大定番!スニーカーでよく使われる「オーバーラップ・アンダーラップ」

最もよく見る靴ひもの結び方

最もよく見る靴ひもの結び方

出典:winterzeit

靴ひもの結び方といえば、まず思い浮かべるのがこの形なのではないでしょうか。
右足がオーバーラップで左足がアンダーラップです。
スニーカーなどのカジュアルシューズでよく見られる結び方ですね。

オーバーラップとアンダーラップの違いは、上から通すか下から通すかの違いです。
名前の通り、オーバーラップは上から、アンダーラップは下から通していきます。
フィット感に優れた結び方でこのようにハイカットのシューズにぴったりです。

しかし、いかんせんカジュアル気味の結び方ですので、フォーマルな場面での使用は控えたほうがいいです。

ビジネス・ドレスシューズ定番の結び方「パラレル」

革靴の結び方でよく目にするのがこのパラレルです。
左右の穴にまっすぐひもが通っていて、とても綺麗に見るのが特徴で、ビジネス・ドレスシューズでよく使用されています。

結び方は、まずは一番下の左右の穴に均等な長さになるよう通します。
その後、画像のように交互に1つ飛ばしで上に進んでいくイメージです。
スニーカーでやると、この例のように綺麗に見せるのが難しいですが、左右の羽が狭い革靴などでは、下でクロスされた紐が見えづらいので綺麗に見えます。

弾力性に富んでいる結び方で、ビジネスで歩き回るビジネスシューズの結び方としてオススメです!
また、オーバーラップやアンダーラップよりもフォーマルな場面に使える結び方とも言えます。

フォーマルな場面に最もオススメな「シングル」

パッと見だとパラレルとの違いがわかりづらいですが、実際はぜんぜん違うやり方なのがこのシングルです。
こちらもドレスシューズなどでよく使われている結び方。

その結び方は、まず左右どちらかの一番下と一番上に下からひもを通します。
下の方に通したひもを少し長めにしておきましょう。
そして、下に通したひもを下から順に左右の穴へと差し込んでいく結び方です。
パラレルよりもシューレースが盛り上がらないのでとてもスマートに見えます。

とてもフォーマルな場面に合う結び方ですので、スニーカーなどよりもドレスシューズなどで使用すると良いでしょう。

遊び心満点!人目を引く「チェッカーボード」

フォーマルな場面でなくて、カジュアルなものであれば、やはり普通の結び方とは違う遊び心ある結び方をしてみたいですよね。
そんな方にオススメなのが、このチェッカーボードです!
画像を見ていただければ分かる通り、ド派手!
名前の通り、チェッカーボードのように格子状に見える結び方です。

これは実は、パラレルから派生したもので、まずは1本でパラレルを作ります。
そして、足首に一番近い右の穴に内から外にひもを通します。
あとはパラレルの水平のひもに縫うように通していけばOK!
最後は、ひもの長さを合わせて2本まとめて結べば完成です。

2色のひもを使えば、画像のようにとてもド派手でカラフルなものになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

足元を見ればその人がわかる!デキル自分を演出するには靴のお手入れから

デキル人は、靴にもちゃんと気配りします。 相手がどんな靴を履いているかを見れば、おおよその経済力や社会的地位…

papilio / 1464 view

2016年秋冬のシューズトレンドをまとめてチェックしておこう!

毎年変わるトレンドは、外してしまうとせっかくのおしゃれも台無しです。2016年秋冬はどんなシューズを履けばい…

kirakira / 3433 view

中国は家の中でも靴を脱がない。その理由は家の造作にあった!

玄関で靴を脱いでから家に入る、これは日本人にとってあたりまえのことですよね。 しかし、中国では靴を脱がずに生…

little flower / 4007 view

足の形は5種類もある!?これこそが日本と海外の靴のサイズの違いを生み出す原因だった?

新しい靴を買ったのに何だか合わない… そんな経験、ありませんか? 自分に合った靴を購入するためには、自分の足…

little flower / 41845 view

意外な共通点がたくさん!トルコは日本と同じ靴文化を持っている?

外国と比べると、私たちの国がいかに特異な文化に溢れているか、驚かされることがあります。しかし、親日国として知…

kojihei / 1511 view

一足の靴を分け合うことが愛の印!?古代エジプトにおけるサンダルの存在とは?

現在世界中で多くの人に好まれている履物・サンダルのルーツは、古代オリエント世界にあるといわれています。

papilio / 1138 view

ドイツ発!3本線がトレードマークの「アディダス」の始まりは兄弟げんかにあった!?

3本線がトレードマークのアディダスの起源は、ドイツの小さな町でした。 アディダスの歴史を見ていきましょう。

polskamii / 1507 view

江戸時代に坂本龍馬が履いていた靴がいま買える⁉︎

坂本龍馬の肖像写真に見ることができる黒いブーツ。 洋式文化も積極的に取り入れていく、彼の風流人としての一面が…

kojihei / 3243 view

始まりは1906年創業の小さな矯正靴の製造メーカ。「N」のロゴが象徴的なニューバラン…

「N」のロゴが象徴的1906年創業のニューバランスの歩みをご紹介します。

polskamii / 736 view

家の中で靴を脱ぐ習慣は日本だけ?他の国はどうなの?

外国からのゲストが、日本のファミリーにホームステイした時。 最初にギャップを感じるのは、玄関で靴を脱ぐ習慣だ…

kojihei / 2313 view

トレーニング用シューズNo.1!Reebok(リーボック)の進化が止まらない!?

トレーニングシューズといえば、リーボックという時代がありました。誰もがリーボックのスニーカーをこぞって履いた…

ももぷに / 622 view

サンダルは3500年前の古代人も使っていた!人類とサンダルの長い関係を知ろう

古代オリエントではすでにサンダルが使われていました。3500年前、それはシュメール人の高い技術によって作られ…

mokona- / 931 view

3月15日が靴の記念日に制定された理由とは?それは日本の靴のルーツにあった!?

靴の記念日は3月15日です。「くつ」という語呂は関係ないのになぜその日なのでしょうか?日本の歴史にその答えは…

erin / 1808 view

流行りは巡り巡る!1950年代から訪れている靴ブーム!

今訪れているブームと同じように、流行りというのは巡り巡るもの。少し前にも靴のブームは訪れていました。一体どん…

mayuripon / 2024 view

オールブラックスのCMでお馴染みのアディダスとプーマは元々は共同経営の一つの会社だっ…

アディダスとプーマ。どちらも世界的スポーツ用品メーカーですが、この二社。実は、もともとは二人の兄弟が経営して…

kojihei / 668 view