土足文化と素足文化

私たち日本人は室内では素足で過ごすという文化があります。
今でこそ、外では靴を履くのが当たり前ですが、その昔は外でも裸足で過ごしていた文化を持っています。
一方、ヨーロッパをはじめとする西洋では、古くから室内でも室外でも靴を履いて過ごす文化が今なお続いています。
それぞれの文化には様々な背景がありますが、実際のところ土足で過ごすこと素足で過ごすことでそれぞれ何の影響があるのか気になりますよね。

特に、健康への影響は気になるところです。

素足で過ごすと健康的?

一般的には健康的と言われる

一般的には健康的と言われる

一般的に「素足で過ごすと健康的」という話は多くの方が聞いたことがあるのではないでしょうか。
足の裏に適度な刺激を与えることで身体にいい影響を与えることができるので、足の筋肉が成長しやすいという面を持っています。
また、足がむくれて靴に締め付けられることもなく、開放された状態を維持することができます。
日本の生活様式は基本的に素足で過ごすことに適しています。
畳や木の床など裸足でも十分安心して過ごせますよね。

ここまで聞くと「素足で過ごすと健康的」というのは間違っていないと思うかもしれません。
確かに素足で過ごすと上記のような影響があります。
しかし、現代社会で素足のままで過ごすというのはなかなか難しいものです。
家の中ならまだしも、外なら小石や熱いコンクリートなどむしろ足を怪我する可能性のほうが高いです。

土足生活での健康への影響

土足では健康にどう影響するのか

土足では健康にどう影響するのか

では逆に、土足文化は健康にどう影響するのか、考えてみましょう。
先ほどの素足を考えると、土足はあまり健康に良くないのでは?と思うかもしれませんが、実はそんなことはありません。

土足文化が古くから根付いている西洋では、足を専門とする医者が存在するほど足の健康に関して気を使っている方が多いのです。
汚く危ない地面から足を守るために作られた靴ですから、それだけ足へのケアを考えられています。
姿勢や歩き方にも影響があるものですから、とても重要視され、健康な足を保つために工夫された靴ばかりです。

これでは、「土足も健康にいいんじゃないか」と思うかもしれませんが、靴を履いていると足の血流が悪くなったり、場合によっては靴ずれでけがをする場合もあります。

現代社会では土足素足両方が大切

以上のように、土足と素足のそれぞれで健康に対する影響はあります。
また、それぞれがデメリットが逆とも言えます。
そこで、現代社会で健康的な足を手に入れるにはどうすればいいかといいますと、「土足と素足、両方で過ごすこと」です。

昼間外で過ごす時は足を保護する意味でも靴を履いて土足で過ごせば、足への負担も大幅に減り怪我などをしなくて済みます。
夜など家にいる時は素足で過ごせば、昼間に血流の悪くなった足を開放でき、室内であれば足への怪我の心配も少なく刺激を与えられます。

今の私たちの生活スタイルそのものだということがわかるかと思います。
その通り、今の私たちの生活スタイルはとても足にいい生活です!
欲を言えば、室内では靴下も履かず完全な素足でいるとよりよいといえるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

冬シューズといえばアグオーストラリア!実は冬用以外のシューズもあります!

アグオーストラリアはムートンブーツを見かけたことのある方も多いのではないでしょうか?冬といえばアグオーストラ…

mayuripon / 535 view

明治時代の靴はこんなにもオシャレ!1870年頃の紳士淑女が履いていた靴とは!?

1870年(明治3年)日本初の靴工場が造られた年。上流階級の間で履かれていた靴はどんなものだったのでしょうか…

mokona- / 2433 view

靴の歴史が面白い!靴の起源は中世のゲルマン人と言われているのは本当?

冬の靴の必需品であるブーツ。実はコレ、起源は中世のゲルマン人といわれているんです。靴の起源、歴史をご紹介しま…

mashroomcat / 8592 view

【日本における靴の歴史】明治時代、洋式の靴はどんなふうに広まったの?

明治時代に入って洋式の靴はどのように日本の人々の間に広まっていったのでしょうか。洋式の靴の歴史について調べて…

mokona- / 4802 view

オードリー・ヘップバーンのために創作!サルヴァトーレフェラガモのバレエシューズ

1927年にフィレンツェで創業した「サルヴァトーレ フェラガモ」。その歴史と、多くのファンを魅了してきた靴の…

kirakira / 7704 view

1980年代…あの頃、スニーカーは若者のステータスだった

スニーカーの歴史を振り返ると、日本において広く大衆の靴として認知されたのは、1980年代です。伝説のバッシュ…

kojihei / 942 view

中国は家の中でも靴を脱がない。その理由は家の造作にあった!

玄関で靴を脱いでから家に入る、これは日本人にとってあたりまえのことですよね。 しかし、中国では靴を脱がずに生…

little flower / 3991 view

足の正しいサイズの測り方知ってますか?正しいサイズでフィットしたシューズを履こう!

シューズのサイズ選びって難しいですよね。特に海外製のシューズの場合、日本とは表記が違っていてわかりづらかった…

pointow / 977 view

家の中で靴を脱ぐ習慣は日本だけ?他の国はどうなの?

外国からのゲストが、日本のファミリーにホームステイした時。 最初にギャップを感じるのは、玄関で靴を脱ぐ習慣だ…

kojihei / 2299 view

シューズの歴史とスポーツの進化を体感!アシックススポーツミュージアムが凄い

日本を代表する競技用スポーツメーカーのアシックス。兵庫県にある本社には一流のアスリートのパフォーマンスを体感…

mayulu / 933 view

昔は足を小さく見せる風習も!日本と異なる中国の靴文化

最近では国内でもたくさんの中国人観光客を見かけるようになりました。中国の独特の靴文化についてまとめました。

kojihei / 2284 view

高級靴のルーツは紀元前3500年までさかのぼる!アルメニアの洞窟で見つかった靴とは

2008年にアルメニアの洞窟で発見された牛革製の靴は、調査の結果なんと約5500年も前のものだと判明しました…

papilio / 1027 view

華族から始まった靴、江戸時代に洋式の靴は履かれていたの!?<日本における靴の歴史>

鎖国をしていた江戸時代に西洋式の靴はいつ日本に入っていたのでしょうか。江戸時代の履物事情も踏まえて調べてみま…

mokona- / 3277 view

明治から現代まで!デザインも用途も進化を遂げた日本の靴の歴史

日本人が今のような洋式の靴を履くようになったのは、おおよそ150年前からです。時代とともに靴は進化していき、…

bontaku / 693 view

サンダルの名称はギリシャから?語源はギリシャ語のSandalionだった!

サンダルは古代オリエントが発祥ですが、現在使われているサンダルという名前はギリシア語が語源となっていました。

mokona- / 1834 view

関連するキーワード