古くから使われている革製品の代表素材「牛革(カウレザー)」

革製品といえば、やはり真っ先に思い浮かぶのがこの「牛革(カウレザー)」ですよね。
実際、古くから使われており、最も利用されている革です。
牛革とひとくちに言ってもその部位や牛の年齢で様々です。
一般的に牛革というと、生後3~6か月以内に去勢した2歳以上のオス牛の皮を用いた「ステア」というものになります。

高級シューズにおいても、その多くで牛革が使われています。
非常に耐久力に優れて丈夫であり、お手入れも簡単ですし、去勢された牛ですので暴れることもなく革に傷が少なくてきめ細かい美しい革とされています。

特に表記がなくただ「レザー」となっている場合はこの牛革で間違いありません。

レザーの定番の一つ「馬革(コードヴァン)」

独特な味わいがある!

独特な味わいがある!

牛革について、多くの革製品で使われているのがこの「馬革(コードヴァン)」です。

コードヴァンは正確には馬の臀部から採取される革のこと指します。
どの馬の臀部でも良いわけではなく、フランスなどの農耕馬からのみ摘出できる革になります。
よって、非常に希少価値が高く、「皮の宝石」とも称される高級皮革です。

空気も通さないほど緻密で丈夫、美しい光沢が特徴。
高級シューズでよく使われる素材で、履きジワが綺麗に且つ大胆に出てくるので、独特の味わいがあります。

履けば履くほどその味わいは深くなり、唯一無二のシューズとなることでしょう。

最高素材と言われる「カーフレザー」

高級シューズに使われる皮革というものは最高素材であることがほとんどです。
そんな最高素材の革と言われているのがこの「カーフレザー」です。
カーフレザーとは、生後6か月以内の子牛の皮をなめしたもので、先にご紹介した牛革に比べて非常にキメが滑らかで美しく、更に傷も少ないものです。

私たちが触っただけでな通常の牛革との違いはわかりづらくありますが、足への馴染み具合やしなやかさに関しては、段違いの良さを発揮します。
艶をよく見ると牛革よりもきめ細かいものであることがわかるかと思います。

まさに最高級なシューズにピッタリの革といえます。

起毛した表面が特徴の「バックスキン」

高級シューズの定番である革靴には、上記で紹介したツヤのあるものだけでなく、この画像のように起毛したものもありますよね。

一般的に起毛した革はスエードやヌバックですが、それらは牛革の裏地を使ったものです。
しかし、このバックスキンは牡鹿の革のことです。
「バック」で裏地をイメージしがちですが、このバックは「BUCK(雄鹿)」を意味します。
このバックスキンは今では本当に希少になっており、その代替としてスエードやヌバックが使われているのです。
しかし、バックスキンはそれらよりもきめ細かい起毛が特徴で、起毛した高級シューズはほぼバックスキンを使っているといえるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

何気なく履いているデッキシューズ!その歴史を紐解いてみました

簡単に履けるデザインが特徴的なデッキシューズ。なんとなく履いている人も多いのではないでしょうか?ですが、その…

ももぷに / 2187 view

発祥はオーストラリアじゃなくて南カルフォルニア!?アグ(UGG)の意外な真実とは

寒い季節になると、シューズショップで販売されている人気のアイテムにムートンブーツがあります。今回はムートンブ…

cororoizm / 887 view

子ども靴専門店ができたのはいつ?子ども靴の歴史について掘り下げてみる

日本に革靴の文化がはいってきたのが明治時代と言われています。では子ども靴はいつから一般化したのでしょうか?子…

kirakira / 1006 view

靴好きが見ておきたい靴がテーマの映画5選

靴は女性を惹きつけてやまない魅力があります。そんな素敵な靴をテーマにした映画作品を観て、うっとりしちゃいませ…

みゆみゆ / 4117 view

足の正しいサイズの測り方知ってますか?正しいサイズでフィットしたシューズを履こう!

シューズのサイズ選びって難しいですよね。特に海外製のシューズの場合、日本とは表記が違っていてわかりづらかった…

pointow / 1632 view

人前で靴を脱ぐのは恥ずかしい!?日本人驚きのドイツの靴文化とは?

住む場所が違えば文化も違うとはよく言いますが、ドイツの靴文化は日本とはどう違うのでしょうか?

erin / 1900 view

靴を脱ぐと失礼にあたることも!?国が変われば靴に関する風習も変わる

日本では家に入るときは靴を脱ぐことが当たり前ですが、海外では失礼だとされることもあります。国によって文化は大…

bontaku / 1681 view

シューズ選びにおける日本と欧米との違いとは?実はこんなに違うんです

ファッションの本場といえば欧米ですよね。アメリカ、イギリス、フランス、イタリア……様々なファッションの源流と…

hamunida / 1938 view

クッション性に優れているエンジニアブーツが人気。100年以上前に小さな町工場で誕生し…

履けば履くほど足に馴染む靴を販売している老舗ブランド「レッドウィング」長く愛されているブランドの魅力をご紹介

cororoizm / 1107 view

あのワニの由来は創業者のニックネームだった⁉︎丈夫さとデザイン性を兼ね備えた靴を展開…

ひとりのテニスプレーヤーから始まった、80年以上続くポロシャツが人気のスポーツブランド「ラコステ」のファッシ…

cororoizm / 995 view

世界で見る!「靴習慣」の日本との違いとは

国によってそれぞれ靴習慣の文化が変わってきます。日本との違いをそれぞれ国別に見ていきましょう。

mayuripon / 1192 view

日本の靴の歴史とともに歩み続けて110年 「履きよさは、美しさ。」を追い求める「銀座…

日本の靴の歴史を語る上で欠かせない「銀座ヨシノヤ」。1907年の創業以来、「履きよさは、美しさ。」をテーマに…

シューズボックス編集部 / 2229 view

世界初!バスケットボールシューズはCONVERSE(コンバース)から始まりました

コンバースの歴史は古く1908年に遡ります。ラバーシューズの発売とともに、圧倒的な支持をされるようになりまし…

ももぷに / 13466 view

「恋人に惚れるような感覚」元貴乃花の息子さんが魅了された靴職人という仕事

元横綱・貴乃花親方と元アナウンサーの花田景子さんの息子・花田優一さんは現在靴職人です。靴職人とは一体どのよう…

kirakira / 1335 view

丈がくるぶしより短いか長いか!意外と知らないシューズとブーツの意外な境い目

突然ですが…「シューズ」と「ブーツ」の違い、みなさんは御存知ですか?両者の区別は、ココを見れば簡単につくんで…

papilio / 4251 view

pointow

最近シューズに目覚め始めました!