海外でいい靴を見つけたり、輸入品を扱っているお店でいいなと思う靴を見かけたりしてサイズを確認しようとして戸惑ったことはありませんか?

え?私の足のサイズは23.5cmなのに、この5とか5.5って何?いったい何cmなの?

と、驚いたこともあるのでは。日本でなら店員さんに聞いたり、またはサイズ換算表が貼ってあることも多いのでなんとかなりますが、英語が苦手な場合は困りますよね。

そこで、日本と海外(アメリカ・イギリス・フランスなどヨーロッパ)の靴の規格サイズに関してまとめてみました。

インチでもアメリカとイギリスではサイズが違う?

どうして同じインチの規格単位なのにサイズが違うの?

どうして同じインチの規格単位なのにサイズが違うの?

日本では靴の規格単位はセンチメートルで表記していますが、アメリカやイギリスは規格単位はインチです。

しかし、同じインチ単位を使用しているはずなのに、困ったことに元となる基準点の考え方が違うので、アメリカとイギリスではサイズが異なってしまうそうなんです。

さらに同じメートル法でも日本とヨーロッパサイズは違うの?

同じメートル法なのに自分のサイズとまったく違うのはなぜ?

同じメートル法なのに自分のサイズとまったく違うのはなぜ?

さらにイギリス以外の多くのEU諸国は、ヨーロッパサイズと言われる欧州サイズを使用していて、これは(cm)センチメートルが規格単位だそう。

あ、(cm)センチメートルなら嬉しい♡

と、喜んだ方、実はヨーロッパサイズのセンチメートルと日本のcmはやはり靴のサイズに対する考え方が違うのでサイズが異なるんです。

なぜ同じセンチメートルの規格単位なのにそんなにサイズが違うの?

日本では足の寸法がそのままサイズとして表記されている

日本では足の寸法がそのままサイズとして表記されている

出典:Instagram

日本では靴のサイズというよりも、足の寸法を日本共通のJIS規格に従って表記してあります。

つまり、足の寸法がが23cmの人の足がに入る靴の表記がそのまま23cmの表示になっています。

ところがヨーロッパサイズでは靴を作る際に使用する型のサイズをそのままサイズとして表記されているので、日本と同じcmの単位を使用していてもサイズが違ってしまうのです。

日本・アメリカ・イギリス・ヨーロッパサイズの比較(男性)

自分の足のサイズが海外だといくつになるのか知っておこう

自分の足のサイズが海外だといくつになるのか知っておこう

出典:Instagram

では、日本とアメリカ、イギリス、ヨーロッパサイズはどのようにして覚えればよいのでしょうか。

男性の場合

日本   :27.0
アメリカ :9
イギリス :8.5
ヨーロッパ:44

となっていて、日本のサイズが0.5cmあがると、

日本   :27.5(+0.5)
アメリカ :9.5(+0.5)
イギリス :9(+0.5)
ヨーロッパ:45(+1)

という風にヨーロッパサイズはプラス1ですが、他は日本と同じように0.5ずつ大きくなったり小さくなったりするので、自分の足のサイズで他の国の単位をだしてみてください。

日本・アメリカ・イギリス・ヨーロッパサイズの比較(女性)

旅先で靴を選ぶ際の目安になるのでメモしておこう

旅先で靴を選ぶ際の目安になるのでメモしておこう

出典:Instagram

こちらは、同じようにレディースサイズです。例えば23.0cmの女性は、

日本   :23
アメリカ :6
イギリス :4.5
ヨーロッパ:36

となっていて、日本のサイズが0.5cmあがると、

日本   :23.5(+0.5)
アメリカ :6.5(+0.5)
イギリス :5(+0.5)
ヨーロッパ:37(+1)

になります。

サイズはあくまでも目安として覚えておくと◎

海外旅行の際などの目安として覚えておきましょう

海外旅行の際などの目安として覚えておきましょう

ただし、これらはあくまで目安です。実は同じそれぞれの国の中でも靴はメーカーなどによりサイズが微妙に異なるそうです。

さらに同じシューズメーカーの中でもデザインでサイズが変わることもあるそうなので、やはり靴は実際に履いてみて買うのが一番よさそう。

おわりに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

知ってました?ドイツにある「人に足の裏を見せるのは失礼」という文化!

