるした場所では危険です。
もうひとつのデメリットは、メンテナンスに手間がかかることです。キレイな見た目を保つには、定期的に靴用オイルを塗り込む必要があります。そのうえ小石がめり込むとゴム底より目立ってしまい、取るのも一苦労です。

コスパのよさと耐水性なら、ラバーソール

コスパと機能性重視なら、ラバーソールがおすすめです。

ラバーソールのメリット

滑りにくくて安心

滑りにくくて安心

ラバーソールのメリットは、レザーソールにくらべてコスパが良いことです。リーズナブルな革靴はたいていラバーソールですし、張り替えにかかる費用もより安くすみます。ラバーソールにはある程度の凹凸がついているので、小石などがめり込んでも取りやすく目立ちにくいです。
また、水に強く滑りにくいのも特徴です。「雨の日には革靴を履かないほうがよい」とも言われますが、スーツで仕事しているとそうも言っていられませんね。普段はレザーソールの靴、雨の日はラバーソールの靴というふうに使い分ける人もいます。

ラバーソールのデメリット

「水がしみ込みにくい」というラバーソールの長所は、すなわち「通気性が悪い」ということです。そのため長時間履きっぱなしでいると足が蒸れやすく、嫌なニオイの一因になってしまいます。
あまりにも安い革靴だと、ソールを張り替えられないことがあります。使い捨てと割り切って履くならよいですが、長く履きたいなら安すぎる靴は避けたほうがよいでしょう。
また、レザーソールに慣れた人がラバーソールの靴を履くと「硬くて足になじみにくい」と感じるようです。

ハーフソール貼り付け?それともオールソール交換?

ソールを修理する際、一部だけを修理する方法とソールそのものを取り替える方法があります。自身の好みや修理にかけられる時間・費用を考えて、好きな方法で修理しましょう。

ハーフソール貼り付け

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

意外と自分でできるもの!パンプスのソール・ヒールのリペア方法

今回は、自分でできるパンプスのソール・ヒールのリペア方法について解説します。ソールがボロボロだったり、ピンヒ…

papilio / 14339 view

〈レディース〉トップリフトのリペア/修理で美しい後姿を!

レディース靴、トップリフトの修理/リペアの目安時期と、基礎知識をご紹介します。

polskamii / 1803 view

気に入っている靴なのに痛かったり緩かったり!自分の足にフィットするサイズ調整の修理と…

長く愛用していた靴が履いていたら痛い!あるいは踵は緩いのにつま先は痛いなど足がフィットしない。今回はサイズ調…

cororoizm / 1851 view

ヒールのバランスがおかしいかも?そんな時はヒールごと交換しよう!

トップリフトの修理を繰り返していくと、全体のバランスが悪くなってしまいます。そんな時はヒールごと交換してしま…

mayuripon / 981 view

トップリフトは大丈夫?メンズ物もしっかりリペアが大切です

メンズシューズのトップリフトとは、かかと部分のことを指します。すり減ってしまったら修理をしましょう!

mayuripon / 1491 view

〈レディース〉意外と見られているつま先。リペア/修理で素敵な足元をいつまでも

レディース靴のつま先部分は、意外と擦れやすく、汚れが目立ちやすい部分です。 つま先部分の修理/リペアの基礎知…

polskamii / 13849 view

リペアで雪対策も!レザーシューズのハーフソールにラバーが最適な3つの理由

レザーシューズだからハーフソールのリペアもレザー?いえいえ実は…ハーフソールにはラバーがお勧めなんです!リペ…

shoesest / 1210 view

自分の靴がもっと好きになる方法♡スタック革はヒール巻きの交換で気分をリフレッシュ!

太いヒールのパンプスはかかと部分の修理が出来ない、なんて思っていませんか?私も昔はそうでしたが、実はこのスタ…

mashroomcat / 943 view

その傷、もしかすると見えなくなるかも?革靴の傷をしっかり隠せるオススメアイテム!

革靴についた傷は消せないと思っていませんか?気になる傷もちゃんと目立たなくさせる方法があるんです!今回はその…

mayuripon / 12729 view

これも自分でできるの?古くなった中敷きは自分でメンテナンスしよう

靴の中敷きは普段靴を履いていれば見えない部分ですが、脱いだ時残念男子になっていませんか?中敷きもしっかりとメ…

mayuripon / 1820 view

オシャレ重視のプラスチックヒールは意外ともろい…。弱点を解決してくれる修理とは?

さまざまな種類があるレディースのヒール靴。ときどき見かけるおしゃれなプラスチックヒールは、巻きのあるものより…

森山まなみ / 2312 view

つま先の修理はラバーや革で修復できる!ヴィンテージスチール補強も効果的

減ってしまったつま先の補修や減り防止に、ラバーや革などを張る方法があります。また、新品の靴にヴィンテージスチ…

森山まなみ / 3568 view

可能な限り靴を蘇らせる、リペア職人という仕事 W.F.G REPAIR FACTOR…

ヨーロッパでは、靴を何度も修理して長く履き続ける文化が根付いています。そんな西洋の靴文化をいち早く日本に取り…

シューズボックス編集部 / 2034 view

履き古してインソールが弱くなった靴を自分でリペアしてみよう

スニーカー系のシューズの場合は、インソールを如何にコンディションよく保てるかが履き心地に繋がります。そんなイ…

pointow / 1510 view

履きすぎて低くなった…。折れた!ヒールのトラブルはヒール本体の交換で元通り!

お気に入りの靴ほど使用頻度が高くなって、靴のトラブルも多くなります。小さい傷ならともかく、ヒールが折れたり、…

森山まなみ / 2738 view

関連するキーワード