土足文化と素足文化

私たち日本人は室内では素足で過ごすという文化があります。
今でこそ、外では靴を履くのが当たり前ですが、その昔は外でも裸足で過ごしていた文化を持っています。
一方、ヨーロッパをはじめとする西洋では、古くから室内でも室外でも靴を履いて過ごす文化が今なお続いています。
それぞれの文化には様々な背景がありますが、実際のところ土足で過ごすこと素足で過ごすことでそれぞれ何の影響があるのか気になりますよね。

特に、健康への影響は気になるところです。

素足で過ごすと健康的?

一般的には健康的と言われる

一般的には健康的と言われる

一般的に「素足で過ごすと健康的」という話は多くの方が聞いたことがあるのではないでしょうか。
足の裏に適度な刺激を与えることで身体にいい影響を与えることができるので、足の筋肉が成長しやすいという面を持っています。
また、足がむくれて靴に締め付けられることもなく、開放された状態を維持することができます。
日本の生活様式は基本的に素足で過ごすことに適しています。
畳や木の床など裸足でも十分安心して過ごせますよね。

ここまで聞くと「素足で過ごすと健康的」というのは間違っていないと思うかもしれません。
確かに素足で過ごすと上記のような影響があります。
しかし、現代社会で素足のままで過ごすというのはなかなか難しいものです。
家の中ならまだしも、外なら小石や熱いコンクリートなどむしろ足を怪我する可能性のほうが高いです。

土足生活での健康への影響

土足では健康にどう影響するのか

土足では健康にどう影響するのか

では逆に、土足文化は健康にどう影響するのか、考えてみましょう。
先ほどの素足を考えると、土足はあまり健康に良くないのでは?と思うかもしれませんが、実はそんなことはありません。

土足文化が古くから根付いている西洋では、足を専門とする医者が存在するほど足の健康に関して気を使っている方が多いのです。
汚く危ない地面から足を守るために作られた靴ですから、それだけ足へのケアを考えられています。
姿勢や歩き方にも影響があるものですから、とても重要視され、健康な足を保つために工夫された靴ばかりです。

これでは、「土足も健康にいいんじゃないか」と思うかもしれませんが、靴を履いていると足の血流が悪くなったり、場合によっては靴ずれでけがをする場合もあります。

現代社会では土足素足両方が大切

以上のように、土足と素足のそれぞれで健康に対する影響はあります。
また、それぞれがデメリットが逆とも言えます。
そこで、現代社会で健康的な足を手に入れるにはどうすればいいかといいますと、「土足と素足、両方で過ごすこと」です。

昼間外で過ごす時は足を保護する意味でも靴を履いて土足で過ごせば、足への負担も大幅に減り怪我などをしなくて済みます。
夜など家にいる時は素足で過ごせば、昼間に血流の悪くなった足を開放でき、室内であれば足への怪我の心配も少なく刺激を与えられます。

今の私たちの生活スタイルそのものだということがわかるかと思います。
その通り、今の私たちの生活スタイルはとても足にいい生活です!
欲を言えば、室内では靴下も履かず完全な素足でいるとよりよいといえるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

シューズの歴史とスポーツの進化を体感!アシックススポーツミュージアムが凄い

日本を代表する競技用スポーツメーカーのアシックス。兵庫県にある本社には一流のアスリートのパフォーマンスを体感…

mayulu / 1411 view

靴で人を傷つけるのはその人に対する最大の侮辱行為!アラブ人が大切にする靴への思い

「靴で人を傷つけるのはその人に対する最大の侮辱行為」そう考えるアラブ人たちは、これまで公の場でも、堂々と相手…

mashroomcat / 1391 view

インソールにはお米のデザインが?ブラジルで誕生した耐久性の高いハワイアナスのビーチサ…

ハリウッドセレブも愛用!耐久性が高くて歩きやすく疲れにくいと評判!ブラジルで誕生したビーチサンダルの王様ハワ…

cororoizm / 770 view

靴ひもの結び方は種類豊富!目的に合わせた結び方を覚えよう!

靴の結び方って実際普段あまり気にしていませんよね?既に紐が結んである靴を買った場合は、それをそのまま使用した…

nyaon / 3662 view

アウトドアシューズやワークブーツが有名なアメリカの老舗ブランド「ウルヴァリン(Wol…

130年以上に渡って愛されるアメリカでブーツで有名な最大級のブランド「ウルヴァリン」についてご紹介します。

cororoizm / 1292 view

あのワニの由来は創業者のニックネームだった⁉︎丈夫さとデザイン性を兼ね備えた靴を展開…

ひとりのテニスプレーヤーから始まった、80年以上続くポロシャツが人気のスポーツブランド「ラコステ」のファッシ…

cororoizm / 944 view

海外ではシューズをどうやって履きこなす?日本とはまた違ったオシャレスナップを大公開!

海外のファッションは世界の最先端。日本でも真似できそうな、オシャレスナップをご紹介します!

mayuripon / 1149 view

足元を見ればその人がわかる!デキル自分を演出するには靴のお手入れから

デキル人は、靴にもちゃんと気配りします。 相手がどんな靴を履いているかを見れば、おおよその経済力や社会的地位…

papilio / 2019 view

妥協なく選びたい真冬の靴!ウールリッチの機能性

創設されたのはなんと今から185年も前のことでした。冬に欠かせない機能性を持ったイギリスが生んだマンモスブラ…

mashroomcat / 1043 view

1980年代…あの頃、スニーカーは若者のステータスだった

スニーカーの歴史を振り返ると、日本において広く大衆の靴として認知されたのは、1980年代です。伝説のバッシュ…

kojihei / 1802 view

ドイツでは人に足の裏を見せてはいけない!その国によって違う靴文化を理解しよう

家の中で靴を脱ぐ日本と異なり、ヨーロッパではほぼ1日中靴を履きっぱなしでいる人が少なくありません。ですから、…

papilio / 5016 view

3月15日が靴の記念日に制定された理由とは?それは日本の靴のルーツにあった!?

靴の記念日は3月15日です。「くつ」という語呂は関係ないのになぜその日なのでしょうか?日本の歴史にその答えは…

erin / 2942 view

知ってました?ドイツにある「人に足の裏を見せるのは失礼」という文化!

家の中に靴を履いたまま上がったら、部屋が汚れる!だから土足でガンガン家の中に上がり込む西洋人より、日本人の方…

kojihei / 3495 view

家の中で靴を脱ぐ習慣は日本だけ?他の国はどうなの?

外国からのゲストが、日本のファミリーにホームステイした時。 最初にギャップを感じるのは、玄関で靴を脱ぐ習慣だ…

kojihei / 3556 view

ブランドの始まりは実は兄弟喧嘩だった!?世界的スポーツブランド「プーマ(PUMA)」…

プーマはドイツの小さな町に設立されたダスラー兄弟商会から始まりました。プーマの歴史をご紹介します。

polskamii / 1757 view

関連するキーワード