シーズンごとに乾燥と換気を

天気のいい日に外に出そう!

天気のいい日に外に出そう!

靴の収納場所といえば、シューズボックス。
シューズボックスはカビにとって、湿度が高くなりやすく、温度も上がりやすい、最高の環境です。
そんなシューズボックスの中に入れている靴もまたカビにとっての栄養になります。

そこで、カビを防止する方法として最も簡単なことは「定期的な乾燥と換気」です!
シーズンごとに、靴を全部シューズボックスから出して、天気のいい日に外に出しておきましょう。
そうすることで、靴の乾燥と換気が行われてカビが繁殖しづらいものになります。
外でなくても、家の中でシューズボックスから出して扇風機を当てるという方法もあります。
履いてすぐの靴をシューズボックスに入れず、一旦玄関においておくだけでもある程度効果があります。

これによって、靴にカビが生えてしまう可能性を大幅に下げることが出来るでしょう。

シューズボックス内の環境を整える

先ほどからご説明しているようにシューズボックスはカビが生えやすい環境です。
靴にカビを生えさせないための対策としてシューズボックスの環境を整えることが必要です。
すでにあるシューズボックスを新しくするなどはなかなか難しいので、ここでは簡単に出来るシューズボックスの環境作りをご紹介します。

まず、靴を収める棚にすのこなどを敷くことです。
すのこなどによって通気性が格段に上がり、カビがとどまるのを防ぐとともに湿気を取り除くことが出来ます。
また、画像のように100均にある網棚を活用するのも手です。

次に、湿気取りを活用することです。
湿気はカビにとって大きな栄養となりますので、湿気取りを使用して湿気がたまらないようにしましょう。
手軽にできる湿気取りは、新聞紙を敷くことです。
新聞紙は湿気を吸いやすい紙なので、これを敷くだけでかなり湿気を鳥除けます。

シューズボックスの環境を整えることで、カビの防止に繋がりますのでしっかりと環境を作りましょう。

傘立てからは離しておく

皆さんの家のシューズボックスを想像してみてください。
画像のように、傘立てや傘掛けと一緒になってるものやすぐ隣りにあるものだったりしませんか?
カビを防止したい場合は、すぐにその傘立てや傘掛けの使用をやめましょう!

傘は雨の日に使うもの、つまり水気があるものです。
片付ける前にある程度水を払いますが、完全に払うことは出来ませんよね。
そんなものをシューズボックスと一緒にしてしまうと、シューズボックスの湿気がどんどん増えてしまいます。
可能であれば、シューズボックスと傘は離して使うようにしましょう。

つまり、水気を持つものから遠ざけることが大切です。

しっかり対策してカビを防止しよう

カビを生やさず長く使おう

カビを生やさず長く使おう

以上のようにカビ対策をしっかりと行い、靴をカビから守りましょう。
靴をカビから守れば、長く使用することもでき、お気に入りの靴を泣く泣く手放してしまうなんて心配もありません!

また、このような対策は靴のカビ防止だけでなく、カビの劣化も防ぐことが出来ますので、ぜひとも試してみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ブーツ愛用者第1号!?坂本竜馬と日本の近代化に貢献したグラバー商会の親密な関係<日本…

ブーツを履いて立つ坂本竜馬。先進的であった竜馬は、長崎の貿易商グラバーとも親密な交際をしていました。二人の関…

mokona- / 726 view

サンダルの名称はギリシャから?語源はギリシャ語のSandalionだった!

サンダルは古代オリエントが発祥ですが、現在使われているサンダルという名前はギリシア語が語源となっていました。

mokona- / 2186 view

ニューバランスなのにレザー製?隠れた人気のレザー製スニーカー特集!

最近では街中でもよく見かけるようになったブランド、ニューバランス。ニューバランスといえばキャンバス生地など布…

mayuripon / 1674 view

海外ではシューズをどうやって履きこなす?日本とはまた違ったオシャレスナップを大公開!

海外のファッションは世界の最先端。日本でも真似できそうな、オシャレスナップをご紹介します!

mayuripon / 919 view

世界初!バスケットボールシューズはCONVERSE(コンバース)から始まりました

コンバースの歴史は古く1908年に遡ります。ラバーシューズの発売とともに、圧倒的な支持をされるようになりまし…

ももぷに / 10547 view

日本人が靴を脱ぐ習慣は弥生時代からあったってホント!?

日本の家といえば、靴を脱いで上がるものですよね。 普段何気なくしている習慣ですが、そこにはほかの国にはない日…

papilio / 1937 view

サイズ違いが時代を動かした!?1870年に造られた日本初の西洋式の靴工場の設立の秘密…

西洋式の靴工場が日本で初めて造られたのは、1870年のことでした。この西洋式の靴工場について調べました。

mokona- / 853 view

靴好きが見ておきたい靴がテーマの映画5選

靴は女性を惹きつけてやまない魅力があります。そんな素敵な靴をテーマにした映画作品を観て、うっとりしちゃいませ…

みゆみゆ / 3179 view

スニーカーブームの火付け役ジャックパーセル!現代でも人気のモデル特集

1980年代 スニーカーブームの火付け役となった、歴史的スニーカーが今でも人気となっています。そんなレジェン…

pointow / 1800 view

日本の靴の歴史とともに歩み続けて110年 「履きよさは、美しさ。」を追い求める「銀座…

日本の靴の歴史を語る上で欠かせない「銀座ヨシノヤ」。1907年の創業以来、「履きよさは、美しさ。」をテーマに…

シューズボックス編集部 / 1549 view

アメリカの土足文化の謎!その理由を徹底分析!

家でも靴を履いて生活をするアメリカ。日本では考えられないことですよね。なぜアメリカは土足文化なのか。本日はそ…

mayulu / 8877 view

意外な歴史のこぼれ話。有名靴ブランド「リーガル」の設立にはあの幕末の偉人が関わってい…

私たちが今、当たり前のように履いている靴も、もともとは西洋からの渡来品。それまで日本人は草履や下駄を、外履と…

kojihei / 1859 view

明治から現代まで!デザインも用途も進化を遂げた日本の靴の歴史

日本人が今のような洋式の靴を履くようになったのは、おおよそ150年前からです。時代とともに靴は進化していき、…

bontaku / 844 view

バレエ用品から始まった軽くて履き心地良いタウンシューズを展開するパリの名門ブランド「…

フランス・パリの名門ブランド「レペット」。ダンスシューズから生まれた優雅で美しいそのシューズの歴史についてご…

cororoizm / 852 view

発祥はオーストラリアじゃなくて南カルフォルニア!?アグ(UGG)の意外な真実とは

寒い季節になると、シューズショップで販売されている人気のアイテムにムートンブーツがあります。今回はムートンブ…

cororoizm / 693 view