わたしたちが外出するときいつもお世話になっているものといえば…そう、履物ですよね。
季節やTPOにあわせてさまざまな履物を使い分けていますが、今回は「シューズ」と「ブーツ」の違いについて簡単にご紹介します。

「シューズ」の定義

シューズ(靴・短靴)の定義は「足の甲~かかとをすっぽり覆い、くるぶしが見える程度の丈の履物」とされます。

かかとが覆われていないものやストラップ・紐だけで固定されているものは、シューズではなくサンダルとして扱われます。

「ブーツ」の定義

一方、ブーツ(長靴)の定義は「足全体からくるぶし、もしくはそれより上の脚まで覆う履物」とされます。

とはいえ、例えばくるぶしより上まで覆うハイカットスニーカーはブーツに含まれず、逆にくるぶしギリギリくらいの丈しかないブーティーがブーツの一種として扱われるなど、基準が曖昧なものも少なくありません。

アメリカでは、ブーツをシューズの一種とすることも

その場合、短靴はローシューズ(low shoes)と呼ばれる

その場合、短靴はローシューズ(low shoes)と呼ばれる

出典:perfetto-net

一般的な定義では「シューズ」と「ブーツ」は別物とされますが、アメリカではブーツがシューズの一種として扱われることもあります。

ブーツとシューズを区別しなければならない場面では、シューズを「ローシューズ(low shoes)」と呼びます。

まとめ

いかがでしたか?

一般的には、丈がくるぶしより短いか長いかでシューズとブーツを見分けることができます。
とはいえ最近では両者の境界線が曖昧になっている例も多く、また国によってはそもそも明確な区別がないこともあります。

履物の世界って、けっこう奥深いですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

足元を見ればその人がわかる!デキル自分を演出するには靴のお手入れから

デキル人は、靴にもちゃんと気配りします。 相手がどんな靴を履いているかを見れば、おおよその経済力や社会的地位…

papilio / 1961 view

足の正しいサイズの測り方知ってますか?正しいサイズでフィットしたシューズを履こう!

シューズのサイズ選びって難しいですよね。特に海外製のシューズの場合、日本とは表記が違っていてわかりづらかった…

pointow / 1437 view

大人気シリーズ『相棒』英国ファッションを好む右京さんの靴はやっぱりこれだった

大人気の相棒シリーズ。主人公である杉下右京のイギリス通は有名です。何事にもこだわりを見せる右京さんですが、靴…

kirakira / 6892 view

環境問題に向き合ったシューズが誕生!接着剤を使わないエコなシューズとは?

環境問題は今や全世界の問題として我々が対処しなくてはならないものです。そんな中、シューズ業界でも環境問題と向…

mayuripon / 867 view

古き良き時代の象徴?サドルシューズってどんな特徴があるの?

2色使いのコンビ靴を見たことは、ないでしょうか?材質や色合いが異なるものを組み合わせて、かけあわせたデザイン…

ももぷに / 4961 view

始まりは1906年創業の小さな矯正靴の製造メーカ。「N」のロゴが象徴的なニューバラン…

「N」のロゴが象徴的1906年創業のニューバランスの歩みをご紹介します。

polskamii / 1065 view

アメリカの土足文化の謎!その理由を徹底分析!

家でも靴を履いて生活をするアメリカ。日本では考えられないことですよね。なぜアメリカは土足文化なのか。本日はそ…

mayulu / 9966 view

もう靴選びで失敗しない!まずは自分の足の形を知る事から始めよう!

今回は足の形についてお話します。日本人は「甲高・幅広」といわれますが、当てはまらない人も沢山します。自分の足…

kutsukutsu / 1241 view

日本では靴で経済力や地位がわかると認識している文化がある

今回は靴などの小物をみて男性の経済力や地位を測っている方が特にどこに注目しているかなどをまとめていきます。

kutsukutsu / 1498 view

足の形は5種類もある!?これこそが日本と海外の靴のサイズの違いを生み出す原因だった?

新しい靴を買ったのに何だか合わない… そんな経験、ありませんか? 自分に合った靴を購入するためには、自分の足…

little flower / 63456 view

アウトドアシューズやワークブーツが有名なアメリカの老舗ブランド「ウルヴァリン(Wol…

130年以上に渡って愛されるアメリカでブーツで有名な最大級のブランド「ウルヴァリン」についてご紹介します。

cororoizm / 1236 view

エコだからこそ!スウェーデンでは靴の修理に対して優遇措置をとる?

エコが叫ばれている昨今ですが、まだまだ大量生産大量消費の社会から脱却できていません。靴も同じ傾向があり、壊れ…

redwall / 1240 view

ドイツでは人に足の裏を見せてはいけない!その国によって違う靴文化を理解しよう

家の中で靴を脱ぐ日本と異なり、ヨーロッパではほぼ1日中靴を履きっぱなしでいる人が少なくありません。ですから、…

papilio / 4785 view

「恋人に惚れるような感覚」元貴乃花の息子さんが魅了された靴職人という仕事

元横綱・貴乃花親方と元アナウンサーの花田景子さんの息子・花田優一さんは現在靴職人です。靴職人とは一体どのよう…

kirakira / 1171 view

【日本における靴の歴史】明治時代、洋式の靴はどんなふうに広まったの?

明治時代に入って洋式の靴はどのように日本の人々の間に広まっていったのでしょうか。洋式の靴の歴史について調べて…

mokona- / 5972 view