大定番!スニーカーでよく使われる「オーバーラップ・アンダーラップ」

最もよく見る靴ひもの結び方

最もよく見る靴ひもの結び方

出典:winterzeit

靴ひもの結び方といえば、まず思い浮かべるのがこの形なのではないでしょうか。
右足がオーバーラップで左足がアンダーラップです。
スニーカーなどのカジュアルシューズでよく見られる結び方ですね。

オーバーラップとアンダーラップの違いは、上から通すか下から通すかの違いです。
名前の通り、オーバーラップは上から、アンダーラップは下から通していきます。
フィット感に優れた結び方でこのようにハイカットのシューズにぴったりです。

しかし、いかんせんカジュアル気味の結び方ですので、フォーマルな場面での使用は控えたほうがいいです。

ビジネス・ドレスシューズ定番の結び方「パラレル」

革靴の結び方でよく目にするのがこのパラレルです。
左右の穴にまっすぐひもが通っていて、とても綺麗に見るのが特徴で、ビジネス・ドレスシューズでよく使用されています。

結び方は、まずは一番下の左右の穴に均等な長さになるよう通します。
その後、画像のように交互に1つ飛ばしで上に進んでいくイメージです。
スニーカーでやると、この例のように綺麗に見せるのが難しいですが、左右の羽が狭い革靴などでは、下でクロスされた紐が見えづらいので綺麗に見えます。

弾力性に富んでいる結び方で、ビジネスで歩き回るビジネスシューズの結び方としてオススメです!
また、オーバーラップやアンダーラップよりもフォーマルな場面に使える結び方とも言えます。

フォーマルな場面に最もオススメな「シングル」

パッと見だとパラレルとの違いがわかりづらいですが、実際はぜんぜん違うやり方なのがこのシングルです。
こちらもドレスシューズなどでよく使われている結び方。

その結び方は、まず左右どちらかの一番下と一番上に下からひもを通します。
下の方に通したひもを少し長めにしておきましょう。
そして、下に通したひもを下から順に左右の穴へと差し込んでいく結び方です。
パラレルよりもシューレースが盛り上がらないのでとてもスマートに見えます。

とてもフォーマルな場面に合う結び方ですので、スニーカーなどよりもドレスシューズなどで使用すると良いでしょう。

遊び心満点!人目を引く「チェッカーボード」

フォーマルな場面でなくて、カジュアルなものであれば、やはり普通の結び方とは違う遊び心ある結び方をしてみたいですよね。
そんな方にオススメなのが、このチェッカーボードです!
画像を見ていただければ分かる通り、ド派手!
名前の通り、チェッカーボードのように格子状に見える結び方です。

これは実は、パラレルから派生したもので、まずは1本でパラレルを作ります。
そして、足首に一番近い右の穴に内から外にひもを通します。
あとはパラレルの水平のひもに縫うように通していけばOK!
最後は、ひもの長さを合わせて2本まとめて結べば完成です。

2色のひもを使えば、画像のようにとてもド派手でカラフルなものになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

靴の歴史が面白い!靴の起源は中世のゲルマン人と言われているのは本当?

冬の靴の必需品であるブーツ。実はコレ、起源は中世のゲルマン人といわれているんです。靴の起源、歴史をご紹介しま…

mashroomcat / 11249 view

なんで日本文化では脱いだ靴を端に寄せるのか?

子供の頃から脱いだ靴を端に寄せるとは言われていましたが、なぜそのような文化になったのかなど世界と違う日本の靴…

kutsukutsu / 885 view

高級靴のルーツは紀元前3500年までさかのぼる!アルメニアの洞窟で見つかった靴とは

2008年にアルメニアの洞窟で発見された牛革製の靴は、調査の結果なんと約5500年も前のものだと判明しました…

papilio / 1391 view

あのワニの由来は創業者のニックネームだった⁉︎丈夫さとデザイン性を兼ね備えた靴を展開…

ひとりのテニスプレーヤーから始まった、80年以上続くポロシャツが人気のスポーツブランド「ラコステ」のファッシ…

cororoizm / 844 view

知られざる靴の歴史!洋式の靴は江戸時代から始まっていた?!

歴史を遡ると、日本の靴のイメージって草履ですよね。でも実は洋式の靴は江戸時代から始まっていました!本日は知ら…

mayulu / 2923 view

始まりは1906年創業の小さな矯正靴の製造メーカ。「N」のロゴが象徴的なニューバラン…

「N」のロゴが象徴的1906年創業のニューバランスの歩みをご紹介します。

polskamii / 1007 view

日本人が靴を脱ぐ習慣は弥生時代からあったってホント!?

日本の家といえば、靴を脱いで上がるものですよね。 普段何気なくしている習慣ですが、そこにはほかの国にはない日…

papilio / 2122 view

環境問題に向き合ったシューズが誕生!接着剤を使わないエコなシューズとは?

環境問題は今や全世界の問題として我々が対処しなくてはならないものです。そんな中、シューズ業界でも環境問題と向…

mayuripon / 798 view

1980年代…あの頃、スニーカーは若者のステータスだった

スニーカーの歴史を振り返ると、日本において広く大衆の靴として認知されたのは、1980年代です。伝説のバッシュ…

kojihei / 1566 view

クッション性に優れているエンジニアブーツが人気。100年以上前に小さな町工場で誕生し…

履けば履くほど足に馴染む靴を販売している老舗ブランド「レッドウィング」長く愛されているブランドの魅力をご紹介

cororoizm / 939 view

「恋人に惚れるような感覚」元貴乃花の息子さんが魅了された靴職人という仕事

元横綱・貴乃花親方と元アナウンサーの花田景子さんの息子・花田優一さんは現在靴職人です。靴職人とは一体どのよう…

kirakira / 1106 view

どんな場所でも履ける!驚きの耐久性を誇るブランド「キーン(KEEN)」がすごい!

足を守ることができるサンダルとして有名なブランド、キーン。その耐久性にはびっくりです!

mayuripon / 1543 view

朝ドラ「べっぴんさん」で注目!靴職人の仕事ぶり

NHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」で市村正親さん演じる靴職人が話題となっています。今回はそんな靴職人の…

kirakira / 1502 view

明治時代の靴はこんなにもオシャレ!1870年頃の紳士淑女が履いていた靴とは!?

1870年(明治3年)日本初の靴工場が造られた年。上流階級の間で履かれていた靴はどんなものだったのでしょうか…

mokona- / 3359 view

近いようで実は知らない!?ベトナムやマレーシアで人気のシューズブランドは?

近いようでなかなか知らない東南アジア。同じアジア圏だけど、実際のところはよく知らないという方も多いのではない…

kojihei / 2377 view