カウボーイという言葉の由来は、「牛泥棒」です。それがやがて、牛をアメリカの大陸南部、西部、中西部へと追いたて、集めていく労働者を指すようになりました。馬に幌馬車を引かせて、ロングドライブをするのです。
時代とともに、カウボーイの歴史も変わり、現在では牛を扱う職業全般をカウボーイと呼んでいます。そんな彼らの足元に注目しました。

ウエスタンブーツは劇の中だけ?

ウエスタンブーツは、別名カウボーイブーツと呼ばれています。西部劇の中だけではなく、実際のカウボーイも履いています。
尖った先端は、馬のあぶみに足を通しやすくするため、高めのかかとは落馬した時にブーツを抜けやすくするためと、工夫が凝らされています。

馬に乗るカウボーイにしてみれば、ウエスタンブーツは生死を分ける大切なシューズ。西部劇に登場するウエスタンブーツは、装飾が施されています。ここから、ウエスタンブーツの装飾が一般的になりました。

ウエスタンブーツがファッションアイテムに

アメリカの西部開拓初期には、手作りのウエスタンブーツがほとんどでした。1860年代に入ると、ブーツの大量生産が始まります。その中でも、ウェリントンブーツが、アメリカのカウボーイが履くブーツとして、主流になります。

やがて、カウボーイたちは作業する以外にも、街を歩くためにドレスブーツを履くようになっていったのです。
1850~60年頃発売されたアメリカファッション誌では、装飾的なステッチや細工が施されたカウボーイブーツを紹介しています。

ウェリントンブーツってどんなブーツ?

原型はゴム長です

原型はゴム長です

カウボーイブーツの歴史を語る上で、欠かせないキーワードでもあるウェリントンブーツ。アメリカのカウボーイの大半が、履いていたとされています。

日本で言えば、長靴、ゴム長といったところです。

「ランチ(牧場)ウェリントン」、「ウェスタン(西部)ウェリントン」と呼ばれる革靴を総称して、ウェリントンブーツとする場合があります。また、ランチウェリントンは、元々のウェリントン・ブーツを下敷きにした、元祖のウエスタンブーツです。ですが、かかとも低く、装飾は施されていません。

まとめ

カウボーイに代表される、アメリカの古き良き時代をほうふつとさせるカウボーイブーツ。仕事では華美に装飾したものよりも、実用面を重視していたようです。時代の移り変わりとともに、カウボーイブーツは凝ったデザインのものが増え、女性も履くファッションアイテムになっています。ですが、本来はカウボーイの命を守る大切なブーツなのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

妥協なく選びたい真冬の靴!ウールリッチの機能性

創設されたのはなんと今から185年も前のことでした。冬に欠かせない機能性を持ったイギリスが生んだマンモスブラ…

mashroomcat / 790 view

このフィット感を待っていた!女性のためのブランド「ケーエムビー(KMB)」

女性のためのシューズブランドと言われているケーエムビーですが、一体なぜそこまで女性に愛されるブランドなのか、…

mayuripon / 1887 view

明治時代の欧化政策によって始まった洋装文化。日本人が洋式の靴を履くようになった、その…

私たち日本人が西欧のファッションを取り入れ、洋式の靴を履くようになったのは、いったいいつのころからなのか? …

kojihei / 3129 view

なぜ西洋では家の中でも靴を履くの!?その理由は就寝スタイルにあった!

平気で土足のまま部屋に上がる外国人。それに違和感を感じる私たち日本人と彼らの間には、どんな文化的な価値観の相…

kojihei / 18060 view

丈がくるぶしより短いか長いか!意外と知らないシューズとブーツの意外な境い目

突然ですが…「シューズ」と「ブーツ」の違い、みなさんは御存知ですか?両者の区別は、ココを見れば簡単につくんで…

papilio / 3298 view

あなたの靴は大丈夫?靴をカビから守る方法をご紹介

皆さん、シューズボックスに入れていた靴にカビが生えてしまったなんて経験ありませんか?冷暗所のようなシューズボ…

bontaku / 1128 view

あのワニの由来は創業者のニックネームだった⁉︎丈夫さとデザイン性を兼ね備えた靴を展開…

ひとりのテニスプレーヤーから始まった、80年以上続くポロシャツが人気のスポーツブランド「ラコステ」のファッシ…

cororoizm / 794 view

アメリカ人は朝起きたら必ず靴ひもを結ぶ!?海外の靴に関する興味深い風習とは?

欧米では靴を履いた状態で家に出入りするのが一般的ですが、何故そのような土足文化が根付いたのでしょうか。 こ…

hamunida / 2291 view

トレーニング用シューズNo.1!Reebok(リーボック)の進化が止まらない!?

トレーニングシューズといえば、リーボックという時代がありました。誰もがリーボックのスニーカーをこぞって履いた…

ももぷに / 774 view

ブランドの始まりは実は兄弟喧嘩だった!?世界的スポーツブランド「プーマ(PUMA)」…

プーマはドイツの小さな町に設立されたダスラー兄弟商会から始まりました。プーマの歴史をご紹介します。

polskamii / 1529 view

バレエ用品から始まった軽くて履き心地良いタウンシューズを展開するパリの名門ブランド「…

フランス・パリの名門ブランド「レペット」。ダンスシューズから生まれた優雅で美しいそのシューズの歴史についてご…

cororoizm / 856 view

マイワリサやシューララは日本でも人気♡高温多湿な東南アジアは可愛いサンダルがいっぱい…

東南アジアは日本よりも暖かく、かつ雨も多い気候なので、蒸れずに水はけもよいサンダルが大人気。日本でもファンが…

cocotan / 1669 view

一足の靴を分け合うことが愛の印!?古代エジプトにおけるサンダルの存在とは?

現在世界中で多くの人に好まれている履物・サンダルのルーツは、古代オリエント世界にあるといわれています。

papilio / 1439 view

発祥はオーストラリアじゃなくて南カルフォルニア!?アグ(UGG)の意外な真実とは

寒い季節になると、シューズショップで販売されている人気のアイテムにムートンブーツがあります。今回はムートンブ…

cororoizm / 695 view

明治時代の靴はこんなにもオシャレ!1870年頃の紳士淑女が履いていた靴とは!?

1870年(明治3年)日本初の靴工場が造られた年。上流階級の間で履かれていた靴はどんなものだったのでしょうか…

mokona- / 3128 view

ももぷに

足のサイズが大きくて、しかも巾が広いのが悩み。いつも靴選びに困ります。可愛いサイズに生まれたかった・・・です。