海外でいい靴を見つけたり、輸入品を扱っているお店でいいなと思う靴を見かけたりしてサイズを確認しようとして戸惑ったことはありませんか?

え?私の足のサイズは23.5cmなのに、この5とか5.5って何?いったい何cmなの?

と、驚いたこともあるのでは。日本でなら店員さんに聞いたり、またはサイズ換算表が貼ってあることも多いのでなんとかなりますが、英語が苦手な場合は困りますよね。

そこで、日本と海外(アメリカ・イギリス・フランスなどヨーロッパ)の靴の規格サイズに関してまとめてみました。

インチでもアメリカとイギリスではサイズが違う?

どうして同じインチの規格単位なのにサイズが違うの?

どうして同じインチの規格単位なのにサイズが違うの?

日本では靴の規格単位はセンチメートルで表記していますが、アメリカやイギリスは規格単位はインチです。

しかし、同じインチ単位を使用しているはずなのに、困ったことに元となる基準点の考え方が違うので、アメリカとイギリスではサイズが異なってしまうそうなんです。

さらに同じメートル法でも日本とヨーロッパサイズは違うの?

同じメートル法なのに自分のサイズとまったく違うのはなぜ?

同じメートル法なのに自分のサイズとまったく違うのはなぜ?

さらにイギリス以外の多くのEU諸国は、ヨーロッパサイズと言われる欧州サイズを使用していて、これは(cm)センチメートルが規格単位だそう。

あ、(cm)センチメートルなら嬉しい♡

と、喜んだ方、実はヨーロッパサイズのセンチメートルと日本のcmはやはり靴のサイズに対する考え方が違うのでサイズが異なるんです。

なぜ同じセンチメートルの規格単位なのにそんなにサイズが違うの?

日本では足の寸法がそのままサイズとして表記されている

日本では足の寸法がそのままサイズとして表記されている

出典:Instagram

日本では靴のサイズというよりも、足の寸法を日本共通のJIS規格に従って表記してあります。

つまり、足の寸法がが23cmの人の足がに入る靴の表記がそのまま23cmの表示になっています。

ところがヨーロッパサイズでは靴を作る際に使用する型のサイズをそのままサイズとして表記されているので、日本と同じcmの単位を使用していてもサイズが違ってしまうのです。

日本・アメリカ・イギリス・ヨーロッパサイズの比較(男性)

自分の足のサイズが海外だといくつになるのか知っておこう

自分の足のサイズが海外だといくつになるのか知っておこう

出典:Instagram

では、日本とアメリカ、イギリス、ヨーロッパサイズはどのようにして覚えればよいのでしょうか。

男性の場合

日本   :27.0
アメリカ :9
イギリス :8.5
ヨーロッパ:44

となっていて、日本のサイズが0.5cmあがると、

日本   :27.5(+0.5)
アメリカ :9.5(+0.5)
イギリス :9(+0.5)
ヨーロッパ:45(+1)

という風にヨーロッパサイズはプラス1ですが、他は日本と同じように0.5ずつ大きくなったり小さくなったりするので、自分の足のサイズで他の国の単位をだしてみてください。

日本・アメリカ・イギリス・ヨーロッパサイズの比較(女性)

旅先で靴を選ぶ際の目安になるのでメモしておこう

旅先で靴を選ぶ際の目安になるのでメモしておこう

出典:Instagram

こちらは、同じようにレディースサイズです。例えば23.0cmの女性は、

日本   :23
アメリカ :6
イギリス :4.5
ヨーロッパ:36

となっていて、日本のサイズが0.5cmあがると、

日本   :23.5(+0.5)
アメリカ :6.5(+0.5)
イギリス :5(+0.5)
ヨーロッパ:37(+1)

になります。

サイズはあくまでも目安として覚えておくと◎

海外旅行の際などの目安として覚えておきましょう

海外旅行の際などの目安として覚えておきましょう

ただし、これらはあくまで目安です。実は同じそれぞれの国の中でも靴はメーカーなどによりサイズが微妙に異なるそうです。

さらに同じシューズメーカーの中でもデザインでサイズが変わることもあるそうなので、やはり靴は実際に履いてみて買うのが一番よさそう。

おわりに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

「恋人に惚れるような感覚」元貴乃花の息子さんが魅了された靴職人という仕事

元横綱・貴乃花親方と元アナウンサーの花田景子さんの息子・花田優一さんは現在靴職人です。靴職人とは一体どのよう…

kirakira / 767 view

アメリカの土足文化の謎!その理由を徹底分析!

