実はアディダスのロゴは複数ある!

アディダスといえば、ロゴが複数あるのをご存じの方は多いかと思います。
上の画像は、アディダスロゴの基本的なものになります。
左下と左真ん中のロゴであれば、私たちの生活の中でもかなり目にする機会が多く、知っている方も多いでしょう。
この2つは目にするけど他の2つはあまり目にしませんよね。

それぞれのロゴには意味があります。
一番上のロゴは、「アディダスというブランドそのもの」を象徴するロゴ。
下左は、「パフォーマンスロゴ」と呼ばれ、当初は高機能素材の商品のみに使用されて、各カテゴリの最高機種「ベスト・オブ・アディダス」を意味していました。
真ん中は、「トレフォイルロゴ」と呼ばれ、画像の中で最も古いロゴで、復刻したシリーズなどに採用されてきました。
一番右は、「グローブロゴ」と呼ばれ、10代・20代向けのカジュアル、ライフスタイルを専門に採用されています。

全てのロゴに共通する3本線

先ほどご紹介したアディダスのロゴ、比べてみるとわかりますが、全てのロゴで3本線が採用されています。
必ずしも直線で同じ長さとは限りませんが、「線が3本入っている」という点に関しては共通しています。

全てで共通して採用されているということで、アディダスの1つのアイデンティティとして確立した存在であることが伺えますね!
「3本線=アディダス」という図式が完全に成立しています。

3本線の由来はデザインではなく機能性だった

この特徴的な3本線は「スリーストライプ」と呼ばれており、今ではしっかりと商標登録をされています。
しかし、このようにアディダスのアイデンティティとも言えるスリーストライプですが、実はもともとデザインとして取り入れられたものではなかったのです!

創業当時、アディダスでは革製スポーツシューズを製造販売しており、その中で履いているうちに中足部が伸びるなどの型崩れが起きるという問題がありました。
そこで、アディダスは革が伸びないように抑制・補強、更にはフィット感を高めるために創設者であるアディ(アドルフ)・ダスラーがバンドをサイドに縫い付けました。
そのバンドがスリーストライプの由来となっています!

デザインではなく機能性から生まれた象徴

このように、アディダスのトレードマークであるスリーストライプは、デザインとして生まれたのではなく、機能面から必要に応じて生まれました。
アディダスといえば、スポーツメーカーですからその製品の機能性というのはとても重要視されています。
補強バンドが元となったスリーストライプは、デザインだけでなく、機能性を重視していたからこそ、このスリーストライプが生まれたといえるでしょう。

ロゴといえば、デザインの分野と思われがちですが、アディダスではそのアディダス製品の機能性を象徴するものとしても、存在しているのですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

サンダルの歴史は古かった!エジプトで紀元前2500年のサンダルを発見

エジプトでは紀元前2500年前のサンダルが発見されています。サンダルの古い歴史。エジプトでの出土品から追って…

mokona- / 1628 view

意外な歴史のこぼれ話。有名靴ブランド「リーガル」の設立にはあの幕末の偉人が関わってい…

私たちが今、当たり前のように履いている靴も、もともとは西洋からの渡来品。それまで日本人は草履や下駄を、外履と…

kojihei / 1457 view

紀元前3,500年前に靴ってあったの!?アルメニアの洞窟で発見された世界最古の靴って…

2008年アルメニアの洞窟内の発掘作業中見つかった世界最古、約5,500年前の革靴とはいったいどんなもの?

mo_mo / 1392 view

意外な共通点がたくさん!トルコは日本と同じ靴文化を持っている?

外国と比べると、私たちの国がいかに特異な文化に溢れているか、驚かされることがあります。しかし、親日国として知…

kojihei / 1512 view

どんな場所でも履ける!驚きの耐久性を誇るブランド「キーン(KEEN)」がすごい!

足を守ることができるサンダルとして有名なブランド、キーン。その耐久性にはびっくりです!

mayuripon / 1130 view

シューズ選びにおける日本と欧米との違いとは?実はこんなに違うんです

ファッションの本場といえば欧米ですよね。アメリカ、イギリス、フランス、イタリア……様々なファッションの源流と…

hamunida / 1144 view

知らないと恥ずかしい!日本文化の作法 玄関先での正しい靴の脱ぎ方

みなさん友人の家に招かれたとき、どのように靴を脱いでいますか?玄関先でのマナー、靴を脱ぐときの正しい作法があ…

mayulu / 2509 view

人前で靴を脱ぐのは恥ずかしい!?日本人驚きのドイツの靴文化とは?

住む場所が違えば文化も違うとはよく言いますが、ドイツの靴文化は日本とはどう違うのでしょうか?

erin / 1235 view

明治から現代まで!デザインも用途も進化を遂げた日本の靴の歴史

日本人が今のような洋式の靴を履くようになったのは、おおよそ150年前からです。時代とともに靴は進化していき、…

bontaku / 694 view

マイワリサやシューララは日本でも人気♡高温多湿な東南アジアは可愛いサンダルがいっぱい…

東南アジアは日本よりも暖かく、かつ雨も多い気候なので、蒸れずに水はけもよいサンダルが大人気。日本でもファンが…

cocotan / 1374 view

欧米人は足が長く、幅が細い人が多い!靴づくりにも反映されているの?

欧米人は足が長く、足の甲も細身中田が多いのが特徴です。当然、その点を意識してシューズ作りがされているわけです…

pointow / 1029 view

インソールにはお米のデザインが?ブラジルで誕生した耐久性の高いハワイアナスのビーチサ…

ハリウッドセレブも愛用!耐久性が高くて歩きやすく疲れにくいと評判!ブラジルで誕生したビーチサンダルの王様ハワ…

cororoizm / 539 view

「恋人に惚れるような感覚」元貴乃花の息子さんが魅了された靴職人という仕事

元横綱・貴乃花親方と元アナウンサーの花田景子さんの息子・花田優一さんは現在靴職人です。靴職人とは一体どのよう…

kirakira / 773 view

靴に関する日本の歴史~中世以降、靴はほとんど使われなかった~

わたしたちが普段当たり前にお世話になっている靴ですが、日本における「靴」の歴史はけっこう浅いんです。

papilio / 847 view

足の正しいサイズの測り方知ってますか?正しいサイズでフィットしたシューズを履こう!

シューズのサイズ選びって難しいですよね。特に海外製のシューズの場合、日本とは表記が違っていてわかりづらかった…

pointow / 980 view

関連するキーワード