新しい相棒を迎えたシーズン14が終了し、相変わらずの高い人気を見せている「相棒」シリーズ。

ストーリー展開以外でも注目を集めているのが、杉下右京役の水谷豊さんが身につけているブリティッシュスタイルの衣装です。

今回は右京さんの靴に注目してみたいと思います。

「相棒14」で使われたのはピエールカルダンのダークブラウンの靴

出典:Portfel

相棒最新作でもある、シーズン14で使用されたのが「ピエールカルダン 19035」のダークブラウンのシューズです。

ピエールカルダンのPC-19035は、ビジネスシーンやフォーマルな場でも履ける内羽根ストレートチップです。

つま先部分まっすぐ施された穴模様、パンチドキャップトゥが特徴的です。

年配の方だと、こういった「キャップトゥ」の模様のことを「一文字」と呼ぶ方もいらっしゃいます。

ヨーロッパの基本スタイルを踏襲したヨーロピアンベーシックスタイルです。

こういった模様が入っているのが、おしゃれにちょっとした遊び心がある右京さんらしいですよね。

またこちらのシューズは、ソールの返りがよく、履き心地が軽いの製法で作られています。

革靴を履き慣れていない方や、捜査などでよく歩く方などにも気軽に履ける一足になっています。

右京さんらしい、ベーシックな内羽根ストレートチップ

右京さんらしい、ベーシックな内羽根ストレートチップ

クロ、ダークブラウン、ライトブラウンの3色展開です

クロ、ダークブラウン、ライトブラウンの3色展開です

「相棒14」ではBerwick1707のZA3904ストレートチップも使われました

Berwick1707  ZA3904(ストレートチップ) ダイナイトソール

Berwick1707 ZA3904(ストレートチップ) ダイナイトソール

出典:dojima-shoe

Berwick1707は、1991年革靴の名産地として栄えるスペイン東部の街アルマンサで生まれました。

アルマンサの人々が誇りとする史実「アルマンサの戦い」で、英雄ベルウィック公爵(DUKE OF BERWICK)を称してBerwick1707は名づけられました。

英国のクラシックテイストとイタリアやフランスらしい色気を上手く合わせたスペインらしいバランスの取れたデザインのシューズが多いのが特徴です。

ヨーロッパを中心に高い評価を得ており、その人気は世界中に広がり始めているブランドです。

Berwick1707のZA3904ストレートチップはブラックとブラウンがあります。

内羽根ストレートチップとパンチドキャップトゥ、ブラウンの色合いが実に右京さんらしい一足です。

「相棒ー劇場版Ⅱー」で使用されたのはポールスチュワート

出典:Paul Stuart

映画「相棒ー劇場版Ⅱー」で使用されたのが、ポールスチュワートの靴です。

先ほどご紹介した靴よりも、パンチドキャップの部分がトゥだけでなく足の甲などにもあしらわれています。

同じく、ポールスチュワートのダークブラウンの靴も使用されたのですが、こちらはさらにパンチドキャップ模様が派手なタイプになっています。

相棒が及川光博さん演じる神戸尊で、相棒の中でもスタイリッシュな衣装が特徴でした。

もしかしたら負けず嫌いの右京さんも、気づかれない程度に華やかを出そうとしていたのかもしれませんね。

ちなにもこの「相棒ー劇場版Ⅱー」で及川さん演じる神戸尊はキャサリンハムネットの靴を着用していました。

映画で使用されたのはポールスチュワートの靴

映画で使用されたのはポールスチュワートの靴

「相棒ー劇場版Ⅱー」で相棒の神戸尊が着用していたのはキャサリンハムネット

「相棒ー劇場版Ⅱー」で相棒の神戸尊が着用していたのはキャサリンハムネット

全く同じタイプではありませんがパンチドキャップが印象的

全く同じタイプではありませんがパンチドキャップが印象的

出典:Paul Stuart

「相棒ー劇場版ー」で使用されていたのはバーバリー

一作目の映画、「相棒ー劇場版ー」で使用されていたのはバーバリーの靴です。

1856年創業のイギリスを代表するファッションブランド「バーバリー」は、イギリス通の右京さんらしい選択ですね。

バーバリーのレザーストレートチップシューズは、飾り気のないスタンダードなデザインになっています。

とてもスマートなシルエットなので、すっきりとした足元に見せてくれます。

「相棒ー劇場版ー」で使用されていたのはバーバリー

「相棒ー劇場版ー」で使用されていたのはバーバリー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

靴の歴史を検証する!日本人が家の中で靴を脱ぐのはあの足の病気が原因だった?