家でも靴を履いて生活をするアメリカ。日本では考えられないことですよね。なぜアメリカは土足文化なのか。本日はそ…

mayulu / 7021 view

プレミアムで上質なデッキシューズのセバゴ!おすすめカジュアルコーデ

カジュアルシューズの中でも人気の高いデッキシューズ。そのデキッシューズに力を注いでいるのがセバゴなんです。今…

mayuripon / 511 view

世界で見る!「靴習慣」の日本との違いとは

国によってそれぞれ靴習慣の文化が変わってきます。日本との違いをそれぞれ国別に見ていきましょう。

mayuripon / 718 view

このフィット感を待っていた!女性のためのブランド「ケーエムビー(KMB)」

女性のためのシューズブランドと言われているケーエムビーですが、一体なぜそこまで女性に愛されるブランドなのか、…

mayuripon / 1572 view

環境問題に向き合ったシューズが誕生!接着剤を使わないエコなシューズとは?

環境問題は今や全世界の問題として我々が対処しなくてはならないものです。そんな中、シューズ業界でも環境問題と向…

mayuripon / 569 view

トレーニング用シューズNo.1!Reebok(リーボック)の進化が止まらない!?

トレーニングシューズといえば、リーボックという時代がありました。誰もがリーボックのスニーカーをこぞって履いた…

ももぷに / 619 view

靴を脱ぐことは”はしたないこと”!?ヨーロッパでは寝るとき意外は靴を履いている理由と…

海外に旅行行ったり、海外の映画や小説を読んでいると感じる、日本との文化の相違。特に生活レベルでの違いは、著し…

kojihei / 1770 view

近いようで実は知らない!?ベトナムやマレーシアで人気のシューズブランドは?

近いようでなかなか知らない東南アジア。同じアジア圏だけど、実際のところはよく知らないという方も多いのではない…

kojihei / 1840 view

オールブラックスのCMでお馴染みのアディダスとプーマは元々は共同経営の一つの会社だっ…

アディダスとプーマ。どちらも世界的スポーツ用品メーカーですが、この二社。実は、もともとは二人の兄弟が経営して…

kojihei / 665 view

華族から始まった靴、江戸時代に洋式の靴は履かれていたの!?<日本における靴の歴史>

鎖国をしていた江戸時代に西洋式の靴はいつ日本に入っていたのでしょうか。江戸時代の履物事情も踏まえて調べてみま…

mokona- / 3272 view

サンダルの名称はギリシャから?語源はギリシャ語のSandalionだった!

サンダルは古代オリエントが発祥ですが、現在使われているサンダルという名前はギリシア語が語源となっていました。

mokona- / 1833 view

海外ではシューズをどうやって履きこなす?日本とはまた違ったオシャレスナップを大公開!

海外のファッションは世界の最先端。日本でも真似できそうな、オシャレスナップをご紹介します!

mayuripon / 733 view

明治時代の欧化政策によって始まった洋装文化。日本人が洋式の靴を履くようになった、その…

私たち日本人が西欧のファッションを取り入れ、洋式の靴を履くようになったのは、いったいいつのころからなのか? …

kojihei / 2349 view

靴を脱ぐと失礼にあたることも!?国が変われば靴に関する風習も変わる

日本では家に入るときは靴を脱ぐことが当たり前ですが、海外では失礼だとされることもあります。国によって文化は大…

bontaku / 963 view