かかとが潰れた靴

潰れたかかとはだらしない

潰れたかかとはだらしない

「靴のかかとを潰して歩く」
これは私たち日本人にとってもマナー違反として広く知れ渡っていることです。
しかし、なかなかその数は減らないのが現状ですよね。

靴の文化自体が西洋に比べて浅い日本、靴に関するマナーはやはり海外に比べるとまだまだな部分もあるかもしれません。
この「靴のかかとを潰す」ことに関して、海外ではどのような印象を受けるか知っていけば、よりマナーとして意識できるのではないでしょうか。

なぜ日本ではかかとを潰す人が多いのか

日本では靴の文化自体が浅いと言われています。
靴が一般に広がる前までは、画像のような草履を履いていました。
草履というのは、足に引っ掛けて履くようなもので、しっかりとかかとまで入れて履くというものではありませんでした。
その理由としては、素足で過ごす文化があったという点があります。
外では足の裏を守るために草履を履いてはいましたが、家の中では素足で過ごすのが一般的で、それは今なお続いています。
つまり、日本人は靴の脱着が多いのです。

それにより、靴を履く際に面倒がってかかとを潰してしまう人がいたり、潰して履いていなくても脱着の多さからかかとが劣化しやすいということになっています。
しかし、靴というのはかかとを潰して履くようにできていませんから、そのように履いていればすぐに靴が壊れてしまいますよね。
そうした面から、勿体無いの精神で「靴のかかとを潰すのはダメ」という認識が広まりました。

一方海外では土足文化が多い

日本人でかかとを潰して履く人が多いのは素足文化の影響であることがわかりました。
一方海外では、土足文化、つまり靴を履いたまま過ごす文化が多いですよね。

そんな海外では「かかとを潰して履く」という行為は、日本以上にマナー違反として広く知れ渡っています。
特にヨーロッパでは「靴で人を見る」という場合も多く、かかとの潰れた靴を履いていれば「とてもだらしのない人」という判断をされてしまいます。
基本的に、土足文化では素足を見せることははしたないとされており、かかとを潰して履いていると素足が見えていて、だらしないと思われるのです。
サンダルなどの元から足が見えるものは例外ではあります。

きちんとした靴を履いていることが人としての格を上げてくれるというのが土足文化での認識と言えるでしょう。

マナーとしてだけでなく合理的な理由も含めてかかとを潰さない

以上のように、海外において「靴のかかとを潰す」という行為はとてもだらしのないマナー違反として見られます。
日本においてもそれは同じです。
しっかりとした素晴らしい人間として判断されるようになるには、かかとを潰さないことが大切。

また、マナー違反としてだけでなく、靴の寿命を縮めないためにもかかとを潰さないようにしましょう。
靴は基本的にかかとを潰して履くように出来ていませんから、潰せばそれだけ早く靴がダメになってしまいます。
そうなると、コストも掛かってしまいますので、自分にとってもいいことはありません。

人に見られるからだけでなく、自分自身にとっても靴を大切にするというのは重要なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

中国は家の中でも靴を脱がない。その理由は家の造作にあった!

玄関で靴を脱いでから家に入る、これは日本人にとってあたりまえのことですよね。 しかし、中国では靴を脱がずに生…

little flower / 5254 view

靴ひもの結び方は種類豊富!目的に合わせた結び方を覚えよう!

靴の結び方って実際普段あまり気にしていませんよね?既に紐が結んである靴を買った場合は、それをそのまま使用した…

nyaon / 3130 view

高級シューズは動物の皮作られてる?こんなにある高級革特集

フォーマルからカジュアルまで私たちの生活の中で活躍する革靴。高級シューズの代表とも言える存在です。しかし、革…

pointow / 623 view

日本の靴の歴史とともに歩み続けて110年 「履きよさは、美しさ。」を追い求める「銀座…

日本の靴の歴史を語る上で欠かせない「銀座ヨシノヤ」。1907年の創業以来、「履きよさは、美しさ。」をテーマに…

シューズボックス編集部 / 1559 view

ニューバランスなのにレザー製?隠れた人気のレザー製スニーカー特集!

最近では街中でもよく見かけるようになったブランド、ニューバランス。ニューバランスといえばキャンバス生地など布…

mayuripon / 1697 view

同じセンチ表記でも日本とヨーロッパでは大きさが違う!?靴のサイズの謎を解説!

海外でいい靴を見つけたとき、サイズを確認しようとして戸惑ったことはありませんか?また輸入物を扱うお店でも同じ…

ゆか / 6591 view

アメリカの土足文化の謎!その理由を徹底分析!

家でも靴を履いて生活をするアメリカ。日本では考えられないことですよね。なぜアメリカは土足文化なのか。本日はそ…

mayulu / 8916 view

朝ドラ「べっぴんさん」で注目!靴職人の仕事ぶり

NHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」で市村正親さん演じる靴職人が話題となっています。今回はそんな靴職人の…

kirakira / 1384 view

トコロ変われば習慣も!?家の中でも靴を履くアメリカの習慣はその高い美意識が原因だった…

靴を脱いで家に入る、これは日本人にとってあたり前のことですよね。 しかし、海外では靴を履いたまま生活をするス…

little flower / 969 view

オールブラックスのCMでお馴染みのアディダスとプーマは元々は共同経営の一つの会社だっ…

アディダスとプーマ。どちらも世界的スポーツ用品メーカーですが、この二社。実は、もともとは二人の兄弟が経営して…

kojihei / 877 view

バレエ用品から始まった軽くて履き心地良いタウンシューズを展開するパリの名門ブランド「…

フランス・パリの名門ブランド「レペット」。ダンスシューズから生まれた優雅で美しいそのシューズの歴史についてご…

cororoizm / 856 view

ドイツでは人に足の裏を見せてはいけない!その国によって違う靴文化を理解しよう

家の中で靴を脱ぐ日本と異なり、ヨーロッパではほぼ1日中靴を履きっぱなしでいる人が少なくありません。ですから、…

papilio / 4242 view

【日本における靴の歴史】明治時代、洋式の靴はどんなふうに広まったの?

明治時代に入って洋式の靴はどのように日本の人々の間に広まっていったのでしょうか。洋式の靴の歴史について調べて…

mokona- / 5597 view

新作のテーマは「光」!60年以上愛されるアディダスの歴史

世界中で人気のスポーツブランド「アディダス」の長年に渡って愛されるスニーカーの魅力についてご紹介します。

cororoizm / 694 view

小学校で靴についての授業がある!?ドイツは世界一の靴好き文化

家の中でも土足で生活をする海外。日本人には考えられないことではありますが、その理由は文化によって様々。本日は…

mayulu / 1986 view

関連するキーワード