かかとが潰れた靴

潰れたかかとはだらしない

潰れたかかとはだらしない

「靴のかかとを潰して歩く」
これは私たち日本人にとってもマナー違反として広く知れ渡っていることです。
しかし、なかなかその数は減らないのが現状ですよね。

靴の文化自体が西洋に比べて浅い日本、靴に関するマナーはやはり海外に比べるとまだまだな部分もあるかもしれません。
この「靴のかかとを潰す」ことに関して、海外ではどのような印象を受けるか知っていけば、よりマナーとして意識できるのではないでしょうか。

なぜ日本ではかかとを潰す人が多いのか

日本では靴の文化自体が浅いと言われています。
靴が一般に広がる前までは、画像のような草履を履いていました。
草履というのは、足に引っ掛けて履くようなもので、しっかりとかかとまで入れて履くというものではありませんでした。
その理由としては、素足で過ごす文化があったという点があります。
外では足の裏を守るために草履を履いてはいましたが、家の中では素足で過ごすのが一般的で、それは今なお続いています。
つまり、日本人は靴の脱着が多いのです。

それにより、靴を履く際に面倒がってかかとを潰してしまう人がいたり、潰して履いていなくても脱着の多さからかかとが劣化しやすいということになっています。
しかし、靴というのはかかとを潰して履くようにできていませんから、そのように履いていればすぐに靴が壊れてしまいますよね。
そうした面から、勿体無いの精神で「靴のかかとを潰すのはダメ」という認識が広まりました。

一方海外では土足文化が多い

日本人でかかとを潰して履く人が多いのは素足文化の影響であることがわかりました。
一方海外では、土足文化、つまり靴を履いたまま過ごす文化が多いですよね。

そんな海外では「かかとを潰して履く」という行為は、日本以上にマナー違反として広く知れ渡っています。
特にヨーロッパでは「靴で人を見る」という場合も多く、かかとの潰れた靴を履いていれば「とてもだらしのない人」という判断をされてしまいます。
基本的に、土足文化では素足を見せることははしたないとされており、かかとを潰して履いていると素足が見えていて、だらしないと思われるのです。
サンダルなどの元から足が見えるものは例外ではあります。

きちんとした靴を履いていることが人としての格を上げてくれるというのが土足文化での認識と言えるでしょう。

マナーとしてだけでなく合理的な理由も含めてかかとを潰さない

以上のように、海外において「靴のかかとを潰す」という行為はとてもだらしのないマナー違反として見られます。
日本においてもそれは同じです。
しっかりとした素晴らしい人間として判断されるようになるには、かかとを潰さないことが大切。

また、マナー違反としてだけでなく、靴の寿命を縮めないためにもかかとを潰さないようにしましょう。
靴は基本的にかかとを潰して履くように出来ていませんから、潰せばそれだけ早く靴がダメになってしまいます。
そうなると、コストも掛かってしまいますので、自分にとってもいいことはありません。

人に見られるからだけでなく、自分自身にとっても靴を大切にするというのは重要なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

「恋人に惚れるような感覚」元貴乃花の息子さんが魅了された靴職人という仕事

元横綱・貴乃花親方と元アナウンサーの花田景子さんの息子・花田優一さんは現在靴職人です。靴職人とは一体どのよう…

kirakira / 774 view

華族から始まった靴、江戸時代に洋式の靴は履かれていたの!?<日本における靴の歴史>

鎖国をしていた江戸時代に西洋式の靴はいつ日本に入っていたのでしょうか。江戸時代の履物事情も踏まえて調べてみま…

mokona- / 3310 view

人類最古5500年前の靴のサイズは?履いていたのは誰?

普段何気なく履いている靴。その歴史はアルメニアの洞窟から始まりました。人類最古の靴は紀元前3500年前に発見…

mashroomcat / 1456 view

明治時代の欧化政策によって始まった洋装文化。日本人が洋式の靴を履くようになった、その…

私たち日本人が西欧のファッションを取り入れ、洋式の靴を履くようになったのは、いったいいつのころからなのか? …

kojihei / 2364 view

スニーカーブームの火付け役ジャックパーセル!現代でも人気のモデル特集

1980年代 スニーカーブームの火付け役となった、歴史的スニーカーが今でも人気となっています。そんなレジェン…

pointow / 1544 view

アウトドアシューズやワークブーツが有名なアメリカの老舗ブランド「ウルヴァリン(Wol…

130年以上に渡って愛されるアメリカでブーツで有名な最大級のブランド「ウルヴァリン」についてご紹介します。

cororoizm / 883 view

環境問題に向き合ったシューズが誕生!接着剤を使わないエコなシューズとは?

環境問題は今や全世界の問題として我々が対処しなくてはならないものです。そんな中、シューズ業界でも環境問題と向…

mayuripon / 577 view

モスクや霊廟では靴を脱いで!知っておきたいトルコにおける靴のマナー

家の中で靴を脱ぐのは日本と同じだけど…靴・足にまつわるトルコの文化は、われわれ日本人にはなじみのないものも。

papilio / 877 view

競技用シューズやスニーカーの老舗、日本の靴ブランド「アシックス」の始まりはバスケット…

日本を代表するスポーツブランド「アシックス」の、競技用シューズやスニーカーに注目です!その歴史と新ブランドラ…

polskamii / 1300 view

明治時代の靴はこんなにもオシャレ!1870年頃の紳士淑女が履いていた靴とは!?

1870年(明治3年)日本初の靴工場が造られた年。上流階級の間で履かれていた靴はどんなものだったのでしょうか…

mokona- / 2440 view

意外な共通点がたくさん!トルコは日本と同じ靴文化を持っている?

外国と比べると、私たちの国がいかに特異な文化に溢れているか、驚かされることがあります。しかし、親日国として知…

kojihei / 1513 view

靴の歴史を検証する!日本人が家の中で靴を脱ぐのはあの足の病気が原因だった?

海外と日本の文化の違いにおいて、よく論じられるテーマが、家の靴を脱ぐ習慣と家の中で土足の習慣。 日本と西欧…

kojihei / 1282 view

健康にいいのはどっち?裸足と土足での生活での健康への影響とは?

素足と土足。今なお続く文化の違いですが、実際能取湖の文化の違いは何か影響はあるのでしょうか?靴を履くか履かな…

mayuripon / 1258 view

靴の歴史が面白い!靴の起源は中世のゲルマン人と言われているのは本当?

冬の靴の必需品であるブーツ。実はコレ、起源は中世のゲルマン人といわれているんです。靴の起源、歴史をご紹介しま…

mashroomcat / 8634 view

3本線で有名なアディダス!アディダスの3本線はどうやって生まれたの?

アディダスは、アディダス女子、男子という言葉が生まれるほど愛されているブランドです!そのアディダスの特徴とい…

mayuripon / 1975 view

関連するキーワード