最大の違いは土足文化!

出典:shutterstock

日本と欧米のシューズにおける違いといえば、まず思い浮かぶのが「土足文化」ですよね。
日本では室内において靴を履くことは厳禁とされています。
しかし、欧米では室内でも靴を履いたままであることが多いです。

つまり、欧米では家にいても基本的には靴を履いたまま過ごしているということになります。
それ故、欧米では靴に対するこだわりが強い傾向にあり、ファッションとしてのデザインの良さだけでなく、履いていて疲れることのない快適さや長く履いていても安心できる堅牢さを求めていることが多いのです。

日本では靴の歴史が浅い?

日本は草履の文化が長かった

日本は草履の文化が長かった

世界最古の靴がアルメニアの洞窟で発見され、人類は紀元前3500年前から靴を履いていたことがわかりました。
しかし、日本で靴という文化が登場したのは江戸末期から明治初期とされています。
それまでは、西洋風の靴ではなく、草履や下駄といったものを履いていました。
多湿な気候なため、このような風通しの良い素足を晒すような履物が普及していたと言われています。

欧米では靴文化はかなり深いものであり、シューズに対しての意識が日本人より高いのです。

欧米人に比べて、日本人の靴と足への意識には隔たりがあります。欧米では、足の専門家が立派な医療職、職業として位置づけられているほど。特にドイツは、足のケアに関して世界一とされ、靴マイスター、整形外科靴マイスター、義肢装具マイスターと呼ばれる3つの職業があります。

さらに、米国には足病医という専門医がおり、フランスにはポドローグという足矯正師がいます

欧米のシューズ選び、ポイントは「フィット感」

サイズやデザインだけで選ばない

サイズやデザインだけで選ばない

出典:sozairoom

このように、日本と欧米ではシューズに対する意識がかなり違っていることがわかりました。

では、シューズにこだわりを持つ欧米の方々はどのようにシューズを選んでいるのでしょう?
欧米では、特に革靴などを選ぶ際はオーダーメイドすることが多いです。
これはやはりファッションとしてシューズを選ぶのではなく、実用的な目的を持って靴を選んでいるからと言えるでしょう。
室外だけでなく室内でも靴を履いていることが多く、着用時間が長いですから履いていて疲れず、足に負担の掛からないシューズを選びたいという思いからでしょう。
何よりも「フィット感」を大切にしているのがわかります。

日本ではシューズのオーダーメイドというのはあまり見かけませんよね。
既成品でサイズが合うものであれば大丈夫という意識が少なからずあります。

見た目だけでなく実用面も大切にする

このように、日本と欧米ではシューズ選びの際の意識の違いがあることがわかります。
私たちがシューズを選ぶときはデザインなど見た目を重視していることが多いかもしれませんが、欧米では見た目よりも実用面を重視している場合が多いのです。
これは、シューズだけでなく、ファッション全体でも言えることかもしれません。
欧米ファッションの多くはサイズ感や全体的なスタイルが統一されていて、その人に合ったものが多いですよね。

見た目だけでなく、実用面にも考慮したシューズ選びで、自分にピッタリのスタイルを醸し出せるシューズを選びましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

昔は足を小さく見せる風習も!日本と異なる中国の靴文化

最近では国内でもたくさんの中国人観光客を見かけるようになりました。中国の独特の靴文化についてまとめました。

kojihei / 2786 view

3月15日が靴の記念日に制定された理由とは?それは日本の靴のルーツにあった!?

靴の記念日は3月15日です。「くつ」という語呂は関係ないのになぜその日なのでしょうか?日本の歴史にその答えは…

erin / 2655 view

靴の試着で気を付けるポイントは?足に合ったシューズを見つけるために必要なこととは!

シューズ選びをする際、皆さんはどのようにしますか?ただサイズを見るだけではなく、実際に履いてみて確かめるとい…

kutsukutsu / 1172 view

もう靴選びで失敗しない!まずは自分の足の形を知る事から始めよう!

今回は足の形についてお話します。日本人は「甲高・幅広」といわれますが、当てはまらない人も沢山します。自分の足…

kutsukutsu / 1094 view

1943年創業、世界で展開する日本の靴ブランド〈アシックス〉の歴史

1943年創業の会社が鬼塚株式会社を吸収合併。日本の兵庫県でスタートした「鬼塚商会」が、世界のオニツカ・アシ…

polskamii / 3469 view

欧米人は足が長く、幅が細い人が多い!靴づくりにも反映されているの?

欧米人は足が長く、足の甲も細身中田が多いのが特徴です。当然、その点を意識してシューズ作りがされているわけです…

pointow / 1457 view

あなたの靴は大丈夫?靴をカビから守る方法をご紹介

皆さん、シューズボックスに入れていた靴にカビが生えてしまったなんて経験ありませんか?冷暗所のようなシューズボ…

bontaku / 1129 view

世界初!バスケットボールシューズはCONVERSE(コンバース)から始まりました

コンバースの歴史は古く1908年に遡ります。ラバーシューズの発売とともに、圧倒的な支持をされるようになりまし…

ももぷに / 10608 view

明治から現代まで!デザインも用途も進化を遂げた日本の靴の歴史

日本人が今のような洋式の靴を履くようになったのは、おおよそ150年前からです。時代とともに靴は進化していき、…

bontaku / 845 view

なぜ西洋では家の中でも靴を履くの!?その理由は就寝スタイルにあった!

平気で土足のまま部屋に上がる外国人。それに違和感を感じる私たち日本人と彼らの間には、どんな文化的な価値観の相…

kojihei / 18118 view

靴好きが見ておきたい靴がテーマの映画5選

靴は女性を惹きつけてやまない魅力があります。そんな素敵な靴をテーマにした映画作品を観て、うっとりしちゃいませ…

みゆみゆ / 3192 view

日本人が靴を脱ぐ習慣は弥生時代からあったってホント!?

日本の家といえば、靴を脱いで上がるものですよね。 普段何気なくしている習慣ですが、そこにはほかの国にはない日…

papilio / 1948 view

プレミアムで上質なデッキシューズのセバゴ!おすすめカジュアルコーデ

カジュアルシューズの中でも人気の高いデッキシューズ。そのデキッシューズに力を注いでいるのがセバゴなんです。今…

mayuripon / 673 view

靴を脱ぐことは”はしたないこと”!?ヨーロッパでは寝るとき意外は靴を履いている理由と…

海外に旅行行ったり、海外の映画や小説を読んでいると感じる、日本との文化の相違。特に生活レベルでの違いは、著し…

kojihei / 2236 view

カラフル!スタイリッシュ!機能性ローファーならスイムズがオススメ!

ローファーはかっちりとした印象がありますが、今はどこでも履ける機能性ローファーがあるんです!

mayuripon / 801 view