かかとが潰れた靴

潰れたかかとはだらしない

潰れたかかとはだらしない

「靴のかかとを潰して歩く」
これは私たち日本人にとってもマナー違反として広く知れ渡っていることです。
しかし、なかなかその数は減らないのが現状ですよね。

靴の文化自体が西洋に比べて浅い日本、靴に関するマナーはやはり海外に比べるとまだまだな部分もあるかもしれません。
この「靴のかかとを潰す」ことに関して、海外ではどのような印象を受けるか知っていけば、よりマナーとして意識できるのではないでしょうか。

なぜ日本ではかかとを潰す人が多いのか

日本では靴の文化自体が浅いと言われています。
靴が一般に広がる前までは、画像のような草履を履いていました。
草履というのは、足に引っ掛けて履くようなもので、しっかりとかかとまで入れて履くというものではありませんでした。
その理由としては、素足で過ごす文化があったという点があります。
外では足の裏を守るために草履を履いてはいましたが、家の中では素足で過ごすのが一般的で、それは今なお続いています。
つまり、日本人は靴の脱着が多いのです。

それにより、靴を履く際に面倒がってかかとを潰してしまう人がいたり、潰して履いていなくても脱着の多さからかかとが劣化しやすいということになっています。
しかし、靴というのはかかとを潰して履くようにできていませんから、そのように履いていればすぐに靴が壊れてしまいますよね。
そうした面から、勿体無いの精神で「靴のかかとを潰すのはダメ」という認識が広まりました。

一方海外では土足文化が多い

日本人でかかとを潰して履く人が多いのは素足文化の影響であることがわかりました。
一方海外では、土足文化、つまり靴を履いたまま過ごす文化が多いですよね。

そんな海外では「かかとを潰して履く」という行為は、日本以上にマナー違反として広く知れ渡っています。
特にヨーロッパでは「靴で人を見る」という場合も多く、かかとの潰れた靴を履いていれば「とてもだらしのない人」という判断をされてしまいます。
基本的に、土足文化では素足を見せることははしたないとされており、かかとを潰して履いていると素足が見えていて、だらしないと思われるのです。
サンダルなどの元から足が見えるものは例外ではあります。

きちんとした靴を履いていることが人としての格を上げてくれるというのが土足文化での認識と言えるでしょう。

マナーとしてだけでなく合理的な理由も含めてかかとを潰さない

以上のように、海外において「靴のかかとを潰す」という行為はとてもだらしのないマナー違反として見られます。
日本においてもそれは同じです。
しっかりとした素晴らしい人間として判断されるようになるには、かかとを潰さないことが大切。

また、マナー違反としてだけでなく、靴の寿命を縮めないためにもかかとを潰さないようにしましょう。
靴は基本的にかかとを潰して履くように出来ていませんから、潰せばそれだけ早く靴がダメになってしまいます。
そうなると、コストも掛かってしまいますので、自分にとってもいいことはありません。

人に見られるからだけでなく、自分自身にとっても靴を大切にするというのは重要なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ファッションの国フランス生まれの人気シューズブランドと言えばこれ!

ファッションの本場といえば思いつくのはやはり「フランス」そこで今回は、フランスで人気のメンズシューズについて…

mashroomcat / 1877 view

西部劇で見たあのブーツこそウエスタンブーツ!実際にカウボーイは履いているの?

ジョン・ウエインに代表される西部劇。出演するカウボーイ役の俳優さんは、カウボーイハットをかぶり、ウエスタンブ…

ももぷに / 2208 view

トコロ変われば習慣も!?家の中でも靴を履くアメリカの習慣はその高い美意識が原因だった…

靴を脱いで家に入る、これは日本人にとってあたり前のことですよね。 しかし、海外では靴を履いたまま生活をするス…

little flower / 859 view

日本人が家の中で靴を脱ぐのは、衛生上の都合だった!

靴は玄関で脱ぐという行為は、慣習を通り越して「常識」と言えるでしょう。 しかし、この習慣。世界的に見れば、…

kojihei / 1177 view

靴の歴史を検証する!日本人が家の中で靴を脱ぐのはあの足の病気が原因だった?

海外と日本の文化の違いにおいて、よく論じられるテーマが、家の靴を脱ぐ習慣と家の中で土足の習慣。 日本と西欧…

kojihei / 1462 view

環境問題に向き合ったシューズが誕生!接着剤を使わないエコなシューズとは?

環境問題は今や全世界の問題として我々が対処しなくてはならないものです。そんな中、シューズ業界でも環境問題と向…

mayuripon / 665 view

ルブタンからGUまで!2016年秋冬新作レディースシューズ一挙見せ

Christian LouboutinなどのハイブランドからORientaL TRafficなどのプチプラシ…

kirakira / 2177 view

誰もが知るブランドのロゴマークナイキの「スウッシュ」はたったの35ドルだった?

世界のスポーツブランド「ナイキ」のロゴマーク「スウッシュ」の誕生秘話と、その歴史をご紹介します。

polskamii / 2601 view

知らないと恥ずかしい!日本文化の作法 玄関先での正しい靴の脱ぎ方

みなさん友人の家に招かれたとき、どのように靴を脱いでいますか?玄関先でのマナー、靴を脱ぐときの正しい作法があ…

mayulu / 2895 view

海外の履きこなしもお手本に!韓国のオシャレスナップ特集

韓国のファッションも日本とは通ずるものがあり、韓国のショップは日本でも大人気なんです!そこで今回は韓国のオシ…

mayuripon / 1278 view

正しい靴の脱ぎ方を知っていますか!?ブーツ・パンプスを美しく脱いで第一印象アップ!

家の中で靴を脱いで生活する文化のある日本。当然、他人の家に訪問すると玄関で靴を脱ぐことが多いはず。ですが、玄…

ゆか / 9709 view

カジュアルに決めたいモカシン!ネイティブ・アメリカンから広まったって知ってた?

モカシンは、ネイティブ・アメリカンが履いていた、スリッポンがルーツとされています。昔は、一枚革で足を包むよう…

ももぷに / 640 view

このフィット感を待っていた!女性のためのブランド「ケーエムビー(KMB)」

女性のためのシューズブランドと言われているケーエムビーですが、一体なぜそこまで女性に愛されるブランドなのか、…

mayuripon / 1766 view

ブーツ愛用者第1号!?坂本竜馬と日本の近代化に貢献したグラバー商会の親密な関係<日本…

ブーツを履いて立つ坂本竜馬。先進的であった竜馬は、長崎の貿易商グラバーとも親密な交際をしていました。二人の関…

mokona- / 650 view

朝ドラ「べっぴんさん」で注目!靴職人の仕事ぶり

NHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」で市村正親さん演じる靴職人が話題となっています。今回はそんな靴職人の…

kirakira / 1244 view

関連するキーワード