「最近買った靴、外観がすごく気に入ってるのにサイズや形が合わなくて…」
こんな経験、ありませんか?

筆者もつい最近そのような経験をしてショックを受けていたところです。

実は、人間の足の形は5種類あるということを知っていましたか?
どうやら足の形は日本と海外の違いによるものなんだとか。

自分に合った靴を見つけるためには、自分の足の形を知ることが大切です。

人間の足の形は5種類ある

このように、足の形は人種によって変わってくる様子。
あなたの足の形はどのタイプですか?

ちなみに、日本人に多く見られるのがエジプト型、次にギリシャ型なのだそう。

文化や生活に日本と海外の違いがあるように、足の形まで違うとは驚きです。

調査機関によって多少差があるが、エジプト型は65-75%、ギリシャ型は15-25%、スクエア型は5-10%となる。日本人の大多数はエジプト型というわけだ。

足の形によって性格が違う…?

足の形によって性格が違うってホント!?

足の形によって性格が違うってホント!?

実は、人は足の形によって性格が違うのだそう。

確かに、日本人と海外の人には性格の違いが見られますよね。
国によって性格が違うのは足の形にも理由があったのです。

これは、5000年もの歴史をもつ中国の足相占いから来ているのだそうです。

エジプト型:心優しく感情豊か。また、人を信じやすく、ロマンチストでもある。弱点は集中力に欠けること。

ギリシャ型:野心と独立心と決断力を備えたリーダータイプ。わがまま。既婚者は亭主関白・かかあ天下の傾向あり。

スクエア型:率直で単純。その反面、成功につながる頑固さと粘り強さも持ち合わせている。

自分に合った靴を選ぶためには幅とワイズを知ろう

ここで本題です。

足の形に日本と海外の違いがある言うことは、日本で販売されている靴と海外で販売されている靴はサイズや形が違ってくると言うことですね。

海外で靴を購入した際に失敗してしまったと言う方も多いのではないでしょうか?

日本で靴を購入するときはもちろん、海外で靴を購入するときのためにも自分の足の形・サイズを知っておくと便利です。
そこで重要となってくるのが、脚の“幅”と“ワイズ”。

履きやすい靴・自分に合った靴を見つけるためにはこの2つを把握しておく必要があります。

幅、及びワイズとは、親指と小指の付け根の部分の幅のことをいいます。一口に「幅」とか「ワイズ」といっても厳密にいうと上から見た横幅「足幅」と、周りをぐるっと測った長さ(太さ)「足囲」とありますが、普通は「足幅」と「足囲」をひっくるめて「幅」または「ワイズ」と表現されているようです。
靴のサイズは足の長さと足囲、この2つのサイズを知らなければ正しい靴選びはできません。靴の裏に表記されているEやEEなどの記号が足囲です。足囲はEの数だけで表すわけではなく、日本ではJISで決められた8種類の幅、細い方からA・B・C・D・E・EE・EEE・EEEEがあります。
日本人はE幅が一番多いとされています。全世代ではE幅が一番多いのでしょうが、最近の若い人に細い人が増えているので、40歳以下に限定するとD幅が一番多いのではと私は思っています。(※フェラガモなど外国製品のC幅とかD幅は日本の規格とは全く別物ですのであてはまりません。)
 普段履いている靴がEEやEEEだからといって足囲が広いことになるのでしょうか?答えはそうと断言することは出来ません。自分のサイズは23cmだとか24cmだとか誰でも自分の足のサイズを認識していますね。多くの人は普段履く靴からそのサイズを判断していると思います。でも、そのサイズが間違っているという事が案外多いのです。一度正確に長さ(サイズ)と足囲(ワイズ)を測ってみましょう。

まとめ

足の形には日本と海外の違いがあるということには驚きです。
それも、少しの違いではなくかなりの形の違い…。
人間というものは、奥が深く面白いものですね。

まだ、自分に合う最高の靴に出会えていないと言う方は特に自分の足の形・サイズを理解し、靴選びに励んでみましょう。

自分の足の形・サイズを把握することで、靴の選びやすさがガラッと変わってくるはずです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

どんな場所でも履ける!驚きの耐久性を誇るブランド「キーン(KEEN)」がすごい!

