海外でいい靴を見つけたり、輸入品を扱っているお店でいいなと思う靴を見かけたりしてサイズを確認しようとして戸惑ったことはありませんか?

え?私の足のサイズは23.5cmなのに、この5とか5.5って何?いったい何cmなの?

と、驚いたこともあるのでは。日本でなら店員さんに聞いたり、またはサイズ換算表が貼ってあることも多いのでなんとかなりますが、英語が苦手な場合は困りますよね。

そこで、日本と海外(アメリカ・イギリス・フランスなどヨーロッパ)の靴の規格サイズに関してまとめてみました。

インチでもアメリカとイギリスではサイズが違う?

どうして同じインチの規格単位なのにサイズが違うの?

どうして同じインチの規格単位なのにサイズが違うの?

日本では靴の規格単位はセンチメートルで表記していますが、アメリカやイギリスは規格単位はインチです。

しかし、同じインチ単位を使用しているはずなのに、困ったことに元となる基準点の考え方が違うので、アメリカとイギリスではサイズが異なってしまうそうなんです。

さらに同じメートル法でも日本とヨーロッパサイズは違うの?

同じメートル法なのに自分のサイズとまったく違うのはなぜ?

同じメートル法なのに自分のサイズとまったく違うのはなぜ?

さらにイギリス以外の多くのEU諸国は、ヨーロッパサイズと言われる欧州サイズを使用していて、これは(cm)センチメートルが規格単位だそう。

あ、(cm)センチメートルなら嬉しい♡

と、喜んだ方、実はヨーロッパサイズのセンチメートルと日本のcmはやはり靴のサイズに対する考え方が違うのでサイズが異なるんです。

なぜ同じセンチメートルの規格単位なのにそんなにサイズが違うの?

日本では足の寸法がそのままサイズとして表記されている

日本では足の寸法がそのままサイズとして表記されている

出典:Instagram

日本では靴のサイズというよりも、足の寸法を日本共通のJIS規格に従って表記してあります。

つまり、足の寸法がが23cmの人の足がに入る靴の表記がそのまま23cmの表示になっています。

ところがヨーロッパサイズでは靴を作る際に使用する型のサイズをそのままサイズとして表記されているので、日本と同じcmの単位を使用していてもサイズが違ってしまうのです。

日本・アメリカ・イギリス・ヨーロッパサイズの比較(男性)

自分の足のサイズが海外だといくつになるのか知っておこう

自分の足のサイズが海外だといくつになるのか知っておこう

出典:Instagram

では、日本とアメリカ、イギリス、ヨーロッパサイズはどのようにして覚えればよいのでしょうか。

男性の場合

日本   :27.0
アメリカ :9
イギリス :8.5
ヨーロッパ:44

となっていて、日本のサイズが0.5cmあがると、

日本   :27.5(+0.5)
アメリカ :9.5(+0.5)
イギリス :9(+0.5)
ヨーロッパ:45(+1)

という風にヨーロッパサイズはプラス1ですが、他は日本と同じように0.5ずつ大きくなったり小さくなったりするので、自分の足のサイズで他の国の単位をだしてみてください。

日本・アメリカ・イギリス・ヨーロッパサイズの比較(女性)

旅先で靴を選ぶ際の目安になるのでメモしておこう

旅先で靴を選ぶ際の目安になるのでメモしておこう

出典:Instagram

こちらは、同じようにレディースサイズです。例えば23.0cmの女性は、

日本   :23
アメリカ :6
イギリス :4.5
ヨーロッパ:36

となっていて、日本のサイズが0.5cmあがると、

日本   :23.5(+0.5)
アメリカ :6.5(+0.5)
イギリス :5(+0.5)
ヨーロッパ:37(+1)

になります。

サイズはあくまでも目安として覚えておくと◎

海外旅行の際などの目安として覚えておきましょう

海外旅行の際などの目安として覚えておきましょう

ただし、これらはあくまで目安です。実は同じそれぞれの国の中でも靴はメーカーなどによりサイズが微妙に異なるそうです。

さらに同じシューズメーカーの中でもデザインでサイズが変わることもあるそうなので、やはり靴は実際に履いてみて買うのが一番よさそう。

おわりに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

エコだからこそ!スウェーデンでは靴の修理に対して優遇措置をとる?

