海外でいい靴を見つけたり、輸入品を扱っているお店でいいなと思う靴を見かけたりしてサイズを確認しようとして戸惑ったことはありませんか?

え?私の足のサイズは23.5cmなのに、この5とか5.5って何?いったい何cmなの?

と、驚いたこともあるのでは。日本でなら店員さんに聞いたり、またはサイズ換算表が貼ってあることも多いのでなんとかなりますが、英語が苦手な場合は困りますよね。

そこで、日本と海外(アメリカ・イギリス・フランスなどヨーロッパ)の靴の規格サイズに関してまとめてみました。

インチでもアメリカとイギリスではサイズが違う?

どうして同じインチの規格単位なのにサイズが違うの?

どうして同じインチの規格単位なのにサイズが違うの?

日本では靴の規格単位はセンチメートルで表記していますが、アメリカやイギリスは規格単位はインチです。

しかし、同じインチ単位を使用しているはずなのに、困ったことに元となる基準点の考え方が違うので、アメリカとイギリスではサイズが異なってしまうそうなんです。

さらに同じメートル法でも日本とヨーロッパサイズは違うの?

同じメートル法なのに自分のサイズとまったく違うのはなぜ?

同じメートル法なのに自分のサイズとまったく違うのはなぜ?

さらにイギリス以外の多くのEU諸国は、ヨーロッパサイズと言われる欧州サイズを使用していて、これは(cm)センチメートルが規格単位だそう。

あ、(cm)センチメートルなら嬉しい♡

と、喜んだ方、実はヨーロッパサイズのセンチメートルと日本のcmはやはり靴のサイズに対する考え方が違うのでサイズが異なるんです。

なぜ同じセンチメートルの規格単位なのにそんなにサイズが違うの?

日本では足の寸法がそのままサイズとして表記されている

日本では足の寸法がそのままサイズとして表記されている

出典:Instagram

日本では靴のサイズというよりも、足の寸法を日本共通のJIS規格に従って表記してあります。

つまり、足の寸法がが23cmの人の足がに入る靴の表記がそのまま23cmの表示になっています。

ところがヨーロッパサイズでは靴を作る際に使用する型のサイズをそのままサイズとして表記されているので、日本と同じcmの単位を使用していてもサイズが違ってしまうのです。

日本・アメリカ・イギリス・ヨーロッパサイズの比較(男性)

自分の足のサイズが海外だといくつになるのか知っておこう

自分の足のサイズが海外だといくつになるのか知っておこう

出典:Instagram

では、日本とアメリカ、イギリス、ヨーロッパサイズはどのようにして覚えればよいのでしょうか。

男性の場合

日本   :27.0
アメリカ :9
イギリス :8.5
ヨーロッパ:44

となっていて、日本のサイズが0.5cmあがると、

日本   :27.5(+0.5)
アメリカ :9.5(+0.5)
イギリス :9(+0.5)
ヨーロッパ:45(+1)

という風にヨーロッパサイズはプラス1ですが、他は日本と同じように0.5ずつ大きくなったり小さくなったりするので、自分の足のサイズで他の国の単位をだしてみてください。

日本・アメリカ・イギリス・ヨーロッパサイズの比較(女性)

旅先で靴を選ぶ際の目安になるのでメモしておこう

旅先で靴を選ぶ際の目安になるのでメモしておこう

出典:Instagram

こちらは、同じようにレディースサイズです。例えば23.0cmの女性は、

日本   :23
アメリカ :6
イギリス :4.5
ヨーロッパ:36

となっていて、日本のサイズが0.5cmあがると、

日本   :23.5(+0.5)
アメリカ :6.5(+0.5)
イギリス :5(+0.5)
ヨーロッパ:37(+1)

