長崎の観光名所、旧グラバー邸。

その持ち主であったグラバーは、幕末の志士坂本竜馬とも懇意な関係にあったそうです。

その坂本竜馬は、当時まだまだ珍しかったブーツの愛用者だったとか。

そんなグラバーと坂本竜馬の親密な関係を追いました。

竜馬はブーツ好きだった!?

坂本竜馬

坂本竜馬

出典:brandbanzai

坂本竜馬がブーツを履いて立っている写真はよく見ますね。ここで履いているブーツは高杉晋作から譲り受けたものなのだとか。

また他にも竜馬が椅子に座っている写真がありますが、そこで履いているブーツは親密な交流があったグラバー商会のグラバーから貰ったものなのだそうです。

竜馬が履いていたブーツがあまりにボロボロで、見かねたグラバーが新しいのを渡したのだとか……。

グラバー商会と竜馬の関係

「海援隊」や「亀山社中」といった商社を竜馬が設立した背景には、グラバーの存在が影響していました。

二人は武器の調達という利害の一致から関係を深めていきました。

竜馬とグラバーは維新の導火線ともなり、その親密な交際は竜馬が暗殺される1867年まで続いたのです。

1870年に破産したグラバーのその後

グラバーが400mの距離を試運転させた蒸気機関車

グラバーが400mの距離を試運転させた蒸気機関車

出典:nifty

明治に入ってすぐの1870年(明治3年)グラバー商会は倒産してしまいます。

その後グラバーは岩崎弥太郎が経営する三菱財閥の顧問となり東京に移ると、さまざまな先進的な技術を日本に伝えてくれました。

蒸気機関車、小菅修船所(ドック)の建設、近代的な採炭技術の導入など、日本の近代化に深く貢献したのです。

まとめ

このように長崎で出会った坂本竜馬とグラバーは貿易を通して交友を深め、日本の近代化の礎を築きました。

かたや竜馬は志半ばに若くして亡くなってしまいますが、その意志を継ぐようにグラバーは近代日本に不可欠なものを我が国に伝えてくれたのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

日本の常識=海外の非常識?海外では靴を端に寄せないの?

日本では靴を脱いだ後は揃えて端に寄せるというのが常識ですが、実は海外では脱いだ靴を揃えて端に寄せるという常識…

kojihei / 2314 view

正しい靴の脱ぎ方を知っていますか!?ブーツ・パンプスを美しく脱いで第一印象アップ!

家の中で靴を脱いで生活する文化のある日本。当然、他人の家に訪問すると玄関で靴を脱ぐことが多いはず。ですが、玄…

ゆか / 10651 view

2016年秋冬のシューズトレンドをまとめてチェックしておこう!

毎年変わるトレンドは、外してしまうとせっかくのおしゃれも台無しです。2016年秋冬はどんなシューズを履けばい…

kirakira / 4163 view

江戸時代に坂本龍馬が履いていた靴がいま買える⁉︎

坂本龍馬の肖像写真に見ることができる黒いブーツ。 洋式文化も積極的に取り入れていく、彼の風流人としての一面が…

kojihei / 4632 view

靴ひもの結び方は種類豊富!目的に合わせた結び方を覚えよう!

靴の結び方って実際普段あまり気にしていませんよね?既に紐が結んである靴を買った場合は、それをそのまま使用した…

nyaon / 3298 view

ドイツでは人に足の裏を見せてはいけない!その国によって違う靴文化を理解しよう

家の中で靴を脱ぐ日本と異なり、ヨーロッパではほぼ1日中靴を履きっぱなしでいる人が少なくありません。ですから、…

papilio / 4544 view

流行りは巡り巡る!1950年代から訪れている靴ブーム!

今訪れているブームと同じように、流行りというのは巡り巡るもの。少し前にも靴のブームは訪れていました。一体どん…

mayuripon / 2508 view

アウトドアシューズやワークブーツが有名なアメリカの老舗ブランド「ウルヴァリン(Wol…

130年以上に渡って愛されるアメリカでブーツで有名な最大級のブランド「ウルヴァリン」についてご紹介します。

cororoizm / 1163 view

オードリー・ヘップバーンのために創作!サルヴァトーレフェラガモのバレエシューズ

1927年にフィレンツェで創業した「サルヴァトーレ フェラガモ」。その歴史と、多くのファンを魅了してきた靴の…

kirakira / 9527 view

人前で靴を脱ぐのは恥ずかしい!?日本人驚きのドイツの靴文化とは?

住む場所が違えば文化も違うとはよく言いますが、ドイツの靴文化は日本とはどう違うのでしょうか?

erin / 1635 view

クッション性に優れているエンジニアブーツが人気。100年以上前に小さな町工場で誕生し…

履けば履くほど足に馴染む靴を販売している老舗ブランド「レッドウィング」長く愛されているブランドの魅力をご紹介

cororoizm / 941 view

【日本における靴の歴史】明治時代、洋式の靴はどんなふうに広まったの?

明治時代に入って洋式の靴はどのように日本の人々の間に広まっていったのでしょうか。洋式の靴の歴史について調べて…

mokona- / 5811 view

人類最古の靴は紀元前3500年!では靴下は一体いつからあったの?

靴はどのようにして生まれたものなのか、靴の原点学んでみませんか?

mayuripon / 1114 view

小学校で靴についての授業がある!?ドイツは世界一の靴好き文化

家の中でも土足で生活をする海外。日本人には考えられないことではありますが、その理由は文化によって様々。本日は…

mayulu / 2113 view

アメリカで長く愛されているハンドメイドブランド「ラッセルモカシン」の魅力

100年以上に渡って職人の手によってオールハンドメイドで作られ世界で愛用されているアメリカのブランド「ラッセ…

cororoizm / 3751 view