海外と日本の文化の違いにおいて、よく論じられるテーマが、家の靴を脱ぐ習慣と家の中で土足の習慣。 日本と西欧…

kojihei / 1466 view

ブランドの始まりは実は兄弟喧嘩だった!?世界的スポーツブランド「プーマ(PUMA)」…

プーマはドイツの小さな町に設立されたダスラー兄弟商会から始まりました。プーマの歴史をご紹介します。

polskamii / 1432 view

朝ドラ「べっぴんさん」で注目!靴職人の仕事ぶり

NHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」で市村正親さん演じる靴職人が話題となっています。今回はそんな靴職人の…

kirakira / 1251 view

シューズ選びにおける日本と欧米との違いとは?実はこんなに違うんです

ファッションの本場といえば欧米ですよね。アメリカ、イギリス、フランス、イタリア……様々なファッションの源流と…

hamunida / 1365 view

靴にまつわる海外の文化を知ろう!アラブでは、靴で人を傷つけるのは最大の侮辱行為

言葉や食べ物が国によって異なるように、靴にまつわる文化もまた国それぞれ。 アラブでは、靴で人を踏んだり傷つけ…

papilio / 2908 view

足の形は5種類もある!?これこそが日本と海外の靴のサイズの違いを生み出す原因だった?

新しい靴を買ったのに何だか合わない… そんな経験、ありませんか? 自分に合った靴を購入するためには、自分の足…

little flower / 47867 view

意外な歴史のこぼれ話。有名靴ブランド「リーガル」の設立にはあの幕末の偉人が関わってい…

私たちが今、当たり前のように履いている靴も、もともとは西洋からの渡来品。それまで日本人は草履や下駄を、外履と…

kojihei / 1707 view

日本と海外の違いにびっくり!海外で靴を買う時チェックすべきこと

海外旅行で買い物を楽しみにしている方も多いと思います。でも、日本の常識を前提に買い物をしてはいけないのです。…

mayuripon / 1750 view

日本の靴の歴史とともに歩み続けて110年 「履きよさは、美しさ。」を追い求める「銀座…

日本の靴の歴史を語る上で欠かせない「銀座ヨシノヤ」。1907年の創業以来、「履きよさは、美しさ。」をテーマに…

シューズボックス編集部 / 1337 view

日本人が家の中で靴を脱ぐのは、衛生上の都合だった!

靴は玄関で脱ぐという行為は、慣習を通り越して「常識」と言えるでしょう。 しかし、この習慣。世界的に見れば、…

kojihei / 1180 view

始まりは1906年創業の小さな矯正靴の製造メーカ。「N」のロゴが象徴的なニューバラン…

「N」のロゴが象徴的1906年創業のニューバランスの歩みをご紹介します。

polskamii / 850 view

明治から現代まで!デザインも用途も進化を遂げた日本の靴の歴史

日本人が今のような洋式の靴を履くようになったのは、おおよそ150年前からです。時代とともに靴は進化していき、…

bontaku / 788 view

流行りは巡り巡る!1950年代から訪れている靴ブーム!

今訪れているブームと同じように、流行りというのは巡り巡るもの。少し前にも靴のブームは訪れていました。一体どん…

mayuripon / 2192 view

知ってました?ドイツにある「人に足の裏を見せるのは失礼」という文化!

家の中に靴を履いたまま上がったら、部屋が汚れる!だから土足でガンガン家の中に上がり込む西洋人より、日本人の方…

kojihei / 2623 view

このフィット感を待っていた!女性のためのブランド「ケーエムビー(KMB)」

女性のためのシューズブランドと言われているケーエムビーですが、一体なぜそこまで女性に愛されるブランドなのか、…

mayuripon / 1770 view

kirakira

ファッション・コスメ・旅行が大好き。大人かわいい女子になりたい!