1927年にイタリア・フィレンツェにてシューズブランドとして創業した「サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」。

その歴史を振り返り、ハリウッド女優や王侯貴族も愛した靴の中から、オードリー・ヘップバーンのために作られた「オードリー」をご紹介します。

オードリー・ヘップバーンは、生涯フェラガモの靴しか履かなかった!

オードリー・ヘップバーンは、生涯フェラガモの靴しか履かなかった!

サルヴァトーレ・フェラガモの靴屋としての歴史

サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)氏

サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)氏

サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)は、なんと11歳で靴屋を開業します。

そして15歳の時に、靴の大量生産に成功していたアメリカに渡りボストンの工場で働き始めます。
しかし機械で大量生産される靴に失望し、わずか2週間で辞めてしまいます。

その後兄たちが住んでいたカリフォルニアへ移り、そこで兄弟で靴屋を開業しました。

映画関連の靴の制作を請け負うようになり、24歳で兄たちから独立し「ハリウッド・ブーツ・ショップ」という店舗をオープンしました。

サルヴァトーレの作る靴は、マリリン・モンロー、オードリー・ヘプバーン、ソフィア・ローレンといったハリウッド女優たちから大変評判でした。

そして大成功を収め、「スターの靴職人」と名声を得ます。

また、足を痛めない靴を製作するため、南カリフォルニア大学で解剖学を修めました。

サルヴァトーレ・フェラガモ、フィレンツェで開店!

妥協は決して許さなかった、サルヴァトーレ・フェラガモ

妥協は決して許さなかった、サルヴァトーレ・フェラガモ

その後、27歳でイタリアに戻ったサルヴァトーレは、フィレンツェのマリネ通りに「サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」をオープンします。

当時、イタリアでも機械を使った靴の大量生産が行われていましたが、サルヴァトーレは品質の妥協を決して許しませんでした。

工員をたくさん雇い、それぞれに専門部分を受け持たせる「流れ作業方式」でしたが、すべての工程は手作業で行いました。

その後世界大恐慌や第二次世界大戦などいくつかの危機もあり、倒産したこともありました。

それでも王侯貴族や有名人も含めた多くの顧客は、その履き心地のよさを求めフェラガモは復興したのです。

サルヴァトーレ・フェラガモ、靴作りの信条

「フラットフォームソール」は今で言うウェッジヒールのこと

「フラットフォームソール」は今で言うウェッジヒールのこと

出典:rococo

「見えない靴」

「見えない靴」

出典:rococo

サルヴァトーレ・フェラガモの靴作りの信条は、流行を追い求めるだけでなく、足にフィットする履き心地の良い靴を作ることでした。

サルヴァトーレ・フェラガモは、顧客の足に触れただけでその人物の体調も分かったとも言われています。

そのためサルヴァトーレ・フェラガモは、誰もが考え付かない形状や素材を利用した靴を生み出しました。

甲部を透明なナイロンの糸で作った「見えない靴」、波状の「ウェッジ・ヒール」、「フラットフォームソール」などを発表し、350もの特許を取得しています。

オードリー・ヘップバーンのために作ったバレエシューズ

履き心地を重要視するサルヴァトーレ・フェラガモの靴は、代表的な「VARA(ヴァラ)」をはじめフラットシューズが多いですよね。

そんなサルヴァトーレ・フェラガモが、1950年代に女優オードリー・ヘプバーンのためにデザインしたバレリーナシューズがあります。

その名も「オードリー」。
ストラップが付いた上品なフラットのバレエシューズです。

高いヒールのきらびやかな靴もあこがれますが、きちんと歩けるどこに履いていっても恥ずかしくない気品ある靴。

これこそ一足は持っておきたい、たしなみある女性のための靴ですね。

まとめ

サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)の歴史と、オードリーヘップバーンのために作られた靴をご紹介しました。

一足の靴を歴史から見ていくと、また違った印象になりますね。

「オードリー」でヘップバーンのようなステキな女性に少しでも近づけるようになりたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

女性達のハートを鷲掴み!武井咲主演「せいせいするほど愛してる」で注目された靴ブランド…

武井咲主演のドラマ「せいせいするほど愛してる」では第一回でマノロブラニクの靴をプレゼントされ話題になりました…

kirakira / 2324 view

アメリカ人は朝起きたら必ず靴ひもを結ぶ!?海外の靴に関する興味深い風習とは?

