ハイヒールって足が細く、そして長く見えてやはりスタイルもよく見えますよね。さらにデザインも素敵なタイプが多く、ついつい、ハイヒールに手を出してしまいがち。

しかし、ヒールが高い靴は体に負担がかかり、足がむくんだり、腰痛の原因になるとも言われています。

果たしてそれは本当なのか、また、足に負担がかからないヒールの高さとは?

など、ちょっと気になるヒールの高さに関してまとめてみました。

浮き指に注意!高すぎるヒールはやはり体のあちこちに負担がかかってしまう!

ヒールの高い靴を履き続けることで起こる体の弊害とは

ヒールの高い靴を履き続けることで起こる体の弊害とは

出典:Jigen tumblr

残念ながら高すぎるヒールはやはり体のあちこちに負担がかかります。

ヒールの高い靴を履き続けていると、背伸びをしている状態が続くことになります。その結果、アキレス腱が短く縮んだ状態になるそう。

しかしヒールを脱ぐと、急にアキレス腱が伸びることになり、アキレス腱とつながっている指の筋肉が引っ張られ、足の指が浮いてしまう状態に。

そしてこれを浮き指と言い、腰痛や膝痛や肩こりの原因にもなっているそうです。

つま先にうまく力がかからない『浮き指』の状態でバランスをとろうとすると膝や股関節に無理がかかってしまい、O脚や膝痛、腰痛につながる可能性があります。
さらに悪化すると、肩こりや頭痛に発展し、自律神経の崩れにもつながってきます。

え?ヒールの高い靴を履き続けると足が太くなってしまうの!!

ハイヒールを履き続けることで足が太くなってしまう場合もあるので注意!

ハイヒールを履き続けることで足が太くなってしまう場合もあるので注意!

さらに足が細く長く見えるはずのハイヒールですが、前述したように浮き指になってしまうと、かかとに重心を置く不安定な歩き方をしてしまい、ふくらはぎや太ももなどの筋肉が不自然に発達してしまうことも。

さらに、筋肉疲労をさせないために今度は脂肪が付き、脚が太くなってしまうそうです。

体に比較的負担がかからないヒールの高さはどれくらいなの?

できれば足や腰に負担がかからないローヒールが◎

できれば足や腰に負担がかからないローヒールが◎

出典:Instagram

では、足に負担がかかりにくい高さは何センチくらいなのでしょうか。

それは、足にあまり負担がかからない高さとしては、3センチ以下が良いそう。

また、ヒールの高さと時間のガイドラインという説によると、ヒールを履いてショッピングや通勤する場合は4センチ以下のヒールを推奨しており、それでも1日4時間以内がベストだそうです。

おわりに

いかがでしたか?足が細く、そして長く見えるハイヒールですが、あまりにヒールの高い靴をずっと履き続けていると逆に足が太くなってしまうこともあるなんて、ショックですよね。

また、太くなるばかりか腰痛や肩こりなど体に悪影響も出てしまうなんて!

そんな事態にならないように、ふだん履くヒールはできればローヒールにして、選ぶ時もきちんとお店まで行き、慎重に足にフィットする靴を選びたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

圧倒的な品ぞろえと豊富な知識で靴の修理を下支えする。靴修理材の卸売店「サーパス浅野」

“あのお店に行けば、欲しいものが必ず見つかる”。リペアショップの職人さんたちからよく耳にする「サーパス浅野」…

シューズボックス編集部 / 641 view

東京マラソンに向けて!おすすめしたい人気スポーツシューズ

毎年2月頃に行われる「東京マラソン」。年々人気が高まっているこのイベントに向け、ジョギングを始める人も多くい…

sunsun / 1554 view

スリッポンだけじゃない!本場オーストラリアではスニーカーやレースアップサンダルが人気

オーストラリアはおしゃれなシューズブランドが多いことはあまり知られていません。そのオーストラリアでは、最近ス…

albirexxx / 1200 view

動物の「皮」が「革」靴になるために必要な化学反応とは?

皮革製品と一口に言っても色々な種類の動物が使われています。また皮を取ったタイミングによっても品質が変わってく…

kutsukutsu / 819 view

最高級のシープスキン使用で暖かい!冬には欠かせないアグオーストラリアの魅力って?

今回はアグオーストラリアについて紹介します。海外セレブにも人気。日本でも冬定番であるのブーツの魅力は一体どの…

shibaken17 / 1536 view

華やかなイテムを続々誕生させる!スポルティバが人気の秘密とは?

山ガールブームもすっかり定着していますが、その中でも続々とおしゃれなアウトドアアイテムが増えています。また、…

kazumin / 1052 view

ガウチョパンツの進化系スカーチョとは?!今季注目のスカーチョ×パンプスコーデ

去年大流行となったガウチョパンツ。今年はさらに進化してスカート×ガウチョの「スカーチョ」が登場!今最も注目を…

mayulu / 2172 view

サイズ難民にオススメ!可愛い小さめ大きめサイズがあるおすすめショップ3選!

小さい、大きい、靴のサイズにお悩みの方いませんか?今回はサイズ豊富なショップ3選、「ORiental TRa…

kirakira / 3170 view

デオドラントスプレーはNG?夏の子どもの足の臭いをしっかりガードする方法

かわいい子どもの足が臭う、悲しいけれど現実です。その臭いは雑菌が原因です。臭いの原因、足の洗い方などケア方法…

みっちー / 2648 view

素足感を実感できる!イノヴェイトのシューズの特徴をご紹介

トレイルランニングのブームに伴い、多くのブランドが新規参入している印象があります。まだ一般知名度は低いものの…

kazumin / 1246 view

安定しているから動ける! 足元から体のバランスを整える「ハッチェリー」のインソール

腰がダルい、肩こりや頭痛がする、膝が痛い……。そんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。身体の不調…

シューズボックス編集部 / 871 view

シーズンオフとなったシューズはどのように片付けるのが正解?

靴の種類によって、着用するシーズンがはっきりしているものがあります。代表例として、夏に履くサンダルがあります…

redwall / 2822 view

ハードなトライアスロンもお任せ!ニュートンのランニングシューズ

スイム・バイク・ランの3つが合わさったハードなイベントのトライアスロン。そのトライアスリートの愛用ランニング…

sunsun / 2114 view

選ぶ時は1サイズ大きいものを!ダイエット効果が期待できるリーボックのイージートーン

ダイエット効果が期待できるとして発売当初から体重が気になる女性の心をつかんできたリーボックのイージートーン。…

hamunida / 6943 view

静電気帯電防止や高所作業用も!安全靴の種類がすごい

安全靴といえば、重いものが足に落ちてきても足を守ってくれる頑丈なシューズです。その安全靴の特徴的な機能を余す…

pointow / 1076 view