19017年、コンバースからバスケットボール専用の「キャンバスオールスター」が発売されました。当時、足首を保護する目的のハイカットが特徴的でした。そのフォルムは、現在発売されているバスケットシューズとあまり変化がないそうです。そんなコンバースのバスケットシューズについて歴史をまとめます。

キャンバスオールスターの歴史

キャンバスオールスター

キャンバスオールスター

圧倒的な人気を誇る永久定番商品です

1968年に入ると、プロのバスケットプレイヤーに向けた、スエードやレザーを使用したオールスターが発売されました。その後、1971年にはキャンバスオールスターはカラーバリエーションが増え、8種類に。バスケット用としてのシューズに加えて、街でも履いて歩けるストリートを意識したものになりました。

1984年「Fashion All Stars」と呼ばれる商品展開を始めます。この年には、ロサンゼルス・オリンピックとスポンサー契約を結び、スポーツ市場を拡大するきっかけとなりました。

ロサンゼルス・オリンピック提供モデル

ロサンゼルス・オリンピック提供モデル

各国のバスケットプレイヤーに提供された「ステータック」

幻と呼ばれていた「ワンスター」

ワンスター

ワンスター

現在、発売されているモデル

プロのバスケットプレイヤーからの要望により、耐久性を兼ね備えたレザーを使用したシューズが発売されました。
そのシューズの名前は「ワンスター」。1974年に誕生して、翌年には生産が終了されたことから、幻のワンスターと呼ばれていました。生産終了の理由は、製法が難しいことに加えて素材の調達が困難になってしまったためです。

ですが、1984年、復活を熱望するファンの声に応え、ファッションアイテムとして再発売が決定。現在でも、カラーやスタイルを変えながら愛され続けています。

プロレザー誕生

プロレザー

プロレザー

バスケットキッズの憧れに

1976年、伝説的なプロバスケット選手が登場しました。Dr.Jことジュリアス・アービングです。ボールを自在に操り、空を舞うようなそのテクニックは、バスケットキッズたちの憧れの的になりました。

そんな彼の足元を支えていたのは、コンバースのプロレザーでした。足首を保護するシューズために、開発されたシューズです。もちろん、彼のようになりたいバスケットキッズにとっても、どうしても欲しい商品でした。

名作「ウェポン」登場

バスケットシューズの名作「ウェポン」

バスケットシューズの名作「ウェポン」

バスケット界の2大スターにより不動の人気を誇りました

1984年、くるぶしまでホールドする形状のウェポンが販売されました。当時のプロリーグの2大選手として有名なラリー・バードとマジック・ジョンソンを広告塔にした戦略が大ヒット。全世界で400万足を販売する人気商品となったのです。

それと同時にオールスターは、華やかなバスケット界から遠ざかっていきました。

オールスターカムバック

オールスター2000

オールスター2000

オールスターが帰ってきました

長い間、バスケット界を離れていたオールスターが、1996年に復活を遂げます。着地をした際に、足への衝撃を抑えられるように考えられた、リアルアクトシステムを採用。

アンクルにパッチがついたこのデザインは、古い伝統を引き継ぎながらも、新しく進化を遂げ、再びバスケットコートに舞い戻ってきたのです。

まとめ

2008年には、100週年記念モデルが発売され、コンバースは進化を遂げ続けています。バスケットシューズ以外にも、スポーツに特化したシューズも数多く販売されています。スポーツのみでなく、ファッションアイテムとして、現在もなお人気を博しています。これから先も、コンバースから目が離せそうにありませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

古き良き時代の象徴?サドルシューズってどんな特徴があるの?

2色使いのコンビ靴を見たことは、ないでしょうか?材質や色合いが異なるものを組み合わせて、かけあわせたデザイン…

ももぷに / 4705 view

子ども靴専門店ができたのはいつ?子ども靴の歴史について掘り下げてみる

日本に革靴の文化がはいってきたのが明治時代と言われています。では子ども靴はいつから一般化したのでしょうか?子…

kirakira / 838 view

近いようで実は知らない!?ベトナムやマレーシアで人気のシューズブランドは?

近いようでなかなか知らない東南アジア。同じアジア圏だけど、実際のところはよく知らないという方も多いのではない…

kojihei / 2379 view

世界で見る!「靴習慣」の日本との違いとは

国によってそれぞれ靴習慣の文化が変わってきます。日本との違いをそれぞれ国別に見ていきましょう。

mayuripon / 959 view

バレエ用品から始まった軽くて履き心地良いタウンシューズを展開するパリの名門ブランド「…

フランス・パリの名門ブランド「レペット」。ダンスシューズから生まれた優雅で美しいそのシューズの歴史についてご…

cororoizm / 897 view

明治時代の欧化政策によって始まった洋装文化。日本人が洋式の靴を履くようになった、その…

私たち日本人が西欧のファッションを取り入れ、洋式の靴を履くようになったのは、いったいいつのころからなのか? …

kojihei / 3343 view

家の中で靴を脱ぐ習慣は日本だけ?他の国はどうなの?

外国からのゲストが、日本のファミリーにホームステイした時。 最初にギャップを感じるのは、玄関で靴を脱ぐ習慣だ…

kojihei / 3112 view

トレーニング用シューズNo.1!Reebok(リーボック)の進化が止まらない!?

トレーニングシューズといえば、リーボックという時代がありました。誰もがリーボックのスニーカーをこぞって履いた…

ももぷに / 827 view

誰もが知るブランドのロゴマークナイキの「スウッシュ」はたったの35ドルだった?

世界のスポーツブランド「ナイキ」のロゴマーク「スウッシュ」の誕生秘話と、その歴史をご紹介します。

polskamii / 3146 view

このフィット感を待っていた!女性のためのブランド「ケーエムビー(KMB)」

女性のためのシューズブランドと言われているケーエムビーですが、一体なぜそこまで女性に愛されるブランドなのか、…

mayuripon / 1973 view

プレミアムで上質なデッキシューズのセバゴ!おすすめカジュアルコーデ

カジュアルシューズの中でも人気の高いデッキシューズ。そのデキッシューズに力を注いでいるのがセバゴなんです。今…

mayuripon / 729 view

アメリカの土足文化の謎!その理由を徹底分析!

家でも靴を履いて生活をするアメリカ。日本では考えられないことですよね。なぜアメリカは土足文化なのか。本日はそ…

mayulu / 9406 view

日本と海外の違いにびっくり!海外で靴を買う時チェックすべきこと

海外旅行で買い物を楽しみにしている方も多いと思います。でも、日本の常識を前提に買い物をしてはいけないのです。…

mayuripon / 2049 view

靴にまつわる海外の文化を知ろう!アラブでは、靴で人を傷つけるのは最大の侮辱行為

言葉や食べ物が国によって異なるように、靴にまつわる文化もまた国それぞれ。 アラブでは、靴で人を踏んだり傷つけ…

papilio / 3903 view

靴に関する日本の歴史~中世以降、靴はほとんど使われなかった~

わたしたちが普段当たり前にお世話になっている靴ですが、日本における「靴」の歴史はけっこう浅いんです。

papilio / 1354 view

ももぷに

足のサイズが大きくて、しかも巾が広いのが悩み。いつも靴選びに困ります。可愛いサイズに生まれたかった・・・です。