エコが叫ばれている昨今ですが、まだまだ大量生産大量消費の社会から脱却できていません。靴も同じ傾向があり、壊れ…

redwall / 1362 view

足の正しいサイズの測り方知ってますか?正しいサイズでフィットしたシューズを履こう!

シューズのサイズ選びって難しいですよね。特に海外製のシューズの場合、日本とは表記が違っていてわかりづらかった…

pointow / 1626 view

靴の歴史を検証する!日本人が家の中で靴を脱ぐのはあの足の病気が原因だった?

海外と日本の文化の違いにおいて、よく論じられるテーマが、家の靴を脱ぐ習慣と家の中で土足の習慣。 日本と西欧…

kojihei / 1988 view

靴を脱ぐことは”はしたないこと”!?ヨーロッパでは寝るとき意外は靴を履いている理由と…

海外に旅行行ったり、海外の映画や小説を読んでいると感じる、日本との文化の相違。特に生活レベルでの違いは、著し…

kojihei / 2882 view

ブランドの始まりは実は兄弟喧嘩だった!?世界的スポーツブランド「プーマ(PUMA)」…

プーマはドイツの小さな町に設立されたダスラー兄弟商会から始まりました。プーマの歴史をご紹介します。

polskamii / 1830 view

世界初!バスケットボールシューズはCONVERSE(コンバース)から始まりました

コンバースの歴史は古く1908年に遡ります。ラバーシューズの発売とともに、圧倒的な支持をされるようになりまし…

ももぷに / 13455 view

知らないと恥ずかしい!日本文化の作法 玄関先での正しい靴の脱ぎ方

みなさん友人の家に招かれたとき、どのように靴を脱いでいますか?玄関先でのマナー、靴を脱ぐときの正しい作法があ…

mayulu / 4051 view

世界で最初に完全防水のブーツを発売!ティンバーランド(Timberland)の高い機…

90年以上に渡って世界中で人気のアメリカ発祥のブランド「ティンバーランド」長年愛される魅力をご紹介します。

cororoizm / 2281 view

中国は家の中でも靴を脱がない。その理由は家の造作にあった!

玄関で靴を脱いでから家に入る、これは日本人にとってあたりまえのことですよね。 しかし、中国では靴を脱がずに生…

little flower / 6682 view

ルブタンからGUまで!2016年秋冬新作レディースシューズ一挙見せ

Christian LouboutinなどのハイブランドからORientaL TRafficなどのプチプラシ…

kirakira / 3241 view

靴にまつわる海外の文化を知ろう!アラブでは、靴で人を傷つけるのは最大の侮辱行為

言葉や食べ物が国によって異なるように、靴にまつわる文化もまた国それぞれ。 アラブでは、靴で人を踏んだり傷つけ…

papilio / 5213 view

明治時代の欧化政策によって始まった洋装文化。日本人が洋式の靴を履くようになった、その…

私たち日本人が西欧のファッションを取り入れ、洋式の靴を履くようになったのは、いったいいつのころからなのか? …

kojihei / 3976 view

どんな場所でも履ける!驚きの耐久性を誇るブランド「キーン(KEEN)」がすごい!

足を守ることができるサンダルとして有名なブランド、キーン。その耐久性にはびっくりです!

mayuripon / 1770 view

1980年代…あの頃、スニーカーは若者のステータスだった

スニーカーの歴史を振り返ると、日本において広く大衆の靴として認知されたのは、1980年代です。伝説のバッシュ…

kojihei / 1961 view

インソールにはお米のデザインが?ブラジルで誕生した耐久性の高いハワイアナスのビーチサ…

ハリウッドセレブも愛用!耐久性が高くて歩きやすく疲れにくいと評判!ブラジルで誕生したビーチサンダルの王様ハワ…

cororoizm / 814 view