家の中に靴を履いたまま上がったら、部屋が汚れる!だから土足でガンガン家の中に上がり込む西洋人より、日本人の方…

kojihei / 2617 view

ニューバランスなのにレザー製?隠れた人気のレザー製スニーカー特集!

最近では街中でもよく見かけるようになったブランド、ニューバランス。ニューバランスといえばキャンバス生地など布…

mayuripon / 1380 view

世界で最初に完全防水のブーツを発売!ティンバーランド(Timberland)の高い機…

90年以上に渡って世界中で人気のアメリカ発祥のブランド「ティンバーランド」長年愛される魅力をご紹介します。

cororoizm / 1899 view

人類最古の靴は紀元前3500年!では靴下は一体いつからあったの?

靴はどのようにして生まれたものなのか、靴の原点学んでみませんか?

mayuripon / 929 view

丈がくるぶしより短いか長いか!意外と知らないシューズとブーツの意外な境い目

突然ですが…「シューズ」と「ブーツ」の違い、みなさんは御存知ですか?両者の区別は、ココを見れば簡単につくんで…

papilio / 3039 view

意外な歴史のこぼれ話。有名靴ブランド「リーガル」の設立にはあの幕末の偉人が関わってい…

私たちが今、当たり前のように履いている靴も、もともとは西洋からの渡来品。それまで日本人は草履や下駄を、外履と…

kojihei / 1705 view

光沢が最大の特徴のエナメルシューズ!エナメルはなぜ光沢があるの?

独特の光沢があるエナメル革のシューズ。でも、なぜエナメル革はこんなにも光沢があるのでしょう。エナメルシューズ…

pointow / 861 view

レザーサンダルがほしいならエモジオーニ(Emozioni)!そのこだわりは”素材”で…

レザーサンダルが有名なブランド、エモジオーニ。実は使っている素材にこだわりがあるんです!

mayuripon / 3074 view

オールブラックスのCMでお馴染みのアディダスとプーマは元々は共同経営の一つの会社だっ…

アディダスとプーマ。どちらも世界的スポーツ用品メーカーですが、この二社。実は、もともとは二人の兄弟が経営して…

kojihei / 781 view

トコロ変われば習慣も!?家の中でも靴を履くアメリカの習慣はその高い美意識が原因だった…

靴を脱いで家に入る、これは日本人にとってあたり前のことですよね。 しかし、海外では靴を履いたまま生活をするス…

little flower / 863 view

カラフル!スタイリッシュ!機能性ローファーならスイムズがオススメ!

ローファーはかっちりとした印象がありますが、今はどこでも履ける機能性ローファーがあるんです!

mayuripon / 743 view

もしかして日本だけ?日本以外にも家の中で靴を脱ぐ国があった!

我々日本人は家の中では靴を脱ぐのが常識です。しかし、欧米をはじめとする多くの国では靴を履いたままで家で過ごし…

mayuripon / 1685 view

このフィット感を待っていた!女性のためのブランド「ケーエムビー(KMB)」

女性のためのシューズブランドと言われているケーエムビーですが、一体なぜそこまで女性に愛されるブランドなのか、…

mayuripon / 1767 view

靴の試着で気を付けるポイントは?足に合ったシューズを見つけるために必要なこととは!

シューズ選びをする際、皆さんはどのようにしますか?ただサイズを見るだけではなく、実際に履いてみて確かめるとい…

kutsukutsu / 1064 view

エコだからこそ!スウェーデンでは靴の修理に対して優遇措置をとる?

エコが叫ばれている昨今ですが、まだまだ大量生産大量消費の社会から脱却できていません。靴も同じ傾向があり、壊れ…

redwall / 958 view