1960年頃、公開された映画から人気に火がつき、日本でも大ブームとなったデッキシューズ。デッキシューズは、別名ボートシューズと呼ばれています。名前の由来のとおり、ヨットやボートで滑らないように工夫が凝らされた靴です。さらに詳しい歴史について、紐解いていこうと思います。

最近再び、デッキシューズが熱い!らしい

ここ数年、毎年のように夏が近づいてくるとデッキシューズが流行しているとささやかれるようになりました。特に、男性に人気があるのだそうです。
それぞれが、それぞれに、自分ならではのこだわりを持ち、靴下を見せないように履いたり、革タイプをチョイスしてカジュアルに決めたりと、おしゃれを楽しんでいるように感じます。

さて、日本でデッキシューズを広めた邦画として有名なものに「太陽の季節」があります。これは、石原慎太郎氏が芥川賞を受賞した同作品を、弟の石原裕次郎主演で制作した映画です。
当時、映画と同じルックスをした太陽族が社会現象になりました。アメリカへの憧れも手伝って、大ブームを巻き起こしたのです。彼らが好んで履いていた靴が、デッキシューズです。

靴の底に秘密あり

デッキシューズには、水で滑らないように工夫が凝らされています。その特徴として、アウトソール(靴底)があげられます。水を上手に掻きだし、摩擦の力を最大限に引き出すソールが使われています。

普通のシューズにはない、靴底の形が刻み込まれています。

この切れ込みや溝が自動車のタイヤのように効率よく水を排出し、摩擦力を失わないようにしているのです。

靴本体に使われる素材には、キャンバスやオイルレザーがあります。どちらも、靴底が滑らないように工夫されています。

キャンバスのデッキシューズは、濡れることを考えて作られているため、通気性が抜群で、すぐに乾きます。だからこそ、夏に人気が集まるのも納得ですね。
また、オイルレザーのデッキシューズにも、完全防水のゴアテックスを使用したタイプもあります。ですが、お手入れをキチンとしないと長く履くことができません。

命を守るデッキシューズ

船のキャンバス(甲板)は、いつでも水に濡れて滑りやすくなっています。船から落ちることは、命を落とすことにつながりかねません。デッキシューズは、船員の命を守るために誕生しました。

現在のデッキシューズの靴底は、「スペーリソール」と呼ばれる形状が主になっています。これは、犬が雪道を走っているのに滑って転ばないことにヒントを得て、制作されています。

また、ソールに使われるラバーは、とても柔らかいことが特徴としてあります。柔らかいからこそグリップの強度が生まれます。ですが、アスファルトなどを歩いていると、減りが早いのも事実です。あくまでもデッキの上を歩くことを目的としている、デッキシューズの宿命ともいえます。

まとめ

デッキシューズは、甲板に立つ人を守る目的で誕生しました。水に濡れて滑りやすい甲板から、海へ落ちてしまう人が後を絶たなかったからです。かって海上で使われていたデッキシューズも、今では陸上で履く人が増えています。特に、1958年に公開された映画が火付け役となり、日本にデッキシューズの文化が根付きました。命を守るデッキシューズ、大切に履きたいものですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

海外スターも御用達!スプリングコートのスニーカーは他と違うんです!

シンプルで使いやすい!海外の有名人の間でも大人気!今回はスプリングコートをご紹介します。

mayuripon / 4263 view

靴で人を傷つけるのはその人に対する最大の侮辱行為!アラブ人が大切にする靴への思い

「靴で人を傷つけるのはその人に対する最大の侮辱行為」そう考えるアラブ人たちは、これまで公の場でも、堂々と相手…

mashroomcat / 870 view

サンダルの名称はギリシャから?語源はギリシャ語のSandalionだった!

サンダルは古代オリエントが発祥ですが、現在使われているサンダルという名前はギリシア語が語源となっていました。

mokona- / 1837 view

世界で最も古い靴はピラミッドで発見?その謎に迫る!

今では、当たり前のように履いている靴ですが、紀元前などの歴史の勉強などではその登場についてあまり言及されてい…

cocotan / 970 view

【日本における靴の歴史】明治時代、洋式の靴はどんなふうに広まったの?

明治時代に入って洋式の靴はどのように日本の人々の間に広まっていったのでしょうか。洋式の靴の歴史について調べて…

mokona- / 4814 view

昔は足を小さく見せる風習も!日本と異なる中国の靴文化

最近では国内でもたくさんの中国人観光客を見かけるようになりました。中国の独特の靴文化についてまとめました。

kojihei / 2294 view

江戸時代に坂本龍馬が履いていた靴がいま買える⁉︎

坂本龍馬の肖像写真に見ることができる黒いブーツ。 洋式文化も積極的に取り入れていく、彼の風流人としての一面が…

kojihei / 3243 view

冬シューズといえばアグオーストラリア!実は冬用以外のシューズもあります!

アグオーストラリアはムートンブーツを見かけたことのある方も多いのではないでしょうか?冬といえばアグオーストラ…

mayuripon / 538 view

中国では南にいくほど室内で靴を脱ぐ習慣がある!?室内で靴を脱ぐかは地域で決まる

中国の家では、日本のように必ず室内で靴を脱ぐとは限りません。それどころか、そもそも玄関がない家がほとんどです…

papilio / 846 view

流行りは巡り巡る!1950年代から訪れている靴ブーム!

今訪れているブームと同じように、流行りというのは巡り巡るもの。少し前にも靴のブームは訪れていました。一体どん…

mayuripon / 2024 view

シューズ選びにおける日本と欧米との違いとは?実はこんなに違うんです

ファッションの本場といえば欧米ですよね。アメリカ、イギリス、フランス、イタリア……様々なファッションの源流と…

hamunida / 1144 view

オールブラックスのCMでお馴染みのアディダスとプーマは元々は共同経営の一つの会社だっ…

アディダスとプーマ。どちらも世界的スポーツ用品メーカーですが、この二社。実は、もともとは二人の兄弟が経営して…

kojihei / 668 view

華族から始まった靴、江戸時代に洋式の靴は履かれていたの!?<日本における靴の歴史>

鎖国をしていた江戸時代に西洋式の靴はいつ日本に入っていたのでしょうか。江戸時代の履物事情も踏まえて調べてみま…

mokona- / 3306 view

海外の履きこなしもお手本に!韓国のオシャレスナップ特集

韓国のファッションも日本とは通ずるものがあり、韓国のショップは日本でも大人気なんです!そこで今回は韓国のオシ…

mayuripon / 1099 view

サイズ違いが時代を動かした!?1870年に造られた日本初の西洋式の靴工場の設立の秘密…

西洋式の靴工場が日本で初めて造られたのは、1870年のことでした。この西洋式の靴工場について調べました。

mokona- / 682 view

関連するキーワード

ももぷに

足のサイズが大きくて、しかも巾が広いのが悩み。いつも靴選びに困ります。可愛いサイズに生まれたかった・・・です。