になります。

サイズはあくまでも目安として覚えておくと◎

海外旅行の際などの目安として覚えておきましょう

海外旅行の際などの目安として覚えておきましょう

ただし、これらはあくまで目安です。実は同じそれぞれの国の中でも靴はメーカーなどによりサイズが微妙に異なるそうです。

さらに同じシューズメーカーの中でもデザインでサイズが変わることもあるそうなので、やはり靴は実際に履いてみて買うのが一番よさそう。

おわりに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

靴を脱ぐと失礼にあたることも!?国が変われば靴に関する風習も変わる

日本では家に入るときは靴を脱ぐことが当たり前ですが、海外では失礼だとされることもあります。国によって文化は大…

bontaku / 1369 view

世界で見る!「靴習慣」の日本との違いとは

国によってそれぞれ靴習慣の文化が変わってきます。日本との違いをそれぞれ国別に見ていきましょう。

mayuripon / 954 view

古き良き時代の象徴?サドルシューズってどんな特徴があるの?

2色使いのコンビ靴を見たことは、ないでしょうか?材質や色合いが異なるものを組み合わせて、かけあわせたデザイン…

ももぷに / 4692 view

サイズ違いが時代を動かした!?1870年に造られた日本初の西洋式の靴工場の設立の秘密…

西洋式の靴工場が日本で初めて造られたのは、1870年のことでした。この西洋式の靴工場について調べました。

mokona- / 902 view

ドイツ発!3本線がトレードマークの「アディダス」の始まりは兄弟げんかにあった!?

3本線がトレードマークのアディダスの起源は、ドイツの小さな町でした。 アディダスの歴史を見ていきましょう。

polskamii / 1955 view

意外な共通点がたくさん!トルコは日本と同じ靴文化を持っている?

外国と比べると、私たちの国がいかに特異な文化に溢れているか、驚かされることがあります。しかし、親日国として知…

kojihei / 2315 view

世界で一つのスニーカーも!?「リーボック(Reebok)」はつねに時代の一歩先を行く…

スポーツ愛好家に人気!機能性の高いランニングシューズやウォーキングシューズなどを展開するスポーツブランドとし…

cororoizm / 1057 view

1980年代…あの頃、スニーカーは若者のステータスだった

スニーカーの歴史を振り返ると、日本において広く大衆の靴として認知されたのは、1980年代です。伝説のバッシュ…

kojihei / 1559 view

サンダルの名称はギリシャから?語源はギリシャ語のSandalionだった!

サンダルは古代オリエントが発祥ですが、現在使われているサンダルという名前はギリシア語が語源となっていました。

mokona- / 2369 view

アメリカの土足文化の謎!その理由を徹底分析!

家でも靴を履いて生活をするアメリカ。日本では考えられないことですよね。なぜアメリカは土足文化なのか。本日はそ…

mayulu / 9374 view

ドイツでは人に足の裏を見せてはいけない!その国によって違う靴文化を理解しよう

家の中で靴を脱ぐ日本と異なり、ヨーロッパではほぼ1日中靴を履きっぱなしでいる人が少なくありません。ですから、…

papilio / 4525 view

靴の歴史を検証する!日本人が家の中で靴を脱ぐのはあの足の病気が原因だった?

海外と日本の文化の違いにおいて、よく論じられるテーマが、家の靴を脱ぐ習慣と家の中で土足の習慣。 日本と西欧…

kojihei / 1672 view

家の中で靴を脱ぐ習慣は日本だけ?他の国はどうなの?

外国からのゲストが、日本のファミリーにホームステイした時。 最初にギャップを感じるのは、玄関で靴を脱ぐ習慣だ…

kojihei / 3088 view

あなたの靴は大丈夫?靴をカビから守る方法をご紹介

皆さん、シューズボックスに入れていた靴にカビが生えてしまったなんて経験ありませんか?冷暗所のようなシューズボ…

bontaku / 1204 view

日本の靴の歴史とともに歩み続けて110年 「履きよさは、美しさ。」を追い求める「銀座…

日本の靴の歴史を語る上で欠かせない「銀座ヨシノヤ」。1907年の創業以来、「履きよさは、美しさ。」をテーマに…

シューズボックス編集部 / 1718 view