最大の違いは土足文化!

出典:shutterstock

日本と欧米のシューズにおける違いといえば、まず思い浮かぶのが「土足文化」ですよね。
日本では室内において靴を履くことは厳禁とされています。
しかし、欧米では室内でも靴を履いたままであることが多いです。

つまり、欧米では家にいても基本的には靴を履いたまま過ごしているということになります。
それ故、欧米では靴に対するこだわりが強い傾向にあり、ファッションとしてのデザインの良さだけでなく、履いていて疲れることのない快適さや長く履いていても安心できる堅牢さを求めていることが多いのです。

日本では靴の歴史が浅い?

日本は草履の文化が長かった

日本は草履の文化が長かった

世界最古の靴がアルメニアの洞窟で発見され、人類は紀元前3500年前から靴を履いていたことがわかりました。
しかし、日本で靴という文化が登場したのは江戸末期から明治初期とされています。
それまでは、西洋風の靴ではなく、草履や下駄といったものを履いていました。
多湿な気候なため、このような風通しの良い素足を晒すような履物が普及していたと言われています。

欧米では靴文化はかなり深いものであり、シューズに対しての意識が日本人より高いのです。

欧米人に比べて、日本人の靴と足への意識には隔たりがあります。欧米では、足の専門家が立派な医療職、職業として位置づけられているほど。特にドイツは、足のケアに関して世界一とされ、靴マイスター、整形外科靴マイスター、義肢装具マイスターと呼ばれる3つの職業があります。

さらに、米国には足病医という専門医がおり、フランスにはポドローグという足矯正師がいます

欧米のシューズ選び、ポイントは「フィット感」

サイズやデザインだけで選ばない

サイズやデザインだけで選ばない

出典:sozairoom

このように、日本と欧米ではシューズに対する意識がかなり違っていることがわかりました。

では、シューズにこだわりを持つ欧米の方々はどのようにシューズを選んでいるのでしょう?
欧米では、特に革靴などを選ぶ際はオーダーメイドすることが多いです。
これはやはりファッションとしてシューズを選ぶのではなく、実用的な目的を持って靴を選んでいるからと言えるでしょう。
室外だけでなく室内でも靴を履いていることが多く、着用時間が長いですから履いていて疲れず、足に負担の掛からないシューズを選びたいという思いからでしょう。
何よりも「フィット感」を大切にしているのがわかります。

日本ではシューズのオーダーメイドというのはあまり見かけませんよね。
既成品でサイズが合うものであれば大丈夫という意識が少なからずあります。

見た目だけでなく実用面も大切にする

このように、日本と欧米ではシューズ選びの際の意識の違いがあることがわかります。
私たちがシューズを選ぶときはデザインなど見た目を重視していることが多いかもしれませんが、欧米では見た目よりも実用面を重視している場合が多いのです。
これは、シューズだけでなく、ファッション全体でも言えることかもしれません。
欧米ファッションの多くはサイズ感や全体的なスタイルが統一されていて、その人に合ったものが多いですよね。

見た目だけでなく、実用面にも考慮したシューズ選びで、自分にピッタリのスタイルを醸し出せるシューズを選びましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

流行りは巡り巡る!1950年代から訪れている靴ブーム!

今訪れているブームと同じように、流行りというのは巡り巡るもの。少し前にも靴のブームは訪れていました。一体どん…

mayuripon / 2643 view

あなたの靴は大丈夫?靴をカビから守る方法をご紹介

皆さん、シューズボックスに入れていた靴にカビが生えてしまったなんて経験ありませんか?冷暗所のようなシューズボ…

bontaku / 1321 view

小学校で靴についての授業がある!?ドイツは世界一の靴好き文化

家の中でも土足で生活をする海外。日本人には考えられないことではありますが、その理由は文化によって様々。本日は…

mayulu / 2213 view

プレミアムで上質なデッキシューズのセバゴ!おすすめカジュアルコーデ

カジュアルシューズの中でも人気の高いデッキシューズ。そのデキッシューズに力を注いでいるのがセバゴなんです。今…

mayuripon / 786 view

魚がモチーフの靴が!?アンドレ・ペルージャのデザインセンスに脱帽

アンドレ・ペルージャ(Andre Perugia)は世界三大フットデザイナーの一人です。ピカソなどに大きな影…

みゆみゆ / 1782 view

オールブラックスのCMでお馴染みのアディダスとプーマは元々は共同経営の一つの会社だっ…

アディダスとプーマ。どちらも世界的スポーツ用品メーカーですが、この二社。実は、もともとは二人の兄弟が経営して…

kojihei / 1021 view

あのワニの由来は創業者のニックネームだった⁉︎丈夫さとデザイン性を兼ね備えた靴を展開…

ひとりのテニスプレーヤーから始まった、80年以上続くポロシャツが人気のスポーツブランド「ラコステ」のファッシ…

cororoizm / 897 view

ドイツでは人に足の裏を見せてはいけない!その国によって違う靴文化を理解しよう

家の中で靴を脱ぐ日本と異なり、ヨーロッパではほぼ1日中靴を履きっぱなしでいる人が少なくありません。ですから、…

papilio / 4800 view

華族から始まった靴、江戸時代に洋式の靴は履かれていたの!?<日本における靴の歴史>

鎖国をしていた江戸時代に西洋式の靴はいつ日本に入っていたのでしょうか。江戸時代の履物事情も踏まえて調べてみま…

mokona- / 4833 view

靴についてもっと詳しくなりたい方へ。1870年代の靴の歴史

日本ではどのようにして靴が伝わったのか、1870年代の靴の歴史を学んでみませんか?

mayuripon / 2702 view

世界で一つのスニーカーも!?「リーボック(Reebok)」はつねに時代の一歩先を行く…

スポーツ愛好家に人気!機能性の高いランニングシューズやウォーキングシューズなどを展開するスポーツブランドとし…

cororoizm / 1151 view

冬シューズといえばアグオーストラリア!実は冬用以外のシューズもあります!

アグオーストラリアはムートンブーツを見かけたことのある方も多いのではないでしょうか?冬といえばアグオーストラ…

mayuripon / 1021 view

靴の歴史が面白い!靴の起源は中世のゲルマン人と言われているのは本当?

冬の靴の必需品であるブーツ。実はコレ、起源は中世のゲルマン人といわれているんです。靴の起源、歴史をご紹介しま…

mashroomcat / 11910 view

海外の履きこなしもお手本に!韓国のオシャレスナップ特集

韓国のファッションも日本とは通ずるものがあり、韓国のショップは日本でも大人気なんです!そこで今回は韓国のオシ…

mayuripon / 1620 view

日本の靴の歴史とともに歩み続けて110年 「履きよさは、美しさ。」を追い求める「銀座…

日本の靴の歴史を語る上で欠かせない「銀座ヨシノヤ」。1907年の創業以来、「履きよさは、美しさ。」をテーマに…

シューズボックス編集部 / 1895 view