ビジネスシューズのルーツは森にある

危険が潜む森の中で戦う為の靴

危険が潜む森の中で戦う為の靴

戦う為には早く走り、長くを踏破しなければなりません。

ビジネスシューズのルーツであるゲルマン人達の革のブーツは、足元に何があるか分からない森の中で長く歩き続け、獲物を見つけては走って追いつめる為にぴったりの丈夫さと保温性を持っていました。
革製である点にも注目したいですね。
狩猟によって仕留めた動物の革を使えるという点もありますが、やはり布製などよりも圧倒的に耐久力があったというのが大きいです。
雨などの水にも強く、布製に比べて破れづらいのは森を歩くのに最適です。

やがてその高い機能性は多くの民族に広まり、どんな場所でも戦う男たちの定番の靴となったのです。

ブーツからシューズへと切り替わる

環境に対応しやすいブーツ

環境に対応しやすいブーツ

ビジネスシューズとしてのブーツは最近は再び見直されています。

ブーツは様々な環境に対応しやすく、また足首までがっちりと守ってくれるので実用性は高いのですが、いかんせん着脱に時間が掛かってします。
そのため、狩りへ出掛けるような時代が終わり、農耕や畜産が中心となり、今のように街で歩くための革靴として、ブーツから短靴へと変わっていきました。
やはり、ブーツでは忙しいビジネスマン向きとは言えませんし、また暑い地方、乾いた土地ではさすがにブーツは使い勝手が悪いという欠点もあり、街でビジネスを行う人達を中心にビジネスシューズは基本的に短靴が主流となりました。

戦う場所が森から街に変わった事で、今のビジネスシューズのような形状が主流になったということですね。

日本でのビジネスシューズの始まり

今でこそ、日本においてもビジネスシューズは一般的なシューズとして存在していますが、日本では靴自体の歴史が西洋に比べると浅いと言われています。
江戸時代後期から明治にかけて、諸外国との交流によって靴が輸入されるようになりましたが、富裕層やその時代で言えば西洋好きな人の間で使用されていた程度でした。
しかし、大正時代から一気に工業化社会が進み、ビジネスシューズは一般にも広がりを見せました。

その頃のビジネスシューズでは、牛革などはまだまだ高価で、代替革としてサメやクジラの革を使ったシューズが安価で広まっていました。
サメやクジラのシューズってなかなか想像できませんよね。
その後、工業化が進み製造の簡単になり、また畜産業が大きくなったことで日本でも牛革などを使ったビジネスシューズが一般的にも使われるようになりました。

森や平野で戦う男の靴から街で戦うサラリーマンの靴へ

中世の時代から戦う男の足を守り続けたビジネスシューズ。
今でも戦う場所は違えども、ビジネスシーンで戦うサラリーマンの必需品として大きな価値を持っています。
森ではなく、ビル街というコンクリートジャングルであちこちへと歩き回るサラリーマンの足を守るという大事な役割を持ったビジネスシーンは、戦う男のためのシューズと言えるでしょう。

まさに、ビジネスシューズの歴史は戦う男の歴史でもあるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ブラジル発のラバーシューズ!メリッサのコラボ商品から目が離せない♡

軽くて汚れがついてもサッと拭き取るだけで綺麗になっちゃうキュートな靴メリッサをご存知ですか?大物デザイナーが…

mashroomcat / 963 view

高レベルの製法なのにレザーの張替えが簡単!グッドイヤーウェルト製法のジェニット(GE…

今ではメジャーになっているグッドイヤーウェルト製法ですが、特にジェニットの製品でその良さを実感できます。そん…

pointow / 3212 view

足元に翼を!ジャケットスタイルに合わせてかっこいい種類の靴!ウィングチップ

今回はよりカジュアルな場面で活躍する種類の靴「ウィングチップ」について紹介します。

kutsukutsu / 857 view

美しいだけでなく、履き良い「HOSHINO」のオーダーメイド靴

「もう他の靴は履けない」「何ヶ月待ってでも、ここの靴がいい」。予約があとを絶たない婦人靴のオーダーメイドブラ…

シューズボックス編集部 / 5311 view

ハートの靴で恋の運気UP!RANDAから登場したバレンタインシューズが、かわいすぎる…

普段は恥ずかしくてなかなか言えない“I love you”を、足元でさりげなく表現してみませんか? 会った瞬…

kirakira / 433 view

ラクに歩けて、美しい。ムーンスター「SUGATA(スガタ)」シリーズより、 初夏のコ…

働く女性が「毎日履きたい靴」。女性の足にやさしく、正しい歩行と姿勢をサポートするパンプスの第2弾が2018年…

kirakira / 639 view

英国の老舗シューメーカー「JOSEPH CHEANEY」のストックオーダーサービスが…

「英国のストーリーあるライフスタイル」をお届けしている、BRITISH MADE(ブリティッシュメイド)にて…

kirakira / 573 view

海外の人はヒールを滅多に履かない!?靴ファッションの日本と海外の違いとは

靴のサイズ表記は日本と海外では違う…!? 海外の人はヒールを滅多に履かない…!? 意外と知らなかった!靴のフ…

little flower / 5276 view

モカシンシューズといえばこのブランド⁉︎クオッディーの注目すべきポイント。

モカシンシューズの歴史は意外と長く、既に100年以上も前に誕生しています。そのモカシンシューズの第一人者とも…

pointow / 1065 view

女性ファッション誌で大注目!CHEMBUR(チェンバー)の靴は女性の強さと優しさを表…

メディアで注目されている、日本発のシューズブランド「CHEMBUR(チェンバー)」。フラットシューズもパンプ…

kirakira / 4416 view

ストレートチップは美意識の高い男性が履く!こだわりのある大人の男性の見分け方

ビジネスマンの革靴にはディテールへのこだわりが詰め込まれているものが多いんです。その一つの種類、ストレートチ…

mashroomcat / 3221 view

テニスをしている時に履ける靴の種類は決められているの?

テニスのグランドスラム大会、選手の服装はますますオシャレになるばかりですが、この公式戦、服装に厳しいルールが…

mashroomcat / 1890 view

スニーカーの履き心地&ビジネス靴のソリッドさを併せ持つ新感覚のドレススニーカーはこれ…

その名もドレススニーカー!ビジネス用のローファーって履いてて疲れませんか?サラリーマンにとって毎日使うものだ…

kojihei / 2633 view

まるで月面を歩いているような履き心地!コールハーンが採用するこだわりのクッションとは

ビジネスブラントとして人気を誇るアメリカのファッションブランド“コールハーン(Cole Haan)”からおす…

little flower / 2567 view

シンプルなビジネスシューズのプレーントゥ!内羽根と外羽根は何が違うの?

プレーントゥはビジネスシューズの中で最もシンプルな靴です。強い個性を持たないがゆえに多用途に使える靴でもあり…

mojisan / 2829 view