欧米では靴を履いた状態で家に出入りするのが一般的ですが、何故そのような土足文化が根付いたのでしょうか。 こ…

hamunida / 2655 view

一足の靴を分け合うことが愛の印!?古代エジプトにおけるサンダルの存在とは?

現在世界中で多くの人に好まれている履物・サンダルのルーツは、古代オリエント世界にあるといわれています。

papilio / 1683 view

なんで日本文化では脱いだ靴を端に寄せるのか?

子供の頃から脱いだ靴を端に寄せるとは言われていましたが、なぜそのような文化になったのかなど世界と違う日本の靴…

kutsukutsu / 979 view

スラリ美脚は永遠の憧れ♡日本人の足が短いと言われてしまうのはなぜ?

アジア人は欧米人に比べてスタイルが悪いと良く言われていますが、日本人は足が短く、幅が広い人が多いと言う話は本…

mashroomcat / 10430 view

始まりは1906年創業の小さな矯正靴の製造メーカ。「N」のロゴが象徴的なニューバラン…

「N」のロゴが象徴的1906年創業のニューバランスの歩みをご紹介します。

polskamii / 1087 view

3本線で有名なアディダス!アディダスの3本線はどうやって生まれたの?

アディダスは、アディダス女子、男子という言葉が生まれるほど愛されているブランドです!そのアディダスの特徴とい…

mayuripon / 2960 view

レザーサンダルがほしいならエモジオーニ(Emozioni)!そのこだわりは”素材”で…

レザーサンダルが有名なブランド、エモジオーニ。実は使っている素材にこだわりがあるんです!

mayuripon / 3717 view

世界で見る!「靴習慣」の日本との違いとは

国によってそれぞれ靴習慣の文化が変わってきます。日本との違いをそれぞれ国別に見ていきましょう。

mayuripon / 1075 view

ブランドの始まりは実は兄弟喧嘩だった!?世界的スポーツブランド「プーマ(PUMA)」…

プーマはドイツの小さな町に設立されたダスラー兄弟商会から始まりました。プーマの歴史をご紹介します。

polskamii / 1716 view

同じセンチ表記でも日本とヨーロッパでは大きさが違う!?靴のサイズの謎を解説!

海外でいい靴を見つけたとき、サイズを確認しようとして戸惑ったことはありませんか?また輸入物を扱うお店でも同じ…

ゆか / 7375 view

アメリカの土足文化の謎!その理由を徹底分析!

家でも靴を履いて生活をするアメリカ。日本では考えられないことですよね。なぜアメリカは土足文化なのか。本日はそ…

mayulu / 10192 view

光沢が最大の特徴のエナメルシューズ!エナメルはなぜ光沢があるの?

独特の光沢があるエナメル革のシューズ。でも、なぜエナメル革はこんなにも光沢があるのでしょう。エナメルシューズ…

pointow / 1105 view

靴についてもっと詳しくなりたい方へ。1870年代の靴の歴史

日本ではどのようにして靴が伝わったのか、1870年代の靴の歴史を学んでみませんか?

mayuripon / 2741 view

妥協なく選びたい真冬の靴!ウールリッチの機能性

創設されたのはなんと今から185年も前のことでした。冬に欠かせない機能性を持ったイギリスが生んだマンモスブラ…

mashroomcat / 1023 view

kirakira

ファッション・コスメ・旅行が大好き。大人かわいい女子になりたい!