1960年頃、公開された映画から人気に火がつき、日本でも大ブームとなったデッキシューズ。デッキシューズは、別名ボートシューズと呼ばれています。名前の由来のとおり、ヨットやボートで滑らないように工夫が凝らされた靴です。さらに詳しい歴史について、紐解いていこうと思います。

最近再び、デッキシューズが熱い!らしい

ここ数年、毎年のように夏が近づいてくるとデッキシューズが流行しているとささやかれるようになりました。特に、男性に人気があるのだそうです。
それぞれが、それぞれに、自分ならではのこだわりを持ち、靴下を見せないように履いたり、革タイプをチョイスしてカジュアルに決めたりと、おしゃれを楽しんでいるように感じます。

さて、日本でデッキシューズを広めた邦画として有名なものに「太陽の季節」があります。これは、石原慎太郎氏が芥川賞を受賞した同作品を、弟の石原裕次郎主演で制作した映画です。
当時、映画と同じルックスをした太陽族が社会現象になりました。アメリカへの憧れも手伝って、大ブームを巻き起こしたのです。彼らが好んで履いていた靴が、デッキシューズです。

靴の底に秘密あり

デッキシューズには、水で滑らないように工夫が凝らされています。その特徴として、アウトソール(靴底)があげられます。水を上手に掻きだし、摩擦の力を最大限に引き出すソールが使われています。

普通のシューズにはない、靴底の形が刻み込まれています。

この切れ込みや溝が自動車のタイヤのように効率よく水を排出し、摩擦力を失わないようにしているのです。

靴本体に使われる素材には、キャンバスやオイルレザーがあります。どちらも、靴底が滑らないように工夫されています。

キャンバスのデッキシューズは、濡れることを考えて作られているため、通気性が抜群で、すぐに乾きます。だからこそ、夏に人気が集まるのも納得ですね。
また、オイルレザーのデッキシューズにも、完全防水のゴアテックスを使用したタイプもあります。ですが、お手入れをキチンとしないと長く履くことができません。

命を守るデッキシューズ

船のキャンバス(甲板)は、いつでも水に濡れて滑りやすくなっています。船から落ちることは、命を落とすことにつながりかねません。デッキシューズは、船員の命を守るために誕生しました。

現在のデッキシューズの靴底は、「スペーリソール」と呼ばれる形状が主になっています。これは、犬が雪道を走っているのに滑って転ばないことにヒントを得て、制作されています。

また、ソールに使われるラバーは、とても柔らかいことが特徴としてあります。柔らかいからこそグリップの強度が生まれます。ですが、アスファルトなどを歩いていると、減りが早いのも事実です。あくまでもデッキの上を歩くことを目的としている、デッキシューズの宿命ともいえます。

まとめ

デッキシューズは、甲板に立つ人を守る目的で誕生しました。水に濡れて滑りやすい甲板から、海へ落ちてしまう人が後を絶たなかったからです。かって海上で使われていたデッキシューズも、今では陸上で履く人が増えています。特に、1958年に公開された映画が火付け役となり、日本にデッキシューズの文化が根付きました。命を守るデッキシューズ、大切に履きたいものですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

人前で靴を脱ぐのは恥ずかしい!?日本人驚きのドイツの靴文化とは?

住む場所が違えば文化も違うとはよく言いますが、ドイツの靴文化は日本とはどう違うのでしょうか?

erin / 1715 view

アメリカの土足文化の謎!その理由を徹底分析!

家でも靴を履いて生活をするアメリカ。日本では考えられないことですよね。なぜアメリカは土足文化なのか。本日はそ…

mayulu / 9966 view

バレエ用品から始まった軽くて履き心地良いタウンシューズを展開するパリの名門ブランド「…

フランス・パリの名門ブランド「レペット」。ダンスシューズから生まれた優雅で美しいそのシューズの歴史についてご…

cororoizm / 954 view

ルブタンからGUまで!2016年秋冬新作レディースシューズ一挙見せ

Christian LouboutinなどのハイブランドからORientaL TRafficなどのプチプラシ…

kirakira / 2771 view

日本人が靴を脱ぐ習慣は弥生時代からあったってホント!?

日本の家といえば、靴を脱いで上がるものですよね。 普段何気なくしている習慣ですが、そこにはほかの国にはない日…

papilio / 2313 view

丈がくるぶしより短いか長いか!意外と知らないシューズとブーツの意外な境い目

突然ですが…「シューズ」と「ブーツ」の違い、みなさんは御存知ですか?両者の区別は、ココを見れば簡単につくんで…

papilio / 3763 view

家の中で靴を脱ぐ習慣は日本だけ?他の国はどうなの?

外国からのゲストが、日本のファミリーにホームステイした時。 最初にギャップを感じるのは、玄関で靴を脱ぐ習慣だ…

kojihei / 3347 view

2016年秋冬のシューズトレンドをまとめてチェックしておこう!

毎年変わるトレンドは、外してしまうとせっかくのおしゃれも台無しです。2016年秋冬はどんなシューズを履けばい…

kirakira / 4325 view

靴にまつわる海外の文化を知ろう!アラブでは、靴で人を傷つけるのは最大の侮辱行為

言葉や食べ物が国によって異なるように、靴にまつわる文化もまた国それぞれ。 アラブでは、靴で人を踏んだり傷つけ…

papilio / 4301 view

ドイツでは人に足の裏を見せてはいけない!その国によって違う靴文化を理解しよう

家の中で靴を脱ぐ日本と異なり、ヨーロッパではほぼ1日中靴を履きっぱなしでいる人が少なくありません。ですから、…

papilio / 4785 view

世界初!バスケットボールシューズはCONVERSE(コンバース)から始まりました

コンバースの歴史は古く1908年に遡ります。ラバーシューズの発売とともに、圧倒的な支持をされるようになりまし…

ももぷに / 12120 view

スニーカーブームの火付け役ジャックパーセル!現代でも人気のモデル特集

1980年代 スニーカーブームの火付け役となった、歴史的スニーカーが今でも人気となっています。そんなレジェン…

pointow / 1955 view

日本人はかかとを踏みつぶしやすい?靴における守るべきマナーについて

靴のかかとを踏み潰している方はいませんか?日本では靴の脱着が多く、靴のかかとが潰れている人が多いと言われてい…

kojihei / 4695 view

クッション性に優れているエンジニアブーツが人気。100年以上前に小さな町工場で誕生し…

履けば履くほど足に馴染む靴を販売している老舗ブランド「レッドウィング」長く愛されているブランドの魅力をご紹介

cororoizm / 996 view

始まりは1906年創業の小さな矯正靴の製造メーカ。「N」のロゴが象徴的なニューバラン…

「N」のロゴが象徴的1906年創業のニューバランスの歩みをご紹介します。

polskamii / 1065 view

関連するキーワード

ももぷに

足のサイズが大きくて、しかも巾が広いのが悩み。いつも靴選びに困ります。可愛いサイズに生まれたかった・・・です。