もうすぐ春ですね!
入園、入学の季節がやってきます♪

幼稚園や学校生活に必要な物の準備、始めていますか?

子ども達にとって、新生活の必需品である1つが上履きです。

1日の長い時間を履いている上履きだからこそ、子どもの足に合った上履き選びをしましょう。

バレエシューズ、スリッポンタイプ、マジックテープタイプの3種類

上履きの種類は大きく分けて3種類

上履きの種類は大きく分けて3種類

上履きには、大まかにバレエシューズタイプ、スリッポンタイプ、マジックテープタイプがあります。

色、形状については学校の指定もあるので、それに合わせなければなりません。

しかし、子どもが成長するにつれて、上履きは何回も買い替える必要があります。

「どのタイプがお子さんの足に合うのか?」をお教えします。

バレエシューズは安価だけど劣化も早い

キャラクターがプリントされていれば、お子さんもテンション上がっちゃう♡

キャラクターがプリントされていれば、お子さんもテンション上がっちゃう♡

『上履き』と言ったら、皆さんが思い浮かぶのが『バレエシューズ』ではないでしょうか。

汚れが落ちやすく、洗った後も乾きやすいです。

中には、子どもの達が大好きなキャラクターがプリントされているものもあり、小さい子ども達に人気があります。

一方、製造メーカーも多いので安価な分、靴底が薄く劣化が早くなってしまいがちです。

しかし、子どもの成長は早いので安価だからこそぴったりと合うサイズの上履きに買い換えやすいとも考えられますね。

もう一つ、バレエシューズタイプは、足の甲の部分はきつめのゴムなので、甲高な足の子どもには履きにくいという点があります。

しっかり試し履きをしてから選びましょう。

スリッポンタイプは甲高の足の子にオススメ!

体育館履きとして使われることも多い、「スリッポンタイプ」

体育館履きとして使われることも多い、「スリッポンタイプ」

出典:dena-ec

「IFME」の「スリッポンタイプ」は、脱ぎ履きしやすい工夫がされています

「IFME」の「スリッポンタイプ」は、脱ぎ履きしやすい工夫がされています

中学、高校などでは「体育館履き」として使用されることも多いのがこのスリッポンタイプ。

ゴムの伸縮性があるので、甲高の足の子にオススメです。

またソールがしっかりしている物が多いので、動きが激しいお子さんや歩き始めのお子さんにもピッタリです。

キッズ向けスニーカーの人気ブランド「イフミー」は、甲高・幅広にも対応できるようゆったりとしたデザインが特徴の上履きがあります。

キッズ向けメーカーならではの工夫で、かかとに付いたプルストラップに指を入れれば、子供ひとりでも簡単に履けるようになっています。

バレエシューズタイプと比べると少し高価で、洗った後乾くには少し時間がかかります。

マジックテープはきちんと履ければぴったりフィット!

「マジックテープタイプ」の上履き

「マジックテープタイプ」の上履き

値段は若干高いのですが、足の指先周りのゆったり感、靴底のフニャフニャ感が少ないです。

子どもの上履きとしては非常に動きやすく出来ています。

ただ、自分でマジックテープでの脱ぎ履きがまだ難しい年齢のお子さんには不向きです。

マジックテープがゆるいままだったり、脱げやすかったり転んでしまったりと思わぬ事故の原因になりかねません。

お子さんが自分で脱ぎ履きせず、親や先生が脱ぎ履きさせる場合は足首がしっかり固定できるというメリットに変わります。

試し履きはもちろん、お子さんの年齢や通う場所にあったものをきちんと選びましょう。

まとめ

お子さんのタイプに合わせた上履き選びをご紹介しました。

お子さんの新生活が上履きでつまずいてしまわないよう、しっかり選びましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

なんとか予防したい痛~い靴擦れ!事前チェックと保護パッドで靴擦れとはサヨナラ☆

新しい靴のウキウキ感を台無しにする痛い靴擦れ。違和感を感じた部分を事前に予防することが大切です。保護パッドを…

kirakira / 2750 view

海外メーカーはサイズにこだわってない?靴を選ぶときのサイズについての考え方について

靴のサイズが同じでも、提供するメーカーによってサイズ感が違うことはありませんか?その理由は海外メーカーは特に…

hamunida / 1010 view

最高級のシープスキン使用で暖かい!冬には欠かせないアグオーストラリアの魅力って?

今回はアグオーストラリアについて紹介します。海外セレブにも人気。日本でも冬定番であるのブーツの魅力は一体どの…

shibaken17 / 1292 view

アウトドアの名門キーン!カラフルで個性抜群なシューズ特集

アウトドアシューズの名門ブランド「キーン」について記していきます。個性的でカラフルなシューズやサンダル等が多…

tjgatjga / 774 view

春の明るさはカラーで表現♡イエローパンプスコーデ

花々や草木など新しい命が芽生える春は周りの景色も明るくなります。そんな季節にはコーディネートにも明るい色を取…

sunsun / 1393 view

見られてます!靴をフィッティングする時のマナーと注意点について

靴というアイテムはフィッティングが大事になってきます。なぜなら合わない靴を履くことで足を痛める場合があるから…

sunsun / 1559 view

外国で靴を買う時に困らない!あなたにぴったりの靴は何”インチ”?

海外で迷わず自分の靴のサイズが分かる、靴のインチ表記について知っていますか?海外で迷わないように、メモしてお…

mo_mo / 733 view

静電気帯電防止や高所作業用も!安全靴の種類がすごい

安全靴といえば、重いものが足に落ちてきても足を守ってくれる頑丈なシューズです。その安全靴の特徴的な機能を余す…

pointow / 763 view

実はキツい靴よりも悪い!?ゆるい靴が体に与える5つの悪影響とは?

ゆるい靴を履くと、足だけではなく、実は全身に痛みや不具合が生じます。これを知るともうゆるい靴を履けなくなる!…

sunsun / 1887 view

植村直己さん愛用の登山靴。オーダーシューズ、ゴローの良さとは?

一人一人の足のサイズにあった登山靴を作ってくれるゴローはあの有名登山家植村直己さんも愛用していたそうです。店…

pointow / 2222 view

専門家フスフレーガーにきく!美と健康のために気をつけておきたい足のこと・靴のこと

足の健康を守るフスフレーガーという資格を取り、「美と健康のための足のお悩み解消サロン フットボーテ」を経営し…

シューズボックス編集部 / 226 view

安定しているから動ける! 足元から体のバランスを整える「ハッチェリー」のインソール

腰がダルい、肩こりや頭痛がする、膝が痛い……。そんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。身体の不調…

シューズボックス編集部 / 253 view

子供だって履き心地にこだわりたい!インソールのある子ども靴を紹介

子供向けのシューズでも、履き心地を重視したいものですよね。特に、子供の場合は成長に伴い数年経たないうちにサイ…

redwall / 879 view

この冬も必見!ガウチョパンツ×ブーツの合わせ方をご紹介

ファッションの世界には特定の組み合わせでよりおしゃれに見せることができます。今シーズンのトレンドとして、ガウ…

redwall / 1057 view

突然の豪雨に慌てない!靴の上から履くレインシューズがあった

レインシューズというと、靴単体をイメージしがちですが、実はその歴史を紐解くと普通のシューズの上から履くタイプ…

redwall / 2603 view

関連するキーワード

みっちー

流行のモノや新しい場所が大好き!ママになってもガールな心を忘れず毎日を楽しくすごしたい