ご存知でしたか?
アディダスもプーマもドイツの小さな町に設立された「ダスラー兄弟商会」から始まりました。
今回はプーマの歴史をご紹介します。

1920年ドイツの小さな町「ヘルツォーゲンアウラハ」でスタート

現在のヘルツォーゲンアウラッハの街風景

現在のヘルツォーゲンアウラッハの街風景

アドルフとルドルフの2人のダスラー兄弟は、靴工房を運営した父の薦めで、靴工房で靴職人の見習いを始める。その後、独立し、1920年、ダスラー兄弟商会設立。

最初の商業的成功は1928年にアムステルダムで開催された夏季スポーツの祭典。大多数のドイツ人アスリートがダスラー製のスパイクを着用しました。
1936年にはジェシー・オーエンスがダスラー製スパイクを履き、ベルリンで開催された夏季スポーツの祭典で4つの金メダルを獲得。
次々とダスラー製のシューズをはいたアスリート達が好成績を収め、ダスラーの名がスポーツ界で知られるようになっていきました。

1948年兄弟喧嘩により、兄弟は別々の道へ

兄と弟。別々の道で成功を収める

兄と弟。別々の道で成功を収める

出典:urainfo429

1948年兄弟喧嘩を機にアディダス、ルドルフの兄弟は独立を決意。アドルフはアディダス、ルドルフはルーダを設立。ルーダは1949年、プーマへとブランド名を変える。プーマの由来はアメリカライオンのピューマから。(ただしプーマのロゴはチーター)

分裂から間もなく、ねじ込み式スタッドを備えたサッカースパイクの開発に成功。1952年には世界初のねじ込み式スタッドスパイクである“スーパーアトム”を発売し、サッカー界の注目を集めました。
その後も陸上界、テニス界、バスケットボールと、様々な分野のスポーツにおいて靴を提供。多くのトップアスリート達に愛されてきました。

スポーツだけではない!ハイファッションとのコラボレーションに積極的

フェラーリ×プーマのコラボもあり!

フェラーリ×プーマのコラボもあり!

様々なブランドとコラボをして、楽しませてくれるプーマに今後も期待です!

ファッションデザイナーとのコラボレーションを積極的に行いこれまでミハラ ヤスヒロ、アレキサンダー・マックイーン、ニール バレット、CABANE de ZUCCaなどとコラボレーションを行っている。

記憶に新しい2014年のブラジルにおけるサッカーの祭典では8つの異なる代表チームがプーマの「PWR ACTVを用いたユニフォーム」を着用。画期的な新モデルであるピンクと青の色鮮やかなサッカースパイク“トリックス”は大会全試合中72%で着用され、またもや人々の注目を集めました。

まとめ

1920年にドイツの小さな町から兄弟でスタートしたダスラー兄弟商会から、喧嘩を転機に独自のシューズを開発してきたプーマ。
スポーツ界で現在も大きなシェアを占めるだけでなく、ハイファッションとのコラボレーションにも積極的で、そのファッション性も注目されています。
アスリートから、一般の方まで楽しめるプーマブランドに今後も期待です♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

明治から現代まで!デザインも用途も進化を遂げた日本の靴の歴史

日本人が今のような洋式の靴を履くようになったのは、おおよそ150年前からです。時代とともに靴は進化していき、…

bontaku / 941 view

海外の履きこなしもお手本に!韓国のオシャレスナップ特集

韓国のファッションも日本とは通ずるものがあり、韓国のショップは日本でも大人気なんです!そこで今回は韓国のオシ…

mayuripon / 1616 view

近いようで実は知らない!?ベトナムやマレーシアで人気のシューズブランドは?

近いようでなかなか知らない東南アジア。同じアジア圏だけど、実際のところはよく知らないという方も多いのではない…

kojihei / 2501 view

マイワリサやシューララは日本でも人気♡高温多湿な東南アジアは可愛いサンダルがいっぱい…

東南アジアは日本よりも暖かく、かつ雨も多い気候なので、蒸れずに水はけもよいサンダルが大人気。日本でもファンが…

cocotan / 1864 view

朝ドラ「べっぴんさん」で注目!靴職人の仕事ぶり

NHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」で市村正親さん演じる靴職人が話題となっています。今回はそんな靴職人の…

kirakira / 1585 view

人類最古の靴は紀元前3500年!では靴下は一体いつからあったの?

靴はどのようにして生まれたものなのか、靴の原点学んでみませんか?

mayuripon / 1213 view

アメリカの土足文化の謎!その理由を徹底分析!

家でも靴を履いて生活をするアメリカ。日本では考えられないことですよね。なぜアメリカは土足文化なのか。本日はそ…

mayulu / 9966 view

海外ではシューズをどうやって履きこなす?日本とはまた違ったオシャレスナップを大公開!

海外のファッションは世界の最先端。日本でも真似できそうな、オシャレスナップをご紹介します!

mayuripon / 1073 view

世界初!バスケットボールシューズはCONVERSE(コンバース)から始まりました

コンバースの歴史は古く1908年に遡ります。ラバーシューズの発売とともに、圧倒的な支持をされるようになりまし…

ももぷに / 12120 view

3月15日が靴の記念日に制定された理由とは?それは日本の靴のルーツにあった!?

靴の記念日は3月15日です。「くつ」という語呂は関係ないのになぜその日なのでしょうか?日本の歴史にその答えは…

erin / 2871 view

人前で靴を脱ぐのは恥ずかしい!?日本人驚きのドイツの靴文化とは?

住む場所が違えば文化も違うとはよく言いますが、ドイツの靴文化は日本とはどう違うのでしょうか?

erin / 1715 view

サイズ違いが時代を動かした!?1870年に造られた日本初の西洋式の靴工場の設立の秘密…

西洋式の靴工場が日本で初めて造られたのは、1870年のことでした。この西洋式の靴工場について調べました。

mokona- / 964 view

日本の靴の歴史とともに歩み続けて110年 「履きよさは、美しさ。」を追い求める「銀座…

日本の靴の歴史を語る上で欠かせない「銀座ヨシノヤ」。1907年の創業以来、「履きよさは、美しさ。」をテーマに…

シューズボックス編集部 / 1889 view

足元を見ればその人がわかる!デキル自分を演出するには靴のお手入れから

デキル人は、靴にもちゃんと気配りします。 相手がどんな靴を履いているかを見れば、おおよその経済力や社会的地位…

papilio / 1961 view

誰もが知るブランドのロゴマークナイキの「スウッシュ」はたったの35ドルだった?

世界のスポーツブランド「ナイキ」のロゴマーク「スウッシュ」の誕生秘話と、その歴史をご紹介します。

polskamii / 3268 view

関連するキーワード

polskamii

海外はポーランドで生活しています。
美容・ダイエット・医療・ファッションと様々な分野でライター活動をしています。
皆さまのお役に立つ情報を発信していきます。