足を守ることができるサンダルとして有名なブランド、キーン。その耐久性にはびっくりです!

mayuripon / 730 view

意外な歴史のこぼれ話。有名靴ブランド「リーガル」の設立にはあの幕末の偉人が関わってい…

私たちが今、当たり前のように履いている靴も、もともとは西洋からの渡来品。それまで日本人は草履や下駄を、外履と…

kojihei / 876 view

近いようで実は知らない!?ベトナムやマレーシアで人気のシューズブランドは?

近いようでなかなか知らない東南アジア。同じアジア圏だけど、実際のところはよく知らないという方も多いのではない…

kojihei / 1093 view

スニーカーブームの火付け役ジャックパーセル!現代でも人気のモデル特集

1980年代 スニーカーブームの火付け役となった、歴史的スニーカーが今でも人気となっています。そんなレジェン…

pointow / 1173 view

3本線で有名なアディダス!アディダスの3本線はどうやって生まれたの?

アディダスは、アディダス女子、男子という言葉が生まれるほど愛されているブランドです!そのアディダスの特徴とい…

mayuripon / 1230 view

靴の試着で気を付けるポイントは?足に合ったシューズを見つけるために必要なこととは!

シューズ選びをする際、皆さんはどのようにしますか?ただサイズを見るだけではなく、実際に履いてみて確かめるとい…

kutsukutsu / 541 view

靴にまつわる海外の文化を知ろう!アラブでは、靴で人を傷つけるのは最大の侮辱行為

言葉や食べ物が国によって異なるように、靴にまつわる文化もまた国それぞれ。 アラブでは、靴で人を踏んだり傷つけ…

papilio / 1612 view

健康にいいのはどっち?裸足と土足での生活での健康への影響とは?

素足と土足。今なお続く文化の違いですが、実際能取湖の文化の違いは何か影響はあるのでしょうか?靴を履くか履かな…

mayuripon / 760 view

ルブタンからGUまで!2016年秋冬新作レディースシューズ一挙見せ

Christian LouboutinなどのハイブランドからORientaL TRafficなどのプチプラシ…

kirakira / 891 view

プレミアムで上質なデッキシューズのセバゴ!おすすめカジュアルコーデ

カジュアルシューズの中でも人気の高いデッキシューズ。そのデキッシューズに力を注いでいるのがセバゴなんです。今…

mayuripon / 321 view

クッション性に優れているエンジニアブーツが人気。100年以上前に小さな町工場で誕生し…

履けば履くほど足に馴染む靴を販売している老舗ブランド「レッドウィング」長く愛されているブランドの魅力をご紹介

cororoizm / 468 view

知られざる靴の歴史!洋式の靴は江戸時代から始まっていた?!

歴史を遡ると、日本の靴のイメージって草履ですよね。でも実は洋式の靴は江戸時代から始まっていました!本日は知ら…

mayulu / 1490 view

発祥はオーストラリアじゃなくて南カルフォルニア!?アグ(UGG)の意外な真実とは

寒い季節になると、シューズショップで販売されている人気のアイテムにムートンブーツがあります。今回はムートンブ…

cororoizm / 359 view

なんで日本文化では脱いだ靴を端に寄せるのか?

子供の頃から脱いだ靴を端に寄せるとは言われていましたが、なぜそのような文化になったのかなど世界と違う日本の靴…

kutsukutsu / 418 view

台湾では靴のプレゼントは失礼になる!?近いのにこんなに違う靴の習慣

わたしたち日本人にとって身近な東アジアだけど、靴に関する意外な習慣がいっぱい!旅行先で恥をかかないよう、ぜひ…

papilio / 743 view

関連するキーワード