ブラシでほこりを落とす

まず靴のお手入れ出やるべきことは、ブラッシングです。
黒色の革靴は、特にホコリが目立ちやすいので、お手入れの時にしっかりと目に見えるものは落とすようにしましょう。
特に縫い目などの部分は埃がたまりやすいので重点的に行いましょう。

力を入れすぎず、同じ方向に向かってブラシを滑らせるのがポイントです。
力を入れ過ぎると傷になっちゃいますので注意しましょう。

デリケートクリームを使う

しみこみのいい革には、クリーナーを使ってしまうとシミや色むらの原因になる可能性がありますので、この場合はデリケートクリームを使うのがオススメです。
黒の革靴ですと、そういったシミや色むらは目立ちやすいのです。

そこで、普段のお手入れにはデリケートクリームを使うのです。
デリケートクリームというのは、無色のクリームで革靴の色に問わず使用できるクリームです。
布にたっぷりめにクリームを取って使いましょう。そうすることでブラシでは落ちない汚れも落とすことができます。
全体にしっかりとクリームをつけたら、布で乾拭きしておきましょう。

普段のお手入れにはこのクリーム1つあればバッチリと言えるでしょう。

靴クリームを塗る

出典:shutterstock

本格的な革靴のお手入れをする際は、デリケートクリームの後に乳化性の靴カラークリームを塗っていきます。
乳化性の靴カラークリームというのは、その名の通り色のついたクリームですので、黒の革靴をお手入れする際はしっかりと黒のクリームを使いましょう。
他の色を使ってしまうと色が変わってしまいます。
また、ひとくちに「黒」と言っても微妙な色合いの違いがありますので、ご自身の革靴の色にあったものを使いましょう。

円を描くようにしてくるくると塗っているとムラなくキレイに塗ることができます。
ここで、根気よくキレイにムラなくクリームを染み込ませていくと、どんどん靴にツヤが出てきます。
色落ち部分や色が全体的に褪せてしまった時には見違えるほどキレイになるんです。

黒というシンプルな色だからこそ、このツヤというのが大切になってきます。
ツヤの全くない乾いたような革靴を履いていると「この人は靴の手入れをしていないのでは?」と思われてしまいます。
しっかり、クリームを馴染ませてキレイなツヤを出しましょう。

そして、全て塗ったら布で乾拭きしてください。

仕上げにブラッシングをする

靴カラークリームを塗った後は、またブラッシングです。
細かいところに挟まったクリームなどをブラシで取るように部分的にブラッシングをしてください。
革の縫い目やデザインによっては穴があったりしますので、そうした部分にクリームが固まっていることもありますので、しっかり落として馴染むようにしましょう。

そして、最後にキレイな布で全体を拭き取りましょう。

ビジネスからプライベートまで毎日のように履く黒い革靴。
履けば履くほどいい色合いを出してくれる革靴ですが、黒というシンプルな色だからこそ、しっかりとした手入れが大切になります。

今回紹介したお手入れ方法を実践して、大切な黒い革靴を長くキレイに使っていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ファン必見!レッドウィングブーツのお手入れ方法をご紹介

超有名ブーツブランドとして、レッドウィングがあります。圧倒的にオシャレなブーツは、多くのファンを獲得するブラ…

albirexxx / 2523 view

基本中の基本!スエード靴お手入れ初心者必見のお手入れ方法

冬らしい素材で男女共に人気のスエード革。あまり靴にくわいsくない方でも使用している方もいるのではないでしょう…

mayuripon / 1180 view

3つの種類を覚えればOK!革靴のお手入れブラシにもう迷わない!

革靴のブラシってどれも同じにみえますよね。選ぶときに困ってしまいがちですが、それぞれの特徴を理解しておけば選…

shibaken17 / 1725 view

泥や砂でジャリジャリ。覚えておきたい子どもの靴の洗い方

どうしてこんなに汚してくるんだろうと思ってしまう子どもの靴。はきつぶして捨てていませんか?きちんと洗って大事…

kirakira / 3071 view

意外と繊細なラバーブーツ、お手入れはどうしよう?

ラバーブーツは、雨の日など特定の条件下でしか履かないものが多いですね。長期間しまいっ放しにした後で「これじゃ…

papilio / 3082 view

デリケートクリームとは?シューズメンテナンスに欠かせない役割は?

革靴の中でも、染みこみの良い革を使用しているとメンテナンスが非常に大変なんです。その中で、デリケートクリーム…

pointow / 1186 view

革靴に付いたシワの取り方ってあるの?

薄いレザーを使用した革靴の場合はどうしてもシワが発生してしまいます。シワはなるべく無い方がスマートで綺麗にみ…

redwall / 43968 view

ストッキングや新聞紙でいいの?身近なもので靴はこんなにも綺麗になる!

靴のつや出しというと専用のものを使わないと出せないと思っていませんか?実は新聞紙やストッキングなど家にあるも…

mayuripon / 3797 view

緑色シューズのメンテナンスはどうすればいいの?ここに注意が必要です!

革靴は総じてデリケートなものですが、その中でもカラー物はメンテナンスの難しさがあります。そんなカラー革靴の人…

mojisan / 3014 view

汚れやすいオイルレザーをしっかりお手入れ!いつもキレイで清潔に

オイルレザーとは、油分を多く含んだレザー靴。ホコリや汚れがつきやすいため、お手入れをしっかりと行うことが大切…

mayuripon / 989 view

厄介な存在!ブーツのカビはしっかり除去しよう

ブーツは厚い素材でできているので、高い防寒性と頑丈性を誇るアイテムです。一方で、防寒性が高いので通気性という…

redwall / 1445 view

ビジネスシューズで差をつける!綺麗にお手入れするとよいメリットとは?

仕事でビジネスシューズを履いているけど最近お気に入りの靴につやがなくてピカピカしていない!どうしてビジネスシ…

cororoizm / 1303 view

しみこみのいい革(緑色の革)のお手入れ用品で靴本来のツヤを取り戻しましょう!

しみこみのいい革(緑色の革)靴のお手入れ用品と、ケアの工程ポイントをご紹介します。

polskamii / 1028 view

長~く履きたい!ロングブーツのお手入れ方法

これからのシーズンは、コーデ全体をまとめてくれるロングブーツが大活躍します。素材にあわせたお手入れが必要にな…

papilio / 2907 view

扱い注意!しみこみのいい革(茶色の革)のお手入れ用品と基礎

染みこみのいい革を使用した「茶色の靴」。 デリケートな革の特性から普通の革とは違うお手入れ用品が必要となりま…

polskamii / 1304 view